妊娠初期の中絶について知っておきたい手術と費用と痛みのお話

妊娠初期の中絶について知っておきたい手術と費用と痛みのお話




女性にとって妊娠することは喜ばしいことですが、さまざまな事情からどうしても、産むことができない場合もあります。

その場合は、中絶という道を選ばなければならないのですが、中絶手術が女性の身体にも心にも大きなダメージを与えることを、ほとんどの女性が知っています。

ただ、具体的に知っている女性は、そう多くないのではないでしょうか。

誰にも聞けずに一人で不安を抱えて、病院で診察を受ける勇気が出ない人もいるでしょう。

そこで今回は、

・中絶手術は妊娠何週まで受けられるの?
・中絶手術は相手も病院に来ないと受けれない?
・中絶手術の方法を教えてほしい!

といった方に、妊娠初期の中絶とは、どのような流れで手術をするのか、痛みはあるのか、費用はどのくらいかかるのかなど詳しくご説明していきましょう。

関連記事
>>妊娠中期の中絶とは?中期中絶にかかる費用やリスクについて
>>妊娠検査薬で妊娠がわかるのはなぜ?その仕組みと正しい使い方
>>妊娠初期に立ち仕事して大丈夫?流産との関係を知っておこう

中絶手術とは?

中絶手術とは

中絶手術は正式名を「人工妊娠中絶」といい、「母体の健康上の理由や経済上の理由で妊娠継続が困難な場合」または「性暴力の被害による妊娠の場合」にのみ受けられる、医療機関で妊娠を中断する手術のことです。

つまり、妊娠初期から中期にかけての成長しきっていない胎児を、人工的に体外へ出して流産させることです。

赤ちゃんの命にかかわる問題であるため「母体保護法」という法律で、中絶手術を受けられる条件が定められています。

中絶手術を行えるのも「母体保護法指定医師」の資格を持つ医師だけに限られています。簡単な手術とはいえませんが、資格と経験をもった医師が、正しく行えば危険性は少ないといわれています。

中絶手術が受けられるのはいつまで?

中絶手術を受けられる時期は妊娠22週未満(妊娠21週6日まで)と法律で決められており、この時期を過ぎてしまうと、たとえどんな理由があったとしても中絶することはできません。

また、妊娠22週未満であれば中絶手術をすることはできますが、14週を過ぎると妊娠中期に入っているため、胎児はある程度まで大きくなっています。

その場合は、薬によって人工的に陣痛を誘発することになり、臨月まで待っての出産と同じような方法で中絶手術を行わなければなりません。

麻酔で意識がないうちに終わってしまう妊娠初期の中絶手術とは違い、人工的に陣痛を起こしてからの中絶手術は、身体的にも精神的にもかなりの苦痛を強いられます。

「中絶するしかない」と心に決めたのであれば、少しでも早く行動を起こす必要があります。思い悩んでいる日が一日でも長ければ、その分だけ辛い思いをすることになります。

「妊娠初期」とはいつまで?

妊娠週数はどのタイミングから数えるかご存知でしょうか。

よく「あの時にできちゃったのかも」とその日から数える人がいますが、それは間違いです。妊娠週数は、最後の生理が開始した日を妊娠0週0日と数えて、そこからスタートします。

ドラッグストアなどで購入できる妊娠検査薬は「来るはずの生理が来てないからもしかしたら?」と思ってから使用するので、だいたい生理予定日の1週間後ぐらいに使う人が多いです。

その時期だと妊娠5週ぐらいで、すでに妊娠2ヶ月目に入っていることになります。妊娠初期とは妊娠0週~11週までのことをいい、妊娠12週~21週までは妊娠中期と呼んで区別されています。

中絶手術は妊娠週数によって手術方法が変わってくるため、母体への影響が少ないのは妊娠初期で、もっとも影響が少ないのは妊娠8週~9週くらいまでです。

妊娠検査薬でいち早く検査しても、すでに妊娠5週ぐらいにはなっています。そこから一人で悩み続けていたら、あっという間に妊娠初期の時期を過ぎてしまいます。

産婦人科に来たときにはもう妊娠7~8週という人も少なくないので、「もしかしたら」と思ったら悩む前に診察を受けて、身体と心への負担が少しでも軽いうちに手術を受けましょう。

関連記事>>妊娠検査薬で妊娠がわかるのはなぜ?その仕組みと正しい使い方

妊娠初期の中絶手術の方法は?

妊娠初期の中絶手術の方法は

中絶手術はそれほど時間がかかるものではないので、妊娠初期で正常な妊娠であると判断されれば日帰りで行われるのが一般的です。中絶手術の方法としては「掻爬(そうは)法」と「吸引法」の2種類があります。

掻爬法

ラミナリア桿(かん)という器具で子宮口を開き、鉗子(かんし)というトングのような器具またはキュレットというスプーン状の器具を挿入して、子宮内の胎児や胎盤などを体外へかき出す方法です。

吸引法

掻爬法と同じ要領で子宮口を開いたあと、掃除機のような吸引機を挿入して、子宮内の胎児や胎盤などを吸い取る方法です。

受診から中絶手術後までの流れ

受診から中絶手術後までの流れ

妊娠初期の中絶手術は、どのような流れで行われるのでしょう。不安な方も多いでしょうが、決断したなら色々知っていた方が良い点もあります。受診から術後までの流れは以下の通りです。

受診から手術までの流れは?

まずは産婦人科で診察を受けることが肝心です。中絶手術は保険適用外ではありますが、健康保険証は持っていきましょう。

初回の受診では尿検査、エコー検査、内診などで妊娠の診断をします。人工妊娠中絶の意思表示をしたら、医師より手術に関する詳しい説明がされます。

そのときに血液検査や持病の有無の確認、これまでの病歴や手術歴やアレルギーの有無なども聞かれますので、あらかじめメモしておいて、ちゃんと答えられるようにしておきましょう。

また、手術日もこのときに決めますが、それと同時に同意書についての説明も受けます。人工妊娠中絶手術には同意書が必要なことが法律で定められています。

手術日にはパートナーの氏名・住所の記入と押印がされている同意書をもって、手術に臨まなければなりません。初診時の診察代はおよそ1~2万円、手術費用は10~15万円ほど予定しておきましょう。

中絶手術の流れと手術にかかる時間は?

手術当日は簡単な診察と血圧・脈拍の計測があり、異常がなければそのまま手術となります。手術を行う前にまず膣の中を洗浄・消毒しますが、この時はまだ麻酔はありません。

次に腕から点滴で麻酔薬を入れていきます。麻酔は静脈麻酔で1~10を数える間に眠ってしまうため、麻酔から目覚めるまでの記憶はなにも残っていない人がほとんどです。

麻酔が効いている間に子宮口を広げて掻爬法か吸引法で子宮内のものを除去し、除去し終えたら出血を止めるための子宮収縮剤を注射します。

手術は10~20分ほどで終わり、麻酔が覚めてから2~3時間、なにもなければ帰ることができます。

手術後の1~2日ほどは薬を飲みながら安静にして、合併症などがないかを確認するために1~2週間後に検診を受ける必要があります。

中絶手術後は普通の生活ができるの?

日帰りで行える手術ではありますが、子宮内のものを掻き出すために器具なども挿入しているので、いつも通りというわけにはいきません。

子宮を元の状態に戻すために子宮収縮剤も注射しており、子宮が元に戻る痛みも出血もあります。医師に処方された薬をきちんと飲んで1~2日は安静にしていましょう。

仕事などに行かずに家の中にいるのであれば、手術の翌日からいつも通りの生活ができますが、出血は1週間ほど続くこともあるので、入浴はシャワーだけにして湯船に浸かるのは1週間ほど経ってからにしましょう。

手術から1~2週間後の検診は、たとえ異常がなくても必ず受けましょう。また強い腹痛や多量の出血があったときは、検診予定日に関係なくすぐに診察を受けることが大事です。

中絶手術を受けるとき痛みはあるの?

中絶手術を受けるとき痛みはあるの

中絶手術は全身麻酔をして行われますので、麻酔が効いている間は痛みを感じることはありません。ですが手術以外で痛みを感じる可能性はあります。

どのタイミングで痛みを感じる可能性があるか、事前に知っておくことで心の準備もできます。予期せぬ痛みで必要以上に恐怖や不安を抱くことがないよう、手術の流れにそってご説明します。

手術前の処置は基本的に麻酔をかけません

術前の処置として、手術しやすいように子宮口を広げるための器具を入れることがあります。ラミナリア桿という細い棒のようなものを挿入して、挿入する本数を増やしながら子宮口を広げていきます。

この術前処置は必ず行われるものではなく、かかる病院や医師や患者さんの状態によって違ってきます。手術の前日などに処置する場合もあり、ラミナリア桿を入れずに手術を行う場合もあります。

この術前処置では、麻酔は基本的に使用しないので、子宮口が広がるときに、痛みや違和感を覚えることがあります。

どのような痛みか、想像がつかずに不安だという人は医師に相談して、麻酔を使用してもらえるようお願いしましょう。

中絶手術中の痛み

中絶手術では全身麻酔を使いますので、麻酔で意識がない状態になれば、痛みを感じることはありません。

ただ痛みに弱い人であれば、麻酔薬を点滴からいれるために静脈注射を打つときや、膣を洗浄するために器具を挿入して押し広げられるときに痛みを感じるかもしれません。

どちらも麻酔をかける前に行うため少しの辛抱です。全身麻酔の効果が出るのは早く、すぐに意識がなくなっていくことが多いのですが、麻酔が効きにくい体質の人も少なからずいます。

自分が麻酔の効きにくい体質であることがわかっている場合は、早い段階で医師に伝えておきましょう。そして「麻酔が効いてないかも?」と思ったら、すぐに医師か看護師に伝え、対処してもらいましょう。

手術した後の痛みはしばらく続く

中絶手術を終えると、子宮が元に戻ろうと収縮するため痛みがあります。その痛み具合は人によってまちまちで、生理痛よりもっと痛かったという人もいれば、全然痛くなかったという人もいます。

この痛みとともに出血もあり術後1週間ほどは止まりませんが、痛みがひどい人も、出血が減っていくのとともにだんだん治まっていきます。

しかし、我慢できないほどの痛みがあったり、出血の量が減っていかずに多くなっているとき、出血はなくなったのに変わらない痛みがあるときは、検診予定日の前でも受診するようにしましょう。

このような場合は、感染症を引き起こしている可能性も考えられますので、必ず医師に診察してもらってください。

無痛人工妊娠中絶手術とは?

無痛人工妊娠中絶手術とは

無痛人工妊娠中絶手術とは、術前から手術終了まで一切痛みを感じることなく終える人工妊娠中絶手術のことをいいます。

その方法はいくつかあり、クリニックによって用いる方法は違いますが、術前の処置を行わない、手術に使用する麻酔を特殊なものにする、鎮痛剤を投与するタイミングを調節するなどで痛みがない手術を可能にしています。

無痛人工妊娠中絶手術を行っているクリニックには、麻酔科医がいたり、麻酔科の研修経験がある医師がいることが多いです。

通常の中絶手術でも麻酔をかけて手術を行うのですが、多くの産婦人科には麻酔科医がおらず、麻酔科の研修経験や知識がない医師が手術を行うことがほとんどです。

そういう産婦人科ではどうしても効果の強い麻酔を使うことができず、麻酔が切れたり効かなかったりということもあります。

一切痛みを感じることがない、無痛人工妊娠中絶手術を行うには、患者さん一人一人に合わせて効果がある麻酔を適量で使う必要があり、麻酔を使うタイミングや量を判断できる専門の知識を持った人間が必要です。

麻酔科の知識や経験があるスタッフがいるからこそできる、痛みやダメージが少ない、より安全な手術です。

中絶手術を行うときに提出する「同意書」について

中絶手術を行うときに提出する「同意書」について

同意書には本人だけでなく相手の男性のサインも必要です。妊娠は女性だけでできるものではないため、必ず相手の男性と話し合い双方の同意のもと中絶を行う、というのが基本的な考え方だからです。

しかし、相手の男性にサインをもらえるケースばかりとは限りません。その場合は医師に事情を説明してください。相手のサインがもらえないからといって手術を受けられないわけではありません。

基本的には双方の同意が必要だとなっていますが、例外として本人の希望だけで、手術を行ってもらうことも可能です。サインがもらえないからと悩まずに、まずは医師に相談してみましょう。

また、相手の男性のサインがもらえないからと、友人や知人などの第三者に代筆してもらうことは、思いもよらないトラブルに発展する恐れもあるので絶対にしてはいけません。

医師に事情を説明すれば、本人の同意だけでも手術は行えますので、他人を巻き込まないようにしましょう。

そして、妊娠した女性が未成年であった場合は、相手の男性だけでなく、親などの家族の同意も必要になります。

家族には黙っていたいという気持ちもあるでしょうが、中絶手術は決して簡単な手術ではありません。

全身麻酔をかけるリスクもあり、術後もしばらくは安静にする必要があります。大人の女性でも辛い手術なのですから、未成年であるならなおさら家族に助けを求めましょう。

親にはいえないなら兄弟姉妹でもかまいません。中絶手術は、身体にも心にも傷を負うことになります。自分一人で解決しようとせず、辛いときは周りに頼って少しでも傷が和らげるようにしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる