妊娠初期のつらい胃痛!!妊娠初期に胃が痛む原因と対処法




妊娠初期の胃痛に悩まされていませんか?刺激物や胃に悪いものを食べていないのに、妊娠初期に胃痛を感じることは少なくありません。妊娠初期にあらわれる胃痛は、本当に胃の痛みからきているのでしょうか?

そこで今回は、

・妊娠初期の胃痛、病院には行ったほうがいいの?
・どうして妊娠初期は胃が痛くなるの?
・自分でできる胃痛の対処法を教えてほしい!

といった方に、ここでは妊娠初期に感じる胃痛について詳しくご紹介します。原因や対処法を知ってつらい胃痛を少しでも和らげましょう。

関連記事
>>「吐きつわり・食べつわり」辛いつわりを乗り切る対処法
>>妊娠初期にのどが痛いのはなぜ!?のどの痛みの原因と対処法
>>妊娠初期にみられる腹痛と危険な腹痛の違い

妊娠初期に感じる胃痛とは?

妊娠初期に感じる胃痛とは

妊娠初期に胃炎のような胃の痛みを感じる方は少なくありません。実は、これはつわりの一種といわれています。継続して痛む、一日中痛みが続くという場合には妊娠初期のつわりの可能性があります。

妊娠初期の胃痛ってどんなもの?

妊娠初期に起こる胃痛は、一般的な胃炎と同じ症状であることが多く、胃がキリキリと痛んだり、チクチクと痛みを感じることがあります。

個人差も多く、人によっては胃潰瘍のような強い痛みを感じることもあり、一概にはこのくらいの度合いということはできません。痛みの感じ方も人それぞれです。

つわりが原因という胃痛ですので、多くの場合、その後吐き気やむかつきに変わってきます。

妊娠初期の胃痛はいつ頃から感じるもの?

妊娠初期の胃痛はつわりの前触れですので、感じる方もいれば、全く胃痛の症状がないという方もいますが、早い人ですと妊娠超初期と呼ばれる妊娠が確定する以前の月経予定日ごろから始まります。

卵子の着床後すぐですので、妊娠に気づかず薬を飲んでしまう方も多くいます。妊娠超初期に胃痛を感じた場合には、まずは妊娠を疑ってみることが大切といえるでしょう。

関連記事
>>「吐きつわり・食べつわり」辛いつわりを乗り切る対処法
>>超妊娠初期を見分ける10の兆候と超妊娠初期の基礎
>>妊娠中の風邪薬の関係と妊娠週数毎の胎児への影響

妊娠初期の胃痛の原因は?

妊娠初期は妊娠することで急激に大量の女性ホルモンが分泌されます。その中のプロゲストロンという女性ホルモンには胃腸の働きを弱めてしまう作用があり、消化不良や胃の不快感を招いてしまうことがあります。

この胃の荒れが続くことで、吐き気やむかつきなどを感じることになり、やがてつわりの症状を引き起こします。胃の痛みを感じたら、まずは、これ以上胃を荒らさないよう対処したり、胃の荒れを回復することが大切です。

胃の痛みを和らげる方法

胃の痛みを和らげる方法

胃が痛みだしたら、まずは胃の痛みを逃がす方法をいくつか試してみるといいでしょう。ここでは、胃が痛くなった時に効果のある痛み緩和法を紹介していきます。

胃を反時計回りにさする

胃が痛むとつい胃を強く押さえてしまいがちですが、腸が時計回りにあるので、その反対方向にゆっくりなでることで、胃腸の働きを抑え穏やかにすることができます。それにより、痛みが和らいできます。胃が痛むときは試してみましょう。

牛乳を飲んで胃に膜を張る

牛乳のような、乳製品は胃に膜を張ってくれる役割をしてくれます。胃酸が活発に出ていることで強い痛みを感じている場合には非常に効果を発揮してくれます。

体を右下にして寝て胃痛を軽くする

胃の形を利用して胃の痛みを和らげる方法です。体を横にしてあげることで胃の内容物がスムーズに消化できます。胃の働きを体の向きで手助けしてあげることで胃の痛みが軽くなっていきます。

腹式呼吸をして胃痛を和らげる

腹式呼吸とは、おなかを膨らませるようにゆっくりと息を吸い込み吐き出す呼吸法ですが、これを繰り返すことで、痛みが和らいでいきます。

簡単にできる方法で、何もなくても痛みを取り除くことができますので、外出先などに痛みが出た場合に効果的です。

温めて胃の痛みを和らげる

温かい飲み物を飲んだり、ぬるめのお風呂で半身浴することで痛みを緩和することができます。飲み物はコーヒーなどの刺激のないものを飲むようにしましょう。

参考記事>>妊娠中のお茶はこれで決まり!ココマガおすすめ厳選7種!

炭酸飲料を飲んで胃痛を和らげる

炭酸飲料には、重曹、いわゆる炭酸水素ナトリウムが含まれており、胃から出る強い酸性を炭酸のアルカリ性が中和してくれます。海外ではコーラやサイダーを胃薬として利用していることもあり、胃が痛むときに効果を発揮してくれます。

ただし、コーラにもカフェインが含まれていますので、気になる方は摂取量に気をつけましょう。

関連記事>>妊娠超初期からコーヒーに注意!妊婦にカフェインが及ぼす影響

このほかにもツボを刺激して、痛みを和らげる方法などがありますが、妊娠初期はデリケートな時期でもありますので、ツボ押しなどはあまりおすすめできません。まずは、痛みを感じたときにこれらの緩和法で痛みを和らげてみましょう。ですが、痛みがマメな頻度で襲ってくる、なかなか痛みが治まらない、長期にわたって痛むという場合には、やはり妊娠初期のつわりの一種とはいえ、病院で受診することが大切です。

妊娠初期の胃痛対策

妊娠初期の胃痛対策

妊娠初期の胃の痛みはホルモンが招いている症状です。ですが、妊娠のためホルモンの分泌は継続し続けます。胃の働きを回復させたり、活発にすることは難しいといえるでしょう。

胃の痛みを少なくしていくためにも、胃をこれ以上荒らさないためにも、まずはできる限りのことをしていきましょう。

胃にやさしい食事を心がける

肉類や香辛料、繊維質の多い野菜や塩分、糖分、脂肪分は胃にとって負担となる食べ物です。できることならこれらの食事は避けて、胃にやさしい食材を食べるようにしましょう。

胃にとどまる時間が少ない食材、胃を荒らさない食材でメニューを考えることが大切です。

豆腐や卵、菜っ葉類、カブやジャガイモ、長芋、里芋などのイモ類、大根やリンゴのすりおろしやバナナなどのやわらかい果物、ヨーグルト、白身魚、魚のすり身などは胃にかける負担も少ない食べ物です。

食材に気を付けて、胃が荒れないような工夫をしていきましょう。

関連記事>>妊娠中に辛い物はダメは「うそ?」「本当?」

胃に負担をかけないよう調理法にも気を付ける

胃に負担をかけないためには調理法にも気を使うといいでしょう。揚げ物や油を使った調理法は胃にとって良いとはいえません。

蒸したり、ゆでたりする調理法のほうが胃の負担も軽くなります。おかゆやスープ、煮込みうどんなど、消化を速めてくれる調理法を選んで胃痛を招かないようにしましょう。

胃痛の原因にならないようゆっくりよく噛んで食べる

早食いすると食べ物を細かくかむことができませんので、消化するのに時間がかかり、胃痛の原因となります。できる限りしっかり噛んで、ゆっくり時間をかけて食事をするよう心がけましょう。

食事の量をコントロールして胃痛を防ぐ

たくさん食べすぎてしまうと、胃もフルに働く必要があり、疲れてしまいます。それが積もりに積もると胃痛を招いてしまう原因になります。

腹八分目といいますが、満腹と感じる手前で食事を終えるよう心がけましょう。胃の痛みが激しい時には食事の量を半分にして回数を増やすと効果的です。

胃に良くない冷たい食材は避けよう

冷たいものは胃にとって良くありません。胃の働きをさらに悪くしてしまいます。飲み物を飲む場合にも、冷えたジュースなどは避けて、温めたミルクなどを飲むようにしましょう。

ですが、温かい飲み物だからと、コーヒーや緑茶はカフェインを多く含むため、胃を荒らしてしまいます。刺激物の含まれていない飲み物を飲むようにして、極力冷たいアイスなどは避けましょう。

関連記事
>>妊娠超初期からコーヒーに注意!妊婦にカフェインが及ぼす影響
>>妊娠中のお茶はこれで決まり!ココマガおすすめ厳選7種!

ストレスで胃に負担をかけない

妊娠初期の色々大変な時期に、胃痛もあるとどうしてもストレスをためがちですが、こうしたストレスをできるだけ排除することも大切です。

ストレスがあると胃の調子も回復していきません。体調が良くないなら、眠ってしまうとか、気分が優れないなら、好きなテレビを見るなど、ストレスためないよう上手に心がけていきましょう。

規則正しい生活を心がけて胃にやさしく

睡眠時間が少なすぎたり、食事の時間がバラバラだったりと、生活のリズムが乱れてしまうと女性ホルモンの分泌にも影響があります。

規則正しい生活を心がけることでホルモンも正常に整ってきますので、胃の荒れを防ぐことにつながります。できる限りきちんとした生活のリズムを築いていくようにしましょう。

胃痛予防に姿勢を正す

胃が痛いことが増えると背中を丸めることも多く、姿勢が悪くなりがちですが、この姿勢の悪さは胃にも良くありません。

体が丸まることで胃が圧迫され、食事がきちんと消化できなくなってしまいます。普段から規制を正すようにしましょう。

胃に良いストレッチをしよう

胃に良いストレッチをしよう

胃の機能を高めるためのストレッチを行うことも効果的です。胃に食べ物が入っていないときにストレッチを行うようにしましょう。ここでは、胃に良いストレッチをいくつか紹介します。

胃腸の血流を上げるストレッチ

立ったまま頭の上で手を組み、胃を伸ばすようにまずは右にゆっくり傾けていきます。そのとき前後に体がもっていかれないよう気を付けましょう。

わき腹を伸ばす感じで横方向に、しっかり傾け、胃を伸ばしていきましょう。次に反対側を伸ばしていきます。

これを左右3回から5回ほど行います。簡単に行えますが、胃の血流が良くなりますので、胃の働きが上がり、胃痛を防ぐことができます。

胃を広げ、消化吸収の働きを上げるストレッチ

両膝をそろえ正座して、体の後ろに手をつきながら、ゆっくり後ろに倒れます。そのまま手を頭の上に伸ばし、20秒から30秒キープします。そして再び起き上がる行動を3回から5回繰り返します。たったこれだけです。

これを継続して行うことで、胃の働きが良くなり、胃腸の消化吸収がスムーズになっていきます。正座して倒れることができない場合には、仰向けになり、あぐらをかいてから手を上に伸ばすようにしましょう。

倒れたままの姿勢で深く呼吸を繰り返すと胃が伸びるのを感じることができ、とても気持ちがいいです。ぜひ試してみてください。

胃の働きを整えるストレッチ

まずは、仰向けに横になります。次に膝を立てましょう。手はおしりを触るようにして、体をゆっくり手で押し上げるイメージで、体を反らしていきます。このとき胸からおなかまで反っていくようなイメージで行いましょう。

そのままの姿勢で深く鼻から息を吸い、口から息を吐き、ゆっくりと元の位置に戻します。これを3回から5回繰り返しましょう。縦や横方向すべてに力がかかりますので、胃が全体的に伸ばされて、正常な働きを取り戻すことができます。

胃に良いストレッチをする時の注意点

これらのストレッチをすべて行う必要はありませんが、時間のある時に行うことをおススメします。ただし食事後すぐは行わないでください。

食事した後は2時間ほど間隔をあけてからにしましょう。妊娠初期はおなかもまだ出ていませんので、ここで紹介したストレッチは簡単に行えるものばかりです。

ただし、途中で気分が悪くなったり、体調が思わしくなくなったりした場合には、すぐに中止してください。また、妊娠初期は日によって体調や気分が悪いことがありますので、その時は無理してやらないようにしましょう。

妊娠初期に胃が痛む場合、薬は飲める?

妊娠初期に胃が痛む場合、薬は飲める

妊娠初期のデリケートな時期は、「薬を飲んでもいいのだろうか?」と思っている方も多いと思いますが、胃の痛みを放置すると胃荒れが悪化してしまい、痛みが激しくなってしまうことが考えられます。

ただ、痛みを我慢するのもつらいものです。もちろん妊娠していますので、市販されている薬は安易に飲まないようにしましょう。痛みがある場合にはまずは、医師に相談することが一番です。

産科などを受診するのが理想ですが、ほかの内科などを受診する場合でも妊娠していることを必ず伝えましょう。妊婦さんでも飲める薬を処方してもらうことができます。

妊娠初期の胃の痛み!自己判断は危険

妊娠初期の胃の痛み!自己判断は危険

妊娠初期の胃の痛みは、ほとんどが女性ホルモンの影響によるつわりです。ですが、中には本当に胃や体に何らかの病気が出ている場合があります。

ウイルス性の胃腸炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などのケースも十分に考えられます。そうした場合、我慢していると逆に悪化を招いてしまうことがあります。

きちんとした治療を行わないと完治しない病気などの場合、たかが胃の痛みだと放置しておくと妊娠自体に影響を与えかねません。妊娠中、特に妊娠初期の自己判断は非常に危険です。

日が経つにつれ、痛みがひどくなる場合、痛む時間が長くなる場合などはできるだけ早めにかかりつけの病院を受診してみましょう。

妊娠初期は色々な体調の変化から不調で、つわりなどの症状もあり本当につらい時期ですが、特に妊娠初期は、薬をなるべく服用したくないという妊婦さんも多いものです。

最近では妊娠初期に飲んでも問題のない薬がわかってきています。我慢して胃炎などを悪化させないためにも医師と良く相談した上で、薬の使用も検討してみましょう。

無理せずかかりつけの医師と相談したりしながら、上手に妊娠中のあらゆる問題に対処していくよう心がけていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる