妊娠初期は鼻血が出やすい

妊娠初期は鼻血が出やすい!?理由と対処法を知っておこう




今まで一度も鼻血を出したことなどないママさんであっても、妊娠初期になると繰り返し鼻血が出てしまうという経験をすることがあります。

妊娠初期には鼻血が出やすいなどといわれているのですが、これは本当なのでしょうか?

そこで今回は、

・妊娠初期に鼻血がでやすいのはなぜ?
・鼻血が出たらどうすればいい?
・妊娠初期の鼻血を予防するには?

といった方に、妊娠初期に出る鼻血について、原因や対処法について詳しくご説明します。

妊娠初期は本当にさまざまな変化が訪れますので、一つ一つチェックしておくと安心した日々を過ごすことができます。

妊娠初期に鼻血を経験するママさんが多い?

鼻血を経験するママ

妊娠初期には鼻血を経験するママさんが多くいます。もちろん個人差があり、まったく鼻血などが出ることはなく過ごせるママさんもいますが、反対に妊娠初期に生まれて初めての鼻血を経験したというママさんもいます。

このように妊娠初期は鼻血が出てしまう原因があります。複数の原因がありますので過度な心配をすることがないように、あらかじめ原因を知っておきましょう。

妊娠初期の鼻血の原因

鼻血の原因

妊娠初期に鼻血が出てしまう原因の一つには、ホルモンバランスの変化があります。

またこの他、時期的に花粉症や風邪、インフルエンザなどが流行するタイミングに重なってしまうと、こういった部分からも鼻血が出ることが多くなってしまいます。

プロゲステロンの働きによる血液量の増加によるもの

妊娠初期には大きく分けて「プロゲステロン」そして「エストロゲン」といったホルモンバランスに大きな変化があります。

特にプロゲステロンに関しては、血液の流れを増やす、また促進するといった働きを持っており、ママの体から子宮内の赤ちゃんにたくさんの栄養素を届けるために、どんどん血液を送り込む働きを持ちます。

しかし、このプロゲステロンは卵巣内で作られているだけでなく、さまざまな神経細胞部分でも作られていますので、これが影響し、鼻の粘膜の内側なども血流が多くなるのです。

これによって、普段とは違った血流に耐えられなくなった鼻の粘膜が破れてしまい、鼻血が出るというのが大きな原因です。

鼻の粘膜はもともと非常に薄い構造となっていますので、少々のダメージでもすぐに傷ついてしまいがちです。

人によって血液の流れが変わる早さや量には違いがあるものの、妊娠初期は特にデリケートになりますので、血液の量が増えるだけで粘膜が切れてしまうこともあるのです。

体内が敏感になり鼻水が出やすい

妊娠初期はママの体内で、アレルゲンなどに対しても敏感になります。特にアレルギー体質のママさんでなくとも、アレルゲンに反応してしまうことがあります。

鼻の中には太い血管がありますが、この太い血管に向かってたくさんの毛細血管も存在しています。

こういった毛細血管がアレルゲンによって刺激されてしまうと、アレルゲンを体から排除しようとする働きが強くなり、プロゲステロンの影響で血液の量も多くなっていることから、毛細血管に亀裂が入ってしまい出血することがあります。

これも妊娠初期には鼻血が増える原因の一つです。

つわりで鼻がムズムズすることによる原因

妊娠初期にはつわりによって吐いてしまうこともあります。吐いてしまう時には喉も炎症を起こすことがありますが、鼻がムズムズしてしまうこともあります。

つわりで勢いよく吐く際には、鼻にも胃液などが戻ってきてしまうことがあり、このような刺激から毛細血管が傷つく、さらにはムズムズした鼻を触ってしまい粘膜を傷つけてしまうといった原因も考えられています。

頻繁に吐いてしまうママさんでなければ、このようなつわりから鼻血につながることは少ないです。

強い吐き気を繰り返してしまうママさんや、短時間で繰り返し吐いてしまうことの多いママさんなどは、このような原因から妊娠初期の鼻血を経験することもあります。

鼻の中にデキモノができる

妊娠初期はつわりによって吐いてしまうこともあり、さらには気分が悪くなり、ゆっくりと洗顔をする時間などもなくなってしまうケースがあります。

また、お肌が敏感になり、体内のさまざまな変化によってニキビなどが増えてしまうこともあります。

こういったニキビやデキモノは目に見える部分だけでなく、鼻の中にできてしまうこともあります。鼻の中にニキビができてしまえば、これが気になり触ってしまうこともあります。

触ってしまう刺激で鼻血が出ることもありますが、触らないようにしていてもデキモノが出血してしまい、これを鼻血のように感じることもあります。

ただしこちらの場合には、厳密にいうと鼻血ではなくデキモノからの出血ですので、出血の量に関しても比較的少ないものといえます。

目に見えない部分からの出血となるため、鼻血との間違えてしまいますが、鼻の中に違和感を覚えデキモノができているようであれば、これが原因かもしれません。

鼻血が出たらどうすればいいの?

鼻血が出たら

妊娠初期の鼻血にはいくつかの原因が考えられます。万が一鼻血が出てきてしまったときには、どのように対処すればよいのでしょうか?

小さな頃から教わっている対処法とは違っている可能性がありますので、しっかりとチェックしてみてください。

うつむきになり止血を待つ

鼻血が出てきた場合には、鼻の入り口をしっかりと押さえて、うつむき加減で下を向いてください。

そして、入り口付近の出血をティッシュなどで押さえ、しばらくの間そのままにしていると、自然に鼻血が止まります。

このとき鼻の中にティッシュを詰め込んでしまうことなどは避けましょう。反対に刺激が強く、さらに鼻血が増えてしまうことがあります。

強く拭いたりしない

出血を止めるため鼻血を拭く際には、強く拭いてしまわないようにしてください。刺激が強ければ強いほどに鼻血が止まらなくなります。

入り口付近の血液をしっかりと拭き取り、その後は鼻の中に血液が残っていても、自然に時間が経過すれば出てくるものですので、強く拭いてしまうのではなく、まずは血が止まり固まってくれるのを待ちましょう。

上を向くのは間違い

鼻血が出た時には、鼻をしっかりとつまんで抑え上を向く、または仰向けに寝転がるなどといった対処法を耳にしたこともあるでしょう。

しかし、このような対処法は実は間違っているのです。

上を向いたり仰向けに寝てしまうことは、血液が喉に流れ込んでしまい飲み込んでしまうことがあります。

とても気分の悪いものですので、上を向いてしまうっことは避け、うつむきで対処してください。

妊娠初期は頻繁に鼻血が出るの?

頻繁に鼻血が出るの

妊娠初期には鼻血が出やすい状態になりますが、そんなにも頻繁に鼻血が出てしまうのだろうかと不安に感じてしまうママさんもいます。

外出先などで頻繁に鼻血が出てしまうのであれば、外出を控えようと考えるママさんもいるかもしれません。

頻度や量は人によりけり

妊娠初期に鼻血が出てしまう頻度や、その都度の出血量というのは人によって違っています。

数日間毎日鼻血が出てしまい、とても怖かったというママさんもいれば、一度だけ少量の鼻血が出たけど、その後は鼻血が出ることもなく過ごせたというママさんもいます。

鼻の粘膜や血液の量などによって、個人に違いがありますので、極端な心配は不要です。

ただし毎日数回にわたって鼻血が出てしまい、なかなか止まらないような時は念のため受診する、もしくは検診の際に先生に相談してみましょう。

毎日のように出ることはない

毎日のように妊娠初期の鼻血が続いてしまうケースは少ないです。

例えば、2日から3日間の間は鼻血が出てしまうことがあっても、それは無理に鼻をかんでしまった場合や、鼻の中にデキモノができてしまった場合がほとんどです。

そうではない原因から毎日鼻血が出てしまうことはありませんので、外出などに関してもあまりシビアに考えず、気晴らしにお出かけしましょう。

念のためティッシュやウェットティッシュなどを持っていれば困ることもありません。

妊娠初期の鼻血を予防するには?

鼻血を予防するには

妊娠初期の鼻血を可能な限り予防していくためには、どのような部分に気をつければよいのでしょうか。

普段以上にデリケートになっていますので、いくつかの部分を意識することが大切になります。

鼻をかむときは柔らかいティッシュを使う

鼻水が出ているときや、鼻がムズムズして鼻の付近に触れる際には、必ず柔らかいティッシュを使いましょう。

肌荒れを起こさないためにも、柔らかいティッシュが販売されています。

こういったものを選んで鼻をかむことで、必要以上に力が入ってしまうこともなく鼻の粘膜への負担が小さくなります。

またどうしても鼻の内側が気になってしまい、内側をきれいに掃除したいといった場面でも、柔らかいティッシュであれば粘膜を傷つけてしまう心配が少なくなります。

力を入れて鼻をかまない

鼻や鼻の付近のお掃除するだけでなく、鼻をかむ際にも注意が必要になります。力を入れて鼻をかんでしまうと、それだけでも鼻の粘膜は傷ついてしまいます。

また、先ほどもお話した通り、細かな毛細血管が切れてしまうことも多くなります。

そのため鼻をかむ際には、必ず力を入れず、弱くかむようにしましょう。両方の鼻を一度にかんでしまうことも避け、片方ずつそっとかむことを意識しましょう。

アレルゲンを減らす

ハウスダストなどのアレルゲンに対して敏感になってしまうことから、妊娠初期の鼻血につながることがあります。

そのため特にアレルギー体質ではないママさんであっても、アレルゲンそのものは遠ざけた生活を心がけましょう

常にクリーンな環境であれば、アレルゲンから遠ざかった生活となります。こまめに掃除機をかけることや、拭き掃除をすること、また空気清浄機などを用いるのも良い方法です。

アレルゲンがたくさん存在していると、鼻がムズムズしてくしゃみが増えたり、鼻水が出てしまうこともあるので、衛生面に気をつけましょう。

鼻の粘膜を保護する

鼻の粘膜は非常にデリケートになっており、妊娠初期の鼻血が増えてしまうこともあるため、鼻の粘膜を保護しましょう。

鼻の粘膜の保護というのは難しい方法ではありません。ワセリンやリップクリームなどを鼻の内側に塗布してあげるだけです。

指を使うのはむずかしいので、綿棒を使って鼻の粘膜にこのようなクリーム類などを塗布してあげましょう。

これだけでも粘膜がアレルゲンを吸い込んでしまうことを防ぎ、さらには乾燥状態なども防いでくれますので、鼻の粘膜がダメージを受け裂けてしまったことによる鼻血を防いでくれるのです。

鼻の通りを良くする

鼻が詰まっていると、どうしても鼻をかむ回数なども増えてしまいます。またムズムズしてしまい、おもむろにティッシュの先を丸めて鼻の中に詰めるママさんもいます。

花粉症シーズンなどには、このような姿を目にすることもあります。鼻の通りを良くしておけばムズムズすることも減りますので、結果的に鼻をかむ回数や、鼻の粘膜にダメージを与える回数が減るのです。

そこで、メントール成分が配合されたリップクリームなどを鼻の入り口付近、そして鼻の下に塗布してみましょう。こちらは非常に簡単な方法となりますのでおすすめです。

このほかミントオイルがあれば、ミントオイルを使う方法もあります。マグカップの中にお湯を張り、ここにオイルを一滴から三滴垂らし、ゆっくりと鼻で吸い込みましょう。

こうすることで鼻の通りがよくなります。

鉄分や葉酸の摂取をする

鼻の粘膜を保護する際には、ホルモンバランスを整えて血液の流れなども整えていくために、鉄分や葉酸を摂取するのも良い方法になります。

妊娠初期の血液の流れが活発になるのは当然のことですが、極端にホルモンバランスが乱れてしまうと、さまざまなトラブルが生じてきます。

特に粘膜のように敏感な部分は影響を受けやすいので、変化がある中でもホルモンバランスを整える必要な血液をしっかりと体内で作れるように、鉄分や葉酸の摂取がおすすめです。

より多くの血液を作ろうとする機能や、たくさんの血液を送ろうとする機能が働くほどに鼻の粘膜も影響も受けますので、こういった部分で体内環境が整うようにしてあげるのは効果があります。

妊娠初期の鼻血は病気じゃないケースがほとんどです

鼻血は病気じゃない

妊娠初期に繰り返し鼻血が出てしまう、または初めての鼻血を経験することになれば病気になったのではないかと不安になってしまうかもしれません。

しかし妊娠初期の鼻血は、いくつかの理由があり、病気ではないケースがほとんどのため、過度な心配は必要ありません。

大量に鼻血が出てしまったり、毎日何度も鼻血が出てしまうといった状況でなければ、心配せずに過ごしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリー
妊娠妊娠初期

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる