妊娠初期にやっていいこと悪いこと

妊娠初期には気をつけよう!妊娠初期にやっていいことと悪いこと




普段なら気にもしていなかったことを「これってやってもいいの?」と考えてしまうことが妊娠中は多くなります。自分だけでなくお腹の中の赤ちゃんに関わってくることも増えます。

さらに、身体の状態が不安定で妊娠トラブルも襲ってきますから、1つ1つの行動に慎重になってしまうでしょう。

特に、妊娠したての妊娠超初期を含んだ妊娠初期に当たる時期は、身体が赤ちゃんを育てる準備中で流産のリスクが最も高い時期とされており、ママも周りも敏感になってしまっています。

そこで今回は、

・出産する前に旅行に行きたい!妊娠初期はやめた方がいい?
・妊娠初期に温泉に入るのは大丈夫?
・妊娠初期、自転車には乗らないほうが良い?

といった方に、妊娠初期にやっていいことと悪いことについて詳しくご説明します。

考えすぎてしまうのは気詰まりする一方ですが、妊娠初期でも生活するにあたって買い物に行ったり保育園の送り迎えがあったり、お仕事があったりで自転車に乗ることもあります。

さらに、出産前に旅行を計画していたり、温泉で体を癒したいというママも少なくありません。多くのママが知りたいと思っている、妊娠初期にやっていいこと、悪いことをここではっきりさせて安心しましょう!

関連記事
>>妊娠中期にやっていいことと気をつけること!安定期でも油断禁物
>>妊娠後期にやっていいこと悪いこと!出産間近に注意したい行動

妊娠初期にやっていいこと

妊娠初期にやっていいこと

先に紹介するのは妊娠初期でもやっていいことです。お家で安静にすべき!というイメージが強い妊娠初期ですが、実は気を付けていればやっていいことって結構あるのです。

自転車に乗る

自転車は日常で最も利用する交通手段の1つです。車のように渋滞にはまってしまう心配がありません。

何よりママは食材など重い物を持つことが多いですから、荷物をカゴに乗せられる自転車は使うことが多いのではないでしょうか。

上の子の送り迎えでもなにかと自転車は重宝します。そんな自転車ですが、妊娠すると乗らない方が良いという話をよく聞きます。

特に妊娠初期はお腹の中で赤ちゃんを育てる環境の準備が始まり、身体に大きな変化が起ころうとしている時期なので周囲も心配になるのでしょう。

自転車の振動で子宮が刺激されてお腹が張ってしまうだとか、サドルからの圧迫で骨盤が歪み、切迫早産などのリスクが高まるといわれているなど、さまざまなリスクが考えられるからです。

しかし、実際のところは自転車をこぐ程度の振動では出産や胎児への影響は少ないとされています。むしろ、自転車をこぐことで足腰の筋肉が鍛えられるので、安産になるという意見も。

ただし、外見に変化が見られなくても重心の位置が変わってきている時期なのでバランスを崩しやすくなります。乗る際にはくれぐれも注意して下さい。

自転車に乗るときの注意!

ウォーキングや立ち仕事が挙げられるように、大丈夫といわれていても100%安全とは言い切れません。

中でも自転車は担当する医師によって意見が分かれてくる微妙な位置にあるので、自転車を利用したいと考えている場合には、1度、担当の医師に相談しましょう。

また、いくら注意していてもバランスを崩しやすいことに変わりはありません。自転車に乗る時はなるべく整備されている道を選ぶ、坂や段差がある場合には自転車から降りる、もしくは避けることも必要です。

さらに、サドルを低くする、長時間乗らないなども含め、きちんと対策をとり、意識することが大切です。妊娠初期は身体の土台がしっかりしていないので、体調が優れない場合は大事をとって乗らないようにしましょう。

お酒を飲む

お酒が大好き!という女性は多いですが、パートナーと晩酌をしたり、普段は飲まなくても仕事をしていてお付き合いで飲むママもいるかもしれません。

しかし、飲酒というのは喫煙と並び身体に良くないイメージがあります。妊活では、妊娠したいなら飲酒は控えるべき、とあるほどです。そんな背景もあり、赤ちゃんへの影響が心配で妊娠すると酒断ちするママも少なくありません。

ただ、普段飲まない「たまに」くらいの頻度であれば飲んでも心配はないです。毎日飲む、というママは妊娠初期であれば1日にグラス1~2杯程度であれば飲んでも良いとされています。

赤ちゃんのことを優先して考えるのであれば、1週間に1度、グラス1杯程度の頻度を目安に飲めば悪影響はまずないです。また、飲み過ぎは良くないですが節度を守ったお酒は、リラックス効果があるとされています。

妊娠初期は、気分の浮き沈みも激しくなり始める時期ですから、節度を守った飲み方であればストレス解消に良い効果が期待できます。

参考記事>>妊娠中の飲酒が胎児に与える影響と妊婦さんとお酒の付き合い方

飲酒する時の注意!

アルコールの影響で胎児の身体、脳の発育が遅れてしまう胎児性アルコール症候群が挙げられるように、お酒を飲むことでお腹の中にいる赤ちゃんにリスクがないとは言い切れません。

危険といわれている目安は日本酒で0.5杯、ワインで175ml、ビール350mlで1日6杯以上で飲むと赤ちゃんの奇形や未熟児などのリスクが上がり、更に8杯以上で胎児アルコール症候群の発症率が3~5割上がるとされています。

しかし、飲む量に気を付けていても悪影響がないとは限らないです。そのため、お酒を摂取する際にはたとえ少量であっても、ウォッカやテキーラなど度数の強いお酒は控え、飲むことに慎重になった方が良いでしょう。

また、以上のリスクからリラックス効果が望めるとはいえ、妊娠初期のママの飲酒は医師によって判断が分かれてきます。

体調によって、身体に与える影響も左右されますので、嗜む程度でも日常的に飲酒をしている場合には、自分で判断せずに1度医師に相談して下さい。

担当の医師に禁酒を勧められた場合には、赤ちゃんの為にも禁酒にチャレンジすることも大切です。

温泉に入る

1982年から2014年まで、妊娠中のママは温泉に入らない方が良いと考えられていました。

これは、環境省でも定められていたことで特に妊娠初期や後期は温泉に入らないよう注意書きがされており、この影響からか今でも温泉は避けるイメージが強く残っています。

しかし、2014年以降は医学的根拠がないとして見直しが発表され、現在では環境省が定めたこの項目も文科省によって削除され、妊娠初期であっても温泉に入ることは問題ないです。

むしろ、温泉に入ることで妊娠への不安や、眠れなくなってしまうなど鬱(うつ)に近い状態になってしまうマタニティブルーの解消や、入浴することで得られる血行を促進する冷え性改善など、妊娠初期のママにとって嬉しい効果が温泉では期待できます。

参考記事>>妊婦さんに温泉っていいの?温泉選びと入浴時の注意点とは?

温泉に入るときの注意!

ただし、温泉に入る時は注意すべきことがいくつかあります。

1つ目が滑らないように注意すること。

お風呂でもいえることですが、特に温泉は泉質や他の人が利用した石鹸やシャンプーの泡、床が溢れた温泉で濡れていたりするなど非常に滑りやすい状態です。

また、自転車でも触れたように妊娠初期はバランスを崩しやすいですから足元にはくれぐれも注意しましょう。

2つ目が長湯をしないことです。

ゆっくり浸かりたいところですが、長時間の入浴は気分が悪くなったりのぼせてしまう原因になります。お腹にいる赤ちゃんも同じ状態になってしまうので10分くらいを目安に上がることが大切です。

3つ目が1人で入らないこと。

妊娠初期は、つわりなど急に体調が悪くなってしまうことがあります。何かあった時のためにも、他の人と一緒に温泉は楽しむようにして下さい。

温泉が身体に良くても、体調が優れない時は控えることも大切です。入浴中は汗を掻くので水分補給を忘れず、入浴後も湯冷めしないように気を付けましょう。

妊娠初期は控えるべきこと

妊娠初期は控えるべきこと

やっていいことがあるように、妊娠初期にはやらない方が良いこともあります。タバコや生ものを代表に、悪いことに当てはめられることもあり、実際にママの身体や赤ちゃんに悪影響を与えてしまうので控えるようにしましょう。

市販薬を飲む

妊娠しても、風邪を引いたり体調が優れない時はあります。そんな時、風邪であれば風邪薬を飲むところですが、妊娠初期はお腹の赤ちゃんに影響が出てしまう恐れがあるので、注意が必要です。

特に気を付けたいのは妊娠4~7週目まで。心臓や手足など身体の重要な器官を作り始めている時期なので、赤ちゃんの奇形のリスクが高まる恐れがあります。

影響が少なくなるとはいえ、15週目までは薬の飲用には慎重になった方が良いです。時期や薬の種類に気を付けてさえいれば市販薬は飲用できます。

また妊娠初期に飲用することで悪影響を及ぼす市販薬はほとんどないとされていますが、100%安全というわけではありません。

リスクが上がらないというだけの話なので、赤ちゃんのことを考えるのであれば自己判断で市販薬は飲まない方が良いでしょう。

参考記事>>妊娠中の風邪薬の関係と妊娠週数毎の胎児への影響

風邪をひいたときの注意!

市販薬は控えた方が良いという話であって、病気にかかっても薬を飲んではいけないというわけではありません。

自然治癒が理想ではありますが、風邪をこじらせ症状が重くなってしまったら、それこそ母子の健康に関わります。

市販薬はお勧めできませんが、症状が酷い場合は我慢せず通院している産婦人科を受診し、病院に薬を処方してもらいましょう。

重い物を持つ(引っ越しを含む)

妊娠中は重い物を持つのはNGです。理由としては、腰に負担がかかることで血流が圧迫されてしまうことが挙げられます。

血液はその中に酸素と栄養を含んでいて、赤ちゃんに血液と一緒に栄養を運んでいます。重い物を持つことで一時的に血流が圧迫されることで、血行不良になってしまうのは赤ちゃんに負担がかかってしまうのです。

また、重い物を持つことで人は無意識にお腹に力を入れています。つまり腹圧がかかり、お腹に負担がかかってしまっているのです。

腹圧がかかると子宮が下がりやすく、腹痛やお腹の張りも起きやすいです。流産や早産に繋がる恐れもあるので、その確率の高い時期に当たる妊娠初期はやらない方が賢明です。

荷物を持つときの注意!

できれば重い物を持つのは避けて欲しいところですが、一般的に妊娠中のママでも10kgより軽い物、アメリカでは6700gほどの軽い荷物であれば持って良いとされています。

ママでも持つことが多い買い物袋であれば片手で6.7kg、総量13kgまでなら大丈夫です。ただし、高いところから重い荷物を下へ降ろしたりするなど腰やお腹に負担がかかる動作をしないように注意しましょう。

逆に持たない方が良いのは、お米やビールケースなど、どうしても抱え込んで持つ必要があるものです。

必然的に荷物の入った段ボールを抱え込むことになる引越しも控えた方が良いでしょう。引越しに関しては、物を上げ下げする動作も加わるのでおススメできません。

人によっては軽い荷物でもお腹が張ってしまうことがあります。重い、と感じるようであれば無理に持たないようにして下さい。

旅行へ行く

妊娠初期は、個人差はあれど腹痛につわり、頭痛や突然の出血など妊娠初期症状と呼ばれるさまざまな症状が起きます。

さらに、ママの身体は赤ちゃんを育てるために胎盤を作っていたり、赤ちゃん自身の発育も始まっている重要な時期なので、初期症状のことも考えると旅行は控えるのが無難です。

これは身体のリスクだけでなく万が一、旅行先で何かあった時に対処できる医療機関がないという理由や、あったとしても時間がかかってしまい対処が遅くなってしまう恐れがあるからです。

また、旅行中はどうしても車なり新幹線なり、海外旅行を考えていれば飛行機などの交通機関を利用することになります。

感染症のリスクを初め、長時間イスに座っている状態になるので、同じ姿勢でいることによる静脈血栓症-エコノミー症候群のリスクも高まるのです。

エコノミー症候群に関しては、妊娠中のママは普通の人より6倍リスクが高くなります。特に海外旅行は、食べ物や環境も異なりますから感染症を含め、母子の身体におよぼすリスクが国内よりも高くなりますので、妊娠中は行かないのが無難といえます。

もし妊娠中の旅行を考えているようであれば、妊娠16週目を過ぎた5ヶ月頃、安定期に入ってお腹が大きくなりすぎる前に行くようにしましょう。

参考記事>>妊娠中の旅行は安定期まで我慢!?マタニティ旅行の注意点

旅行時の注意!

上記の理由から基本的に長時間の旅行は控えた方が良いのですが、中には里帰りで飛行機などを利用する場合や、どうしても旅行がキャンセルできなかったということもあるかもしれません。

その時は、自己判断せずに医師に確認をとってから旅行の準備を始めて下さい。どの交通を利用するにしても長距離移動で一番心配なのはエコノミー症候群です。

できれば何とか短時間で移動できるルートで旅行するのが望ましいですが、避けられない場合には飛行機であれば小まめに下半身のマッサージ、新幹線であればなるべく通路側の席をとって30分に1回は歩くよう心がけてください。

さらに、車であれば飛行機と同じ対策や小まめにドライブスルーなどで休憩を挟むようにしましょう。血液の循環を良くするために水分補給をするのも大切です。

まとめ

まとめ

妊娠初期にしていいこと、悪いことについていくつか挙げましたが、あくまでも参考の1つとして考えて下さい。良いことでも、注意することがあるように未だにはっきりしない事も多いからです。

一番良いのは不安に思うことがあれば、担当の医師に相談すること。それでも心配が残る場合には、やらないことをオススメします。

神経質になりすぎない程度に、周囲の協力も借りながら妊娠初期を乗り切って、快適な妊娠生活を過ごせるようにしたいものですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる