熱っぽいのは妊娠のサイン

熱っぽいのは妊娠のサイン?妊娠期の体温変化と暑さ対策!



妊娠するとなんだか熱っぽく感じる、いつもより暑いなど、体温の変化を感じる方がいます。

もちろん妊娠しても、暑さや熱っぽさなどまったく感じないという方もいますが、その反面、微熱まで出てしまう方もいます。

この体温の変化には個人差がありまし、もともとの平均体温によっても感じ方は異なりますが、それは妊娠したことによる女性ホルモンの影響によるものです。

つまり「暑い」「熱っぽい」と感じたら、妊娠しているかもしれないのです。

そこで今回は、

・妊娠すると熱っぽくなる?
・妊娠時の体温変化とは?
・妊娠中にどうしても暑い時はどうしたらいい?

といった方に、妊娠時に起こる体温変化とその対策について詳しくご紹介します。

「暑い」「熱っぽい」は妊娠のサイン?

妊娠のサイン

予定日なのに生理が来ないと妊娠を疑う前から、女性は熱っぽさなどを感じることがあります。

もちろん個人差があり、まったく何も変化に気が付かないという方もいますが、これは妊娠初期の症状の一つです。

妊娠初期症状は体温の変化に限らず、色々な体調の変化が見られますが、すべての体調変化にはホルモンが影響しています。

排卵が起こり、精子と受精すると受精卵が誕生し、その受精卵が卵管を通り、1週間ほどかけて子宮に到達すると、まず「hCGホルモン」が分泌されます。

また、その後着床し、妊娠が成立すると女性ホルモンである「プロゲステロン」(卵胞ホルモン)と「エストロゲン」(黄体ホルモン)の分泌が盛んになります。

このホルモンの分泌は妊娠を成立させ、保持するために必要なホルモンです。

普段の生活の中でも分泌されているホルモンですが、妊娠中はこのホルモン分泌量がグンと上がります。

そのため、体温の変化をはじめとする体調変化があらわれるようになるのです。

体温の変化など、妊娠の初期症状に見られる変化を感じた場合には、妊娠している可能性が高くなりますので、赤ちゃんの発育のためにも、薬の服用やアルコール摂取などをしないよう心がけましょう。

妊娠の体温変化は基礎体温にもあらわれる!

排卵日や生理予定日を知るために、基礎体温を付けている方も多くいます。基礎体温を付けている方はご存知かもしれませんが、基礎体温には高温期と低温期があります。

この高温期、低温期は女性ホルモンの分泌量によって決まります。妊娠や出産のために必要なホルモンが正常に分泌されているほど、高温期、低温期の曲線が綺麗に分類されます。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)がありますが、体温変化に重要な働きをしているのがプロゲステロンです。

排卵後から分泌量が増え、妊娠しやすい環境を作るために体温を上昇させます。

普段は生理予定日が近づくとプロゲステロンは分泌量が減り、体温も下降していきますが、受精卵となり子宮に着床が見られると、分泌量はそのまま維持されることになります。

妊娠を継続させるために、分泌量を維持する必要があるからです。これが妊娠初期に暑いと感じる原因となります。

高温期は一般的に14日ほどですので、これを越えてもなお高温期が続くようであれば、妊娠かもしれません。

つまり、いつもより暑いと感じることがあったら妊娠している可能性が高くなるのです。

プロゲステロンは体を温め、受精卵を大きく育たせる役割がありますが、その後胎盤の環境が整うと、妊娠維持ホルモンが分泌されるため、基礎体温は下がり始めます。

ただし、これも個人差があり、誰もが同じように低くなるわけではありません。

中には安定期になっても高温状態が続くことがあり、暑いという体温変化の症状が継続することもありますので、引き続き暑さを感じ続ける方もいます。

体温変化と妊娠初期症状があるなら妊娠の可能性はさらに高まる

「暑い」「熱っぽい」という体調の変化と合わせて、妊娠の初期症状で見られる兆候がある場合、さらに妊娠の可能性は高くなります。

妊娠初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?詳しく見てみることにしましょう。

・腹痛、下腹部痛、胃痛、頭痛、腰痛などの痛み
・吐き気、においに敏感になるなどのつわりに似た症状
・おりものの変化
・胸が張る、乳首が敏感になるなどのいつもと違う胸の症状
・だるい、疲れやすいなどの倦怠感
・すっぱいものや甘いものが食べたくなる食の変化
・ニキビや乾燥するなどの肌荒れ
・歯や歯茎などの痛み
・眠気を感じる、逆に眠れなくなるなどの眠りに関係する症状
・喉が渇く、汗かきになったなどの水分多過に似た症状

などの症状が体温の上昇とともに見られるようであれば、妊娠を疑ってみましょう。妊娠検査薬でのチェックや、病院での妊娠検査に出かけてみましょう。

夏の暑さ+妊娠の暑さ!Wで暑さを感じるのは大変!

妊娠すると体温が上昇するため、暑さや熱っぽさを感じるようになるわけですが、この時期が夏と重なる場合、妊婦さんは大変な思いをすることになります。

体に熱さを感じるだけでなく、顔が火照ってしまったり、ボーっとして日中ものぼせた感じになる、微熱が出てしまうなど、深刻な症状が見られることもあるので注意が必要です。

母子手帳などこれから必要となる準備は、家族の協力を仰ぎながら無理のないよう進めてください。

また、暑さ対策も考えなくてはなりません。暑さとこの時期をうまく乗り切る方法を見つけていきましょう。

夏なら冷やしても大丈夫?

妊娠初期は胎盤ができ、赤ちゃんが大きく成長を始める時期でもあります。そのためどんなに暑いからといって体を冷やすことはしてはいけません。

せっかく女性ホルモンも赤ちゃんを育てるために体温を上げているわけですから、冷やす行為はそれに反することになってしまいます。

胎児を守っていくためにも、体を冷やすことは避けるようにしましょう。

この妊娠初期に、夏だし暑いからといって体を冷やしてしまうと、下半身だけが冷えるなどの症状が見られることがあり、お腹の張りやつわりの悪化、流産などを招いてしまうことも。

クーラーなども控えめにして、体の体温を維持できる環境で過ごすよう心がけましょう。

夏バテにならないよう気を付けて!

暑くても冷やしてはいけないからと、クーラーなどの使用も避けていると夏バテを起こしてしまう危険があります。

夏バテは、お母さんの体力を奪ってしまうことになりますので、冷やすことは避けても体力を維持することも大切に考えてください。

もともと、夏は普通に過ごしていても体力が奪われてしまう時期ですので、さらに難しいことではありますが、栄養をしっかり取り、水分補給なども小まめに行いながら、夏バテにならないよう気を付けましょう。

妊娠期の体温変化に対応するために

妊娠期の体温変化に対応

妊婦になって暑さを感じる時は、涼しく快適に過ごすことができるよう対策をとりましょう。

体温の変化に応じて、暑さを調節できるよう工夫していくのが一番です。同時に暑さのあまり、体力を奪われないようにすることも忘れないでください。

対策1 エアコン(冷風機)を上手に活用しよう

妊娠して暑さを感じるようであれば、エアコンを上手に活用しましょう。エアコンをまったく使わないで我慢する必要はありません

設定温度を高めにすれば、体を冷やすことなく、暑さ対策になりますので、ぜひ上手に使ってください。

夏場などであれば、設定温度は28度が理想的です。ずーっと冷房を効かせておくのではなく、除湿機能と組み合わせて使用すると体を冷やしてしまう心配もありません。

また、冷風機などを使ってみるのも良いでしょう。氷などを入れて使う冷風機は、その使う氷や保冷材の量を調節することで冷やし過ぎを防ぐことができ、急激な冷却効果がないため、妊婦さんにとても向いています。

対策2 カーテンで暑さ対策

春や秋でも、日光などの日差しが差し込むと暑いと感じる時があります。そんな時は、カーテンで窓から差し込む日光を遮りましょう

そうすることで室内の温度も暑さを感じない程度に下がり、妊婦さんも過ごしやすい温度が手に入ります。

対策3 衣服で調節

妊娠で体が暑いと感じているのに、体を冷やしてはいけないからと厚着をしていると、体温調節が上手くいきません。

カーディガンや上着を脱ぎ着して、暑さを調節するようにしましょう。ただし、薄着になるときはお腹と足を特に冷やさないよう心がけましょう。

腹巻や腹帯をしたり、厚手の靴下などを履くと、効果的に体温を維持できます。足元を冷やしてしまうと、妊婦さんにありがちなむくみの原因にもなってしまいますので、注意してみてください。

対策4 暑さを感じたときに扇風機を使う

妊婦さんとはいえ、一日中どうしようもなく暑いと感じているわけではありません。特に暑いと感じるのは、動いたときやお風呂上りなどです。

このようなときは体温も急激に上昇しますので、特に暑いと感じる時です。そんな時は扇風機を使って、クールダウンしてみるのも方法の一つです。

夏でなくても一時的に使うのであれば、体温を下げてしまうことも少ないため、問題なく使用することができます。

お風呂上りに髪を乾かすときに、遠くから少し扇風機で風を送るだけでも暑さがまぎれますので、ぜひ活用してみてください。

対策5 冷えピタで火照りを解消

微熱や顔の火照りがある場合には、冷えピタが効果的です。冷えピタはシップ薬と異なり、強い成分が含まれていませんので、妊婦さんが火照りを解消するのに向いています。

外出中はなかなか使用するのも難しいですが、家にいる時はおでこに張り付けておけば、顔の火照りなども防ぐことができ、微熱にも役立ちます。

色々なメーカーから販売されており、成分などにも違いがありますが、心配であれば子ども用を使ってみましょう。

サイズも小さめで、冷やし過ぎてしまうこともありません。冷えピタを体温の上昇に合わせてうまく活用しながら、暑い妊娠期を乗り切りましょう。

対策6 気化冷却グッズ

首に巻いて使う気化冷却効果を利用したグッズが売られていますが、そういったものであれば、妊婦さんも暑さ対策として使うことができます。

水に濡らして使用するもののため、時間が経つと冷えの効果もなくなってしまいますので、丁度良い感じで冷やすことができます。

また、外出中にどうしても熱い時は水道で濡らせば使えるので、便利です。荷物にならないサイズなのも嬉しいです。

ただし、保冷剤を入れて使用できるものは冷やし過ぎてしまうため、おすすめできません。気化冷却タイプのものを購入するようにしてください。

対策7 窓の開閉で空気を循環

春や秋であれば、エアコンを使わなくても空気の入れ替えをすることで、暑さ対策になります。

妊婦さんが暑いと感じたときは窓を開け、新鮮な空気と部屋の空気を交換してみましょう。

風が入ることで室内の温度は効果的に下がり、家事などもしやすくなりますので、おすすめです。

小まめに窓を開けることで息苦しさなども解消されますので、暑くて憂鬱な妊婦さんにはもってこいです。

反対側にあたる窓を同時に開けると、より涼しくなります。暑いと感じたときは、外気を小まめに取り込むよう心がけてみてください。

対策8 暑いと思う時、外が暑い時の外出は避けよう

妊婦さんになっても、家事は休むことはできません。旦那さんのために買い物などに行ったり、検診などのため外出することもあります。

しかし、特に暑い、熱っぽいと感じる時は、外出を涼しい時間帯に設定しましょう。朝や夕方の涼しい時間帯であれば、妊婦さんもそれほど暑く感じることはありません。

また、夕方などであれば、旦那さんも一緒に買い物に行けることも多いので、重い荷物を持つ必要もなくなります。外出する時間帯にも工夫をしてみてください。

妊娠後期も暑さ対策が必要

妊娠初期にホルモンの影響から暑さを感じる妊婦さんですが、おなかの赤ちゃんが大きくなる妊娠後期に暑いと感じる妊婦さんも多くいます。

お腹に赤ちゃんがいるため、体感温度がどうしても高くなります。少し動いただけで暑いと感じたり、汗をかくようになりますので、体温の調節を上手く行うようにしてください。

体温の変化に応じて、上記のような対策を取ることも大切です。特に、夏場が妊娠後期にあたる場合、暑さもひと際妊婦さんを襲うことになりますので、注意が必要といえます。

暑さ対策を活用しながら、上手に自分の体温の変化に対応していくようにしてくださいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊活・妊娠超初期のカテゴリー

妊活妊娠超初期妊娠初期
妊娠へ向けての体づくり不妊の原因不妊治療
アルコールカフェインストレス解消
つわり産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用保険
基礎体温排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別双子
男性の妊活葉酸葉酸サプリ
妊活妊娠超初期
妊娠初期妊娠へ向けての体づくり
不妊の原因不妊治療
アルコールカフェイン
ストレス解消つわり
産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用
保険基礎体温
排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別
双子男性の妊活
葉酸葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる