妊娠初期の添加物に注意

妊娠初期の添加物に注意!避けるべき理由と危険な添加物とは




日本は食品添加物について、他の国に比べると厳しい基準などが設置されていません。そのため、今現在でも販売されている食品の多くには添加物が使用されています。

このような食品添加物は、健康被害が出てしまうといったリスクがありますが、特に妊娠初期のママさんは避けたいものです。

食品添加物にもさまざまな種類がありますが、多くは染色体異常を起こしてしまうといったリスクや、その他にも奇形を生じさせてしまうといったリスク、発がん性や流産、早産につながってしまうリスクが高くなるのです。

そこで今回は、

・添加物とは?
・添加物はどんな食品に含まれているの?
・妊娠初期に添加物を避けた方がいいのはなぜ?

といった方に、妊娠初期に避けるべき添加物のご紹介をするとともに、妊娠初期の食事はどんな工夫をしたらよいのかについて詳しくご紹介します。

添加物とは?

添加物とは

そもそも添加物というのは、どんなものなのでしょう。妊娠初期には添加物を避けた方がいいといわれても、多くのものに含有されていれば避ける方法が見つかりません。

添加物といっても、すべてが妊娠初期の妊婦さんに悪いというわけではありません。

ある程度であれば摂取しても問題ありませんが、主に食品のとろみを出すための乳化剤や、長期間にわたって保存するための保存料、さらには見栄えを良くするための着色料などが危険な食品添加物となっています。

また、このような食品添加物については、特に妊娠初期のママさんが避けるべきだといわれており、含有されている食品は極力避けていきましょう。

どんな食品に含まれるの?

食品添加物が含まれている食品というのは数え切れないほどたくさんあります。スーパーやコンビニで販売されている食品には、ほぼ食品添加物が加わっているといっても過言ではありません。

また食品だけではなく、飲み物についても添加物が含有されているものが多く、こういった部分からも、近年では健康志向の方々が添加物を避けて自然派、ナチュラル派と呼ばれるような食品を摂取する傾向にあります。

加工物などには多くの添加物が使用されていますので、こういったものについては特に注意しながら妊娠初期の食生活を送りましょう。

どんな添加物があるの?

どんな添加物があるの

それでは、具体的にどんな添加物があるのかについて紹介していきましょう。

赤色系添加物

赤色系添加物というのは、主に食品を赤く色づけるものとなっていますが、加工品としてのソーセージやベーコン、かまぼこなどに使用されています。

また、場合によってはタラコなどの見栄えを良くするためにも使われることがあり、その他お菓子類にも多く使われていることがわかっています。

赤色系添加物は赤色005号などといわれているものになりますが、たとえば赤色2号のアマランスなどといった分類になります。

こういった添加物は、アメリカをはじめとして各国で使用禁止になっていることも多く、知らず知らずのうちに私たち日本人は口にする機会の多いものです。

赤色系添加物には、妊娠初期の染色体異常や発がん性を高めてしまうといったリスクがあり、遺伝子の損傷を引き起こしてしまうこともあります。

緑色系添加物

緑色系添加物は、こちらもやはり多くの食品や飲み物に含まれているのですが、主にスイーツ類や清涼飲料水などに使われています。

食用タール色素といわれている添加物に分類されていますが、合成着色料ですので、添加物であることに間違いはありません。

緑色系食品添加物が引き起こすリスクは染色体異常のほか、骨髄形成不全などが挙げられています。

防カビ剤添加物

加工品をはじめとして、その他にも市販されている食品は、比較的賞味期限の長いものや消費期限の長いものが沢山あります。

また、自宅で作った場合に比べ見栄えのよいものが多くありますが、こういったものについては食品の衛生状態などを守るため、防カビ剤が使われているケースがあります。

防カビ剤としての添加物はオルトフェノールなどがあります。こうした添加物は輸入されたフルーツの防カビ剤として使用されることが多く、非常に多くのフルーツに使用されていることがわかっています。

知らず知らずのうちにフルーツの皮をむく際にも手などに付着してしまい、そのまま体内に摂取してしまうことがあるので注意しましょう。

酸化防止剤添加物

油を使った食品に関しては酸化してしまうことが多いため、このような酸化を防ぐためにさまざまな酸化防止剤が添加物として加わっています。

酸化防止剤として使用される物は食品だけでなく、化粧品などにも使用されることがあり、こちらについても知らず知らずのうちに体内へと摂取していることになります。

酸化防止剤として妊娠初期のママさんに危険なのは、ブチルヒドロキシアニソールや、プロピレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエンなどがあります。

こういった酸化防止剤は食品ばかりではなく、化粧品やボディソープなどにも使用されていますので、妊娠初期の妊婦さん避けるべきなのです。

主に使用されている食品は、マーガリンやバターなどとなっており、どのようなリスクがあるのかというと、奇形が生じてしまうリスクや、発がん性リスク、染色体異常のリスクがあります。

なかでもジブチルヒドロキシトルエンについては、遺伝子を損傷させてしまうリスクや新生児無眼症のリスクも高くなることがわかっています。

食用となる油脂の多くに使用されており、その他にも魚介類などの冷凍食品に使用されていることもわかっています。

その他にも生麺や保存期間の長いジャム、餃子の皮、などといった食品にも上記したような酸化防止剤が使われていることがあります。

乳化剤添加物

乳化剤というのは食品にとろみを持たせたり、その他にも成分を安定させるといった働きがあります。

こちらもやはり食品以外で化粧品などにも使われることが多いのですが、食品としてはアイスクリームやケーキ、マーガリン、マヨネーズ、チョコレートなどに含まれることが多いです。

乳化剤としての添加物はショ糖脂肪酸エステルがもっとも有名です。

保存料添加物

食品が長期間に渡って傷まないように、さらには成分が安定するためなどに使用されるのが保存料としての添加物になります。

このような保存料は数え切れないほどたくさんの食品や化粧品などに使われています。

ドライフルーツやかんぴょう、ワイン、その他にも加工品として知られているコンビーフやベーコン、いくらなどに使用されることが分かっています。

亜硝酸ナトリウムや亜硫酸ナトリウム、その他には安息香酸ナトリウムなどがあります。特に安息香酸ナトリウムについては、清涼飲料水やお醤油、栄養ドリンクなどにも使用されることが多く、頻繁に口にする清涼飲料水にも使用されているので気をつけたいものです。

奇形が生じる可能性や染色体異常のリスクが高まります。

人工甘味料

人工甘味料は妊娠初期のママさんだけでなく、非常に多くの方々が近年では避ける傾向にあります。

ごく少量で、なおかつしっかりとした甘みを感じることができますので低カロリーをうたった商品などに使われることが多くなりました

スイーツ類だけでなく、スナック菓子やその他ダイエットを意識した食品などにも使用されていますが、このような人工甘味料は染色体の異常や発がん性があることで有名です。

その他にも種類によっては目に奇形が生じてしまうといったリスクや、体重の減少、ポリープの発生、脳障害といったリスクが高くなります。

このようなリスクに関しては、妊娠初期のママさんだけでなく、当然ですが胎児へのリスクとなりますので避けましょう。

アステルパームといえば人工甘味料でも有名ですが、こちらについてのリスクが非常に高くなっています。

また、染色体異常や発がん性が認められたとして、カナダでは使用禁止になっているサッカリンという人工甘味料も注意が必要です。

妊娠初期の食事はどうしたら良いの?

妊娠初期の食事

妊娠初期のママさんが避けたい添加物は本当にたくさんあります。上記したのは主に危険性の高いものばかりになりますが、これ以外にも食品添加物はできるだけ避けた方が安心です。

とはいえ、手軽に購入できる食品にこのような添加物が含まれていれば、妊娠初期の食事はどうすればよいのかと悩んでしまいます。

基本的には冷凍品やその他スナック菓子、さらにはスイーツなども買ったものは避けるというのが無難になります。

特に妊娠初期から体重管理を行うママさんは、カロリーが低いからといって人工甘味料が使われたスイーツなどを食べてしまうこともあります。

また、妊娠初期はつわりによって食べ物の好みも変わるため、こういった影響を受けて普段は食べないものを食べてしまうこともあります。

人工甘味料は一見すると、低カロリーでしっかりと甘みを感じるので、気分的には満足できるものですが、妊娠初期のママさんの体には大きなリスクがあるのです。

極力手作りを食べる

添加物を避けた妊娠初期の食生活を取り入れるのであれば、極力手作りをするということが重要になってきます。

お野菜やフルーツなどに関してはしっかりと皮をむき、よく洗った状態で調理しましょう。

冷凍品やレトルト品などは手軽に食べることができて助かりますが、つわりで悩む妊娠初期のママさんにとって大きな存在となります。

しかし、ママさんの体だけでなく胎児へのリスクを考えた場合には、やはり避けるべきなのです。

海外では使用禁止になっているほどリスクの高い添加物ですので、手軽さを求めるのではなく、リスクを軽減するために摂取しない方向で食生活を考えましょう。

賞味期限の長いものを避ける

添加物が使われているものは、基本的に賞味期限や消費期限が長い特徴を持っています

添加物が使われていないものほど消費期限なども短く、賞味期限も短く設定されています。本来であれば足が早くすぐに傷んでしまうような食品を使ったレトルトでも、賞味期限が長いのは、添加物が使われているからです。

妊娠初期のママさんは添加物を避けるためにも消費期限や賞味期限の長い物を避けましょう。基本的には手作りを心がけ、新鮮な状態で食事をするというのが1番重要になってきます。

国産の食品にこだわる

お野菜やお肉スイーツなど、さまざまな食品に添加物が使われていますが、妊娠初期のママさんは国産の食品にこだわることも大切です。

どうしても海外からの輸入品については添加物が加わっていることが多く、酸化防止剤や保存料などはたくさん含まれていることもあります。

高級な国産品を購入する必要はありませんが、作っている農家がしっかりと分かっているお野菜やフルーツを選ぶだけでも添加物に対する懸念が減ります。

また、こちらも加工物をできるだけ控えるため、ハムやベーコン、かまぼこ、などといった食品はなるべく使わないメニューを取り入れていきましょう。

添加物を知らずに食べてしまったら?

知らずに食べてしまったら

食品添加物の種類は本当にたくさんあります。しっかりと成分をチェックせず、ごく妊娠初期の段階で知らず知らずのうちに食べてしまったら、胎児にどんなリスクがあるのかと心配になるママさんもいます。

しかし食品添加物に関しては、大量に摂取しない限り大きなリスクはありませんので、ごく妊娠初期の段階で食べてしまっても大丈夫。

過度な心配をするとストレスになってしまうことがあるので、知らずに食べてしまった部分に関しては気にせず、その後の食生活で気をつけていきましょう。

妊娠初期に添加物を避けて安心できる生活をしよう

妊娠初期に添加物を避けて

妊娠初期に添加物を避けた食生活というのは、多くのリスクを軽減することにつながっていきます。

添加物を避けるため、一つ一つの商品の成分をチェックするのは面倒ですがママさんは自分自身の身体、そして胎児のためにも添加物を避けていきましょう。

妊娠期間は決して長いものではありません。元気な赤ちゃんに育ってくれるように添加物を避けるのは、ママとしての役目ともいえるのではないでしょうか。

徹底的に添加物を避けていくのは難しいですが、こちらでご紹介したように、特にリスクの高い添加物については意識を強めて避けていくようにしましょう。

ママさんが自分の中で注意しながら食生活を送ることで、その後の妊娠生活も安心できるものになります。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる