双子の出産について

双子の出産について!帝王切開と自然分娩の場合はどうなる?



妊娠したことが分かった時は本当に嬉しい幸せな気分になりますが、「おめでとうございます、双子ですよ!」と、双子であることが判明した人の多くは、「大丈夫かしら・・・」とちょっと不安になってしまったということをよく聞きます。

赤ちゃんが生まれることは嬉しいけれど、一人の出産でも大変だと聞くのに、同時に二人の子どもを出産するということは、どのようなリスクがあるのかと、普通の妊婦さん以上に大きな疑問と不安を抱えてしまいます。

そこで今回は、

・双子の出産は自然分娩できる?
・双子の出産は帝王切開になるの?
・双子の出産について詳しく知りたい!

といった方に、双子の出産は一人のときとどう違うのか、また、どのようなリスクがあるのかなどについて詳しくご紹介します。

双子の妊娠は一人の妊娠とどう違うの?

どう違うの

双子は、一つの子宮内に同時に2人の胎児が育ち、出産することです。

双子の妊娠は親の遺伝子に関係する場合があるので、自分も双子で子どもも双子という場合も少なくありません。

双子は大きく分けて「一卵性双生児」と「二卵生双生児」の2種類があります。

一卵性双生児は双子らしく、顔や背丈などの体つきがそっくりで見分けが付かないというような場合が多く、1つの卵子が二つに分裂して成長して二人の胎児になります。

1つの卵子が分かれるので、遺伝子情報がまったく同じであることから、見た目がそっくりになるのですが、遺伝子が同じなので性格までよく似ていることもあります。

それとは違い、二卵性双生児は、2つの卵子が同時に受精して子宮内膜に着床することによって、同時期に同じ子宮内に2人の胎児が育ちます。

元々の卵子が違うので遺伝子の情報も違いますし、性別や血液型も違うことが多いです。

双子でも顔や体つきがあまり似ていないという双子の多くは、二卵生双生児です。

大きく分けると双子の種類は2種類ですが、胎盤と羊膜が1つの場合や二つある場合、またどちらかが1つという場合など、個々の双子の妊娠によって場合が異なります。

妊娠した段階で双子であると判明したときには、通常の妊娠よりもリスクがある可能性が高いので「膜性診断」という検査を行い、具体的にどのような状態で双子を妊娠しているのかという検査を行います。

双子の妊娠はいつ分かる?

最近は不妊治療を行う人も増えたので、二卵性双生児の数が増えています。

妊娠が双子であるかとどうかということは、二卵生双生児の場合は、妊娠5週目頃に超音波検査で、普通は1つしかない胎嚢が2つ確認できることによってわかります。

一卵性双生児の場合は、胎嚢が1つなので通常の妊娠と判別が難しく、少し遅れて妊娠6~7週目頃に、心拍が2つ確認できることで双子であると判別できます。

超音波検査の角度や、機械の精度によって判定時期がずれることもありますが、一般的には妊娠8~11週頃には判定できるのが一般的です。

双子は妊娠何週間で出産するの?

単胎妊娠の場合、通常、正産期は妊娠37週0日から41週6日ですが、双子の出産時期のほとんどはそれよりも早いことが多いです。

双子を妊娠している場合、単胎妊娠で出産間近の子宮と同じ大きさに到達する時期は、妊娠28週から31週の頃で妊娠8ヶ月です。

妊娠8ヶ月の段階で、お母さんの子宮は最大級に伸びて大きくなっているので、双子の妊婦さんの半分ほどは、通常よりも早産で双子を出産することが多いです。

お母さんの子宮は大きくなっていても、胎児はまだ8ヶ月ほどの成長でしかないので、早産の場合は、赤ちゃんが通常以上に小さいというリスクもあります。

双子を妊娠している場合は、普通の妊婦さんに比べて何事も早めの準備が必要です。

突如入院させられたり、予想外の事情で突然出産することになるということもありますので、常に心の準備をしておきましょう。

もし仕事をしているならば、双子の妊娠の場合は、突然の予定変更が予想されますので、上司とよく相談しておくことも大切ですし、産休の時期も通常よりも早く取ることができますので考慮してもらうことを考えておきましょう。

双子の妊娠のリスクとは

通常の妊娠でも、女性にとって妊娠することでいろいろなリスクを抱えますが、双子などの多胎妊娠の場合は、母体や胎児の両方に通常の妊娠よりも高いリスクが懸念されます。

双子を体内で育てることで母体には大きな負担がかかるので、貧血が酷くなったり、妊娠高血圧症候群になるリスクが高まります

また、胎児も2人が同時に成長することなく、成長に差が出てきたり、2人とも成長しなくなったり、2人のうち1人が体内で亡くなってしまうというバニシングツインもあります。

その他にも、羊水過多症や双体間輸血症候群などのリスクが高い分、通常の妊娠よりも頻繁に妊婦検診を受けて、母子の健康チェックを念入りに続けることが重要になります。

特に、妊娠後期になってくると、母体が2人の胎児を体内で育てることへのリスクが急激に高まるので、安全のために母体を管理入院させることもよくあります

1人の妊娠よりもお腹が大きくなるのが早く、お腹も張りやすくなり、切迫早産や流産のリスクも高まります。

双子は帝王切開で出産するの?

双子の出産はリスクが高いので、帝王切開で計画的に出産する人が全体の6~7割ほどで単胎出産の人に比べると、帝王切開で出産することが多いといえます。

帝王切開で出産するかどうかは、担当医とよく相談して決めることが大切です。

担当医の考え方の違いもありますが、双子の出産はリスクが高いので、母体と胎児2人の健康状態や、成長状態をしっかり見極めて行う必要があります。

帝王切開はお腹を切って胎児を出すので、自然分娩よりも母体に対するダメージが大きくなりますが、出産の日時を医師や医療機関がしっかり把握できることや、出産に費やす時間が短いので、胎児へのリスクを考えて帝王切開を提案する医師が多いのが現状です。

帝王切開は母体を切開するので、出産後のお母さんの回復期がどうしても遅れるというリスクがありますが、へその緒が首に巻き付いて仮死状態で生まれるというような、自然分娩での胎児のリスク2人分を考えると、帝王切開の方がリスクが小さいということで、帝王切開での出産率が増えています。

双子なら自然分娩はできないの?

双子の出産は帝王切開で行う率が高いのが現状ですが、自然分娩で出産するという人もいます。

単胎児の出産でも、出産時はいろいろとトラブルがあることがありますので、双子の場合は特にしっかりした管理が必要となってきますが、自然分娩が不可能ということはありません。

出産時期までにしっかり胎児が育って健康上問題が無い、2人とも子宮内での態勢も頭が下向きで逆子でない(医療機関によっては1人の頭位が逆でも自然分娩をするところもあります)、母体の骨盤の大きさや出産経験など問題がないというような、諸々の条件が揃っているケースでは、自然分娩が可能です。

出産はどんな場合でも、突然状態が変化して危険が状態に陥るということがあります。

自然分娩にトライできても、結果的に帝王切開で出産することになったというケースは頻繁にあります。

双子でも自然分娩を推奨している医療機関や医師もいれば、絶対に帝王切開でないとダメだという医師もいます。

双子でも自然分娩にチャレンジしたいという人は、医療機関の方針や考え方、実績などをしっかり見極めて出産をお願いする病院を決めることが大切です。

双子はどこの病院でも出産できるの?

どこの病院でも出産できるの

双子は妊娠した時から、単胎児よりもいろいろなリスクが大きくなります。

このため医療設備が整った、ある程度大きな病院でないと対応できないということもありますので、病院選びは通常よりも慎重にすることが大切です。

母子共に特に問題が無い時は、小規模な産院で双子を出産することもありますが、そもそも双子の出産は受け入れず、大きな病院へ紹介するという方針の産院もあります。

また、万が一の時に大きな病院との連携がしっかりできている産院であることも重要です。

早い時期に生まれそうになる切迫早産や、実際に早産になってしまったというケースの場合は、周産期医療センターを併設している子供専門の病院などに運ばれることもあります。

NICU(新生児集中医療室)などの設備がしっかりあること、産婦人科と小児科の連携がしっかりできている、ある程度大きな医療機関を選ぶことが、双子の出産の場合多いです。

また、助産院でアットホームに出産したいという妊婦さんも増えていますが、双子の出産は助産院では医療行為ができないということもあり不可能です。

大きな病院や権威ある病院というイメージで大学病院などを選ぶ人も多いですが、大学病院の場合、双子の出産は医療学生にとって貴重な経験やデータになる可能性もあるので、充分に納得してから医療機関を選ぶことも大切です。

双子の出産は費用が2倍かかる?

双子の出産は、単胎児の出産の費用の2倍はかかるのでしょうか?出産費用は病院の種類や医療行為、分娩の経過、方法、入院期間などさまざまな要因がありますので、一口にいくらかかるということは分かりません。

双子の出産の費用の平均はおおよそ60万~80万円ほどです。

これは単胎児の出産の2倍の費用がかかっているということではありませんので安心してください。

単胎児の出産でも50~70万円ほど出産にかかるので、双子の出産は単胎児の出産よりも赤ちゃん1人分の入院費が多くかかると思っておきましょう。

帝王切開をしたり、管理入院をしたり、赤ちゃんの出産後の医療費などが高額になるので、費用のことが心配になる人もいますが、健康保険に加入していると分娩に関しては出産の一時金として1人40万円前後の金額が支給されます。

赤ちゃんにトラブルが起きたりした場合で、高額な医療費が通常よりも発生しても、高額医療費制度が適応されますので安心してください。

双子の出産費用を抑えたいときは、加入している健康保険に限度額適用認定証を申請して発行してもらいましょう。

認定証を入院窓口に提示すれば、自己負担の割合が約1割になるので負担額が減ります。

双子の出産は事前準備が大切

赤ちゃんを出産するにあたり、日用品や育児グッズなどさまざまなものが必要になります。

特に双子が産まれるということは、同時に2人分のものが必要になるものが多いので、普通の赤ちゃんの出産よりも用意するものの量は多くなります。

日用品や衣類などは、2人分ですので2倍のものが必要になりますが、2人で共通して使えるものもありますので、事前にしっかり考えて購入しておくことが大切です。

双子の出産は帝王切開になることが多いのですが、帝王切開で出産すると、母体の回復が自然分娩の母体よりも遅くなります。

1人で生まれたての赤ちゃんを24時間見るのも大変ですが、帝王切開で子どもを産んだお母さんが、傷の痛みが残る体で、産まれたての2人の赤ちゃんの面倒を24時間体制で見るというのは、想像を絶する過酷さがあります。

夫婦で協力して育児をする体制や、役割分担を出産前にしっかり話し合っておく必要もありますし、誰か日中だけでも育児のお手伝いをしてくれる人がいるのといないのでは大きく様子が異なります。

母子共に健康であればよいのですが、母体がなかなか元に回復しないこともありますし、赤ちゃんのどちらかが引き続き入院するということが必要になることも良くあります。

できれば家族の誰かに事前にお手伝いをお願いすることが良いのですが、各自治体などでも育児サポートをしてくれる人を探してくれるサービスがあることも多いので、事前に調べておきましょう。

まとめ

双子の出産は妊娠した時から出産、育児まで、通常よりも多くの困難が待ち構えています。

特に出産ではリスクが大きいので、帝王切開にするのか自然分娩にするのかというような問題が大きくなります。

不安なことも多いですが、家族や担当の医師や医療機関と、しっかり状況を把握しながら最善の道を選ぶことが大切です。

不安なことや納得できないことは、積極的に医師に質問したりして、不安や心配をできるだけ少なくしましょう。

いろいろな人に相談したり、双子を実際に出産した経験のある人と話をするのもおすすめです。

双子の出産は不安も大きいことでしょうが、2人の赤ちゃんが無事に成長した時の喜びは通常の2倍です。気持ちを前向きにしてがんばりましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



出産のカテゴリー

出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
早産・晩産逆子出産祝い
妊娠後期授乳・母乳育児
産後の美容産後の食事産後ママの体の変化
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
早産・晩産逆子
出産祝い妊娠後期
授乳・母乳育児
産後の美容産後の食事
産後ママの体の変化
目次
をみる
関連記事
をみる