妊娠初期に血の塊が出た

妊娠初期に血の塊が出た!すぐに受診すべき?原因は何?



妊娠初期のママさんは、さまざまなことに気をつけなければなりません。気をつけていても不安になってしまうような出来事にぶつかることもあります。

特に、妊娠初期に血の塊が出るという経験をすると、ママさんは流産したのではないかと不安になってしまいます。

そこで今回は、

・妊娠初期に血の塊が出た!
・どうして血の塊が出るの?
・妊娠初期に血の塊が出たら病院に行くべき?

といった方に、妊娠初期に血の塊が出る原因や、その時の対処方法などについて詳しくご紹介します。

妊娠初期の血の塊とは?

妊娠初期の血の塊

妊娠初期の血の塊というのは、色々な理由が考えられます。必ずしも流産につながってしまうわけではありません。

まず、妊娠初期に血の塊が出てくるようなことがあれば、状態をしっかりと確認しましょう。

血の塊の状態だけでなく、その他に体にどんな変化が起きているかを冷静にチェックしてみる事も大切です。

妊娠初期のおりものと区別できる?

妊娠初期にはおりものにも変化がでるママさんが多く、妊娠初期のおりものにはピンク色の血が混じっていたというケースや、茶色のおりものになっていたというケースがあります。

このように、おりものへの変化が見られた場合と血の塊が出てきた時で、区別ができるのかと不安に感じるママさんもいます。

血の塊が出てくるときには明らかに濃い茶色をしていたり、真っ赤な鮮血のような色をしているので、おりものの変化と誤解してしまうことはありません。

血の塊が出てくる原因

妊娠初期に血の塊が出てくるのはさまざまな原因がありますので、一つ一つ詳しくお話していきましょう。

絨毛膜下血腫(じゅもうまくかけっしゅ)

絨毛膜下血腫というのは、受精卵が着床した後、子宮内膜に絨毛を伸ばしていくときに起こる出血で、血の塊として体の外に出てくるだけでなく、子宮内で血の塊ができてしまうこともあります。

しかし基本的には体の中で吸収されていきますので、特に心配する必要はありません。

子宮内膜の一部

妊娠をしていない女性の体というのは、排卵に向けて子宮内膜なども厚くなります。

しかし、ここで着床がなければ、その後厚くなった子宮内膜の一部は剥がれ落ちて、体の外に排出されることになります。

妊娠初期のママさんの体内は、妊娠に向けて準備をしていますが、着床した後で生理への準備をしていた子宮内膜の一部が剥がれることがあります。

このように剥がれた子宮内膜の一部が血の塊となって、体の外に排出されることもあるのです。

着床出血

着床出血は痛みを伴う人もいますが、着床する際に絨毛がぐんぐん伸びて、胎盤となるための根っこ部分を作ります。

このとき、人によっては子宮の壁が傷つき、これが着床出血につながります。

ただし、着床出血の程度は人によって違いますので、血の塊が出てしまう人もいれば、ごく少量のおりもの程度で済むケースまでさまざまです。

着床出血が起きる際には、人によって痛みを感じる場合があります。ただし、痛みを感じなかった場合や、着床出血がなかった場合でも、きちんと着床していることがほとんどなので、過度な心配は必要ありません。

万が一着床出血によって血の塊が出てきていても、基本的には緊急性のないものとして考えて大丈夫です。

前置胎盤

受精卵は子宮内に着床することになりますが、子宮の中でも特に子宮の入り口に着床してしまうと、前置胎盤といった状態になります。

前置胎盤というのは、本来であれば子宮の上のほうに胎盤が作られる妊娠がほとんどに対し、子宮の入り口近くに胎盤が作られてしまうといった状況になります。

前置胎盤でも妊娠期間は安全に過ごすことができますが、状況によっては入院が必要になります。

妊娠初期に血の塊が出てきてしまう時には、前置胎盤を疑うことも覚えておきましょう。

子宮外妊娠

子宮外妊娠は稀なケースとなりますが、本来着床しなければならない場所とは違った場所に着床してしまうことをいいます。

血の塊が出るなどといった症状以外にも、耐え難い激痛が起きてしまうことなどもあります。

人によっては痛みのあまり気を失ってしまうようなこともあります。

子宮外妊娠が起きてしまった場合には、すぐにでも手術が必要になってしまうケースがあり、血の塊が出るだけでなく、激しい痛みなどを伴うようであればこちらを疑ってみましょう。

頸管ポリープ

子宮から産道となる膣にかけて、子宮頸管という部分が存在しています。

この子宮頸管に、何かしらの理由でポリープができてしまうと、炎症を起こしたポリープから出血が起きることもあります。

これが妊娠初期の血の塊となって体の外に排出されるケースがあります。

胞状奇胎(ほうじょうきたい)

胞状奇胎は、通常の妊娠を継続することが難しくなります。本来は胎盤として育っていくはずの絨毛の一部が、ぶどうのように子宮内に増殖してしまうといった症状です。

この胞状奇胎を起こすと、それまで育っていた胎児または胎胞も吸収されてしまうことになるため、最終的には手術を行い、子宮内をきれいにしなければいけない、といった状況になる場合もあります。

胞状奇胎による血の塊は、流産との区別がつきにくいともいわれており、血の塊といっても比較的出血がひどい傾向にあります。

膣炎

膣内部に何らかの形で細菌が入り込んでしまうと、膣炎を起こすことがあります。

膣炎自体は専用の薬を服用するといった方法や、殺菌するといった方法があり、短期間で治すことができます。

しかし、膣炎による炎症がひどくなってしまうと炎症部位からの出血によって、血の塊が出ることもあります。

びらん

びらんは、あまり耳慣れない言葉かもしれません。びらんというのは、子宮の入り口部分が炎症を起こすか、起こさないかギリギリの状態です。

炎症を起こしていない場合には出血なども見られませんが、血の塊が出てくる原因がびらんだった場合には、ひどい炎症を起こしていることも考えられます。

また、びらんが原因で血の塊が出るなど出血量が多い場合には、抗炎症作用を持つ薬を服用することもあります。

流産

妊娠初期というのは非常に流産しやすい状況にあります。そのため、血の塊が出てきた際には、上記のような原因が考えられる他に、流産が原因の場合ももちろんあります。

特に問題なくその後も過ごせるケースがありますが、流産によって多くの出血があると、これが血の塊として体の外へと排出されます。

また、本格的な流産ではなく、切迫流産といった状況の中で子宮内に炎症が起きていたり、子宮内の血管に損傷が起きていたりすると、血の塊が出ることもあります。

どんな血の塊が出たら受診すれば良いの?

受診すれば良いの

妊娠初期に血の塊が出てしまった時には、ママとしても非常に焦ってしまうでしょう。すぐにでも病院に駆け込まなくてはならない、と思ってしまうママさんも多くいます。

しかし、必ずしも速やかに受診する必要はありません。まずは症状をしっかりと確認することから始めましょう。

その上で以下のような症状が出た場合には、クリニックに連絡を入れた上で受診してください。

半日以上の出血が続くとき

血の塊が出た後、特に出血が続かなければすぐに受診する必要はありません。

しかし、安静になっているにも関わらず、半日以上も出血がダラダラと続いてしまうようなときには受診しましょう。

月経よりも出血が多いとき

今までの経験に比べて出血が多いと感じる場合や、月経のピーク時と同じくらいの出血がある場合にも受診した方が良いといえます。

強い痛みを伴うとき

血の塊が出た際に強い痛みを伴ってしまうようであれば、こちらもやはりすぐに受診した方が良いといえます。

軽度なお腹の張りなどであればさほど心配する必要はありません。しかし、強い痛みを伴ってしまうときには流産の危険が迫っている場合もあります。

知っておきたい流産のときの血の塊

流産の可能性がある場合にも血の塊が出てくることになりますが、明らかに流産によって血の塊が出てくるときは、赤い血や血の塊の中に白っぽい塊が出てくるという傾向があります。

必ずしもそうと限ったものではありませんが、流産の場合にはすでに赤ちゃんのもととなる胎胞などが体の外に出てきてしまうこともあり、この胎胞そのものが白っぽく見えることがあります。

一つの目安になりますので、万が一にでも血の塊が出てきた時には、この部分を念のためにチェックしておきましょう。

出てきたものを持っていく方が良いの?

血の塊が出てきてしまい、その後に受診する際には出てきた血の塊を持っていったほうが良いのかと悩んでしまうママさんもいます。

しかし基本的にはエコーによる検査や、その他にも問診、触診などをすることで症状が把握できるものです。

ですから受診する際には血の塊を持って行かなくても問題ありません

ただし、クリニックに電話を入れた段階で、残っているようであれば持ってきてくださいと言われることもあります。

このような状況の中で血の塊を捨ててしまった、またはお手洗いに流してしまったのでなければ持って行きましょう。その方が診断しやすいということもあります。

妊娠初期に血の塊が出るママさんは多い?

妊娠初期に血の塊が出ることで、ママさんは不安に陥ってしまうこともあります。しかし、実際には妊娠初期の段階で血の塊が出てしまうという経験を持つママさんは、意外にも多いのです。

妊娠したママさんの20%程度が血の塊が出るという経験を持っていますので、決して珍しい事ではありません

さまざまな原因が考えられますので、必ずしも流産と決め付けてしまうようなことは避けましょう。

まずは安静に過ごすこと

万が一にでも妊娠初期の段階で血の塊が出てしまうようなことがあれば、まずは安静に過ごすことが大切です。

安静というのは、書いて字のごとく、とにかく安全に、そして静かにしていることが大切です。

お仕事などは基本的にお休みをいただき、自宅のベッドの上やお布団の上で横になりましょう。

お手洗いや入浴などに関しては特に問題ありませんが、ドクターの指示により入浴を避けるようにと言われることもあります。

体温が上がる事によって出血がひどくなる可能性があり、これを防ぐために入浴は避けることもあります。

家事やお買い物などについても、基本的にはお休みをして、ゆっくりと横になっていてください。

体を動かすことによって、細かな血管からの出血が起きてしまうことや、すでに血の塊となって出血していた部分が、さらにひどい損傷や炎症を起こしてしまうことがあるのです。

血の塊が出た後に入院することもある?

血の塊が出た後は安静な生活をしなければなりません。場合によっては入院が必要になることもあります。

出血した量や部位などによって、自宅での生活では流産に対するリスクが高くなってしまうようなときには、入院の指示が出ることもあります。

また、それ以外にも子宮頸管が特に短く、子宮が大きくなるに従って出血量が増えると見込まれるケースでも入院の指示が出ることがあります。

必ずしも入院と決まったわけではありませんが、受診する際には念のためご家族への連絡を入れるなどといった手段をとっておくと安心です。

焦らずにクリニックへの確認をする

クリニックへの確認

血の塊が出てしまった時には、まず焦らずにクリニックへの連絡を入れましょう。そして詳しい症状をしっかり話しましょう。

その段階で緊急性があれば、すぐにでも来てくださいと言われます。その必要がなく、自宅で安静にしていることを指示されたのであれば、安静に過ごしてください。

まずはクリニックに確認をすることが大切ですので、バタバタと焦る気持ちを持ってクリニックに向かってしまうのは避けましょう。

特にクリニックまでの距離があるというママさんの場合、さほど心配のない状況の中で離れた場所のクリニックに向かうと、出血がひどくなってしまうこともあります。

気持ちを落ち着かせることを意識しましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる