出産時の麻酔について

出産時の麻酔について!麻酔を使ったら痛くないの?リスクは?



お腹の赤ちゃんに会える日を指折り待ち望む妊娠期間です。

しかし、出産が近づくにしたがって、出産はどのくらい痛いのか?痛みに耐えることができるだろうか?陣痛以外に痛みはあるのか?などといったさまざまな不安が出てきます。

また、妊娠する前の段階からも経験者の話を聞いて、不安に感じてしまうママさんもいるでしょう。

出産の痛みはさまざまな表現がありますが、聞いているだけでめまいがしてしまうほど痛みが強いことは想像できます。

また、一度でも出産の経験があれば、どの程度の痛みなのかを知っているので2度と同じ痛みを味わいたくないという思いから、麻酔を使った出産を希望するママもいます。

麻酔を使った出産とは無痛分娩ことですが、このように出産で麻酔を使うことはリスクがあるのでしょうか?

そこで今回は、

・無痛分娩はどんなもの?
・出産時に使用する麻酔とは?
・出産で麻酔を使用するリスクはある?

といった方に、無痛分娩をはじめとして、出産時に麻酔を使うのはどんなリスクがあり、痛みを完全に無くすことができるのかなどについて、詳しくご説明します。

無痛分娩ってどうなの?

無痛分娩ってどうなの

麻酔を使用して陣痛などの痛みを和らげる出産方法を「無痛分娩」と呼びますが、この無痛分娩に対する意見はさまざまです。批判的な意見もありますが、最近では無痛分娩を取り扱う産院も増えてきました。

無痛分娩を選択する、しない、というのはあくまでも個人的な判断になります。

また、中には心臓や呼吸器系の病気のため過度な痛みによる刺激を避けるために無痛分娩を行うケースもあります。

出産方法は、あくまでママやパパの希望が叶うものをよく考えて選択しましょう。

無痛分娩を扱う病院が少ない

無痛分娩を希望する場合には、あらかじめ病院探しをしなければなりません。

無痛分娩を扱っている病院は増えているとはいえ、まだまだが少ないため、どの病院でも受け入れてくれるわけではないのです。

近場に無痛分娩を受け入れてくれる病院がなければ、遠方で病院探しをしなければなりません。

近くに病院がないために、無痛分娩ではなく通常分娩を選択するママさんもいます。

病院探しをする際には「日本産科麻酔学会」が無痛分娩を取り扱っている病院を公開していますので、こちらのデータを参考にしてみましょう。

麻酔を使う分娩の費用は?

麻酔を使った分娩は、どのくらいの費用がかかるのか気になる所ですが、無痛分娩の場合には一般的な出産費用に5万円から10万円がプラスされると思っておきましょう。

無痛分娩を選択する場合には、それぞれの病院でプラスされる費用が違いますので、事前に確認しておきましょう。

無痛分娩は痛みがないのは嘘?

無痛分娩というのはまったく痛みを感じないと思っているママさんもいるようです。

しかし、出産する際の痛みを和らげる方法というだけで、まったく痛みを感じない状態で出産するわけではありません。

また、出産をする際に麻酔で眠っているため赤ちゃんの産声を聞くことができないといわれることもありますが、こちらについても心配ありません。

基本的にはママの意識がある状態の中、出産することになります。

無痛分娩など麻酔を使って出産をする際には、以下の2つの方法のどちらかで麻酔をすることになります。

病院やママさんの状態によって、どちらの麻酔を用いるのかは変わってきます。

硬膜外麻酔

硬膜外麻酔というのは、脊髄の近く通る硬膜外腔という部分に背中側から管を通して麻酔液を注入する方法です。

この管を挿入する際には、太く長い注射針を腰に刺しますのであまりにも痛くて失神しかけたというママさんもいれば、陣痛が起こってから処置をしたママさんでは陣痛の痛みで硬膜外注射の痛みは気にならなかったとい人もいます。

ただ病院側としては、硬膜外麻酔をする際に痛みが強いので、それに耐える覚悟しておいてしておいてくださいとアドバイスすることもあります。

このようなインフォームドコンセントを受けると、ママさんとしても不安を感じてしまうものですが、耐えられない痛みではありませんし、痛みは一瞬のものですので、さほど心配することはありません。

腰に針を刺すのですから若干の痛みを感じるのは当然です。
ただしその後は陣痛の痛みも和らぎ、出産における痛みそのものは大きく軽減されます。

出産で麻酔を使うケース

出産で麻酔を使うケース

麻酔を使うと、痛みを感じにくい出産をすることになりますが、出産で麻酔を用いるケースというのは、どのような時になるのでしょうか?

自らが無痛分娩を希望した場合はもちろんですが、その他、特に無痛分娩を希望していなくても麻酔を使用しなければならない状況があります。そちらについてご紹介していきましょう。

帝王切開

逆子や、多胎妊娠、子宮の状態や出産時に赤ちゃんがなかなか下りてこないなどというケースで帝王切開になる場合があります。

緊急帝王切開になってしまう場合であっても、あらかじめ帝王切開が決まっている場合であっても、必ず麻酔を使うことになります。

帝王切開は子宮にメスが入りますので、麻酔をしない状態で出産することはできません。

ただし、帝王切開で麻酔を使用する場合でも長時間に渡って眠ってしまうようなことはなく、基本的には赤ちゃんをお腹から取り出す際に、ママの意識はある状況の中での出産となります。

麻酔をすることによるリスクは?

出産をする上で麻酔を使用すると、赤ちゃんへとママへのリスクが大きいといわれることがあります。

どの程度のリスクがあるのかについても、事前に把握した上で、どのような方法で出産するのかを考えなければなりません。

麻酔を使用することがわかった段階でさまざまなリスクを考えてしまい、大きな不安を抱えるママさんもいます。

しかし、理想のお産を叶えるためにも担当医とよく話し合ってバースプランを立てましょう。

眠くなる

麻酔を使用することで、当然ながら眠くなってしまうことがあります。

ただし、眠くなってしまうのは痛みを鎮静させ、感じにくくするためですので、完全に眠ってしまうことはほとんどありません

いつの間にか眠ってしまい、次に気がついたときには赤ちゃんが生まれていて、ママさんは1人病室で眠っていたということはまずないので安心しましょう。

どうしてもこの部分が気になるようであれば、あらかじめドクターに確認しておきましょう。

硬膜外麻酔の痛み

上でも少しお話していますが、硬膜外注射で麻酔をする際には人によって、とてつもない痛みを感じることがあります。

また、硬膜外より奥に存在する脊髄が通るくも膜下腔に誤った麻酔液を注入してしまうと、血圧低下などの重篤な症状を引き起こすことがあります。

いきみが弱くなる、いきめない

麻酔が効くと、痛みそのものを感じにくくなります。また、麻酔が効いている部位の感覚も弱くなります。

通常分娩をする際には、赤ちゃんが下りてくるに従っていきみたくなりますが、麻酔が効いていると、このようにいきみたくなるといった感覚も自覚しにくいのです。

助産師さんや看護師さんなどに、いきんでと言われても力が入らないというケースや、ママさんは一生懸命いきんでいるつもりでいても、実際にはほとんど力が入っていないということがあります。

このような状況の中、時間がかかってしまうと赤ちゃんにもリスクが及ぶことになります。

いきんでいる間は、基本的にママは呼吸を止めがちですので、赤ちゃんに送られる酸素も少なくなっています。

これが長時間続いてしまうことで、赤ちゃんに後遺症となってあらわれてしまうこともあるのです。

そのため、麻酔を使った出産で上手にいきむことができなくなった場合には、吸引による出産や、その他にも鉗子を使って赤ちゃんの頭をしっかりとつかんで出産するといった方法が用いられます。

特に吸引で出産した赤ちゃんはしばらくの間、頭の形がいびつになってしまうことがありますが、成長とともに頭の形も整っていきます。

赤ちゃんの反応が鈍い

ママの体に麻酔が効いている状態は、赤ちゃんにも同じような反応が起きることがあります。

そのため、産声をあげるはずの赤ちゃんの反応が鈍く、音や光にも鈍い状態で生まれてきてしまうことがあります。

ただ、こちらに関しては一時的なものであり、赤ちゃんの体から麻酔が抜ければ、しっかりと正常な反応が表れます。

産後に気持ちが悪くなる

麻酔を使用することによって、出産後は麻酔が切れてから気持ちが悪くなってしまうママさんもいます。

こちらも体質によるものですが、人によって麻酔の効果により、強い吐き気をもよおしてしまったり、グルグルと天井が回ってしまうほどのめまいを起こすこともあります。

麻酔を使ったら赤ちゃんに障害が出る?

麻酔を使った出産が、赤ちゃんに障害のリスクを与えてしまうのかということですが、麻酔を用いることによって赤ちゃんが自閉症になってしまうという説や、その他にもさまざまな障害が残ってしまうという説があります。

実際のところは、麻酔そのものによって、赤ちゃんへの障害が出てしまうようなことは現在までに一例もありません。

麻酔の必要性をよく考えること

麻酔の必要性

いかがでしょうか?無痛分娩や帝王切開での麻酔にはリスクがあります。

しかし、お産の時に痛みを感じずに落ち着いて赤ちゃんと対面したいと願う妊婦さんも多くいます。

どのようなお産を望むかはママやパパの考え方によって大きく異なりますので、周りの意見に振り回されず、担当医とよく話し合って、様々な利点・欠点を考えて決めるようにしましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


出産・産後のカテゴリー

出産の兆候出産準備出産費用
保険陣痛分娩
帝王切開早産高齢出産
出産予定日産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア産後の栄養・食事
授乳・母乳・ミルク産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
出産の兆候出産準備
出産費用保険
陣痛分娩
帝王切開早産
高齢出産出産予定日
産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア
産後の栄養・食事授乳・母乳・ミルク
産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
目次
をみる
関連記事
をみる