胎教に良い音楽

胎教にロックやR&Bはあり?妊娠中のリラックスと胎教に良い音楽




「妊婦さんは胎教に音楽を聴くと良い」というのは、女性なら1度は聞いた事があると思います。

胎教=音楽ではなく、胎教の方法の1つに音楽があるのですが、胎教に音楽を取り入れる妊婦さんは、非常に多くいます。聴いていると良い気分転換にもなりますし、事実、ママへのリラックス効果も認められています。

実践しやすい胎教としてオススメできるのですが、気になってくるのは聴く音楽です。

音楽といっても、ジャンルも幅広く個人によって好みも大きく変わってきます。実際、胎教に良い音楽とはどんなものなのでしょうか?

・ロックやR&Bは胎教にあり?
・胎教はモーツアルトじゃないとだめなの?
・ジブリやディズニーの曲は?

といった方に、胎教に音楽が良いとされる理由から、胎教に良いとされる曲のジャンルについて詳しくご紹介していきます。

胎教とは?

胎教とは、頭が良くなるようにお腹にいる時から、教育の一環として英語のテープを聞かせるというママから、胎児とのコミュニケーションと捉えるママまで色々な見解があります。

「教」という字から勉強と考えるママも多いようですが、胎教はそれだけではありません。

ママの精神安定も含まれた、胎内にいる赤ちゃんとのコミュニケーションを目的としたものなのです。

胎教には、科学的な根拠はないとする意見もあり、効果のほどは賛否両論ではありますが、胎教により好奇心旺盛な子供になった、夜泣きが少ないなどの育てやすい子供になる傾向が見られるようです。

胎教の種類

胎教と呼ばれるものは、何も音楽を聴くだけではありません。

お腹にいる赤ちゃんに名前で呼びかけるのもその1つです。名付けようと思っている名前でも構いませんが、例えば「チビちゃん」といったニックネームの様な呼びかけでも良いといわれていますし、「チビちゃんおはよう」や「チビちゃん元気』などと話しかけてあげるのもオススメです。

これ以外にも、お腹をなでてあげたり、赤ちゃんがお腹の中で動くようになってきた頃には、赤ちゃんが蹴ってきた場所を軽く叩いてあげるのもコミュニケーションが取れるということで良いとされています。

普段の生活の中で行える、ウォーキングなどの適度な運動や絵本の読み聞かせも胎教になり、ママの心をリラックスさせる効果も期待されています。

胎教には音楽と言われる理由

胎教に音楽のイメージが強い理由は、赤ちゃんの成長過程にあります。

赤ちゃんの聴覚は妊娠5ヶ月前後から機能しているといわれています。視覚はもう少し早い段階から発達しているのですが、赤ちゃんは胎内にいる間は羊水に浮かんでいるため、お腹の外の様子を見ることはできません。

この事から分かるように、お腹の中にいる赤ちゃんに良い刺激とコミュニケーションを取るには音楽などといった音が重要になってくるのです。

赤ちゃんも、お腹の外の音を聴き取ることができるというのが大方の考え方となっていますので、音楽を聞かせることで耳から脳が刺激され、右脳が活性化し、赤ちゃんの脳発達にプラスに働くだけでなく、何よりママも楽しんで行うことができます。

胎教に良い音楽とは

妊婦さんが音楽を聴く際には、胎教に良い音楽を聴くと良いとされています。

そうした音楽を選ぶことでママもリラックスした精神状態になり、赤ちゃんにとても良い環境が作られるのです。

ただし、いくら胎教にいいとはいえ聴く音楽には好みがあります。次にご紹介する音楽も「一般的に良い」とされているだけで、必ずしも、万人受けするものではありません。

興味のない音楽を聴いていると眠くなってきてしまうように、ストレスを感じてしまう場合もありますから、聴いていて自分が楽しいと思える音楽を選ぶようにしてみましょう。

クラシック音楽

ベートーベンやバッハ、モーツァルトなどを代表に一般的に西洋の芸術音楽と認識されている音楽ジャンルです。

キリスト教の宗教音楽である「聖楽」、宮廷や大衆向けの世俗音楽「俗楽」の2つに分けることができ、細かくするとバッハ以降に生まれた後期バロック音楽から、マーラーを代表する後期ロマン派、ドビュッシーやラヴェルなどの印象派と分けることができます。

そんな歴史のあるクラシック音楽ですが、モーツァルトを代表にするウィーン古典派は、聴いたことのある人も多いのではないでしょうか。

胎教にモーツァルトが良いのか?

胎教にクラシック音楽というと、モーツァルトが有名です。

実際に、クラシック音楽にモーツァルトを紹介している所がほとんどですが、そう言われているのはモーツァルト効果と呼ばれる、「彼の楽曲を聴くと一時的に頭が良くなる(10〜15分位)」という話の影響力もあるようです。

結論から言ってしまえば、モーツァルト以外の楽曲でも似たような効果があらわれた事が実験で分かっており、モーツァルトにこだわる必要ありません。

ママが聴いて、心地よいと思うクラシック音楽が胎教に効果を発揮すると考えられています。

それでも、モーツァルトの音楽は優しい構成の楽曲が多いですから、選んで聴くと情緒豊かな子供に育ちやすいとする意見もあります。

ジブリ・ディズニー音楽

クラシックに比べると可愛らしいイメージがあるジブリやディズニーの音楽は、ママにとっても小さな頃から慣れ親しんだ音楽が多いのではないでしょうか。

可愛いキャラクターや、心温まる物語性から大人になっても好きというのと、内容がクラシックより分かりやすいという理由から、こうした楽曲をセレクトするママも多くいます。

赤ちゃんも一緒に楽しめるのでは?と知らず知らずの内に母性も働いているのかもしれません。そもそも、人間の脳はリラックスしているとa波(アルファ波)が多く出現します。

クラシック音楽であるモーツァルトの楽曲を聴くとそのa波が出やすいといわれているのですが、つまりは胎教にはa波が良く出る音楽を選べば良いということです。

オルゴール曲もその1つであり、ジブリやディズニーの曲は、明るく大きな音を使用した音楽もありますから、オルゴールの音色でまとめたものを選んで聴くのもおすすめです。

ママのハミング

ママのハミングもお腹の中にいる赤ちゃんにとっては立派な音楽です。

胎教CDというものも販売されてはいますが、スピーカーから流れる音は赤ちゃんに届いていないという説もあり、赤ちゃんに聴かせたいならハミングはもっとも良い方法である。という意見もあります。

鼻歌になりますから、歌に決まりはありません。ただし、赤ちゃんに聴かせるようにスローペースで歌うと良いといわれています。

一説では日本芸能の1つ「能」の語り口調がベストという話しもあります。

ママが一番リラックスできる時間にハミングをすると良いとされているので、お風呂タイムがオススメかもしれません。

歌っているとストレス発散にもなりますし、気分転換にもなります。赤ちゃんにとってもママがリラックスした状態というのは良いことなので、お腹を撫でながらゆっくり聴かせてあげましょう。

環境音(波の音、鳥のさえずり等)

胎教音楽として、環境音が販売されていることがあります。胎教の最大の目的であるリラックス効果が得られることが理由といえます。

また、波の音はクラッシクと同じ作用があることが分かってきており、心地よい気分にさせてくれる効果があります。

ただし、環境音といってもストレスを溜めてしまうような雑音は逆効果となります。クラッシック音楽と環境音がミックスされて販売されているCD等もありますので、購入してみるのも良いかもしれません。

他にも赤ちゃんは直接見ることはできませんが、素敵な映像と環境音が入ったDVDもおすすめです。心落ち着かせたいときなどに楽しんでみましょう。

まとめ

胎教に良いとされる代表的な音楽を挙げてきましたが、音楽を聴くなら自分が聴いていたいと思った音楽が一番です。

はっきり言ってしまえば、ママが好きならロックでもR&Bでもヘビメタでも良いのです。もちろん、激しい音楽ですからボリュームを落として聴くなどの工夫は必要ですが、胎教に良いからといって興味のない音楽を聴いてイライラしてしまうよりはマシです。

赤ちゃんにも良い刺激があるといわれているのは、ママ自身が好きな音楽だからであって、ママが嫌いなら赤ちゃんにとって刺激にもなりません。

逆に、そんな時は、ママにストレスがかかってしまいますから、赤ちゃんに悪影響しか与えないのです。

ピアノが弾ける方であれば、赤ちゃんのために演奏してあげるのも良いですし、ママがリラックスできるのであれば、パパにお歌を歌ってもらうのも音楽による胎教になります。

ママの精神安定、そして、お腹にいる赤ちゃんとのコミュニケーション方法として使用される音楽ですので、自分にとって心地よいと思える音楽を、胎内にいる赤ちゃんと一緒に楽しむようにしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる