妊娠初期に免疫力が低下するのはなぜ?その原因と予防法とは

妊娠初期に免疫力が低下するのはなぜ?その原因と予防法とは




妊娠すると妊婦さんの体内では、これまで感じたことがないような変化が起きます。そのため突然体調を崩すケースも少なくありません。

妊娠初期はとにかく体調が悪く、毎日横になっていた妊婦さんも少なくないでしょう。妊娠初期の妊婦さんの体というのは、免疫力が一時的に低下することが知られています。

そこで今回は、

・妊娠初期に免疫力の低下は赤ちゃんに影響する?
・妊娠初期の免疫力アップに繋がることを教えてほしい!
・妊娠初期は誰でも免疫力は落ちるの?

といった方に、妊娠初期になぜ免疫力が低下するのか、免疫力低下の症状と原因・予防法などを詳しくご説明します。

一番大きな理由は赤ちゃんを守るため

一番大きな理由は赤ちゃんを守るため

妊娠初期免疫力が低下してしまうもっとも大きな理由は、なんと「赤ちゃんを守るため」です。

妊娠する前の体は、自分の体を守るために活動していますが、妊娠初期に入ると自分の体だけでなく、赤ちゃんをしっかりと守るようになります。

このような状態へとシフトするため、免疫力が一時的に低下するのです。具体的な理由として、妊娠初期は妊婦さんの体が、赤ちゃんを異物として捉えてしまい、これが流産などにつながるリスクとして高くなります。

妊婦さんの免疫力が高ければ高いほど、赤ちゃんを異物として認識してしまうのです。そのため、一時的に免疫力を下げて赤ちゃんが、異物ではないことを体に教えています。

何よりもこの働きが一番、妊娠初期の免疫力低下の理由となっていたのです。

その他の原因について

その他の原因について

赤ちゃんを守るために、免疫力が低下することを初めて知った方も多いでしょう。その他にも、妊娠初期の免疫力低下には理由があります。どのような理由があるのでしょうか。

ストレスによるもの

妊娠初期の免疫力低下で、大きな影響を与えるのはストレスです。妊娠初期にはホルモンバランスが大きく変わるので、これによってなんとなくイライラする、または体調が悪くなることも増えます。

さらには人によって違いはありますが、ご自身を取り巻く環境から、さまざまなストレスを感じたりすると、これも免疫力低下の大きな原因になります。

自分でも気づかないストレスを抱えながらの生活で、そのストレスが妊娠初期の免疫力低下につながっているのです。

ホルモンバランスによるもの

妊娠初期は上記のとおり、ホルモンバランスが大きく変化します。このようなホルモンバランスの変化に、今までの体がついていけず、免疫力が低下することがあります。

妊娠初期から妊娠後期にかけては、妊娠ホルモンがたくさん分泌されますが、このホルモンはあくまでも妊娠期間中のみに分泌されるものです。

そうでないタイミングで分泌されることがないため、体はこの妊娠ホルモンに対応することができず、免疫力低下につながってしまいます。

細菌性免疫の低下によるもの

もう一つ、妊娠初期に免疫力が低下する原因は、細菌性免疫の低下です。この細菌性免疫というのは、さまざまなウイルスや細菌に対し、結束してやっつけてくれる働きをします。

ですが、妊娠初期は上記したようないくつかの理由により、細菌性免疫が低下します。その結果、体内では免疫力が低下し、さまざまな不快症状などがあらわれます。

細菌性免疫が著しく低下すると、多くの細菌やウイルスへの感染リスクが非常に高くなりますので、免疫力が下がることは避けなければなりません。

免疫力が下がるとどんな症状が出るの?

妊娠初期に免疫力が下がると、どんな症状が出るのでしょう。妊娠初期に関わらず、免疫力が下がると引き起こされる症状も含まれていますが、妊娠初期だからこそ引き起こされる症状についてもご紹介しましょう。

発熱など風邪に似た症状

特に風邪をひいていないのに、発熱やのどの痛み、さらには咳・鼻水が出るなどといった症状が現れます。風邪のウイルスが、体内に潜んでいなくても免疫力が低下すると、このような症状が出ます。

特に発熱に関しては、妊娠初期に高温期が続きますので、気がつかない方もいますが、発熱が続き風邪をひいたと心配になり受診する妊婦さんもいます。

極端な高熱が出ることはありませんが、やはり免疫力が低下して、発熱した状態が続くことは珍しくありません。その結果、水分不足になったり体力の消耗が激しく、さらに体調を崩してしまう可能性も高くなります。

全身の倦怠感が続く

前述のように発熱する期間が続いたり、その他にも免疫力が低下すると、さまざまなウイルスなどに対抗するための力が、低くなります。

その影響を受け、全身の倦怠感が続くといった症状も、多く見られます。何をするにも体がだるくて仕方がないと感じたり、少し動くだけですぐに疲れることから、動くのが嫌になる妊婦さんもいます。

全身の倦怠感があらわれた時には、無理をせず休むのが1番ですが、家事やその他お仕事などをしなければならず、全身の倦怠感が続いたまま、頑張ってしまう妊婦さんもいます。

しかし、頑張ってしまうと、さらに倦怠感が強くなり最終的には寝込んでしまうこともあるので注意しましょう。

感染症を罹患(りかん)しやすくなる

免疫力が低下すると、さまざまなウイルスや細菌に対するパワーがなくなります。そのため、感染症を患いやすくなるといった症状があらわれます。

例えば風邪をひいても、通常であれば3日程度で体調が回復してくるのに対し、妊娠初期の免疫力低下の状態では、1週間以上も症状が続くことがあります。

その他にも、インフルエンザなどを罹患しやすくなったり、花粉症でもないのに花粉症に似た症状があらわれてくるケースもあります。

体内の老廃物の除去がしにくくなる

誰でも毎日の生活をしていく中で、老廃物が発生しているのですが、免疫力というのは、この老廃物などを除去してくれる働きもあります。

しかし、妊娠初期に免疫力が低下すると、老廃物を排除する働きが低下するので、体内にはたくさんの老廃物が蓄積されてしまいます。

老廃物の蓄積が進むことから、さらに免疫力は低下して、ひどい便秘に悩まされ、常に胃の膨満感があり、気分が悪いなどといった症状があらわれます。また、この他にも極端な肌荒れになるなど、症状はさまざまです。

妊娠初期に免疫力が下がるリスクとは

妊娠初期に免疫力が下がるリスクとは

上記のとおり、妊娠初期に免疫力が下がると、分かりやすい症状があらわれます。このような症状を見逃したり、軽視してしまうと、さらに大きなリスクへと繋がるので注意が必要です。

妊娠初期の免疫力の低下には、どのようなリスクが潜んでいるのか、いくつか挙げてみましょう。

赤ちゃんへの感染

まず第一に、赤ちゃんへの母子感染リスクが高くなります。ママが何かしらの感染症に罹患して、これが胎盤を通じて赤ちゃんにも感染してしまう症状です。

このように母子感染すると、赤ちゃんに障害が残るケースや、出産後に発達障害が出るケース、さらには出産までの間に早産や流産などに繋がるリスクが高くなります。

赤ちゃんを異物としてしまう

最初でもお話しているのですが、免疫力が著しく低下するのはよくありません。

高すぎても赤ちゃんを異物として認識してしまいすが、反対に著しく免疫力が低くなると、まず妊婦さんは、自分の体を守っていくことを優先とするので、どうしても赤ちゃんを守ることができなくなります。

そのため、著しく免疫力が低下することを避けるのが大切です。

流行病にかかりやすくなる

抵抗力が低下すると、さまざまな病気への罹患リスクが高くなり、特に冬場であれば、インフルエンザなどが流行します。妊娠初期に、このような流行病へ感染する可能性もあり、必要に応じてお薬などを服用しなければなりません。

妊娠していることを自覚している妊婦さんであれば、万が一流行病を患った際にも、すぐに受診することができますが、まだ妊娠を自覚していない妊婦さんは市販されているお薬を飲んでしまうこともあるでしょう。

その後妊娠に気づいて、出産までの間、飲んでしまった薬に対する副作用を、ずっと気にしなければなりません。

また流行病の種類によっては、妊婦さんが著しく体調を崩してしまうものもあり、そういった状態によって、赤ちゃんの発育にも悪影響が出ることもあります。

つわりがひどくなる

妊娠初期に出る、つわりは明確な理由がはっきりとわかっていません。しかしながら、ホルモンバランスの影響や免疫力の低下も、少なからず影響を及ぼしていることがわかっています。

そのため免疫力の低下から、つわりの症状がひどくなることもありますが、あまりにもひどいと自宅で生活することが難しく、十分な栄養を摂取するために、入院生活が必要になる場合もあります。

免疫力アップのために何をすれば良いの?

免疫力アップのために何をすれば良いの

妊娠初期の免疫力低下を防ぐためには、食生活をはじめ生活でも、ある程度の工夫をしていかなければなりません。著しい免疫力の低下なども防いでいくためには、どんなことをすればよいのでしょうか。

発酵食品を食べる

免疫力をアップさせるには、発酵食品を食べるというのがもっとも手軽でお勧めの方法です。

発酵食品にはたくさんの酵素が含まれており、この酵素そのものが体内の老廃物などを除去して、細胞を元気にしてくれます。そのため、免疫力も徐々にアップし、著しい免疫力の低下などを防いでくれます。

新鮮な野菜と果物を食べる

美容と健康を維持するためには、健康なお野菜とフルーツが良いとされていますが、新鮮なお野菜や果物は、前述した発酵食品と同じく、たくさんの酵素を含んでいます

そのため、新鮮なお野菜と果物を積極的に取り入れることによって、体内では免疫力がアップし、さらには妊娠初期の肌荒れや便秘などを予防することにもつながります。

このような食品は、つわりによって食欲がないときでもさっぱりと食べられるものが多く、ぜひとも積極的に取り入れていきたい食品です。

適度に体を動かして日光を浴びる

適度に体を動かすことや日光の日差しを浴びることも、免疫力アップには欠かすことができません。常に横になった状態でダラダラと過ごしてしまうと、体内ではしっかりと免疫力が働かずどんどん低下しまいます。

家事をする程度で構いませんので、ある程度は体を動かすことを意識しましょう。また日差しを浴びることも植物が光合成を行うように、人間の体内でも免疫力を活発に働かせてくれるポイントとなります。

極端に日差しの強い時には無理をする必要もありませんが、お洗濯物を干す間やお買い物に出かける間など、適度な日差しを浴びることも意識していきましょう。

衛生的な環境を維持する

不衛生な環境で生活をしていると、ウイルスやカビなどの影響によって抵抗力が低下します。そのため、衛生的な環境が一番です。

常に家庭内はクリーンな状況を心がけ、さらには身につける衣類などに関しても洗濯して、きれいなものを使用しましょう。

カビなどの発生原因があると、ここから広がったカビの胞子によって、免疫力がどんどん低下してしまいます。湿気などにも気をつけながら、生活をすることが大切です。

妊娠初期の免疫力低下は誰にでも起こることです

妊娠初期の免疫力低下は誰にでも起こることです

妊娠初期の免疫力低下は、どの妊婦さんにも起こる症状です。厳密には症状というよりも体内の仕組みといった方が良いでしょう。

免疫力低下はさまざまなリスクがあり、症状もそれなりにあらわれてくるので、時には不安になりますが、妊婦さんであれば誰でも経験するものだと割り切り、しっかりと免疫力をアップさせるための工夫に取り組みましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる