妊娠後期の早産の兆候

妊娠後期の早産の兆候を見逃さないで!早産の原因と対処法




妊娠後期に入ると出産に向けて赤ちゃんのグッズを揃えたり、大きくなるお腹を抱えながら出産を楽しみにする妊婦さんが多くなります。

その反面、妊娠後期になればなるほど、大きくなったお腹を支えながらの生活は注意しないといけないことが増え、早く赤ちゃんを産みたいと思う妊婦さんも少なくありません。

一般的に正期産といわれているのは妊娠37週から42週未満に出産することで、これよりも早く生まれてしまうと早産になります。

早産は妊娠22週から37週未満で出産してしまうことです。

あまりにも出産のタイミングが早すぎると、赤ちゃんがしっかりと成長しておらず、死産につながってしまう場合もあります。できるだけ長くお腹の中で成長させてあげるためにも、早産を防いでいかなくてはなりません。

そこで今回は、

・早産だと赤ちゃんは未熟児で生まれるの?
・妊娠後期の早産の兆候を教えてほしい!
・妊娠後期に早産にならないよう気をつけることは?

といった方に、妊娠後期の早産の兆候や早産を防ぐための工夫、早産の原因などについて詳しくご説明します。

早産だと未熟児で生まれる?

早産だと未熟児

早産というと、生まれてくる赤ちゃんは未熟児といったイメージを持つ方は少なくありません。早産は必ずしも未熟児とは限りませんが、未熟児で生まれてくる確率は非常に高くなります

未熟児で生まれるケースが多い

赤ちゃんが未熟児で生まれてくると、NICUに入らなければならないということも多く、早い段階で早産を迎えれば迎えるほどに赤ちゃんへのリスクも高くなってしまいます。

切迫早産って何?

切迫早産は、早産の種類の一つのように思っている方もいますが、早産とは別物です。

切迫早産とは正期産よりも早い段階で赤ちゃんが生まれてしまうことではなく、早産が差し迫っている状況のことです。

切迫早産になってしまう原因として、子宮そのものの異常や感染症、赤ちゃん側の問題などが考えられ、予防できることとできないことがあります。

ですが、入院したり自宅で安静にしたりと対処法はありますので、過度に心配しすぎないことも大切です。

お腹の張りや出血、破水など、いくつかの兆候があらわれますので、そういった兆候を妊婦さんとしても把握しておき、おかしいなと感じたらすぐにかかりつけの産婦人科を受診することが大切です。

早産になった際のリスクとは?

早産になった際のリスク

早産となってしまった際には、さまざまなリスクがありますが、ひとつひとつ具体的にご紹介していきましょう。

赤ちゃんの肺機能の未発達

早産を迎えることによって、赤ちゃんは肺機能が十分に発達していない状態で生まれてくることがあります。

このように肺機能が万全ではないと肺炎を起こしてしまうリスクや、無呼吸発作、さらには肺疾患などといったリスクが高くなってしまいます。

また、場合によっては自分で呼吸をすることができず、NICUで機械を使って呼吸をしなければならない日々が続きます。さらに、呼吸器系の病気リスクが高くなることもわかっています。

脳機能の未発達

肺だけではなく、脳の未発達の状態で早産となってしまうこともあり、このような場合には生まれてから発達障害が出てしまうこともあります。

また、脳に障害が残ってしまうことによって、目にも障害が出てしまったりいくつかの後遺症リスクが考えられてます。

栄養の供給が難しい

早産を迎えると、赤ちゃんはとても小さな状態で生まれてくるため、ママのおっぱいを飲むのが難しくなります。

吸引力が弱かったり、NICUから出すことができない状況になると栄養の供給が難しくなります。

そのため、鼻や口などから管を通して、胃に直接栄養を与えていく方法をとることが多く、ママをはじめ家族の心配も非常に大きくなってしまいます。

保育器に入ることが多い

早産で生まれてくる赤ちゃんはNICUに入ることが多く、NICUに入らなかった場合でも、保育器に入りしばらくの間は成長を促すというケースが殆どです。

しっかりと体重が増えて、自分で呼吸をすることができれば良いですが、そうでなかった場合はやはり保育器に入り24時間体制でのケアが必要になります。

そのため、ママは生まれてきた赤ちゃんをすぐに抱っこしてあげることができません。また、赤ちゃんの体重が増えてくるまで直接母乳を与えることが難しいケースもあります。すぐそばにいるのに、手が届かないという辛さを抱えてしまいます。

早産の兆候にはどんなものがある?

早産の兆候

妊娠後期に入り、早産の兆候があるときは、必ず妊婦さんにも自覚症状があります。自覚症状がまったくない状態で、早産となることはありません。

どのような兆候があらわれるのか、ご紹介しましょう。

お腹の強い張り

早産の兆候としてもっとも多いのが、お腹の強い張りです。子宮収縮が始まる段階でお腹が強く張ってしまうことがあり、このような強い張りが続くと早産の兆候があらわれ始め、急いで病院に駆け込む妊婦さんもいます。

短時間で治るようなものではなく、半日以上も長時間にわたって強いお腹の張りが出てしまった場合には、早産の兆候と捉えましょう。

破水

破水してしまうのも早産の兆候として代表的なものですが、尿漏れとの違いがわかりにくいことがあります。

破水かどうかの判断については、破水?それとも尿漏れ?羊水と尿の違いと破水時の対処方法!に詳しくご紹介していますので参考にしましょう。

ただし、量がごく少量であるなど、見分けがつきにくい場合もあるので、自分で違いがわからないときは病院で判断してもらいましょう。

そして、万が一破水していた場合は早産の兆候ですので、パニックにならず激しく動くことはさけ、安静にした状態で病院に連絡を入れましょう。

出血

ごく少量の出血が1回だけあり、その後は特に出血が見られないケースであれば心配いりませんが、真っ赤な鮮血として出血があった場合や、ダラダラと茶色っぽい出血が続いてしまうような時も早産の兆候です。

出産が近づくと、おしるしとしてピンクや茶色などのおりものに似た出血があるとされていますが、これは何度も起こるものではありません。

そのため、複数回にわたって出血が見られる場合には早産の兆候として疑いましょう。

子宮の収縮

子宮の収縮に関しては、強いお腹の張りから発展していくことが多く、そのまま陣痛につながることも珍しくありません。子宮が収縮を始めるとお腹に痛みを覚えるようになり、はじめは生理痛のような痛みから徐々に強くなっていきます。

このような子宮の収縮が起こり痛みも強くなるような場合には、できるだけ速やかに病院への連絡を入れましょう。こちらも早産の兆候として多く見られます。

早産になる原因はどんなこと?

早産になる原因

早産の兆候はいくつかあるので、妊婦さんは比較的すぐに気がつくことができます。

また、早産の原因となってしまう内容を知っておけば、あらかじめ早産を防ぐための生活を心がけることができます。

喫煙

早産の大きな原因として考えられているのは喫煙です。妊娠初期だけではなく、妊娠後期に渡り喫煙を続けている妊婦さんは、喫煙しない妊婦さんに比べて早産の確率が高くなることがわかっています。

喫煙によって血液中を流れる血液の量が少なくなり、赤ちゃんや子宮、さらには胎盤などに流れる血液の量が少なくなります。これによって早産を引き起こすリスクが高まります。

お腹への過度な負荷

長時間かがんだ姿勢を続けていたり重たい荷物を持つなど、お腹に対する過度な負荷をかけてしまうと早産の兆候が出ることがあります。

長時間にわたりお腹を圧迫する姿勢は避けなければなりません。また、お腹に物が強くぶつかってしまった場合でも早産の原因になってしまうことがあるため、お買い物に出かけた際には、周囲の環境にも気を配りましょう。

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群になってしまうと、血圧が高くなってしまい、体内では水分不足の状態となります。

水分不足の状況になると、十分な血液が胎盤から赤ちゃんへと送られなくなってしまうので胎盤の劣化が早くなり、これによって早産を引き起こすことがあります。

子宮頸管無力症

子宮頚管無力症とは、子宮をしっかりと支えるための子宮頸管が、筋力の低下などによって子宮を支えることができなくなる状態になり、陣痛でもないのに子宮口が開き始めてしまい、流産や早産を引き起こしてしまいます。

妊娠初期の段階では症状もなく、気付かないケースがほとんですが、中期以降から症状があらわれ始め、妊婦健診で行われる検査でチェックしますので、わかった時点で対処することができます。

きちんと健診を受けている限り、わからないまま出産が近づいてしまうことはありませんが、誰でも子宮頸管無力症になる可能性があるという意識を持っておくことは大切です。

子宮頸管が短い

子宮を支えるための子宮頸管が短い場合にも、早産のリスクが高くなります。子宮頚管が短くなる原因としては、子宮頸管無力症や細菌感染などが挙げられます。

体質の問題など、予防できない場合も多いですが、子宮頸管無力症と同様、妊婦健診でチェックできますので、必ず定期的に受けるようにしましょう。

妊娠後期の生活で気をつけること

気を付けること

妊娠後期に入ったら、早産を防ぐためにも安静を心掛け、できるだけ妊婦さんは自分の体と赤ちゃんを守っていかなくてはなりません。

早産を避けるためにはどのような部分に気をつけながら生活をすればよいのでしょうか?

重たいものを持たない

まずは、重たいものを持たないように。洗濯物をはじめとして、お買い物に出かけた際に重たいものを持ってしまうと思わずお腹に力が入り、これが早産の引き金になってしまうことがあります。

また、上のお子さんがいるご家庭では、妊娠後期に入った妊婦さんが上のお子さんを抱っこするということもありますが、この場合にもできるだけ短時間の抱っこにしましょう。

長時間にわたり抱っこしているとお腹への負担が大きくなります。

長時間お腹を圧迫しない

お腹を圧迫しないことも早産を防ぐために大切です。お風呂の掃除をする時や床掃除をする時など、お腹を圧迫してしまう姿勢が続くので短時間にとどめることや、家族の協力を得ながら妊婦さんがこのようなお掃除をしない生活をすることも重要です。

体重と血圧の管理

体重管理と血圧管理は妊娠後期になるととてもシビアになります。妊娠高血圧症候群を予防していくためにも体重の急激な増加や血圧の上昇を予防しなければなりません。

食生活にしっかりと気を配り塩分や脂分などを控えましょう。妊娠高血圧症候群による早産のリスクがとても高くなるので、こまめに体重を計りながらきちんと管理していく必要があります。

冷えや転倒

足元を冷やしてしまうと、結果的にお腹まで冷やしてしまうことになります。冷えは血液の流れを妨げるので、妊婦さんには大敵。特に妊娠後期には冷えによってお腹の張りが強くなることなどもあります。

また冷えることによって体の動きが鈍り、転倒するリスクも高くなります。足元や肩周りを冷やさず、転倒しないようにお風呂場や外出先での足元などには十分気をつけましょう。

妊娠後期に早産の兆候が出たらどうする?

早産の兆候が出たら

妊娠後期に入り、早産の兆候が出た場合にはどうすれば良いのでしょう。万が一妊娠後期に早産の兆候が出た場合には、すぐさま病院に連絡を入れてください。

どのような状態なのかを細かく説明することで、そのまま自宅で安静にしながら様子を見るのか、すぐにでも受診する必要があるのかが判断されます。

妊婦さんが自分の中だけで判断してしまうのではなく、必ず病院に電話を入れてドクターからの指示を仰ぎましょう

早産の兆候を見逃さないために体調のチェックを忘れずに

体調のチェックを忘れずに

早産の兆候は決してわかりにくいものではなく、妊婦さんにとって比較的わかりやすいものが多くあります。

ただし不規則な生活を送っていたりすると疲れているあまり、早産の兆候に気がつかないことがあります。

疲れているからだと思い込んでしまうケースや、眠っている間に破水が起きてしまうというケースも少なくありませんので規則正しい生活を心がけましょう。

その上で早産の兆候を見逃さず、万が一の際には速やかに病院への連絡をすることが大切になります。

早産の兆候をいち早くチェックして、1日でも長く赤ちゃんがお腹の中で成長できるよう努めましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
出産妊娠妊娠後期

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる