妊娠初期は感染症に注意!ペットも危険?感染経路と予防法

妊娠初期は感染症に注意!ペットも危険?感染経路と予防法



妊娠中は体のことに対してすごく敏感になります。特に最近では、感染症による赤ちゃんへのリスクについて、メディアでも取り上げられることが多くなってきました。

確かに、ママが病気に感染することで、お腹の赤ちゃんに影響を与えることもあります。中には脳や体を変形させるだけでなく、障害や後遺症が残るケースもあります。

最悪の場合には、流産や死産する可能性があることも・・・。

妊娠前は健康体そのものであっても、風邪をひきやすくなったり色々な病気に感染しやすい状態にあったりするのです。

そこで今回は、

・妊娠初期に予防接種をうけても大丈夫?
・気を付けたい感染症の種類を教えてほしい!
・ペットを飼っていると感染症になりやすいの?

といった方に、妊娠初期に気を付けないといけない感染症の種類と、感染症の予防、日常生活で気をつけるべき行動などについて詳しくご紹介します。

妊娠初期は感染しやすい?

妊娠初期は感染しやすい

妊娠初期は特に免疫力が低下し、またホルモンバランスも妊娠によって変化し始めるため、大変感染症にかかりやすい状態にあります。

感染症にかかると、ママが健康を損なうだけではなく、赤ちゃんにも感染する「母子感染」を招く恐れがあります。胎児が感染症いんかかると、生まれた後に後遺症が残ったり、お腹の中で亡くなってしまうことも少なくありません。

感染症には種類がある

感染症とは、ウイルス・細菌などの病原体などに発症する病気のことです。ウイルス・細菌が、妊婦さんから赤ちゃんへと移行して感染するのが「母子感染」です。

そして、母子感染の感染経路では、どのタイミングでうつるのかによってパターンが分かれます。

・妊娠中にうつる場合:胎内感染
・分娩時にうつる場合:産道感染
・授乳中にうつる場合:母乳感染

それぞれの感染症の種類によって、その感染経路は異なります。ですが、胎内感染は流産や早産など赤ちゃんの生命にかかわるものも多く、先天奇形の原因にもなるためママがしっかりと予防することが重要となります。

感染症の種類と予防

感染症の種類と予防

感染症の中でも、一度は名前を聞いたことのある病気をご紹介します。妊娠初期のママがこの病気に感染すると赤ちゃんに影響が出るので、くれぐれも注意しましょう。

風疹

風疹は風疹ウイルスに感染することによって発症する感染症です。

発症すると発疹・発熱・リンパ節の腫れ・関節痛などがあらわれます。風疹は「三日ばしか」とも呼ばれますが、症状があまり重くない場合がほとんどです。

しかし、妊娠16週未満の 妊婦さんが風疹に感染した場合には、胎盤を通してお腹の赤ちゃんに感染し、赤ちゃんに先天性心疾患や視覚障害、聴覚障害、発達遅延の発症の恐れが出てきます。

風疹ウイルスの感染経路と予防

風疹は予防接種によって防ぐことが可能です。

現在では1歳の誕生日を迎えた頃に一回目の接種を行い、その後就学前に二回目の摂取を行うよう定期化されています。

しかし、平成2年より以前に生まれた人は、予防接種を1回しかしていなかったり、予防接種自体を受けていません。抗体を持っていない方も多いため、大人になってかかる可能性は十分に考えられます。

妊娠中はこのワクチンを接種できませんので、妊娠を考えた段階で風疹の抗体がない人は、ワクチンを接種しておきましょう。

そして、同居している家族が抗体を持っているのかも調べましょう。
もし抗体がなければ、一緒に予防接種を受けることも必要です。

風疹は飛沫感染と接触感染ですので、もし、初期の妊婦健診で風疹の抗体がないことが分かった場合は、妊娠初期に人混みに出向くのは避けましょう。

水疱瘡(みずぼうそう)

子供がかかりやすい病気として有名な水疱瘡は「水痘・帯状疱疹ウイルス」に感染することで起こります。

医学的な正式名称では「水痘」と呼ばれ、感染後は約2週間の潜伏期間を経て、全身に痒みを伴う赤い発疹が広がり、水疱やかさぶたに変わります。

子供だけでなく、ごくまれではありますが大人になってからかかる方もいます。

妊婦さんで水疱瘡を発症した場合には、免疫力が低下していることから重症化しやすいため注意が必要です。

しかも、合併症として肺炎や髄膜炎を引き起こす可能性もあり、場合によっては死亡する危険性もあります。胎児にも胎盤(へその緒)を通して感染します。

低出生体重や白内障などの障害が出る以外にも、妊娠初期には流産の可能性が高まります。

水疱瘡の感染経路と予防

水痘・帯状疱疹ウイルスは感染力が非常に強いのが特徴です。空気感染・飛沫感染・接触感染などあらゆる感染経路によって広がります。

また潜伏期間が長いため、感染していることを知らぬ間に保菌者になっている場合があるので、妊娠初期には特に感染の疑いがある人との接触は避けるのがベストです。

子供の多い場所へ出向くのも感染する可能性が高まります。

水痘は予防接種によってかかりにくくすることは可能です。子供の頃に水疱瘡にかかったことがなければ、妊娠前に予防接種を受けておくと安心です。

感染した際には、重症化を抑える目的で抗ウイルス薬を投与される場合があります。

麻しん(麻疹)

麻しんは一般的には「はしか」と呼ばれる感染症です。
風邪のような症状の後に発疹があらわれます。

感染力が非常に強く、感染者が近くにいると非常に高い確率で感染します。

妊娠中に麻しんに感染すると、流産や早産を引き起こすリスクが高くなります。

麻しんの感染経路と予防

麻しんは予防接種の普及により、発症者は激減しましたが、近年では空港など外国から持ち込まれた麻しんに集団感染するケースも報告されています。

発症した場合の特別な治療法はなく、対症療法を行いますが、妊婦は重症化しやすく肺炎などを合併することもありますので注意が必要です。

リステリア菌

リステリア菌とは食中毒を引き起こす細菌です。塩分濃度の高い環境だけでなく、寒い中でも生息できるため、冷蔵庫内でも繁殖します。

ナチュラルチーズや生ハム、スモークサーモン、パテなど非加熱な食品が感染源となります。

リステリア菌に感染すると発熱や頭痛、悪寒、嘔吐、倦怠感、筋肉痛、吐き気、下痢などインフルエンザに似た症状を引き起こします。

妊婦さんは抵抗力が低下しているため、重症化しやすく、敗血症や髄膜炎などを引き起こして、最悪の場合死に至るケースも報告されています。

お腹の赤ちゃんへも、胎盤を通して感染し、流産や早産、死産の原因になることがあるため注意が必要です。

リステリア菌の感染経路と予防

リステリア菌に感染した場合は、ペニシリンやアンピシリンなどの抗生物質を早急に投与することで、お腹の赤ちゃんへの感染を防ぐことができます。

リステリア菌は熱に弱いので、生の食品は流水でよく洗い流し、十分に加熱してから食べるようにすることで感染を防ぐことが可能です。

日常に潜む感染症の危険

日常に潜む感染症の危険

今ご紹介した感染症は一例で、他にも妊娠中に注意しなければならない感染症はたくさんあります。

一番気をつけなければいけないことは、普段何気なく生活している中での感染です。

上で述べた風疹や麻しんなどワクチンがあるものは予防接種を行っていれば感染の確率が低くなります。

しかし、トキソプラズマやリステリア菌のような感染症では、日常的に何気なく行っている作業や食事などから感染するため、知らず知らずのうちに感染してしまうこともあります。

赤ちゃんはママとへその緒でつながっていますので、母体のウイルスや細菌が移行してしまうこともあるので注意しましょう。

ペットを飼っている家は要注意、動物からの感染

上でも述べたように、ペットからも感染症がうつることがあります。
特に注意したいのはトキソプラズマです。

トキソプラズマは幅3µm、長さ5-7µm、半円~三日月の形をした原虫です。
胎盤を通して胎児に感染すると流産や死産の原因にとなるだけでなく、胎児の脳や目に障害を起こす可能性があります。

感染したとしても自覚症状がない場合が大半であり、自然に治癒します。
また、一度感染すると体内で抗体が作られるので再び感染することはほとんどありません。

トキソプラズマという寄生虫は、ヒト・ブタ・ヒツジ・ヤギ・ネズミ・ニワトリなど、200種以上の哺乳類や鳥類に寄生しています。

しかし、終宿主としているのはネコ科の動物だけで、ネコ科以外の動物は中間宿主となります。
ヒトも中間宿主であるため、人から人への感染はありません。

健康な妊婦さんであれば感染しても症状があらわれない場合もあり、母体に大きな影響はありません。

自覚症状がないために、気がつくまでに時間を要し、赤ちゃんに感染してしまうということも多くあります。

昨今の猫ブームによって、自宅で猫を飼っている妊婦さんも多いでしょうが、トキソプラズマは猫の便やその便に汚染されたトイレ砂が感染経路となるため、猫の世話や掃除は妊娠期間中は他の方にお願いするのがベストです。

ペットであれば、猫の他に犬を飼っている方が多いかと思いますが、犬からの感染は基本的にはないと考えて問題ありません。

しかし、感染がないからといっても節度を保つことが大切です。

トキソプラズマの感染はペット以外にも

ペットからの感染以外で、多くの報告を受けているのが食事からの感染です。特に十分に加熱されていない肉からの感染が多く、ユッケやレアのステーキ、生ハムなど、生食で食べる肉食品には特に注意が必要です。

家ではしっかり加熱処理できますが、外食先ではお肉がレアだったということもあるので注意しましょう。

トキソプラズマ検査について

トキソプラズマに感染する人の数は、世界規模で見ると人口の約3分の1といわれていて、欧米諸国においては妊婦健診の必須項目になっている国もあります。

日本では、この検査は任意で受けられますが、任意のため自費検査です。血液検査で、費用自体は1000円前後ですが、検査自体を行っている産婦人科は、全国的に見るとおよそ半数ほどです。

トキソプラズマ検査は、妊娠初期に行われることが一般的で、これから妊娠を希望する人も検査を受ければ、自分が抗体を持っているかどうかを事前に把握できます。

この検査を受けて、妊娠前にトキソプラズマに感染したばかりと判明すれば、その時期からおよそ3~6ヶ月ほどは妊娠を控えましょう。

諸外国のように、今後必須検査項目となるかはわかりませんが、食事からトキソプラズマに感染した方の事例などを新聞で目にすることもあり、世間的には警鐘している傾向にあります。

医師の中でも検査の必要性を訴えている人も少なくないため、気になる場合は、かかりつけの産婦人科で相談するのが良いでしょう。

トキソプラズマに感染した場合の治療方法

妊娠初期の段階で、トキソプラズマに感染していることがわかった場合、その治療方法には、「アセチルスピラマイシン」という抗生物質を早期の段階から服用して寄生虫を死滅させます。

感染の疑いがある場合でも、確定する前から服用を開始することもあります。現在では特効薬として、この薬を分娩まで服用することで、お腹の中の赤ちゃんへの影響を抑えることができます。

妊娠中の薬の服用は、基本的には気を付けないといけませんが、この薬については胎児への危険性はありません。

この薬で治療することで、胎児に感染してしまった場合、重症の先天性トキソプラズマ症が発生する確率が、約60%まで減少するとされています。

感染症は早期発見・予防が重要

感染症は早期発見・予防が重要

母体が感染症にかかっているとわかった場合には、その時点ですぐに治療をすることが大切です。

特に妊娠初期は、赤ちゃんの脳や体を形成する重要な期間なので、この期間に感染が疑われる場合には早めの受診と対応が必要です。

まずは、感染しないために予防し、それでも感染してしまった場合には早期治療を行うことを心がけましょう。

感染症は何気ない日常生活の中に潜んでいます。いつものことが、妊娠中には大きなトラブルとなる可能性があることを忘れずに、予防を意識するように心がけましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠超初期・妊娠初期(0~4ヶ月)のカテゴリー

妊娠の兆候葉酸サプリ妊娠報告・出産報告
妊娠中のスキンケア妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行
妊娠中の家での過ごし方妊娠中の運動妊娠線
妊娠中に便利なサービス・アプリ妊娠中の仕事妊娠中の服薬
妊娠中の飲酒妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理
妊娠中の栄養・食事妊婦健診産休・育休
産院選びつわり保険
胎動
妊娠の兆候葉酸サプリ
妊娠報告・出産報告妊娠中のスキンケア
妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行
妊娠中の家での過ごし方妊娠中の運動
妊娠線妊娠中に便利なサービス・アプリ
妊娠中の仕事妊娠中の服薬
妊娠中の飲酒妊娠中のカフェイン
妊娠中の体重管理妊娠中の栄養・食事
妊婦健診産休・育休
産院選びつわり
保険胎動
目次
をみる
関連記事
をみる