双子

双子など多胎児妊娠がわかったら気を付けること




待望の赤ちゃんを授かり、期待に胸が躍ります。しかし、多胎児妊娠が分かった時には、多かれ少なかれ、誰しも不安がよぎるものです。

そこで今回は、

・多胎児妊娠は単胎児妊娠の場合と何がどのように違うの?
・妊娠中に特に何に気を付ければ良いの?

といった方に、多胎児妊娠について、妊娠中の注意点や気を付けることについて、詳しくご紹介します。

多胎児妊娠はどういうもの?

多胎児妊娠は、大きく「一卵性」と「他排卵性」とに分けられます。また、稀ではありますが、一卵性多胎児が誕生する場合もあります。

一卵性の多くは一卵性双子で、1つの受精卵が2つに分離してできるもので、性別は同じものになります。一方、他排卵性では、別々の精子と卵子が受精してできた受精卵が、同じ子宮内で誕生したものです。この場合、異性の場合もあります。

妊娠8週目頃には、多胎児妊娠の診断ができます。近年では、排卵誘発剤の使用や生殖補助技術の利用の増加などにより、多胎児妊娠をする割合も随分増えています。

日本での多胎児の割合は?

日本での双児の出産割合は、母親1000対6回(一卵性:1000対4回、二卵性1000対2回)程度になっています。

近年では、不妊治療の影響を受け、異性双子の数が20年で4倍近くに増加してはいるものの、まだまだ日本は国際的に見ても、多胎児の出産の割合は決して多い方ではありません。

多胎児妊娠の母体や胎児に与える影響

多胎児妊娠は、母体に与える影響や負担も非常に大きくなります。さまざまなリスクを事前に知っておくことで、備えられることや予防できることもあるものです。ここでは、多胎児妊娠で想定できる危険性や影響をまとめてみます。

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群は、いわゆる「妊娠中毒症」といわれるものの一種ですが、妊娠20週以降で分娩後12週までに高血圧やタンパク尿の症状が見られるものです。

単胎児妊娠者に比べ、多胎児妊娠をしている方は、3倍以上もの発症のリスクがあるともいわれています。

妊娠高血圧症候群は、32週以降に発症する場合が多いものですが、それ以前に発症した場合には、重症になる割合も増えますので、特に注意が必要です。

重症になった場合の母体や胎児への影響は、母体の子癇発作(けいれん)や高血圧脳症の発症、また、常位胎盤早期剥離の場合には、胎児の早産や胎児死亡、新生児仮死や死産などの危険も想定されます。妊娠高血圧症候群の場合、母児共に危険な場合が多いのです。

妊娠高血圧症候群の主な予防方法は、食事面や生活面の改善になりますが、症状によっては、薬物療法を行う場合もあります。また、場合によっては母体への過度な影響を考慮し、妊娠自体を継続できなくなってしまうこともあります。

早産の危険や帝王切開の必要性増加

多胎児妊娠の場合には、子宮が急速に大きくなり、お腹も張りやすくなります。また、切迫早産や早産の危険も高まりますので、早期に入院、出産しなければならないこともあります。

妊婦健診の頻度も、単胎児妊娠の方に比べると多くなる病院がほとんどです。

また、管理入院など、妊娠の状態や母体の症状によっては入院の必要性も高まります。単胎児の妊娠期間は、一般的に「十月十日(とつきとおか)」ともいわれますが、多胎児妊娠の場合には、妊娠期間が短くなる場合が多くなります。

また、通常分娩が困難になる場合も多く、帝王切開の必要性も増えます

帝王切開になる可能性が高い妊娠は、

・胎児が頭位であること。
・妊娠32週以降であること。
・両児共に推定体重が、各産院の一定の体重を超えている場合

などがあります。

他の臓器や子宮への負担

多胎児妊娠の場合には、急速なお腹のふくらみが、子宮への負担はもちろんのことですが、他の臓器を圧迫することがあります。

また、ますます必要になる血液量を賄うために、さまざまな器官や血管への負担も大きくなります。

分娩後に、大量の出血を起こしてしまうこともあります。これは、多胎児を妊娠中に伸びてしまった子宮の、収縮する力が衰えてしまうことによります。最悪の場合には、輸血の必要も出てきます。

胎児の生育環境

多胎児妊娠の場合、母体での子宮内生育環境は、単胎児妊娠よりも狭い空間にならざるをえませんので、胎児の栄養面や発育面でも制約されてしまうことも多くなります。そのため、出生体重が低めになってしまうことも多くなります。

低出生体重児の割合は、単胎児妊娠では全体の約1割程度ですが、多胎児妊娠では、約7割もの赤ちゃんに低体重が見られるとのデータもあります。

低出生体重児の場合には、出生後にNICU(新生児集中治療室)やMFICU(母体胎児集中治療室)でのケアが必要になってくることも考えられますので、NICUなどのある病院を選ぶか、もしくは、NICUなどのある病院との連携が可能な病院を選ぶようにしましょう。

一卵性の多胎児の場合には、1対の胎盤を2人以上で共有することになります。そのために、血流のバランスが崩れることもあり、一方に発育不全などの症状が出てしまう場合もあります。

多胎児妊娠が分かったら気をつけること

では、双子のなどの多胎児妊娠が分かったら気をつける点についてご紹介します。

母子手帳

妊娠が分かったら、住民票の有る市区町村への届け出をし、「母子手帳」の交付を受けます。その際には、「妊娠届」が必要になりますが、事前に病院での「妊娠証明書」の発行が必要になります。

多胎児妊娠の場合にも、単胎児妊娠の場合と手続きに大きな違いはありませんが、胎児の人数分の母子手帳の交付が必要になりますので、注意しましょう。

もし、妊娠届を提出後に多胎児妊娠であることが判明した場合には、追加で母子手帳を交付してもらわなければなりません。

早めの入院準備と休息

単胎児妊娠に比べ、多胎児妊娠の場合には、母体や胎児へのリスクも多くなりますので、いつ何時状態が変化するか分かりません。

そのため、急な入院を余儀なくされることも多くなりますので、妊娠が分かったら、早めに入院準備を整えましょう。

入院準備については、出産までに揃えよう。入院準備用品と新生児用品チェックリストの記事を参考にしてください。

また、仕事をもっている妊婦さんには、産休を取る権利がありますが、単胎児妊娠の方に比べ多胎児妊娠の方は、母体への負担を考慮し、産休期間も長くなっています。

さらに、体調によっては、急に入院をしなければならないこともありますので、事務的な手続きも早めに済ませておきましょう。お腹の張りを強く感じる方も多いため、ゆっくり休息できる時間を確保するようにしましょう。

胎児にとって、お母さんのお腹の中での発育が、もっとも安心で良いものです。多胎児妊娠の場合には、子宮内環境が単胎児妊娠の状態とは異なります。しかし、お母さんのお腹の中で成長出来た方が出生体重も多くなりますし、出生後の健康にもかかわってきます。1日でも長くお母さんのお腹の中にいられるよう、無理は禁物です。

毎日の生活や食事面での注意

多胎児妊娠の場合には、さまざまな器官や血管などにかかる負担もより多くなります。また、妊娠高血圧症候群になるリスクも高くなってしまいがちです。毎日の生活や食事面に気を付けながら、それらの症状を予防しましょう。

カロリーや塩分、脂肪の取り過ぎには、注意が必要です。体重管理をきちんとしましょう。また、過度なストレスは避け、毎日できる限りゆったりと過ごすようにしましょう。

貧血の予防

多胎児妊娠の場合には、妊娠中にも、単胎児妊娠以上に胎児に多くの血液が必要で、しかも、分娩後の出血も多くなりますので、母体が貧血状態になりやすくなります。食事でカバーできるようにしたいものです。

・大豆
・ほうれん草
・ヒジキ
・シジミ

など、鉄分の多い食品を多く摂り入れるように心がけましょう

また、貧血の症状が思わしくない場合には、内服薬や注射などでの処置も必要になってきます。主治医と相談の上、貧血の改善を心がけましょう。

費用面での注意

多胎児妊娠の場合には、妊婦健診の回数も頻繁になりますし、妊娠中、産後問わずに、かかる費用も多くなります。

また、多胎児妊娠の場合には、管理入院をしなければならない場合も多くなりますので、その分の費用負担も大きくなってくることがあります。事前の心構えが必要でしょう。

産後に受け取れる出産一時金は、多胎児妊娠の場合、人数分受け取ることができます。医療保険も、契約内容によっては、帝王切開などの医療費や入院費用は、保障がつく場合もありますので、事前に保険会社に確認しておきましょう。

無事に多胎児出産、その後は?

多胎児の妊娠には、何かと不安も尽きないものですが、出産後にも不安になってしまうことの1つに、赤ちゃんの「発育状態」があります。

一般的な母子手帳に掲載されている「出生体重曲線」は、あくまでも単胎児用のものですので、これを成長のものさしとして比較することはありません。

多胎児には、多胎児なりの発育があるからです。出生体重はあくまでも目安とし、その後の成長の度合いに着目し、医師と相談しながら育てていきましょう。

退院時に必要なものの準備もお早めに

多胎児を出産し、退院後自宅に帰宅する際には、人数分のチャイルドシートやベビーカーが必要になってきます。

その他にも、ありとあらゆるものも人数分必要になってきます。多胎児妊娠が分かった時点から、徐々に準備を始めていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる