急な肌トラブル

急な肌トラブル!女性ホルモンと肌の関係~妊娠、産後編~


■サイトからのお知らせ

妊娠前に比べると肌質が大きく変化する妊娠中と産後は、その変化についていけないこともしばしば。

急に肌荒れが起きたり、シミができたり、乾燥をしたかと思えば、その一方で肌が艶々になるなど、今までにないくらい肌の調子が良くなる場合もあります。

そこで今回は、

・妊娠したらお肌がカサカサ!
・出産したらお肌トラブルは治るの?
・女性ホルモンってなに?
・肌トラブルが出たら、何に気を付けていけばいいの?

といった方に、妊娠、出産で起こる肌トラブルと女性ホルモンの関係について詳しくご説明します。

女性ホルモンについて

肌の状態を左右するとされる「女性ホルモン」。

一括りにしてしまっているものの本来はエストロゲンとプロゲステロンという2種類に分けることができます。働きが異なるそれぞれのホルモンの詳細は以下の通りになります。

エストロゲン

卵胞ホルモンとも呼ばれる女性ホルモンの1つで、女性らしさを作るホルモンといわれています。

生理の終わり頃から排卵前にかけて分泌が多くなるホルモンで、このホルモンの分泌が多い時期(卵胞期)には体と肌のコンディションも比較的安定します。

働きとしては、卵巣の中で眠っている卵子の成熟、精子が子宮に入りやすいように頸管粘液分泌を促す、受精卵を着床するための子宮内膜を厚くするなど、受精や着床に向けた準備を行います。

また、女性らしい体つき―丸みをおびた体を作ったり、自律神経を整える、血管の収縮を抑制するなど体の調子を整える働きをし、肌の水分量をキープして潤いや張りを保つ作用も持ちます。

プロゲステロン

女性らしい体作りをするエストロゲンに対し、プロゲステロンは妊娠を保つホルモンといわれています。黄体ホルモンとも呼ばれ、排卵後から生理前に多く分泌されます。

主な働きとしては、エストロゲンが厚くした子宮内膜を受精卵が着床しやすいように、更に厚くして子宮をフカフカな状態に成熟させ、着床後は妊娠を継続させる働きをしてくれます。
また、体内の水分を保持したり、食欲が増進する働きもあります。

膣内へ細菌の侵入を防ぐために粘着性の高いおりものを排出しやすくなるなど、女性の身体を守ろうとするホルモンでもありますが、エストロゲンと異なり、プロゲステロンの分泌が多い黄体期は精神的にイライラしやすくなる原因にもなります。

胸が張り、痛みを感じやすかったり、腰痛や腹痛、便秘などの不快症状を引き起こす原因になることもあります。

そして、皮脂の分泌が増えて肌の状態が悪くなるのもプロゲステロンが多く分泌される時期です。

女性ホルモンと肌の関係

2種類の女性ホルモンは、性周期に合わせてバランスよく分泌されていきます。

妊娠前では、ホルモンバランスが正常な状態であれば生理期→卵胞期(もしくは低温期)→排卵期→黄体期(もしくは高温期)のサイクルで、
月経から排卵が起こる前の卵胞期まではエストロゲンが多く分泌され、排卵から次の月経が起こる黄体期までにはプロゲステロンが多く分泌されるようになります。

そのため、時期によって体や肌の調子に変化が生じるのです。

妊娠中・産後の肌と女性ホルモン

妊娠中と産後には、体にさまざまなトラブルが起こります。
肌トラブルもその1つで、女性ホルモンバランスの変化が関わっています。

妊娠中や産後の女性ホルモンの分泌は妊娠前と異なりますが、妊娠、産後の肌と女性ホルモンにはどのような関係があるのでしょうか?

妊娠中の肌

妊娠中は、肌にハリとツヤが出て今までにないくらい肌がキレイになる人もいますが、やはり肌トラブルに悩まされる人も多いものです。

急な肌トラブル

特に妊娠がわかってからの1~3ヶ月の妊娠初期は肌が荒れやすく、ニキビや吹き出物、シミ、肌が黒ずむ色素沈着など肌トラブルが連続して起こる方が少なくありません。

肌が乾燥しやすくなったり、湿疹ができやすくなったり、かゆみも感じやすくなります。今まで肌トラブルと無縁だったママも、急なことに原因がわからず戸惑う人も多くなります。

敏感肌でデリケート

この頃から、ずっと使用していた化粧品が合わないというママも増え、急に変化した肌のコンディションに振り回されることもあるでしょう。

妊娠中は敏感肌になりやすいといわれ、顔だけでなくお腹や手足などの皮膚のあらゆるところが刺激に敏感になることもあります。

また、化粧品の成分だけでなく、紫外線や埃などの外部からの刺激にも肌は反応しやすくなります。

痒みを感じたり、肌の炎症や湿疹ができてしまう場合もあり、素材によっては衣類が肌に触れるだけでも、ダメな人もいるようです。

デリケートな状態になってしまうので、アトピーなどの妊娠前から発症している症状が更に酷くなる場合もあります。

女性ホルモンの状態

妊娠中は、プロゲステロンの分泌量が大幅にアップします。

プロゲステロンは妊娠しやすいように体を整えるだけでなく、着床後には妊娠を継続できるようにする働きがあり、妊娠20週頃まではエストロゲンよりも多く分泌されるようになります。

肌の調子が良くないのは、プロゲステロンの影響が強く出ているからです。
エストロゲンは妊娠中、プロゲステロンに比べると少ないものの分泌はされています。

エストロゲンも胎児の成長に合わせ子宮を大きくするなどの働きをしますし、妊娠が安定してくる頃には胎盤からも分泌されるようになるので分泌量が増えていくのです。

肌への影響

妊娠初期、肌には分泌量の多いプロゲステロンの影響が強くでます。プロゲステロンにはメラニンを生成するメラノサイトを刺激する作用があるので、シミができやすくなりますし、肌も乾燥しやすくなります。

このホルモンの影響で皮脂分泌も活発になりますから、ニキビや吹き出物もできやすくなります。

後半になるにつれプロゲステロンの分泌も落ち着き、エストロゲンの分泌も増えてくるもののバランスが整うわけではありません。肌環境が悪い状態が続くこともありますので注意しましょう。

産後の肌

妊娠中の肌トラブルは産後になれば落ち着くといわれていますが、なくなるわけではありません。

継続する肌トラブル

産後も妊娠中に悩まされた肌トラブルが治らないことや、産後に乳首の黒ずみといったくすみ、シミ、肝斑などの新たな症状が起こる場合などもあります。

張りが失われる

妊娠前に比べると、産後は肌の張りが失われがちになります。
たるみや小じわが増え、乾燥してパサついているので、「老けてしまった」と思うママは多いでしょう。

吹き出物やニキビもできやすく、肌もくすみやすくなるので、見た目が汚く見えてしまうのも産後の肌にありがちな状態といえるでしょう。

女性ホルモンの状態

妊娠中はプロゲステロンもエストロゲンも増加傾向にあることで、ホルモンバランスが崩れていましたが、産後は逆に分泌量が急激に減少してしまうことでバランスが崩れます。

特に、美肌ホルモンと呼ばれるエストロゲンの分泌は一気に減ります。

エストロゲンもプロゲステロンも妊娠中に比べると減少傾向にありますし、更に「プロラクチン」と呼ばれる母乳分泌に必要なホルモンが新たに分泌され始めるので、妊娠中とは違った意味で乱れやすい状態になります。

肌への影響

産後はプロゲステロンの分泌が減少することもあって、シミやそばかすの素になるメラニンの生成が抑えられるので、妊娠中に比べるとシミなどが落ち着いてくるといわれます。

しかし、エストロゲンも減少しているので、肌のハリや潤いがなくなり、肌のバリア機能も低下します。

そのため、乾燥や衣類の繊維など、ちょっとした刺激に敏感になりやすく、肌のたるみや小じわなど肌の老化を感じやすいようです。

ホルモンバランスは整えられる?

妊娠中や産後に乱れてしまいがちな女性ホルモンですが、整えてあげることはできます。

ホルモンバランスを乱すストレスの緩和や、肌にも良い効果があるとされるビタミンCの摂取がおすすめです。栄養バランスを考えた食事は、ホルモンバランスを整えるのにも良い効果を発揮してくれるといえるでしょう。

また、質の良い睡眠をとることも心がけましょう。

睡眠不足になってしまうとホルモンの分泌が乱れやすくなりますので、睡眠を規則正しくとることはホルモンんバランスを整えるポイントの1つです。

ホルモンバランスはストレスを感じてしまうと余計に乱れてしまうので、妊娠中も産後もリラックスできる時間とストレス解消を心掛け、心と体をできるだけ休ませてあげましょう。

まとめ

肌の状態と女性ホルモンは深く関係してます。ホルモンバランスを整えるだけでなく、スキンケアを小まめにしてあげることもとても大切です。

外からも内からも肌へアプローチしてあげることで、ホルモンバランスが乱れてしまう妊娠中や産後でも症状が落ち着くことがあります。

産後は特に、赤ちゃんが一番になってしまう生活になるとは思いますが、自分の肌を労わる時間を作る、ということも大切です。

ママになると全体的に頑張り過ぎてしまう傾向がありますが、体は妊娠前と勝手が違います。ホルモンバランスと上手く付き合いながら、お肌も美しく保っていきたいですね。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

メディプラスゲルは忙しいママでもお肌のお手入れ楽々!

メディプラスゲル
・定期初回特別 約2ヶ月分+サンプルセット 2,996円(税込)
・定期通常価格 3,996円(税込)

スキンケアの時間がなかなかとれないママにおすすめなのが、化粧水・乳液・美容液・クリームが1本になったオールインワンゲル「メディプラスゲル」です。

温泉水そのものが化粧水としても使われている、美肌の湯「出雲玉造温泉水」の水を使用。

スクワランとアボカド油がお肌をやわらかくし、ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドなどの66種類の美容成分と、温泉水が内側からもっちりとしたお肌に導きます。

オールインワンでもしっかりとうるおいが持続するため、洗顔後たった3秒でスキンケアが完了。片手で使いやすい便利なポンプ式で、赤ちゃんを抱っこしながらでも使えます。

30日間の全額保証が付いており、定期しばりもないため、ぜひ気軽に試してみましょう。

詳細はこちら>>妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは

メディプラスゲル:公式サイト

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠のカテゴリー

妊娠報告・出産報告葉酸サプリ妊娠中のスキンケア
妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線妊娠中に便利なサービス・アプリ
妊娠中の仕事妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理妊娠中の栄養・食事
妊婦健診産休・育休産院選び
保険胎動
妊娠報告・出産報告葉酸サプリ
妊娠中のスキンケア妊娠中のファッション
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線
妊娠中に便利なサービス・アプリ妊娠中の仕事
妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理
妊娠中の栄養・食事妊婦健診
産休・育休産院選び
保険胎動
目次
をみる
関連記事
をみる