妊娠初期の血圧の変化

妊娠初期の血圧はどう変化する?赤ちゃんへの影響と注意点




妊娠初期の血圧の変化を不思議に感じるママは少なくありません。血圧は下がり過ぎても高くなりすぎてもよいことではなく、一定の血圧を保つことによって健康的な妊娠生活を送ることができます。

妊娠初期は気をつけることが多く、いろいろな部分が心配になり神経質になります。それでも健康的な赤ちゃんを産むには、妊娠初期から血圧に気をつける必要があるのです。

そこで今回は、

・妊娠初期の健診で毎回血圧を測る理由は?
・妊娠初期の血圧の変化で赤ちゃんにはどんな影響がでるの?
・妊娠初期に血圧を安定させる方法を教えてほしい!

といった方に、妊娠初期の血圧の正常値、血圧の変化によるママや赤ちゃんへのリスクや注意点などについて詳しくご紹介します。

妊娠初期の血圧の変化はあるの?

血圧の変化
ほとんどのママは妊娠初期に血圧の変化を感じます。血圧が低くなる、高くなるといった部分に関しては、どちらに変化があらわれるのかは人によって違います。

それまでの食生活や妊娠初期の段階でのライフスタイルなどによって、変化のあらわれ方にも違いがあるのです。

妊娠初期から血圧を測る理由は?

血圧を測る理由
妊娠初期の段階から健診の度に必ず血圧を測りますが、なぜ毎回血圧を測るのでしょう。それは、それだけ妊娠期間中の血圧は重要な存在だからです。具体的な理由について、以下でご紹介していきましょう。

妊娠高血圧症候群の予防

妊娠初期の段階から血圧が高い状態が続くと、高確率で妊娠高血圧症候群になります。また、妊娠高血圧症候群になった場合の症状もひどく、簡単には改善されません。

そのため早い段階でこういったリスクを避けるために、しっかりと血圧を測り、高血圧であれば血圧を下げるための工夫をすことが必要になります。

低血圧によるリスク低減

高血圧が問題で、常に低血圧の場合には特に心配はないと思っているママもいますが、低血圧には低血圧なりのリスクがあります。後ほど詳しくご紹介していきますが、低血圧は高血圧と違うから、安心だと言い切ることはできないのです。

あまりにも低血圧な状態が続くとママへのリスクだけでなく、赤ちゃんへのリスクも出てきます。低血圧がひどい場合には血圧を上げるために対処していかなくてはなりません。もっとも重要なのは平均的な血圧を維持することなのです。

妊娠初期の血圧はどのくらいが良いの?

血圧はどのくらい
妊娠初期の血圧は、どのくらいなら問題がないのでしょうか。毎日自宅で血圧を測るママは少ないですが、血圧が極端に上がってしまった時には、動悸や息切れなどといった症状があらわれます。

反対に血圧が極端に下がると、めまいや立ちくらみといった症状があらわれます。こうならないために、日頃から自分の血圧を把握しておくことが大切です。

また、妊娠初期のママが自分で血圧を把握しておけば、体調の変化が血圧に結びつくということも意識して生活していけます。

平均値について

妊娠初期の血圧は正常値として下が85、上が130というのがもっとも正常な範囲です。妊娠初期のママであれば年齢などには関係なく適用されるものです。

また、妊娠初期のママに最適な血圧は、至適血圧(してきけつあつ)といわれます。単に正常な血圧であるばかりでなく理想的な血圧の値であり、こちらは下が80、120の間のことをいいます。

この範囲より血圧が高くなってしまう場合や、低くなってしまう場合には注意が必要です。

高血圧の場合

高血圧の場合にはドクターから注意されることが多いです。血圧測定をおこなったときに上が140を超えてしまうというケースや、さらに高くなってしまうケース、また下の血圧に関しても100から110などと高い数値が出ることがあります。

ただし、一時的に高血圧の症状が見られる場合もあります。何度か血圧を測定し高血圧の状態が続くようであれば、本格的に治療を取り入れていく方法や、血圧が高い原因を探ってみる方法を用います。

低血圧の場合

低血圧の場合には、下が60から70、上が90から110の間です。こちらの場合も血圧が低いということをドクターから注意されますので、少しでも血圧が至適血圧に近づくような努力をしなければなりません。

妊娠初期の血圧を安定させるには?

血圧の安定
妊娠初期の血圧を安定させていくためには、血圧が高いのか低いのかで変わってきます。妊娠初期の段階から薬などを用いて、血圧の数値を操作することはありません。まずは、ライフスタイルの中で工夫して、意識しながら血圧の安定を目指していきましょう。

血圧が高い場合の対処

血圧が高い場合には、一般的な高血圧と同じような対処方法になります。

塩分と脂分を避ける

塩分や脂分を避けた食生活がとても重要です。妊娠初期はつわりもひどくなり、食べたいと思うものや食べられそうなものが限られてくるので、味の濃いものばかりを好んでしまうママもいます。

しかし、このように食生活が偏ると、さらに高血圧がひどくなるまたは、至適血圧だった方が高血圧になるリスクが高くなります。できる限り、塩分や脂分を控えた食生活を意識して取り入れましょう。

特に注意すべきなのは、あっさりとしたサラダなどを食べる時です。日頃は塩分に気をつけていても、サラダを食べる際には塩分や脂分がたくさん使われたドレッシングを使ってしまうこともあります。

うっかり高血圧に近づく食事をしてしまわないように、細かな部分まで気を配りましょう。

水分の補給

水分不足の状態になると血液がドロドロになり、どんどん血圧が高くなります。そのため適度な水分補給が大切です。

水分補給に、コーヒーなどを摂取するママもいますが、カフェインは利尿効果があるのでたくさん摂取すると逆効果です。ミネラルウォーターなどを中心に水分の補給を心がけましょう。

規則正しい生活

不規則な生活を続けていると高血圧になる確率があがります。寝不足が続いてしまう生活や、妊娠前の段階で毎日のように飲酒をしていたなどの場合には、血圧が高くなる可能性が多いのです。

そのため規則正しい生活を心がけ、ホルモンバランスなどを整えていきましょう。そうすることによって血圧は徐々に至適血圧へと近づいていきます。

血圧が低い場合の対処

さて血圧が低い場合には、どのような対処が必要になってくるのでしょうか。

鉄分の摂取

血圧が低い方の場合には、健康的な血液をたっぷりとつくるため鉄分を摂取することが大切です。

極端に血圧が低い場合にはドクターから鉄分の錠剤などが処方されますが、食生活の中で積極的に鉄分を摂り入れていくことが大切です。ひじきをはじめとして、鉄分を含む食材をたくさん食べましょう。

サプリの摂取

食事の中から鉄分を摂取するのは、簡単なことではありません。たくさんの鉄分を摂取していると思っても、その全てが体内で働いているわけではないのです。

摂取した鉄分の一部は体の外に排出されてしまうので、鉄分と同時に葉酸などのサプリを摂取する方法はおすすめです。

葉酸は良質な血液を造り、血行促進や胎盤機能をしっかりと支えてくれる効果もあります。必要に応じて、こうしたサプリの摂取も考えていきましょう。

妊娠初期の血圧が胎児に与える影響は?

胎児の影響
妊娠初期の血圧が高かったり低かったりする場合、どちらにしてもママの体だけでなく胎児にはどのような影響があるのでしょうか。この部分についてもしっかりと把握した上で、妊娠初期の血圧の維持に努めていかなくてはなりません。

胎盤機能の異常

妊娠初期の段階で血圧が極端に高い、低いなど、どちらかに傾いてしまうと胎盤機能に異常が生じてしまうことがあります。胎盤は胎児に栄養や水分などを送るために非常に大切な部分です。

不育症のリスク

主に高血圧のママに見られることですが、妊娠初期から高血圧になってしまうと、胎盤機能に支障が生じます。また受精卵がしっかりと育つように子宮の内壁等が厚みを持たないままとなり、不育症になる可能性も高くなります。

今後、不育症から妊娠が難しくなってしまうこともありますので、妊娠初期だけでなく妊娠を望んでいる場合や、妊娠したかもしれない、といった可能性がある時点で、高血圧には十分注意しなければなりません。

脳貧血による転倒や怪我

血圧が極端に低い妊娠初期のママは、脳貧血を起こすリスクが高くなります。脳貧血といっても正確には頻繁にめまいや立ちくらみなどが起きる症状ですが、起立性低血圧というものになります。

低血圧は起立性低血圧の影響によって、転倒したり転倒によって怪我をしてしまうリスクがあります。こういった部分に関してはママだけでなく、胎児へも大きな影響があります。

妊娠初期の起立性低血圧は、多くの場面で症状が出ます。妊娠初期はつわりがひどくなってしまいがちですが、気分転換のため、近所のコンビニやスーパーなどにお買い物に出かけた時に、症状が出てしまえば非常に危険です。

また、起立性低血圧の症状として、肩の痛みや首の痛みなどが強くなることがあるので注意が必要です。

つわりがひどくなる

妊娠初期に血圧の異常が見られるママは、つわりがひどくなる可能性が高いですが、なぜかといった具体的な理由は解明されていません。おそらくは血圧が高い、そして低いことによって静脈を圧迫することや血液の循環が悪くなる、ということが原因です。

あまりにもつわりがひどいと食欲がわかず、多くの栄養を摂取できません。そうなると赤ちゃんは体重が順調に増えていかない、といったリスクを背負うことになります。

便秘になり胎児に老廃物が送られる

妊娠初期の段階で極端な高血圧また低血圧の場合には、血液の循環に大きなデメリットがでます。そのため、結果としてひどい便秘を引き起こします。

血圧の変化とともに、水分不足なども引き金となって便秘を引き起こしてしまえば、ママの体内には老廃物がどんどん蓄積されます。そういった老廃物が、胎盤を通じて赤ちゃんにも送られる場合もあります。

たっぷりの栄養や血液の成分などで胎児を育てていく必要があり、老廃物などが赤ちゃんに届いてしまえば羊水の質も悪くなってしまいます。

胎児が成長し大きくなる過程で、ママのお腹の中では羊水を飲みながら育ちますので、きれいな羊水を維持するためにも胎児へのリスクを考え低血圧や高血圧を防ぐ必要があります。

バランスの良い生活で妊娠初期の血圧を安定させましょう

バランスの良い生活
妊娠初期の血圧を安定させるためには、まず第一にバランスの取れた生活が必要になります。ここでのバランスは食生活だけでなく、ライフスタイル全体を通していえることです。

不規則な生活をすればするほど血圧には大きな変化があらわれます。妊娠初期の段階でいかに血圧を安定させるのかが、その後の妊娠生活で重要となります。

特に最初でもお話していますが、妊娠初期の段階で血圧が高い方は、その後妊娠高血圧症候群を引き起こす可能性が高くなるので、リスクそのものが非常に高くなってしまいます。

妊娠初期から血圧に注意しながら、さまざまなトラブルを回避し快適なマタニティライフを送りましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる