妊娠初期つわりでうどんしか食べられない!注意点とおススメうどんレシピ

つわりでうどんしか食べれない!?妊娠初期のうどんの注意点とは?




妊娠初期の多くのママが悩むことになるのがつわりです。妊娠初期症状の1つでもあるつわりは、個人差はあるものの、食べるものが制限されてしまうママがほとんどです。

そんな時に、うどんは食べやすいものの1つに挙げられ、元々うどんが好きだったママをはじめ、つわりが落ち着くまで、うどんばかりを食べ続けてしまうママもいます。

しかし、つわりが落ち着く妊娠中期まで、うどんばかり頻繁に食べ続けてしまうことを考えると身体への影響がないのか心配になります。

そこで今回は、

・うどんばかりなので赤ちゃんへの栄養が心配。
・うどんは食べ過ぎても大丈夫?
・おすすめのうどんの食べ方は?

といった方に、つわりで苦しむママにうどんが人気の理由、妊娠初期のうどんの食べ過ぎの注意点、うどんの選び方についてご紹介します。

関連記事
>>妊娠初期にアイスは食べてもいい?アイスが与える影響とは?
>>妊娠初期に甘いものがやめられない!!糖分の悪影響と控え方
>>つわりや便秘にも効果的!妊婦さんにおすすめの果物
>>「吐きつわり・食べつわり」辛いつわりを乗り切る対処法

吐きつわりの症状はさまざま

食べられない妊娠初期

「吐きつわり」といわれる、食べたら吐いてしまうつわりがありますが、その症状はさまざまです。中には、ただ胸や胃がムカムカするだけのケースや、特定ものしか食べられないといったケースもあります。

共通しているのは、食材が持つ匂いが辛くなることで、匂いを嗅いだだけで吐き気を感じてしまう点です。そのせいで、妊娠初期は食べられるものが制限されてしまいます。

特に嫌になってしまうのが、炊き立てのご飯の匂いやみそ汁の匂いなどで、個人差はあれどお肉やお魚、野菜など含めた温かい料理の大半がNGになります。

食材の匂いは温度が高くなると強くなる傾向がありますから仕方のないことですが、妊娠初期はママにとって食べること自体が辛い時期となります。

そんな辛い吐きつわりの時期でも、「うどんが比較的食べやすい」「うどんなら食べることができる」という方がいます。

なぜ、妊娠初期にうどんが食べやすいの?

妊娠初期はつわりがなくても何らかの症状で食事をすることさえ辛くなってしまうママが多くなります。

しかし、ママの健康のためにも、何も食べないというわけにはいきません。

そんな時、うどんは

・のど越しが良い
・匂いを感じにくい
・調理も簡単
・手に入りやすい

といったところから、つわりの時期でも好んで食べる方が比較的多くなります。

妊娠初期にうどんだけ食べるのはアリ?

妊娠初期にうどんだけ食べるのはアリ?

うどんが食べやすいとはいえ、やはり気になるのは赤ちゃんへの影響です。

赤ちゃんの身体のことを考えると無理をしてでも、もっと栄養があるものを食べた方が良いのではないかと不安になります。

しかし、妊娠初期症状で四苦八苦している時は、食べたくても身体が食べ物を受けつけてくれない時期です。そのため、うどんしか喉を通らないのなら無理をせずに、食べられるものを優先することが大切です。

そこで、心配になるのが赤ちゃんへの栄養ですが、食材から供給できない代わりに、身体の中ではママが体内に保持している栄養を赤ちゃんに送ることになります。

つまり、短期的に見た場合、うどんだけでも赤ちゃんの栄養面は心配は要りません。

しかしながら、ママの身体に保持されている栄養はいつか底をついてしまいます。

そこで、うどんだけを食べ続けるのではなく、野菜など栄養がある食材を具として加えたり、一緒に食べられるものを小鉢程度に加え食べ方に工夫をしていくことが大切になってきます。

長期間うどんしか食べていない、食べれそうにないといった場合は、葉酸サプリなどで、栄養を補うことも必要になってきます。

うどんの原材料にも気を使おう

うどんの原料

妊娠初期のママたちに人気のあるうどんですが、食べるのであれば原材料に気を遣いましょう。

うどんに限った話ではないのですが、食材によっては添加物が多く含まれているものもあり、添加物の摂り過ぎはあまりオススメできません。

うどんに関しては、乾麺・ゆで麺・冷凍麺の3つに分けることができ、材料の詳細は次の通りになります。

乾麺

うどん生地を切って、乾燥させたうどんです。水分を14%以下まで落としているので、添加物を使用しなくてもカビの発生を抑え、常温で長期保存をすることができます。

そのため、ほとんどの乾麺の原材料は小麦粉と食塩のみで作られています。保存が効いて、添加物不使用が嬉しい点ですが、茹で時間が長いのがデメリットです。

また、添加物不使用が売りですが、中には添加物を含む乾麺も販売されているので、乾麺を選ぶ際にはきちんと原材料を確認することが大切です。

ゆで麺

チルド麺とも呼ばれるうどんで、湯煎するだけすぐに作れるというメリットがあります。ただし、すでに茹でた麺を冷凍して袋に入れているものになるので、賞味期限が数日しか持ちません。

好みにはなりますが、うどんにあるコシも弱く柔らかい食感になります。主な原材料は小麦粉と食塩の他、でん粉や植物油、添加物で酸味料や酸化防止剤などが含まれています。

ただし、ゆで麺の中には無添加のものも販売されていますので、ゆで麺全てに添加物が含まれているわけではありません。

冷凍麺

ゆで麺と似ていますが、茹でたうどんを急速冷凍するので、ゆで麺よりも食感が茹でたて直後のうどんに近いです。湯煎すればすぐにできるのも特徴の1つ。

冷凍保存ができるので主な原材料は小麦粉と食塩、でん粉と、乾麺と同様に添加物が含まれていないうどんになります。

長期保存でき衛生的ですが、その分、手間がかかっているために乾麺などを購入するよりもコストが高くなってしまうのが難点です。

味の好みや調理のしやすさなどは、ママによって分かれますが、なるべく原材料には気を付けたいところです。特にゆで麺は、一緒に付いているスープの素などに添加物が含まれていることもあるので注意が必要です。

添加物以外にも注意が必要!

妊娠初期のうどんの食べ過ぎに注意

添加物以外にもうどんを食べ過ぎるときは、いくつか注意したいことがあります。

うどん汁にも塩分が

妊娠初期の塩分の摂りすぎには十分に気をつけましょう。

うどんに含まれる塩分の割合は手打ちの麺で4~6%、機械製麺で2~4%含まれています。しかし、茹でてしまえば80~90%の割合で塩分は溶けだすので、うどん自体にはほとんど塩分が残されていません。

ただし、うどんには汁がつきものです。

実はこの汁に塩分がたっぷり含まれていて、うどんと一緒に汁を飲んでしまうと1食につき4~5gほどの塩分を摂取してしまうことになります。

これが毎日2~3食分となると結構な塩分を身体に摂取することになり、栄養バランスが偏りママや赤ちゃんの健康状態に問題が出てしまう恐れがあります。

温かいうどんは一緒に汁を飲みたくなりますが、なるべく汁は飲み干さないようにして塩分摂取に注意することが大切です。

関連記事>>

うどんは炭水化物

うどんは炭水化物です。そのため、塩分と同様に過剰摂取してしまうと血糖値が上がり、糖尿病などになってしまう可能性が出てきます。

つわりが酷い妊娠初期は食事を選んでいられないかもしれませんが、症状が落ち着いている時は他の食事も摂るようにして栄養バランスに気を付けることも必要です。

徐々にご飯へ戻す

妊娠初期症状が出ているうちは、食べられるものを摂るようにするのが一番ですが、症状が落ち着いてきたら、うどん以外にも副食で野菜や肉、魚を付けるなど栄養バランスを意識することが大切です。

また、1日3食分をうどんにするのではなく、1日に1食、もしくは2~3日に1回のペースくらいで食べるようにすると過剰摂取も心配ないでしょう。

やはり主食にするならご飯の方が栄養があるので、つわりなどの症状が軽くなってきたら、うどんから少しずつご飯に戻していきたいものです。

辛過ぎるカレーうどんにも注意

また、妊娠初期にうどんを食べる場合に注意したいのがカレーうどんです。激辛でなければ問題ないのですが、香辛料が含まれる刺激物ですのでお腹が緩くなるほど辛いものは控えることも必要です。

妊娠中に食べる辛い物については、妊娠中に辛い物はダメは「うそ?」「本当?」の記事で詳しくご説明しています。

さらに、カレーうどんは、通常のうどんよりも塩分濃度が高くなります。絶対食べてはいけないわけではありませんが、摂取する頻度を考えましょう。

うどんの食べ方に工夫をしよう

うどん 工夫 サラダ

シンプルに冷たいうどんやざるうどんをひたすら食べていると栄養が偏ってしまいます。

そんな時は野菜や海藻を加えてサラダうどんのようにしたり、口の中がさっぱりする梅干しや大根おろしなどをかけて食べてみましょう。

野菜や梅干し、大根おろしなどは比較的クセも少なく、つわりが辛い時期でも食べやすく、うどんとの相性もいいのでピッタリです。また、苦手でなければ納豆やめかぶなどをかけて食べるのもおススメです。

参考記事>>妊婦さんにも納豆は栄養満点?納豆の特徴と食べ過ぎの注意点

妊娠初期の症状には個人差がありますので、簡単に作れて食べやすいのが一番です。

その時に食べられる物を組み合わせたり、ひと工夫するのもまた違う発見ができて楽しいかもしれません。つわりで辛い時期ですが、上手に乗り切りましょう。

うどんの食べ過ぎで赤ちゃんがアレルギーになる?

疑問 ?マーク

うどんは小麦粉から作られているので、ママがうどんを食べ過ぎてしまうことから赤ちゃんが小麦アレルギーになるのでは?と心配になるママがいます。

しかし、その考えでいくと牛乳などの乳製品も食べることができなくなるということであり、実際のところは根拠に乏しく、厚生労働省でもこの考えは勧められていません。

塩分の関係もあり、単品での食べ過ぎは良くありませんが、食べ過ぎたからといって赤ちゃんがアレルギーになるわけではありません。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる