妊娠検査薬で陰性が出た

妊娠検査薬で陰性が出たのに妊娠していたってことはあるの?



妊娠検査薬で陰性という結果を見て、がっかりしてしまう方も多いのではないでしょうか?

最近の妊娠検査薬は、検査の精密度も高く、間違った結果が出てしまうことも少ないため、「もう妊娠していない」と落胆してしまう方も多いようです。

ですが、実は陰性という結果が出たにもかかわらず、その後生理が来ないので、もう一度検査してみたら、陽性に変わっていたという方や、病院に行ってみたら妊娠していたという方がいます。

そこで今回は、

・妊娠検査薬で一度陰性が出たのに妊娠していることはあるの?
・妊娠検査薬で誤反応が出ることはあるの?

といった方に、妊娠検査薬の仕組みや、陰性が出たのに妊娠している可能性がある場合について詳しくご紹介します。

妊娠検査薬の陽性と陰性って?

妊娠検査薬の陽性と陰性

妊娠検査薬は尿中のhCG値に応じて陽性、陰性を判断するものです。

hCGとは、受精卵が子宮の壁に取り込まれる段階で分泌の始まる、ヒト絨毛(じゅうもう)性ゴナドトロピンというホルモンのことで、すべての妊娠検査薬がこの値に反応して検査ができる仕組みを採用しています。

しかし、受精した段階では、ごく少量のhCGが分泌されるだけなので、検査薬でもその反応を結果として反映することはできません。

市販されている一般的な妊娠検査薬は、このhCG濃度が50mIU/mL以上になった段階で陽性という結果が出るように作られています。

そのため、このhCG濃度がその条件に達していない場合、陰性と判断されることがあります。

妊娠しているのに妊娠検査薬で陰性と出ることはある?

子供を待ち望んでいる方にとって、妊娠しているかどうか調べることのできる妊娠検査薬の結果は重要です。

特に結果が陰性と出た場合は、落胆してしまうことでしょう。

しかし、妊娠検査薬で陰性が出たからといって、絶対に妊娠していないというわけではありません。

この検査結果はあくまでもhCG値が50mIU/mL以上になっていないということであるため、妊娠の可能性が0というわけではありません。

では、どんなケースで陰性が出てしまうケースが多いのでしょうか?

妊娠しているのに陰性と出てしまう一番の原因はフライング検査!

妊娠しているのに、陰性が出てしまうケースは少なくありません。

妊娠検査薬で陰性が出たのに、実は妊娠していたという経験をお持ちの方は、実はたくさんいます。

その一番の原因が人為的ミスです。特に検査する時期が早いと、陰性の誤反応が出てしまうことが多いので、注意してください。

妊娠検査薬で妊娠検査を行う場合、この時期がとても重要です。

なぜなら、hCG値は妊娠4週ごろから急激に増え始めますが、それ以前は分泌量も少ないため検査薬が反応できないからです。

検査に適した日に達していれば、尿に妊娠を示すhCGが尿と一緒に排出されますが、検査できる日に達していない場合、陽性としっかり判断できないため、陰性という結果が出てしまったり、陽性か判断できない薄い検査結果となってしまうことがあります。

まずは、検査条件である日にちを満たすことが大切です。

検査可能な日以降に検査を行いましょう。

また、妊娠検査薬の使い方によっても、陰性が出てしまうことがあります。妊娠検査薬の正しい使い方について次からは見ていくことにしましょう。

妊娠検査薬は正しく使用することが大切

一般的な妊娠検査薬は、尿中にhCG値が50mIU/mL以上になった時に陽性と初めて判断できるため、使用時期と方法に決まりがあります。

その時期、方法をきちんと守らなくては正しい検査結果が望めないのです。その検査方法をまずはおさらいしてみることにしましょう。

次回の生理予定日の1週間後から使用すること

次の生理予定日をしっかり把握できていない場合、検査を行うことができませんので、次の方法で、自分の検査可能な日時を判断しましょう。

前回の生理開始日に生理周期を足し、その1週間後が検査可能な日にちとなります。

そのため、生理不順などで正確な生理周期が分からないという場合や前回の生理開始日を忘れてしまったという場合には、検査可能な日にちを割り出すことができません。

大まかな目安で検査をしてしまっても、もし早すぎる場合、検査は陰性となってしまいますので、正確な結果が出ないというケースもあるのです。

自分の生理周期が分からないという場合

検査可能な日にちを知るために、必要な生理周期ですが、その周期が分からないという方は、生理周期を次の方法で計算しましょう。

前々回の生理開始日から前回の生理開始日を引くだけです。

この方法で生理周期が出ますので、前回の生理開始日に、この生理周期を足し、その1週間後を検査可能日の目安としましょう。

しかし、生理周期がバラバラな場合は、目安となる日が決定しにくくなります。

前回の生理開始日や生理周期が分からない場合

前回の生理開始日や生理周期が分からない場合は、次のような方法で検査開始日の判断をしてみるといいでしょう。

妊娠した可能性のある性交日に3週間を足した次の日を検査できる日と覚えておきましょう。

方法、手順を守って検査を行うこと

1.検査直前に、検査キッドを開封する。
2.検査スティックのキャップを取る。
3.尿吸収体全体に尿を数秒間かけるか、または紙コップに尿を取り、数秒間尿吸収体全体を浸す。(妊娠検査薬などによって、尿をかける時間、尿に浸す時間が異なりますので注意が必要です。決められた時間以上尿をかけたり、尿に浸したりすると検査結果に影響することがありますので、尿をかける時間をしっかり守りましょう。)
4.尿吸収体を下に向けた状態で、キャップをし、水平な場所において1分間放置する。
5.1分経過したら検査終了のサインが表示されるので、判定窓を覗き、判定結果を判断する。
(妊娠検査薬により検査終了、陽性反応の判断サインは異なります。説明書を読んだ上で、その妊娠検査薬の判断基準に従い、妊娠しているか判定しましょう。)

こうした検査方法を守ることがまず大切です。

「妊娠していたのに、陰性結果が出てしまう」などの誤判定にならないためにも検査できる日にち、検査方法、手順を守ることが大切です。

妊娠検査薬を使用する前には、必ず付属の説明書を参照しましょう。

尿をかける量が足りなかった

尿をかける量が不十分な場合、陰性と出てしまうことがあります。

尿の量が足りないと、検査薬が反応できるhCG量を満たすことができないことがあり、それが原因となって陰性が出てしまうのです。

尿量が十分出る時を見計らって検査を行いましょう。

正しく検査を行って陰性だったら妊娠はしていない?

妊娠はしていない

では、妊娠検査を行う日にち、方法、手順を守っていたにもかかわらず、陰性判定が出てしまった場合、妊娠している可能性はゼロなのでしょうか?

最近の妊娠検査薬は99.9%の判断ができるということもあり、結果が間違っているということはありません。

しかし、この結果はあくまでも尿の中に含まれているhCG値が50mlU/mlに達していないという検査結果で、妊娠していないということではないのです。

つまり正しく妊娠しているかどうか判断するためには、陽性が出た場合でも陰性しか出ない場合でも、病院での検査が必要になってきます。

病院では、妊娠している、していないだけでなく、正常に妊娠しているかどうかまで判断することができますので、まさしく理想的な検査です。

非常に珍しいケースではありますが、子宮外妊娠や胞状奇胎など正常でない妊娠のケースもありますので、妊娠の状態などもしっかり見てもらうことができます。

妊娠している、していないの最終判断は病院で行ってもらいましょう。

病院で使っている妊娠検査薬

病院で使っている妊娠検査薬と自宅でできる妊娠検査薬は違うと思っている方も多いですが、実はその仕組みは同じです。

診察の前に尿を取るようにいわれますが、この尿に含まれるhCG値に反応する検査薬を使って判定を行います。ただし、その感度が異なります

病院で使用している妊娠検査薬は、生理予定日頃から使えるタイプのものを使用しているのが一般的です。

なぜなら生理が来ないと分かったその日に病院を訪れる方がいるからです。

もちろん、それより時期が早い場合には「1週間後に来てください。」などと言われることもありますが、hCG値が市販のものよりも低い値で検査できる検査薬を使っています。

この検査薬で陰性と出た場合でも、病院はそれで妊娠していないと判断することはありません。

他にも内診や経膣のエコー(超音波検査)を活用して総合的に判断していきますので、より正確に妊娠を判断できるのです。

妊娠検査薬で陰性が出たらどうすればいい?

正しく検査を行ったにもかかわらず陰性が出てしまった場合、そのまま病院に行って妊娠していないかどうか判断してもらうのが、一番確実な方法といえますが、やはり妊娠もしていないのに、病院に行くのは気が引けるという方も多いはず。

ですが、妊娠していないのに生理が遅れるのであれば、それなりの理由があるはずです。もし妊娠でなければ、今後の妊活のためにも受診しましょう。

陰性が出てしまっても生理が始まらないというのであれば、日にちをずらして、今一度妊娠検査薬を使ってみましょう。

こんな症状があったら再検査してみよう

妊娠していると体調にも変化があらわれてきます。

妊娠検査薬でたとえ陰性であっても、次のような症状があるという方は、やはり妊娠している可能性が高いといえます。

再検査が必要かどうかの判断基準としてみてください。

1.吐き気

妊娠するとつわりの症状が出ることがありますが、早い方は生理予定日の前からつわりのような症状を覚える方がいます。

吐き気や、においに敏感になるなど、つわりと似たような症状がある場合には再検査を行ってみましょう。

2.高温期が続いている

基礎体温を付け、排卵日の目安としている方も多くいます。

妊娠すると生理が来る時に見られる低温期がやってくることはありません。長く高温期が続くことになります。

妊娠していない時の基礎体温とは大きく異なりますので、基礎体温にいつもと違う高温期が見られるようであれば、再検査をしてみましょう。

3.熱っぽい

基礎体温でも高温期が続くこともあり、体が火照っているように感じる方や実際に微熱を覚える方もいます。

微熱や火照りを感じる場合には再検査をしてみましょう。

4.食べ物の好みが変わる

妊娠するとつわりで食べられなくなる方もいますが、食べ物の好みが変わる方もいます。

すっぱいものや甘いものが頻繁に食べたくなるという時も妊娠が疑われますので、再検査をしてみましょう。

5.超妊娠初期の症状

妊娠している場合、はじめの生理予定日頃を超妊娠初期とも呼んでいますが、上で挙げた症状の他に眠気や下半身への痛み、おりものの変化、胸の張りなど感じる方も少なくありません。

このような超初期症状があった場合にも再検査をしてみるといいでしょう。

再チャレンジするなら最低3日は待って!

生理が遅れている場合、せっかく妊娠検査をしても陰性ということがあります。

生理は、ストレスなどの影響を受けやすいこともあり、予定日がたまたま遅れてしまうことも少なくありません。

そんな時は自分では気が付いていなくても、フライング検査になってしまっていることもありますので、もう一度日を改めて検査をしてみるといいでしょう。

その日のうちにもう一度と思う方もいますが、より正確に妊娠検査を行うためにも、最低3日は間をおいてトライしてみましょう。

待てるようであれば5日、10日経ってからの方が確実ですが、どうしても早くもう一度検査したいという場合には3日待ってから検査しましょう。

尿の濃度の高い朝検査してみよう

朝起きてすぐは寝ている間中の尿が一度に放出されるため、もっとも濃度の濃い尿が出ます。

そのため検査するのに適している尿といえます。

陰性の結果にかっがりしてしまうのではなく、今度は朝一番の尿を使って再検査してみましょう。

陽性かどうかわからないサインが薄い場合も再検査を!

陰性か陽性かわからないような、薄い検査結果が出てしまうことも少なくありませんよ。

そんな時も、日を改めて再検査するのが一番といえます。

妊娠している場合、日にちを置けばよりhCG値も上がってきますので、確実に反応が出るようになります。

一目で分かるような検査結果となりますので、安心して妊娠を確認することができます。ぜひ再度検査をしてみてくださいね。

監修:Etuko(産婦人科歴12年)

プロフィール:産婦人科医は「女性の一生の主治医である」と考える医師のもと看護師として12年勤務。述べ18万人の妊婦さんのサポートにあたる。筋肉、骨フェチで体幹バランス運動にて機能訓練をおこなっています。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊活・妊娠超初期のカテゴリー

妊活妊娠超初期妊娠初期
妊娠へ向けての体づくり不妊の原因不妊治療
アルコールカフェインストレス解消
つわり産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用保険
基礎体温排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別双子
男性の妊活葉酸葉酸サプリ
妊活妊娠超初期
妊娠初期妊娠へ向けての体づくり
不妊の原因不妊治療
アルコールカフェイン
ストレス解消つわり
産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用
保険基礎体温
排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別
双子男性の妊活
葉酸葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる