妊娠初期の低体温

妊娠初期の低体温はよくないの?何か異常があるということ?




妊娠初期は一般的に高温期が続いた状態なので、体が火照るような感覚を覚えたり、風邪をひいたときの発熱のような症状が出ます。

周りの方々が特に暑くなくても、妊娠初期のママだけは一人で汗をかいていたり暑がることが多いのです。

しかし、妊娠初期でも低体温になることがあり、この低温期は流産の兆候ではないかといった説もあります。妊娠初期は高温期というのが一般的ですので、これが低体温になれば心配です。

そこで今回は、

・妊娠初期に低体温になるのはおかしいの?
・妊娠初期の低体温になってしまう原因は?
・妊娠初期の低体温で気をつけることは?

といった方に、妊娠初期の低体温はどのような原因で起きるのか、妊娠初期のママの体の様子や、低体温での注意することなどについて詳しくご説明します。

妊娠初期は高温期のハズ?

妊娠初期は高温期

妊娠初期は高温期のハズなのに、低体温が続けば心配するのは当然です。ただし、妊娠初期は高温期といっても個人差があります。

妊娠前の段階でもともと低体温だったママは、妊娠初期を迎えてもほかのママに比べて低体温です。

一般的には35度6分からがひとつの目安となりますが、もともと低体温のママは、これよりも体温が高ければ問題ありません。

また、日頃から平均体温が高い方の場合は、妊娠初期の高温期で37度を超えてしまうこともあります。

必ずしも妊娠初期の高温期は37度前後というわけではありませんので、過度な心配は禁物です。

たとえ36度3分しかなかった場合であっても、妊娠前の体温そのものが低体温であれば、このママにとっては、妊娠初期の高温期ということになります。

妊娠初期の低体温はなぜ起きる?

低体温はなぜ起きる

さて、妊娠初期には高温期であるママがほとんどですが、低体温になってしまうことがあります。その原因について、ひとつひとつお話していきましょう。

胎盤機能が正常に働き出した

妊娠初期に高温期となるのは、黄体ホルモンがたくさん分泌されており、赤ちゃんを育てるための胎盤機能が作られているからです。

胎盤機能を作るためには黄体ホルモンがたくさん必要になり、多く分泌されることで必然的に体温が高くなります。

妊娠初期に低体温になってしまう原因のひとつとして、胎盤の組織が早い段階でしっかりと作られ、胎盤として機能し始めたことがあげられます。

胎盤を作っている段階ではなく、胎盤がすでに赤ちゃんへの栄養を送り始めたり、正常なひとつの器官として機能することによって、黄体ホルモンの分泌は減少していきます。

これによって妊娠初期であっても低体温になります。

体温の計測時間

妊娠初期に低体温だということを心配するママの中には、体温の計測時間がバラバラなケースがあります。

妊娠初期の低体温や高温期であることを確認、またはご自身の体温をしっかりとチェックするためには寝起きの状態で、ベッドなどから起き上がらずに体温を計測しなければなりません。

しかし、ベッドから起き上がってしまい、さまざまな行動をした後に体温を計測すれば、そのときによって体温も変化してしまいます。食事の後などは比較的体温も高い状態となります。

ですが、食事の前で空腹感があるときは代謝が低下していますので、低体温になります。

妊娠初期のママがどのような時間帯に体温を計測しているのかも重要ですので、必ず寝起きの基礎体温でチェックしてください。

外気やエアコンの影響

妊娠初期の高温期であっても、極端に外気温が低かったり、エアコンなどでお肌の表面が冷えていると、体温を計測したときに低体温となる場合があります。

近年では予測機能が搭載された体温計が多くなってきており、このような体温計を使用することで、体温を正確に測ることができず、お肌の表面の温度にも左右されてしまいます。

外気が冷たいときやエアコンでお肌の表面または身体の内側が冷えていても低体温となりますので、このような環境も一度チェックすることをおススメします。

汗をかいた後

朝寝起きの状態で体温の計測をしているママでも、眠っている間にはたくさんの汗をかいており、目が覚める時間が近づくにつれて汗が冷えていきます。

このように汗をかいた後は、汗が引いていくと同時に体温を奪っていくので低体温の症状がでます。

寝起きの状態で計測時に低体温だった場合には、寝具やパジャマなどが汗ばんでいないかを確認してみましょう。

ストレスによる低体温

ストレスは血液の流れを妨げてしまい体内が冷えます。そのため黄体ホルモンなどはしっかりと分泌されていても、ストレスの影響から低体温になってしまいます。

また、過度なストレスが加わることで自律神経のバランスも崩れます。自律神経が正常に働かなくなると体温調節機能なども低下します。これらの影響によって低体温になることもあります。

便秘続きの影響

冷えをはじめとして、さまざまな原因から便秘続きのママは低体温になります。便秘の状態は体内にたくさんの老廃物を溜め込んでおり、血液の流れを妨げます。

本来であればたくさんの血液が流れ、高温となるハズが、老廃物に邪魔されて血液の流れが悪くなってしまうのです。

また、便秘を改善するためにお薬などを服用していると強い腹痛を感じることがあり、一時的に体内の老廃物や水分などが排出されることから低体温の症状があらわれることもあります。

飲食物の影響

体温の計測をする前に、冷たい飲みものや食べものを摂取してしまうと低体温になる場合もあります。

氷をたっぷりと入れた飲みものを飲んだり、冷たく冷えたアイスクリームなどを食べてしまうと、その後は一時的に体温が下がるのです。

このようなタイミングで低体温があらわれとても不安に感じるママもいますが、まずは直前に食べたものや飲んだものを思い出してみるのも大切です。

体温計の故障

ママの体にはなんの異常もなく高温期となっていても、単純に体温計の故障で低体温になっている場合があります。

体温計もある程度寿命があり、消耗品なので体温をしっかりと感知する部分が劣化してしまえば正しく体温を計測することができません。

このように体温計の故障でしっかりと本当の体温まで表示が上がらず、低体温のまま計測終了ブザーが鳴ってしまうケースもあります。

計測方法の間違い

体温を計測するには正しい方法があります。しかし、この正しい方法を知らずに間違えてしまうと、正常に計測することができず低体温になります。

体温を正確に計測するのであれば、お持ちの体温計の説明書をよく読み、それに従って測りましょう。

昔ながらの水銀体温計を用いる場合は、脇と体温計が密着するようにしっかりとはさみ、5分から10分程度は脇の下に挟んでおきましょう。そうすることによって本当の体温を正しく計測することができるのです。

流産

妊娠初期の低体温は、流産の懸念がある場合にも起こります。流産すると体内で胎盤機能なども働く必要がなくなり、さらには胎児として育っていくはずの胎胞が体の外に出ようとする働きがあります。

こういった働きによって妊娠初期に見られるホルモンの分泌が無くなり、体温も妊娠前の状態に戻ろうとするため低体温になってしまうのです。

妊娠初期の低体温で注意することは?

注意すること

妊娠初期に見られる低体温にはたくさんの原因があります。低体温が見られたら以下のチェック項目と合わせ、該当したら受診する必要があります。

出血や痛み

低体温とともにお腹のひどい痛みや量の多い出血、または血の塊が出てくるといった症状があらわれたときは、クリニックに連絡を入れてください。

出血やお腹の痛みといった症状だけではなく、低体温であることも必ず伝えましょう。その上でドクターもしくは助産師さんなどの指示を待つことが大切です。

止まらない吐き気や冷や汗

妊娠初期にはつわりによる吐き気がありますが、この吐き気そのものが止まらないときや、吐き気と同時にたくさんの冷や汗が出てしまう場合も要注意です。

このような状況の中で低体温になると、体内では何らかの異常が起きており、強い吐き気や冷や汗となってSOSを出しているからです。

強い戦慄とめまい

クラクラとしためまいをはじめとして、ぐるぐると天井が回るようなめまい、さらには恐怖で震えおののくような戦慄が走ったときにも、低体温とともにクリニックに連絡を入れて症状を話しましょう。

戦慄というのは、怖い思いをしたときに体がガタガタ震えるような感覚です。特に寒さなどを感じておらず、自然に体が震えてしまう・震えが治まらないなどのときは、すぐにクリニックに連絡を入れましょう。

体内でホルモンバランスなどが大きく変化している可能性があり、流産のリスクも高まっている状態が考えられます。

低体温が何日も続く

1日2日程度、低体温が続くようであれば大きな問題はありません。しかし、妊娠初期にも関わらず、低体温が5日から1週間以上も続いているときは、念のためクリニックに連絡を入れてください。

ただし、胎盤機能がしっかりと機能し始めると低温低体温を迎えますので、これが理由だとも考えられます。とはいえ、やはり妊娠初期で低体温が続いているならば心配になります。

クリニックに連絡を入れて、必要であれば受診しましょう。

妊娠初期の低体温は珍しくない

低体温は珍しくない

妊娠初期の低体温については決して珍しいものではありません。比較的多くのママが経験することであり、多くの場合で危険度も低いものといえます。

気にし過ぎはよくない

妊娠初期に一回でも低体温になってしまったことを気にし過ぎてしまうママもいます。しかし、体温そのものを気にしすぎてしまうと、それだけでもストレスになります。

ストレスが加わることで、さらに低体温の症状が出ることもありますので、気にし過ぎはよくありません。

体調に大きな問題がなく、気になることがなければ、翌日も様子を見て寝起きの体温を測りましょう。

体調がよければ心配なし

妊娠初期に低体温が見られても、体調がよければ特に心配する必要はありません。流産をはじめとして体がSOSを発している低体温であれば、なんらかの形でトラブルが生じてきます。

つわりがいつもと違い、朝からとてもひどい症状、ぐるぐると天井が回るようなめまい、数時間も吐き気がとまらないといった症状がない限り、必要以上に気にしなくても大丈夫です。

低体温を気にするあまり、一日中体温を測っているような生活はストレスによるリスクの方が心配です。

体温ばかりに振り回されない生活を

体温ばかりに振り回されない

妊娠初期の体温は多くのママが気にします。基礎体温をつけているママであれば、妊娠初期にもかかわらず低体温だったら、流産したのではないかと大きな心配をするでしょう。

クリニックによっては、妊娠初期の段階から健診のたびに体温をチェックするところもあります。ですが、毎日妊娠初期の体温計測で、それに振り回される生活は避けたいもの。

体温に振り回される生活よりも、まずは赤ちゃんが健康に育つように、ママは前向きに楽しいことを考えましょう。これから先のマタニティライフをどう過ごしていくのか、具体的に考えたりご家族と話し合うのも楽しいものです。

つわりがひどくなければ、体温に振り回される生活よりも、健康的なマタニティライフを送るには何をすればよいのか、望ましい食生活とはどんなものかなどリサーチしてみましょう。体温が気になり過ぎてしまうときには、気分転換になることを探して楽しんでみてください。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリー
妊娠妊娠初期

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる