出産時に赤ちゃんが頭蓋骨骨折

鉗子分娩ってなに?赤ちゃんに頭蓋骨骨折が起こる危険性は?



出産には様々なリスクがつきもので、100%安全な出産というものはありません。
その中でも、出産時に赤ちゃんの頭蓋骨骨折が引き起こされてしまう場合があります。
出産時に赤ちゃんの頭蓋骨骨折が起きてしまったら、後遺症が残るのではないかとママとしてはとても心配です。

そこで今回は
・出産時に赤ちゃんに頭蓋骨骨折が起こる原因は?
・赤ちゃんが頭蓋骨骨折をしてしまうとどうなるの?

といった方に、出産時に赤ちゃんの頭蓋骨骨折が起きる理由やその後のリスクについて詳しくご説明します。

頭蓋骨骨折は分娩損傷のひとつ

分娩損傷のひとつ

出産時に起きる頭蓋骨骨折は、分娩損傷のひとつです。分娩損傷というのは頭蓋骨骨折だけでなく、いくつかの種類があります。

今回はその中の一つである、頭蓋骨骨折となってしまう原因について見ていきましょう。

頭蓋骨骨折となる原因

頭蓋骨骨折となる原因

出産時の赤ちゃんの頭蓋骨骨折は、主に鉗子(かんし)分娩によって外から引っ張られることによって発生します。

鉗子分娩(かんしぶんべん)になるのはなぜ?

鉗子分娩というのは、鉗子という医療器具を使って赤ちゃんの頭を挟み、娩出を補助する出産方法です。

鉗子分娩はすべてのママが行うわけではなく、一定の条件下においてドクターが判断するものです。では、鉗子分娩になる状況について見ていきましょう。

臍帯脱出(さいたいだっしゅつ)

赤ちゃんは産まれてくるまでママとお腹の中でへその緒でつながっています。出産時には陣痛が起き、赤ちゃんは子宮口から産道へと向かいます。

このとき赤ちゃんよりも先に臍帯が子宮口から出てきてしまう状態をいいます。

臍帯はママから赤ちゃんに酸素を多く含んだ血液を送る非常に重要な働きをしているため、臍帯が脱出して圧迫されることで血流が途絶え、赤ちゃんが酸欠状態になることが予想されます。

このため、迅速に赤ちゃんを取り上げるために鉗子分娩が行われます。

ママの合併症

妊娠高血圧症候群によって分娩時に急激に血圧が上昇してママがいきむことで脳出血などの重篤な合併症を起こすなどの危険が高まった時には、鉗子分娩が選択されることもあります。

回旋異常

赤ちゃんはくるくると回るような状態で体勢を変えながら産道を通り抜けて生まれてきます。

しかし、このような回旋そのものがうまくいかないと赤ちゃんが産道の途中でつかえてしまい、スムーズに分娩することができません。

この状態ですと、分娩が長引いてママの体力が失われるだけでなく、赤ちゃんへの酸素や減少するなど様々なリスクが生じますので、鉗子分娩が行われることがあります。

ママの体力的疲労

長時間にわたる陣痛体力を消耗してしいる場合にはしっかりといきむことができません。
いきむことができないと出産を行う上で赤ちゃんには大きなリスクが伴います。

少しでも早く赤ちゃんを産んでママと赤ちゃんの負担を軽減するために鉗子分娩が行われることがあります。

頭蓋骨骨折はすぐに気がつくの?

頭蓋骨骨折はすぐに気がつくの

出産時における赤ちゃんの頭蓋骨骨折は、原因がはっきりとしています。原因がなく頭蓋骨骨折になってしまうことはありません

また、出産時に赤ちゃんが頭蓋骨骨折となってしまった場合には、時間が経過してから気がつくということもありません。

出生後にすぐ検査をします

出産時に鉗子分娩を行った場合、直後に必ず細かな検査をします。その上で、頭蓋骨骨折ということがわかれば適切な処置を行います。

ただし、新生児の頭蓋骨は非常に柔らかく、4枚の骨が重なり合いながら生まれてくるほどです。

そういったことから、基本的には緊急で手術をしたり早急に命を取り留めるための処置をしなければならない、ということはありません。

しかし、骨折した部位が陥没した状態の場合は脳にダメージを与えることがありますので元の状態に戻すための手術が必要となることがあります。

頭蓋骨骨折で後遺症が残ることもある?

後遺症が残ることもある

出産時に赤ちゃんが頭蓋骨骨折という状況になったら、後遺症が残るのではないか、障害が出るのではないかと、多くのママはとても心配になります。

頭蓋骨骨折になってしまった場合、後遺症が残ってしまうのでしょうか?

基本的には自然治癒

出産時の頭蓋骨骨折は、柔らかい赤ちゃんの頭蓋骨が骨折した状態ですので、基本的には自然に治ります。

赤ちゃんの頭蓋骨は回復力が非常に高く、骨といっても大人の頭蓋骨に比べると柔軟性を持っています。

そのため骨折してしまったとしても、頭蓋骨は自然と健康な状態へと戻っていくケースがほとんどです。

稀なケースとして麻痺などがある

頭蓋骨骨折をしてしまった赤ちゃんは、自然治癒をするケースがほとんどですが、稀に麻痺が残ることもあります。

しかし、この麻痺に関しては長期間残るものではなく、3週間から4週間程度で麻痺が徐々に消失していくケースもあります。

頭蓋骨骨折による弊害

頭蓋骨骨折による弊害

出産時に頭蓋骨骨折をしてしまった赤ちゃんは、どのようなリスクがあるのでしょうか?

必ずしも大きな障害が起きるわけではありませんが、ある程度のリスクについて知っておくことは大切です。

硬膜外血腫

硬膜外血腫は硬膜から出血したり硬膜が裂けてしまった部位から出血し、頭蓋骨と硬膜の間に溜まった血液が脳を圧迫するものです。

しかし、手術を行うことによって改善されるケースが多く。また、損傷の部位や出血の量によっては手術をしないこともあります。

出産時の頭蓋骨骨折は防げないの?

頭蓋骨骨折は防げないの
出産時の頭蓋骨骨折というのは、その後のリスクこそ少ないものの、やはりできれば避けたいものです。
出産時の頭蓋骨骨折は決して多くはありませんが、鉗子分娩を行う時にはそのリスクも覚悟しておきましょう。

出産で頭蓋骨骨折が起きても慌てないこと

慌てないこと
出産にまつわるリスクは複数存在します。とはいえ、出産で頭蓋骨骨折となればパニックになります。
陣痛を乗り越え一生懸命に立ち向かった出産で、その直後には赤ちゃんに頭蓋骨骨折が起きたと知れば、冷静でられるママはいません。

しかしここでパニックになると、ドクターの説明をしっかりと聞くことができず、必要以上に心配してしまいます。

万が一、出産で頭蓋骨骨折が起きたとしても、焦らず冷静さを保つように心がけましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


出産・産後のカテゴリー

出産の兆候出産準備出産費用
保険陣痛分娩
帝王切開早産高齢出産
出産予定日産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア産後の栄養・食事
授乳・母乳・ミルク産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
出産の兆候出産準備
出産費用保険
陣痛分娩
帝王切開早産
高齢出産出産予定日
産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア
産後の栄養・食事授乳・母乳・ミルク
産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
目次
をみる
関連記事
をみる