妊娠初期は糖尿病に要注意

妊娠は糖尿病に要注意!妊娠初期から血糖値に注意した食生活をしよう!



妊娠初期のママは、つわりによって食の好みが変わることも珍しくありません。しかし、そういった生活を送っていく中で、血糖値には気をつけなくてはなりません。

妊娠中は糖尿病になりやすくなりますので、妊娠初期からしっかりと適正な血糖値を維持していく必要があります。
そこで今回は、

・妊娠初期に糖尿病になっても出産までには治る?
・妊娠初期の糖尿病の自覚症状は?
・妊娠初期に糖尿病になると赤ちゃんへの影響はある?

といった方に、妊娠初期のママはなぜ糖尿病に気をつけないといけないのか、糖尿病の治療法・妊娠糖尿病にならないための生活について詳しくご説明します。

妊娠初期の糖尿病は期間限定?

糖尿病は期間限定

妊娠初期にさえ糖尿病に気をつけていれば、大丈夫だと思うママがいますが、期間限定でいいのでしょうか?

妊娠中に初めて糖尿病を発症したものを「妊娠糖尿病」と呼びますが、妊娠糖尿病になると出産へのリスクが高くなりますので、妊娠中は全ての期間を通して出産するまで血糖値に気をつけていかなくてはなりません。

また、産後もしばらくは血糖値に注意した生活が必要です。

妊娠中に糖尿病リスクが高まるのはなぜ?

糖尿病リスクが高まるのは

妊娠中に糖尿病へのリスクが高まってしまうのは、しっかりとした理由があります。妊娠中のママの体内は大きな変化があり、主にその変化が理由となってきます。

今までの食生活とは変わってくる部分もあるので気を遣い疲れてしまいますが、リスクを軽減していくためにも糖尿病への注意は必要です。

代謝機能の乱れ

妊娠中のママは、体内での代謝機能が大きく乱れることになります。ママの体内ではホルモン分泌の変化が生じることで糖の代謝に変化が起きます。

第一に、赤ちゃんは主に糖分をエネルギーとして成長していきますので、ママの体内では血糖値の上昇を抑えるためのインスリン分泌が抑制されます。

これらによって必然的に血糖値が高くなり、糖尿病へのリスクが跳ね上がってしまうのです。

また、胎盤から分泌されるホルモンの中には血糖値を高く維持する働きのあるものもあり、妊娠前と同じ食生活をしていても糖尿病になりやすくなるのです。

甘いものの食べすぎ

つわりによって甘いものばかりを食べてしまうママなどは、糖尿病の発症リスクが非常に高くなります。

つわりが起きると酸っぱいものが食べたくなるといわれていますが、これは個人差があり、反対に甘いものばかりが食べたくなるママもいます。

甘いと感じる食べ物はの食べすぎには注意しましょう。また炭水化物に関しても体内では糖類に変換されてしまうので、お米やパン、麺類などをたくさん食べることも控えましょう。

運動不足

妊娠初期はできるだけ安静に過ごすことが大切ですが、毎日のように横になって生活を送っていると運動不足になってしまいます。

運動不足は、体重の増加につながるだけでなく、血液の流れを妨げたり老廃物を溜め込んでしまったりすることもあります。

運動不足が続き、体重が増加しがちになると糖尿病を発症しやすくなるのです。

妊娠中の糖尿病は自覚症状あるの?

自覚症状はあるの

妊娠中、糖尿病になってしまった場合には自覚症状があるのか気になるところです。

結論から言うと、糖尿病に対する自覚症状はほとんどありません

一般的な糖尿病でも同じですが、自覚症状が少ないため病状が進行してから発見されることもあります。

ママは妊娠初期の場合、1ヶ月に1度の健診を受けますが、この時に糖尿病を発見されることがほとんどです。

お手洗いが近くなる

糖尿病になってしまうと、お手洗いが近くなるという特徴があります。

ただ、このような特徴は妊娠中のママであれば、子宮が大きくなるに従って誰もが経験することです。

そのため、あくまでも妊娠中にあらわれる一般的な症状として捉えてしまい、糖尿病であることを懸念しないまま過ごしてしまうことが多くなっています。

喉が乾くことが増える

妊娠中は水分不足になりやすく、さらには血糖値が上がることによって喉が渇くことも増えてきます。

しかし、妊娠中のママは赤ちゃんにたくさんの血液などを送っているため、喉が渇くのは仕方がないと見過ごしてしまうことが多くあります。

極端に喉が渇いて、常にお水を飲んでいるといった状態や、清涼飲料水などが手放せないといった状況になった場合には、血糖値が上がっていることを疑ってみましょう。

どんな人が気をつけるべきなの?

どんな人が気をつけるべき

妊娠中の糖尿病は、自覚症状がほとんどないので自ら気がつくことはまずありません。

健診で発見されるケースが大半ですが、その中でも特に妊娠中の糖尿病に気をつけなくてはいけないママがいます。

チェックしてみましょう。

高齢出産

ママの年齢が35歳を超えていて高齢出産となる場合には、妊娠中の糖尿病リスクが跳ね上がります。

これは35歳を過ぎることにより体内の代謝そのものが低下して、妊娠中にさまざまな体の変化が起きることに対し、体の機能がついていかないのです。

そのためもう少し年齢の若いママが妊娠した場合に比べ、高齢出産といわれるママが妊娠した場合の体内変化や影響そのものも大きくなります。

インスリンの分泌量抑制などといった部分でも、すでに年齢からこのような部分での代謝機能が衰え始めている可能性が高いため、高齢出産のママは妊娠中の糖尿病について、より深く気をつけていかなくてはなりません。

家族に糖尿病患者がいる

ご家族で今現在糖尿病の患者さんがいる場合や、過去に糖尿病の患者さんがいたというケースでも、妊娠中のママは気をつけなければなりません。

糖尿病は遺伝するともいわれており、糖尿病そのものが遺伝していなくても血糖値が高くなる体質が遺伝してしまうこともあります。

妊娠前からの肥満

妊娠初中は体重が増えてしまうことも防がなくてはなりませんが、妊娠前から肥満体質だったというママは特に注意が必要です。

妊娠前の段階で肥満体型のママは、すでに血糖値が高い状態や耐糖能が低い場合があり、妊娠することによって妊娠中の体内変化が、さらに血糖値を高くしてしまう可能性があります。

過去の妊娠で血糖が高いといわれた

初めての妊娠ではなく、過去にも妊娠や出産の経験を持つママで、過去の妊娠期間中に血糖が高いといわれていた。もしくは尿検査で尿糖が+となっていた場合にも注意が必要です。

過去の妊娠で妊娠糖尿病と診断されていなくても、体質的に血糖値が高くなりやすい傾向にある可能性がありますのでその後の妊娠では、特に妊娠初期の段階から糖尿病のリスクが高いということになります。

妊娠中に糖尿病になると赤ちゃんに影響があるの?

赤ちゃんに影響があるの

妊娠中に糖尿病の診断を受けると、赤ちゃんにどのような影響があるのでしょうか?

妊娠中の糖尿病は、これから元気に育っていくはずの赤ちゃんに対し影響が大きいので気をつけなければなりません。

先天的なトラブル

ママが妊娠初期の状態から糖尿病を患ってしまうと、お腹の赤ちゃんが先天的なトラブルを抱えるリスクが高くなります。

体内に奇形が生じてしまうリスクが高くなるのです。

巨大児

ママが糖尿病になってしまうと、巨大児になりやすいといわれています。
巨大児とは、出生時の体重が4,000g以上の赤ちゃんのことをいいます。

糖尿病が原因で巨大児になった場合は、出生後に赤ちゃんの低血糖や呼吸障害、多血症などになることがあります。

また、巨大児を経腟分娩する場合、難産の可能性が高くなることや、分娩の際に産道の抵抗が大きくなるため赤ちゃんが損傷を伴うことがあります。

そのため、巨大児の可能性がある場合は、帝王切開で出産するケースが多いです。

早産や流産

妊娠初期のママの糖尿病は早産や流産になる可能性が高くなります。

では実際に妊娠初期の糖尿病を防いでいくためには、どのような生活をすればよいのでしょうか。また、糖尿病だと診断された場合の治療法についてもご紹介していきましょう。

妊娠中の糖尿病はどんな治療をするの?

どんな治療をするの

妊娠中に糖尿病と診断を受けた場合、すぐにお薬を用いるケースは少ないです。やはり妊娠中はできるだけお薬を使わず、血糖値を下げることを意識することが大事です。

そういった中で気をつけながらの生活は、以下でご紹介していくものとなります。またこのような方法は、一般的な糖尿病でも用いられるひとつの治療法でもあります。

食事内容の改善

甘いものや塩分の高いものを食べすぎる生活は、糖尿病を患ってしまうリスクが高くなります。そのため食事内容の改善という形で食事療法をおこなっていきます。

糖分の高いものを控えるのはもちろんですが、炭水化物を抑えるなど多くの注意点があり、控えた方がよいもの、摂取したほうがよい食べ物などを把握しながら食生活に取り入れていきます。

運動を取り入れた生活をする

運動不足の状態は、糖尿病をさらに酷くしてしまう可能性が高くなります。そのため適度な運動を取り入れていくのも、運動療法として必要です。

もちろん切迫早産などのトラブルがある場合は除きますが、特に大きな問題がない限り適度な運動を取り入れることをアドバイスされます。

ここでの運動は、ママの体に負担がかからない程度のウォーキングや一般的に家事をするくらい。場合によってはマタニティスイミングなど推奨されるケースもあります。

ある程度体を動かすことによって血行を促進し、体内の代謝そのものアップさせて血糖値を下げていくのが目的です。

妊娠初期を過ぎたら治るの?

妊娠初期を過ぎたら治るの

妊娠初期の糖尿病は、妊娠初期を過ぎたら自然に治るものだと安心するママもいます。しかし、最初でも話しているとおり妊娠初期の段階から糖尿病のリスクが高くなると、妊娠糖尿病となるケースが多いです。

そのため、妊娠初期に限ったものではなく、妊娠期間を通じて続くと考えたほうがよいです。もちろん上記したような一部の治療法を取り入れることによって、血糖値を下げることは可能です。

積極的に食事療法や運動療法などを取り入れて、血糖値を下げるように意識していくことが大事です。そうすれば妊娠糖尿病の発症を回避できる可能性があります。

妊娠中は食生活への注意が必要

食生活への注意が必要

妊娠中は、食の好みが変わるので難しい部分もありますが、糖尿病を防ぐためにも食事内容には特に注意しなければなりません。

赤ちゃんとママの体のため、妊娠初期のつわりで苦しい中でも血糖値が上がりやすい食べ物は控え、妊娠期間を通してヘルシーでなおかつ代謝をアップさせてくれる食べ物や、血糖値が上がりにくい食べ物などを積極的に取り入れていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠超初期・妊娠初期(0~4ヶ月)のカテゴリー

妊娠の兆候葉酸サプリ妊娠報告・出産報告
妊娠中のスキンケア妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行
妊娠中の家での過ごし方妊娠中の運動妊娠線
妊娠中に便利なサービス・アプリ妊娠中の仕事妊娠中の服薬
妊娠中の飲酒妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理
妊娠中の栄養・食事妊婦健診産休・育休
産院選びつわり保険
胎動
妊娠の兆候葉酸サプリ
妊娠報告・出産報告妊娠中のスキンケア
妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行
妊娠中の家での過ごし方妊娠中の運動
妊娠線妊娠中に便利なサービス・アプリ
妊娠中の仕事妊娠中の服薬
妊娠中の飲酒妊娠中のカフェイン
妊娠中の体重管理妊娠中の栄養・食事
妊婦健診産休・育休
産院選びつわり
保険胎動
目次
をみる
関連記事
をみる