妊娠初期にサウナでリフレッシュ

妊娠初期にサウナでリフレッシュ!実は危険行為だった!?




妊娠初期はつわりに悩まされるママさんも多く、何かとリフレッシュをしたいと思うことがたくさんあります。

妊娠初期だからこそ活発な行動を控え、お買い物などに行く際にも、ご両親から注意をされてしまったり、パートナーから注意されてしまうこともあるでしょう。

ママとしては、妊娠初期であってもリフレッシュをして気持ちを切り替えたいと思うものですが、リフレッシュといえば、「温浴施設などにあるサウナが大好き」というママさんもいます。

しかし、妊娠初期にサウナに入ることは、避けた方が良いといわれています。

場所によっては妊娠初期のママさんをはじめとして、妊婦さんはサウナに入らないようにといった注意書きが記されている温浴施設もあります。

そこで今回は、

・妊娠初期にサウナはNG?
・妊娠初期のサウナはどうして危険なの?
・サウナ以外のリフレッシュ方法が知りたい!

といった方に、なぜ妊娠初期のママさんがサウナに入ることがよくないことなのかについて、詳しくご説明します。

妊娠初期のママにとってサウナは危険なの?

サウナは危険なの

妊娠初期のママさんがサウナに入ることは、そんなにも危険を伴うのでしょうか。

サウナといえば、高温期の密室でたっぷりの汗を流して、デトックスをするという目的で利用するケースがほとんどです。

妊娠初期のママさんは、特に体調が悪くないといった状態であれば、サウナに入りたいと思うこともあります。

しかし、危険だから入らないようにと言われてしまえば、我慢するしかありません。なぜ妊娠初期のママさんにとって、そんなにも危険なのでしょうか?

妊娠初期のサウナのリスク

では、妊娠初期にサウナを利用することによるリスクについて、詳しくご紹介していきます。妊娠初期のママさんであれば、必ず納得できるような理由ばかりとなっています。

脱水症状

妊娠初期のママさんは、体内の水分を赤ちゃんへと優先的に送っているため、ただでさえ水分不足の状態になってしまうことがあります。

サウナに入るとたくさんの汗をかきますので、それだけでも脱水症状を起こすリスクが高まります。

脱水症状を起こしてしまうと、さまざまな臓器の機能が低下してしまい、万が一にでも倒れてしまうようなことがあれば、ママさんが意識を失っている間、赤ちゃんに十分な栄養素や酸素が送られないことも考えられるのです。

細菌感染

サウナは高温ですので、細菌などは存在しないと考えるママさんもいます。しかし、サウナの温度は、細菌をしっかりと死滅させることができるものではありません。

高温に強い細菌などは残っているケースがあり、特に膀胱炎や腎盂炎などを引き起こしてしまう可能性があるのです。

こういった感染症にママが感染してしまうと、妊娠初期の段階で母子感染を引き起こすことも考えられます。

そのため、妊娠初期のママさんがサウナに入らない方が良いといった意見が多いのです。

感染症を患ってしまえば、その後は通院等も必要になり、状況に応じてお薬を服用することもありえます。

そういったお薬が赤ちゃんに与える影響についても、必要以上に気にしなければなりません。

このような状態をあらかじめ避けるためにも、妊娠初期のママさんがサウナに入ることは、お勧めできないのです。

貧血による転倒

妊娠初期のママさんは、高温期が続いている状態となり、ただでさえ体温の高い日々が続きます

そういった状況の中、いくらリフレッシュのためとはいえ、サウナに入ってしまい体温が更に高くなることや、その他にも血行が促進されすぎることによって、貧血を起こす可能性があります。

貧血を起こしてしまえば、自分では気がつかないうちに転倒してしまうことも考えられます。

また、めまいや立ちくらみなどによって足元がふらついてしまえば、尻もちをついてお腹の赤ちゃんが心配になってしまうこともあります。

強いつわりの症状

体温が高くなり、血行が促進されることによって、つわりの症状がひどくなることもあります。

妊娠初期は、特につわりの症状が強く出てしまいますので、輪をかけて症状がひどくなれば、
サウナの中で嘔吐してしまったり、気分が悪くなり動けなくなってしまうようなこともあります。

こういったリスクを考えた場合にも、やはり妊娠初期のママさんはサウナを避けるべきだといえます。

高温による息苦しさ

サウナは高温になっていますので、ここに数分間でも入ることによって、ママさんは息苦しさを感じることになります。

ママが息苦しさを感じると、心拍数が高まってしまい呼吸も乱れがち。そういった状況の中で赤ちゃんにたっぷりの酸素が送られなくなってしまうことや、あまりにも心拍数が高くなり、赤ちゃんへの悪影響などが考えられるのです。

心拍数が高くなることによって、体内の機能は正常でいられなくなってしまうため、突然子宮の収縮が起きてしまうことも考えられます。

非常に高温な状態となるサウナに妊娠初期のママさんが入るのは、どんなことが起きるのか、わからないといった怖さがあります。

サウナじゃなく岩盤浴や温泉なら良いの?

温泉なら良いの

上記の通り、妊娠初期のママさんが高温サウナに入ることは避けた方が良いです。

しかし、リフレッシュをするためにサウナを我慢するのであれば、その他デトックス目的で岩盤浴をしたいというママさんや、温泉にのんびり浸かりたいというママさんもいます。

岩盤浴や温泉であればサウナほど高温ではありませんので、利用しても構わないのでしょうか?

基本的には避けたほうが無難

サウナに入らない場合の岩盤浴や温泉についても、基本的には避けた方が無難です。

何故かについては以下でお話していきますが、サウナよりも温度が低い場所となりますので、それだけでも感染症によるリスクが高くなることは明白です。

温泉は意外にも菌が多い

温泉は体に良いとされているため、悪い菌などは潜んでいないと考えるママさんもいます。

しかし、サウナのように高温の場所でさえ生き続ける細菌はたくさんいるのです。

温泉は空気に触れずお湯の中ですが、こういったお湯の中で繁殖してしまう菌や、お湯の中や、ある程度の高温状態でも生き残れる細菌がたくさんあります。

サウナに入るよりも、さまざまな細菌感染を起こしてしまうリスクが高くなります。

妊娠初期のママさんは抵抗力が低下していますので、わずかな細菌でも感染症を引き起こしてしまうリスクが高くなるのです。

ラドンによる影響

温泉の種類にはラドン温泉というものがあります。こちらはラジウム温泉ともいわれるものですが、放射能を発生する温泉水となっています。

これまで、大人がラドン温泉に入ることによる悪影響などは特に報告がありません。しかしお腹の中にいる赤ちゃんに対し、ラドン温泉に含まれる放射線がどのような影響を与えるのか、明確にわかっていないのです。

しっかりとした研究結果や臨床結果などがありませんので、万が一に備えてラドン温泉には入らない方が良いといった意見が多いのです。

また、温泉だけではなく、岩盤浴に関しても同じようにラジウムが発生していますので、たとえ微量であっても、お腹の赤ちゃんのことを考えラジウムを体に浴びない、ということは妊娠初期のママにとって大切な心がけにもなります。

妊娠初期のサウナ以外のリフレッシュは?

妊娠初期のサウナを我慢しなければならないといった状況の中、その他にはどのようにリフレッシュをすればよいのでしょうか。

サウナが大好きなママさんは、我慢することによって、それだけでもストレスが蓄積されてしまいます。

できるだけストレスを上手に発散するためのデトックス方法や、リラックス方法などを考えてみましょう。

自宅での半身浴

サウナで汗を流すことでリフレッシュするのが大好きなママさんは、自宅で半身浴をするといった方法を試してみましょう。

自宅で半身浴をする際には、温度などの自分の好みに合わせることができるため、低い温度に設定して半身浴を行うことができます。

こちらの方法であれば比較的安全性も高く、じんわりと汗をかいてリフレッシュすることができます。

日光浴や森林浴

温浴施設に入る、または暑い場所に出かけるといった方法ではなく、日光浴や森林浴でもリフレッシュすることができます。

特に森林浴であれば、マイナスイオンを存分に浴びて気分も一新され、爽快な気分に切り替わるのではないでしょうか。

ただし森林浴などをするためには、森の中に出向いていかなければなりません。妊娠初期はあまり遠出をする事が望ましくありませんので、自宅や自宅周辺で日光浴をするのも良いです。

近所に大きな公園などがあれば、こういった公園に出かけベンチにしばらく座って、日光浴や森林浴を楽しみましょう。

美味しいものを食べる

リフレッシュをするためには、美味しいものを食べるのも良い方法となります。美味しいものを食べることによって、幸せホルモンが分泌されます。

妊娠初期でつわり悩まされてしまうこともありますが、ある程度体調が良い時には、美味しいものを食べに出かけてみてはいかがでしょうか。

サウナに入るといった方法以外にも、上記のようにリフレッシュする方法を見つければ、ストレスを溜め込まずに過ごすことができます。

サウナにデトックス効果を期待するなら

デトックス効果を期待

妊娠する前からサウナに入って、デトックスをすることが大好きだったというママさんは、妊娠初期の段階で我慢しなければなりません。

しかし、サウナでデトックス効果を求めていたママさんは、違う方法でデトックスを行うことも可能です。

手軽に行えるデトックス方法についてもご紹介しますので、妊娠初期の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

食事内容に気をつける

酵素がたくさん含まれている食事などを取り入れていくことによって、老廃物が排出されやすくなり、デトックスにつながります。

わざわざサウナに入りリスクを背負わなくても、毎日の食事から上手にデトックスができるのです。

ハーブティーに頼る

妊娠初期はカフェインを摂ることも避けた方が良いですが、カフェインが含まれていないハーブであれば、ティータイムやお食事の後などに飲むことができます。

ハーブティーの中には血行を促進し、老廃物を排出してくれる働きを持つものがあるので、こういったものを取り入れてみましょう。

美味しいハーブティーを飲むだけでも気分が変わり、さらにはある程度のデトックス効果を得ることができます。

ただし、妊娠中に摂取してはいけないハーブもありますので、十分注意しましょう。

サウナスーツを活用する

上でご紹介した方法では、しっかりとしたデトックス効果を感じられずストレスを感じてしまう妊娠初期のママさんは、サウナスーツを活用してみてはいかがでしょうか。

ただし、サウナスーツを活用する場合にも、完全にファスナーなどを閉じてしまうのではなく、ある程度低い温度の中でジンワリと汗をかくような状況を作りましょう。

サウナスーツはインターネットでも手軽に購入することができるので、ご自身の体調に合わせて使用することができます。

このような方法で、サウナに入れなくても、少しずつ汗をかいてデトックスをしてみてはいかがでしょうか。

そもそも妊娠初期のママさんの体は、デトックスなどを意識するよりも、まずは赤ちゃんが順調に育っていくことを優先しなければなりません。

もしサウナに入るときの注意点

妊娠初期は、サウナに入りたいと思っても基本的には我慢することが一番になります。

しかしこれ以上は我慢ができない、もう限界だと思った時には、以下の点に注意してサウナを利用してください。

一人の状況を避ける

サウナの中に一人だけ、といった状況は絶対に避けてください。万が一、一人でサウナに入り、意識を失うようなことがあったら大変です。

その時は、ママさんが我慢することが、赤ちゃんの命を守ることにつながると考えましょう。

短時間だけですぐに出る

サウナに入る時間は人それぞれですが、長い方の場合には20分から30分程度入っていても平気なケースがあります。

しかし、妊娠初期のママさんがサウナに入る時には必ず短時間で出るようにしましょう。3~5分程度に止め、これ以上サウナに入ることは避けてください。

水分を摂ってから

妊娠初期でサウナに入る時は、必ず水分を摂取してからサウナの扉を開けてください。

水分を摂取しない状態でサウナに入ると、最初でもお話した通り、脱水症状を起こしてしまいます。

妊娠初期の温浴施設は避けた方が安心

避けた方が安心

いかがでしょうか?本当に我慢ができなくなってしまった時には、サウナに入ることも、いくつかの注意点を意識していれば良いかもしれません。

しかし、赤ちゃんのことを考えれば自分の気持ちを犠牲にしてでも、我慢した方が良いといえます。

妊娠初期から出産までは10ヶ月間です。この期間中は、ほかのリフレッシュ方法などを見つけて、サウナの利用は我慢していきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリー
妊娠妊娠初期

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる