妊娠初期におならが増える!?妊娠中のおならの原因と対策

妊娠初期におならが増える!?妊娠中のおならの原因と対策




妊娠したと気づいてから、どうもおなかが張った感じがする、ガスが溜まっているような感じがする、頻繁におならが出るようになったと感じている方はいませんか?

妊娠前よりおならが臭くなったと感じる方までいて、妊娠初期のおならの症状はさまざまですが、ママにとっては恥ずかしいと思う悩みの種です。

そこで今回は、

・妊娠中おならを我慢するって体に良くないの?
・妊娠初期に増えるおならの原因とは?
・おならを減らす方法があったら教えてほしい!

といった方に、妊娠初期のおならの原因とその対策について詳しくご説明します。

関連記事
>>オリゴ糖で便秘解消!!子供も飲めるオリゴ糖の効果効能
>>妊婦さんの便秘や下痢にオリゴ糖が良い理由とおすすめのオリゴ糖
>>妊娠初期に下剤に頼らず快便へ!腸内環境を整える9つの方法

おならって何?

おならって何

まずは、妊娠初期のおならの原因や対処法を知るためにも、おならについて解説しておきましょう。おならはその70%が窒素を主とした酸素やメタン、水素、二酸化炭素、炭酸ガスといった成分でできています。

それ以外の20%は血液内のガスが腸に排出されたもので、後の10%は食べ物を消化するときに発生するガスです。この食べ物が消化されるときに発生されるガスがおならの臭いの原因です。

おならは体にとって有毒なため、体の外に排出する必要がありますが、我慢すると口からげっぷといわれることもあります。

これは、まんざら嘘でもありません。排出されなかったおならは再び血液中に逆戻りして、それが肺などに吸収され、げっぷで出てくるとされてます。血液に有毒であるガスが再吸収されるということは肝臓にも負担となります。

また、体への吸収ができないと、腹痛を伴い、内臓を圧迫して危険です。腸内の悪玉菌を増殖させたりなど、さらにおならを増やしてしまう原因にもなります。

女性にとっておならをすることは恥ずかしいイメージが強いですが、体にとっては良くないので、たかがおならという軽い捉え方は危険です。

おならを溜めたため腹痛などを引き起こし、妊娠を危険にさらす可能性もあります。

妊娠初期に出るおならの原因って?

妊娠初期は、体が大きく変化するときです。おなかの赤ちゃんのためにママの体は準備を始めますので、さまざまな体調の変化があらわれます。その一つがおならです。

おならが良く出てしまう、おなかにガスが溜まる感じがするという症状の原因は、何なのでしょうか。まずは原因から見ていくことにしましょう。

ホルモンの影響

妊娠初期には妊娠を継続させるために、さまざまなホルモンが分泌されます。その中でも、「プロゲステロン」というホルモンは胃腸の働きに大きな影響を及ぼすホルモンです。

このプロゲステロンは子宮の収縮を防ぐ役割のある黄体ホルモンですが、分泌されると母体の胃腸の働きを弱めてしまいます。

胃腸の働きが弱まることで、腸内の状態が悪化してしまい、便秘や軟便を引き起こします。これがおならの原因になります。

子宮が大きくなるため

妊娠すると胎児を育てるために、子宮は大きくなります。その子宮の成長によって、骨盤内の血液の循環が悪くなることもおならの原因です。

また、圧迫されることで腸の運動量が減ってしまうため、便秘の症状を発症する方も多く、この便秘が原因となって、おならが出る、臭くなるということです。

今まで、全く便通に問題がなかった方でも、妊娠することで腸内の運動がどうしても悪くなるため、おならの量が増えてしまいます。

水分不足

子宮は胎児を守るため胎盤を形成し始めます。胎盤には羊水で満たされ、赤ちゃんを守りますが、この羊水を十分な量確保するために、妊婦さんの体内の水分が多く取られます。

妊婦さんが十分な水分の補給を行っていない場合、腸内の水分が不足してしまいます。さらに、腸内の水分量が減ってしまうと、便秘を引き起こす原因となります。

排出されない便は、体内に吸収されることで処理しようと腸内で発酵を始め、その発酵の過程でできるガスがおならとなって体の外に出ようとします。

発酵されたことで排出されるガスですから臭いもきつく、おならの量も普通より増えることになります。

ストレス

おならとストレスは関係ないと思う方も多いですが、実はストレスはおならの量に深く関係しています。妊娠初期はつわりなどの体調不良も悩みの種となり、ストレスを溜め込んでしまう時期です。

ストレスを溜めてしまうと、自律神経が乱れます。自律神経の乱れはおなかの中の善玉菌を減らし、悪玉菌を増やしてしまう原因となります。

その結果、おなかの調子が悪化して、腸内に有毒ガスを発生させてしまうのです。

もちろんこのストレスによる自律神経の乱れは、必ずしも腸に影響を及ぼすというわけではありません。人によっては、不眠症を引き起こしたり、食欲不振、疲れなどさまざまな症状として表れることがあります。

妊娠初期はストレスの溜まりやすい時期ですので難しいことかもしれませんが、上手くストレスと付き合っていくことも大切です。

恥ずかしいけどおならの我慢は禁物

妊娠初期のおならは、理由があって排出量が増えます。もちろん、おならは不要な物質ですので、体の外に出すことが大切ですが、女性の方の中には家族の前でもおならを我慢する方も多いのではないでしょうか。

我慢は体にとって悪いと何となくは分かっていても、恥ずかしいという方も少なくありません。ですが、おなかにガスを溜めてしまうと、やはり良くありません。余計に便秘の症状を悪化させてしまうので、注意が必要です。

家族におならが増えてしまう理由を説明し、理解してもらえば、仕方ないことと分かってもらえるはずです。我慢しないでおならができるよう、一応話しておくことも大切です。

おならを減らす方法

おならを減らす方法

妊娠初期のおならを減らしていくためには、どんなことをしていけばいいのでしょうか。ここでは、おならを減らすことにつながる、胃腸、腸内の改善法、便秘解消法を参考に、その対処法について考えていきましょう。

善玉菌の力を借りておならの悩みを改善

腸内には善玉菌と悪玉菌が共存しています。悪玉菌が多くなると、腸内の環境は悪くなり、便秘などを引き起こし、おならの量も増えます。また、おならの臭いも強烈になります。

反対に善玉菌が増えれば、腸内の環境は整い、おならが大量に出ることはなくなり、臭みもなく、便の調子も良くなります。妊娠初期のおならの悩みを解決するためにもまずは善玉菌を増やす努力をしてみましょう。

適度な運動でおならの悩みを解消

散歩やストレッチなどの運動は胃腸の働きを良くする効果があります。妊娠初期ですので、激しい運動は避けた方が良いですが、軽い運動はするように心がけるといいでしょう。

ヨガには、仰向きになって頭を持ち上げながら、膝を抱えるガス抜きのポーズなどもありますので、試してみましょう。

参考記事>>妊娠初期の運動!おすすめウォーキングと気を付けるポイント

規則正しい排便の習慣をつけることでおならの悩みを解消

便秘を防ぐためには、排便の習慣が大切です。毎日決まった時間にトイレに行き、出す習慣をつけることで女性特有の便秘の悩みは解消されますので、おならの悩みも解決することにつながります。

朝起きたら一定時間トイレにいることを毎日繰り返したりして、毎日決まった排便の習慣を身に付けましょう。

おなかの調子を改善しよう

おなかの調子を改善しよう

おならが出てしまうことは、妊娠初期には仕方のないことと分かってはいても、やはりできるだけおならは抑えたいと思うならば、おなかの調子を整えることを考えましょう。

おなかの調子が整ってくれば、おならが頻繁に出てしまうのを改善することができます。また、便秘気味であるという方は、同時に便秘を改善できるように努めましょう。

そうすることでおならの量を減らすことができ、臭いなども減ることになります。胃腸、腸内を整え、便秘を解消し、おならを減らす方法をご紹介します。

発酵食品を食卓に

発酵食品は良く体にいいとされていますが、おなかにも良い食品です。腸内の善玉菌を増やすのにも一役買ってくれます。

キムチや納豆、みそ、ぬか漬け、かす汁、酒かすで魚や肉を付けた粕漬など発酵食品を食事に取り入れるようにするとおならの悩みも改善できます。1日1度は発酵食品を食事メニューに加えてみましょう。

ヨーグルトを食べよう

ヨーグルトは乳酸菌を多く含む食べ物で、この乳酸菌が善玉菌を増やしてくれます。腸内環境を整えてくれるだけでなく、免疫力をアップさせてくれますので、風邪などの予防としても妊娠初期にはぜひ食べておきたい食品です。

市販のヨーグルトでしたら、購入して冷蔵庫に入れておくだけで食べたいときにいつでも食べることができます。さらに、スムージーに入れたり、調理に使ったりとアレンジもたくさんできる食品です。

ただし、こうした乳酸菌は、胃酸で死んでしまうことが多いため、生きて腸まで届く乳酸菌を摂取することがポイントです。

ヨーグルトの中には、各メーカーごとに生きて腸まで届くとされている、さまざまな乳酸菌の入ったヨーグルトが販売されていますので、そうしたものを購入しておならの悩みを改善させていきましょう。

オリゴ糖を摂るようにしよう

オリゴ糖にはビフィズス菌といった善玉菌の餌が大量に含まれています。善玉菌の餌となる栄養源が豊富に含まれていますので、善玉菌はその餌を食べて増えます。

食品によって含まれているオリゴ糖は色々ですが、最近ではトクホ(特定健康食品)として販売されている商品もありますので、おならの悩みを改善するためにも積極的に摂取しましょう。

詳しくは、オリゴ糖で便秘解消!!子供も飲めるオリゴ糖の効果効能妊婦さんの便秘や下痢にオリゴ糖が良い理由とおすすめのオリゴ糖の記事にて、おススメのオリゴ糖をご紹介していますので参考にしてください。

食物繊維をたっぷり含む食材を食べよう

食物繊維を多く含む食べ物を食べることで、善玉菌が活発に増えるとされています。サツマイモなどのイモ類やごぼうなどの根菜類は食物繊維を多く含む食材ですので、食事のメニューに取り入れてみましょう。

食物繊維は腸内で消化されることで、有機酸を作り出します。この有機酸は腸を酸性にするため、悪玉菌を減らし、善玉菌の優位な環境を作り出してくれます。

他にも食物繊維は血糖値の上昇を抑えたり、コレステロールの蓄積を防いでくれる食べ物です。妊娠初期にも大切な効果がありますので、おならの悩みを改善するためにも、意識して摂取するよう心がけましょう。

肉料理は控えよう

善玉菌を増やすためには、悪玉菌の餌となる食品を控える必要があります。肉類や油分を多く含んだ食事、添加物の多い食品などは悪玉菌を善玉菌より有利にさせてしまいます。

結果、腸内にガスが溜まりやすくなり、おならの出やすい環境にしてしまいます。野菜などを多く食事に取り入れ、肉や油分の多い食事は控えましょう。

また、添加物も良くありませんので、インスタント食品やファストフード、外食なども控えた方が良いです。

炭酸飲料は控えよう

炭酸飲料が好きという方もいると思いますが、炭酸飲料はげっぷの原因となるだけでなく、おなかに入ると炭酸ガスとなりおならの原因となります。よって、おならの量も増えてしまいます。

炭酸飲料は糖分も多いので妊娠中は控えた方が良いものの一つです。できることなら妊娠初期から、炭酸飲料を飲むことを控えておきましょう。

まとめ

まとめ

妊娠初期の体調の変化は個人差も多く、人によってその症状は違います。おならに関しても同じで、頻繁におならが出てしまうという方から、おなかにガスが溜まっているような感じが続く方、おならが臭いと感じる方など人それぞれです。

ですが、これはすべて妊娠したことによる症状ですので、あまり気にする必要はありません。ただし、我慢しないことが大切です。

おならを我慢したことで腹痛を伴ったり、体調を崩してしまうこともありますので、周りの理解を得て我慢することはできるだけ避けましょう。

それでも、ガスが溜まりすぎておなかに違和感を覚える場合や腹痛を感じる場合には無理をせずに、かかりつけの病院で、医師の診察を受けましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる