出産時の麻酔について

出産時の麻酔について!麻酔を使ったら痛くないの?リスクは?



妊娠期間中は、お腹の赤ちゃんに早く会える日を待ち望んでいます。

しかし、出産が近づくにしたがって、出産はどのくらい痛いのか?痛みに耐えることができるだろうか?その他にも痛みを伴うのか?などといったさまざまな不安が出てきます。

また、妊娠する前の段階からも経験者の話を聞いて、不安に感じてしまうママさんもいるでしょう。

出産の痛みはさまざまな表現がありますが、聞いているだけでめまいがしてしまうほど痛みが強いことは想像できます。

また、一度でも出産の経験があれば、どの程度の痛みなのかを知っているので2度と同じ痛みを味わいたくないという思いから、麻酔を使った出産を希望するママもいます。

麻酔を使った出産は無痛分娩がメインとなりますが、このように出産で麻酔を使うことはリスクを抱えるのでしょうか?

そこで今回は、

・無痛分娩はどんなもの?
・出産時に使用する麻酔とは?
・出産で麻酔を使用するリスクはある?

といった方に、無痛分娩をはじめとして、出産時に麻酔を使うのはどんなリスクがあり、痛みを完全に無くすことができるのかなどについて、詳しくご説明します。

無痛分娩ってどうなの?

無痛分娩ってどうなの

麻酔を使用した出産は主に無痛分娩となりますが、この無痛分娩に対する意見はさまざまです。どちらかというと批判的な意見の方が未だ多いようです。

やはり出産をするからには、しっかりと痛みを味わうことによって、母親としての自覚が強くなると考える人がたくさんいます。

とはいえあまりにも痛い思いをして出産が怖くなってしまうことを防ぐためには、無痛分娩も必要になります。

また、痛みのあまり、出産途中で失神してしまうママさんや、特に立会い出産などでは痛みのあまり騒いだ姿をご主人には見せたくないというママさんもいます。

無痛分娩を選択する、しない、というのはあくまでも個人的な判断になります。

普通分娩だからといって母性が低いのかといえば、そうと限ったものではありません。

無痛分娩によって出産した場合であっても、赤ちゃんにしっかりと愛情を注ぎながら子育てをしているママはたくさんいます。

無痛分娩を扱う病院が少ない

無痛分娩を希望する場合には、あらかじめ病院探しをしなければなりません。

無痛分娩そのものを扱っている病院が少ないため、どの病院でも受け入れてくれるわけではないのです。

近場に無痛分娩を受け入れてくれる病院がなければ、遠方で病院探しをしなければなりません。

このような部分から、無痛分娩ではなく通常分娩を選択するママさんもいます。

病院探しをする際には「日本産科麻酔学会」が無痛分娩を取り扱っている病院を公開していますので、こちらのデータを参考にしてみましょう。

麻酔を使う分娩の費用は?

麻酔を使った分娩は、どのくらいの費用がかかるのか気になる所ですが、無痛分娩の場合には一般的な出産費用に5万円から10万円がプラスされると思っておきましょう。

帝王切開の場合には麻酔に対する費用だけでなく、その他にも手術費用が必要となってきますので、通常分娩に10万円から20万円程度がプラスされることになります。

ただし、帝王切開の場合には事前にわかっていたケースであっても緊急帝王切開になったケースであっても、公的費用を受けることができるため経済的に大きな負担はありません

無痛分娩を選択する場合には、それぞれの病院でプラスされる費用が違いますので、事前に確認しておきましょう。

無痛分娩とは痛みがないのは嘘?

無痛分娩というのはまったく痛みを感じないと思っているママさんもいるようです。

しかし、出産する際の痛みを和らげる方法というだけで、まったく痛みを感じない状態で出産するわけではありません。

また、出産をする際に麻酔で眠っているため赤ちゃんの産声を聞くことができないといわれることもありますが、こちらについても心配ありません。

基本的にはママの意識がある状態の中、出産することになります。

無痛分娩など麻酔を使って出産をする際には、以下の2つの方法のどちらかで麻酔をすることになります。

病院やママさんの状態によって、どちらの麻酔を用いるのかは変わってきます。

硬膜外麻酔

硬膜外麻酔というのは、脊髄部分に背中側から麻酔の注射を打つことになります。

この注射に関しては、痛みの感じ方は個人差があるので、あまりにも痛くて失神しかけたというママさんもいれば、陣痛の痛みで硬膜外注射の痛みは気にならなかったというママさんもいます。

ただ病院側としては、硬膜外麻酔をする際に痛みが強いので、それに耐える覚悟しておいてしておいてくださいとアドバイスすることもあります。

このようなインフォームドコンセントを受けると、ママさんとしても不安を感じてしまうものですが、耐えられない痛みではありませんので、さほど心配することはありません。

痛みを感じやすい部分での麻酔注射となりますので、若干の痛みを感じるのは当然です。

ただしその後は陣痛の痛みも和らぎ、出産における痛みそのものは大きく軽減されます。

最初から痛みを大幅に軽減したいママさんや、帝王切開をするという場面では硬膜外への注射による麻酔を用いることになります。

静脈点滴麻酔

静脈点滴麻酔は、硬膜外注射に比べて痛みなどを感じない方法となります。

点滴の中に麻酔を入れますので、自然に麻酔が効いた状態になります。

気分が良くなり、ウトウトと眠くなってしまうようなこともありますが、多くのママさんは出産するまで眠らずに過ごします。

こちらの場合は、静脈に対し点滴の針を入れる際にはチクッとした痛みがありますが、硬膜外注射のように強い痛みを感じるケースはほとんどありません。

そのため、特に緊急性などがなければ静脈点滴による麻酔を用いてゆっくりと麻酔の効いた状態を迎え、その後に分娩をするという病院が多くなっています。

出産で麻酔を使うケース

出産で麻酔を使うケース

上記のように2つの内どちらかの麻酔を使って、痛みを感じにくい出産をすることになりますが、出産で麻酔を用いるケースというのは、どのような時になるのでしょうか?

自らが無痛分娩を希望した場合はもちろんですが、その他、特に無痛分娩を希望していなくても麻酔を使用しなければならない状況があります。そちらについてご紹介していきましょう。

帝王切開

出産まで逆子が治らなかったというケースや、多胎妊娠というケース、さらには子宮の状態や出産時に赤ちゃんがなかなか下りてこないなどというケースで帝王切開になる場合があります。

緊急帝王切開になってしまう場合であっても、あらかじめ帝王切開が決まっている場合であっても、必ず麻酔を使うことになります。

帝王切開は子宮にメスが入りますので、麻酔をしない状態で出産することはできません。

ただし、帝王切開で麻酔を使用する場合でも長時間に渡って眠ってしまうようなことはなく、基本的には赤ちゃんをお腹から取り出す際に、ママの意識はある状況の中での出産となります。

どうしても痛みに耐えられない場合

通常分娩を希望していたにもかかわらず、いざ陣痛が来た際にどうしても痛みに耐えることができず、冷静に医師や看護師、助産婦さんの言葉を聞くことができなくなってしまったり、痛みを感じすぎて失神してしまい、いきむことができなくなったというケースでは麻酔を用いることがあります。

この場合には緊急で麻酔を使用しますので、前述のどちらの方法が用いられるのかは、その時の医師の判断になります。

ただ、緊急的な場面が多いので硬膜外注射を選択することが多くなっています。

やはりこちらの場合でも、完全に眠ってしまうようなことは少なく、多くの場合である程度は意識が残ったまま出産することになります。

麻酔をすることによるリスクは?

出産をする上で麻酔を使うというのは、赤ちゃんへのリスク、そしてママへのリスクが大きいといわれることがあります。

どの程度のリスクがあるのかについても、事前に把握した上で、どのような方法で出産するのかを考えなければなりません。

麻酔を使用することがわかった段階でさまざまなリスクを考えてしまい、大きな不安を抱えるママさんもいます。

しかし、ママさんのその時の状態や体重、体質などを踏まえながら麻酔を使用しますので、極端に大きなリスクが出てしまうわけではありません。

眠くなる

麻酔を使用することで、当然ながら眠くなってしまうといった働きがあります。

ただし、眠くなってしまうのは痛みを鎮静させ、感じにくくするためですので、完全に眠ってしまうことはほとんどありません

体質によっては完全に眠ってしまうこともありますが、そういった場合でも出産直前には看護師さんに起こされたり、帝王切開で赤ちゃんを取り出す際には起こされるケースがほとんどです。

いつの間にか眠ってしまい、次に気がついたときには赤ちゃんが生まれていて、ママさんは1人病室で眠っていたということは少ないので安心しましょう。

どうしてもこの部分が気になるようであれば、あらかじめドクターに確認しておきましょう。

硬膜外麻酔の痛み

上でも少しお話していますが、硬膜外注射で麻酔をする際には人によって、とてつもない痛みを感じることがあります。

脊髄に針が入った際に痛すぎて、動いてしまえば再び麻酔の注射を打たなくてはなりません。

また、麻酔液が目的とは違う場所に漏れてしまうことによって、麻酔の効果が切れるまでの時間が長くなってしまうようなことがあります。

いきみが弱くなる、いきめない

麻酔が効くということは、痛みそのものを感じにくくなります。また、麻酔が効いている部位の感覚も弱くなります。

通常分娩をする際には、赤ちゃんが下りてくるに従っていきみたくなりますが、麻酔が効いていると、このようにいきみたくなるといった現象も自覚しにくいのです。

助産師さんや看護師さんなどに、いきんでと言われても力が入らないというケースや、ママさんは一生懸命いきんでいるつもりでいても、実際にはほとんど力が入っていないということがあります。

このような状況の中、時間がかかってしまうと赤ちゃんにもリスクが及ぶことになります。

いきんでいる間は、基本的にママは呼吸を止めがちですので、赤ちゃんに送られる酸素も少なくなっています。

これが長時間続いてしまうことで、赤ちゃんに後遺症となってあらわれてしまうこともあるのです。

そのため、麻酔を使った出産で上手にいきむことができなくなった場合には、吸引による出産や、その他にも鉗子を使って赤ちゃんの頭をしっかりとつかんで出産するといった方法が用いられます。

特に吸引で出産した赤ちゃんはしばらくの間、頭の形がいびつになってしまうことがありますが、成長とともに頭の形も整っていきます。

赤ちゃんの反応が鈍い

ママの体に麻酔が効いている状態は、赤ちゃんにも同じような反応が起きています。

そのため、産声をあげるはずの赤ちゃんの反応が鈍く、音や光にも鈍い状態で生まれてきてしまうことがあります。

ただ、こちらに関しては一時的なものであり、赤ちゃんの体から麻酔が抜ければ、しっかりと正常な反応が表れます。

産後に気持ちが悪くなる

麻酔を使用することによって、出産後は麻酔が切れてから気持ちが悪くなってしまうママさんもいます。

こちらも体質によるものですが、人によって麻酔の効果により、強い吐き気をもよおしてしまったり、グルグルと天井が回ってしまうほどのめまいを起こすこともあります。

麻酔を使ったら赤ちゃんに障害が出る?

麻酔を使った出産が、赤ちゃんに障害のリスクを与えてしまうのかということですが、麻酔を用いることによって赤ちゃんが自閉症になってしまうという説や、その他にもさまざまな障害が残ってしまうという説があります。

実際のところは、麻酔を用いた無痛分娩や帝王切開をしたからといって赤ちゃんに障害が出るといった報告は一つもありません

それよりも、むしろ麻酔を使用せず陣痛に耐える間に、エネルギーを使い果たしてしまったママさんが、いざ出産という場面でいきめなくなってしまう方がリスクは高くなります。

上でもお話したとおり、産道を抜けて生まれてくる赤ちゃんは非常に酸素が少ない状態ですので、ママさんがいきめなくなってしまえば、酸素不足による障害が残ってしまう可能性があるのです。

麻酔そのものによって、赤ちゃんへの障害が出てしまうようなことは現在までに一例もありません。

麻酔の必要性をよく考えること

麻酔の必要性

いかがでしょうか?麻酔を使って無痛分娩をするというケースや、帝王切開をするというケースで、麻酔によるリスクそのものは比較的小さいといえます。

無痛分娩を選択する際の費用的な問題や、そこまでして痛みを低減させる必要があるのかについて、冷静に考えてみましょう。

多くのママさんが通常分娩で痛みに耐えながら出産を行っています。ですから、痛みに耐えることができないわけではありません。

想像もできないほどの痛みに不安を抱えてしまうのは当然ですが、これこそが、出産の意味を持つといった意見さえあります。

帝王切開の場合には否応なしの選択肢となってしまいますので仕方がありませんが、出産時に麻酔を用いる必要があるのかを改めて考えた上で、無痛分娩に対する選択を行っていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



出産のカテゴリー

出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
早産・晩産逆子出産祝い
妊娠後期授乳・母乳育児
産後の美容産後の食事産後ママの体の変化
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
早産・晩産逆子
出産祝い妊娠後期
授乳・母乳育児
産後の美容産後の食事
産後ママの体の変化
目次
をみる
関連記事
をみる