妊娠中期の喘息発作

妊娠中期の喘息発作!赤ちゃんへの影響は?どんな治療をするの?



喘息をお持ちのママは、妊娠中に喘息発作が起きてしまうと、とても心配するものです。

お腹の赤ちゃんに悪影響が出てしまうのではないかと不安になってしまうことでしょう。

そこで今回は、

・喘息の治療薬は赤ちゃんに影響がある?
・妊娠中に喘息発作が出てしまったらどうすればいい?

といった方に、妊娠中に喘息発作が出てしまった時の治療法や、赤ちゃんへの影響について詳しくご説明します。

妊娠中期のママの心配

妊娠中期のママの心配

妊娠中に喘息の発作が出てしまうと、自分自身も喘息の発作で辛くなりますが、お薬を使うことで赤ちゃんに悪影響が出てしまうのではないか、障がいが残ってしまうのではないか、といった心配があります。

そして、たくさんの咳が出てしまうことによってお腹に力が入るので、お腹が張って流産や早産を引き起こしやすくなるのではないか、といった心配もあります。

ですが、妊娠中に喘息発作が起きた時にはしっかりとした対処法があります。過度な心配をせず対処法について知っておきましょう。

喘息発作の治療方法は?

喘息発作には主に以下の治療法が用いられることになります。

ステロイド剤

ステロイド剤による喘息発作の治療はもっとも効果が高く、ステロイド剤を服用することによって気管の慢性的な炎症を抑えて、喘息発作の予防を行うのが一般的です。

多くはストロイドの吸入薬が使用されますが、重度の喘息発作が生じたときなどは内服薬や点滴薬が使用されることもあります。

気管支拡張薬

狭くなった気管支を拡げて咳を鎮める作用のある薬です。
ステロイド剤と同じく、発作を予防する目的で毎日使用する場合もあれば、発作が起きた時にのみ使用することもあります。

内服薬、吸入薬、貼付薬など様々な剤型があり、吸入薬はステロイド剤と合剤になっているものが多く、一度の吸入でステロイド剤も気管支拡張薬も投与できるようになっています。

一方、貼付薬は背中や肩、二の腕などの一部分に小さなテープを貼ることによって薬の成分が吸収される効果があるものです。

一日を通して効果が得られるのがメリットと言えます。

喘息発作は無理に我慢をする方が危険

我慢をする方が危険

喘息発作が出てしまった場合には、治療をしなければ呼吸困難が引き起こされ、最悪の場合死に至ることもあります。

適切な治療を行うことで、まずは喘息発作を改善していかなければなりません。

赤ちゃんへの酸素が少なくなる

ママが喘息発作によって苦しい思いをしていると、ママの体内の酸素の量が減少し、結果として赤ちゃんに送られる酸素量が少なくなってしまいます。

このように酸素の量が少なくなることで、赤ちゃんも酸素不足の状態となり先天的な障害が残ってしまうリスクが高くなります。

お腹に力が入り強く張る、痛む

たくさんの咳が出てしまうことによって、お腹には力が入ります。
このようにお腹に力を入れることが多くなってしまうと、お腹が強く張ってしまうことも少なくありません。

知らず知らずのうちに咳をするたびにお腹への力が加わっていますので、こういった影響から子宮にも強い張りを引き起こしてしまうことがあるのです。

高血圧

喘息発作が出てしまうと、一時的に高血圧の症状になってしまうこともあります。

このような部分を考えると、妊娠中の喘息発作は無理をして耐えるのではなく、しっかりと早期に治療していくことが重要になります。

妊娠中のママはどんな治療をするの?

妊娠中に喘息発作を起こしてしまった場合、ママはどのような治療をするのでしょうか?

ステロイド剤はできるだけ避けたいというママがほとんどですが、ドクターも基本的にはステロイド剤などを使用せず治療することを考えていきます。

ステロイド剤や気管支拡張薬

妊娠中に喘息発作が出てしまった場合は、妊娠前と同様にステロイド剤や気管支拡張薬などを使用することによって治療が行われます。

ステロイド剤や気管支拡張薬は通常量を用いれば赤ちゃんへの影響はほとんどないと考えられていますので、喘息発作を放置することによるママや赤ちゃんへの影響を考えれば適切に薬を使用する方がはるかに安全なのです。

ひどい発作の場合には入院もある

基本的には通院で治療を行いますが、あまりにもひどい喘息発作が起きてしまった場合は、酸素量が継続して不足してしまったり、食事などを食べることができず、ママの体内はもちろん、赤ちゃんに栄養素が送られなくなることが考えられます。

そのため、極端にひどい症状があらわれている場合には、入院しながら治療を行うケースもあります。

入院して点滴治療によって喘息発作の症状を改善するとともに、点滴などを用いてママの体にしっかりと栄養素を送るといった処置がとられることもあるのです。

喘息発作をひどくしないためにも、早い段階で治療をすることが大切です。

喘息発作を防ぐ努力が必要

喘息発作を防ぐ

妊娠中であっても喘息発作が出てしまった場合、ママと赤ちゃんへのリスクを考えながら安心できる治療を行っていくことになります。

しかし、できるだけこのように治療をする必要がない生活を送っていくのが一番です。

そのためには、どのような努力をすればよいのでしょうか?喘息発作から遠ざかる生活をしていくためのポイントをお話していきましょう。

こまめな掃除をする

さまざまなアレルゲンによって喘息発作が引き起こされてしまうため、ハウスダスト、さらにはカビなどを除去するために、こまめなお掃除をしていきましょう。

特に梅雨時などはカビが発生しやすくなりますので、こまめに空気の入れ替えを行い、カビやハウスダストが好む環境を作らないことが重要になります。

風邪などに注意する

風邪などを引いてしまうと、、気管の粘膜が炎症を引き起こして喘息発作がでてしまうことも多くなります。

そのため、風邪やウイルスにかかることがない体作りをしていかなくてはなりません。足元を冷やしたり、肩を冷やしてしまうことを避けてください。

また、可能な限り罹患を防ぐためにも、普段からマスクをすることをおすすめします。

ただし、喘息発作が出ている時にマスクをするとさらに苦しくなりますので、あくまでも喘息発作が出ておらず、風邪などを予防したい時にマスクを着用してください。

季節によってはインフルエンザが蔓延することもあり、こういった部分でも予防していくことがもっとも重要になります。

免疫力アップに取り組む

風邪などを予防して喘息発作を防ぐためには、免疫力をアップさせるのも重要です。

妊娠中は免疫力が低下しがちになりますが、それを助長するようなストレスや疲れなどを溜めずに規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

妊娠中期の喘息発作で早産になることはない?

上でも少し触れていますが、妊娠中にひどい喘息発作が続いてしまうと、お腹にたくさんの力が入りすぎてしまうため、早産になってしまうのではないかと心配するママがいます。

喘息発作によってお腹の張りなどが生じてしまうことはありますが、そのまま赤ちゃんが出てきてしまうことはないので、安心しましょう。

また喘息発作によって軽い尿漏れを起こしてしまうこともあります。これに関しては継続してお腹に強い力が加わることにより、大きくなった子宮で圧迫されている膀胱がさらに圧迫されて、少量の尿漏れを起こしてしまうのです。

妊娠中のママは、こういった場面でも破水したのではないかと心配になってしまいます。

しかし破水する場合は、尿漏れと同じような感覚ではなく、尿漏れに比べると大量の温かいお水が流れてくることになりますので、尿漏れと破水を間違えてパニックになってしまうことは避けましょう。

妊娠中の喘息発作によって破水してしまうケースは本当に稀ですので、過度な心配をせず、まずは喘息発作の治療をすることを優先しましょう。

赤ちゃんに喘息が遺伝する?

ママが妊娠中に喘息発作を起こしてしまうと、こういったアレルギー体質などが赤ちゃんにも遺伝してしまうのではないかといった懸念も一層強くなってしまうかもしれません。

しかし、喘息自体が赤ちゃんに遺伝することはありません

ですから妊娠中期にママが妊娠発作を起こしたからといって、必ずしも赤ちゃんが喘息になるとは限りません。

アレルギーを起こしやすい体質的な部分が遺伝することはありますが、生まれてからの生活によって変わってくるものもありますので、過度な心配はしないようにしましょう。

少なくとも、妊娠中にママか喘息発作を起こしてしまうことで、赤ちゃんに喘息が遺伝することは考えられません。

ドクターの指示を受けてきちんと治療をしましょう

きちんと治療を

妊娠中期に入り喘息発作が出てしまった場合は、どのような治療をするのが良いかドクターと相談しましょう。

近年では安全性が示されたステロイド剤もあります。
しっかりとドクターの指示に従っていれば、赤ちゃんへのリスクやママへのリスクなども避けて喘息発作を抑えることができます。

少しでも喘息発作で苦しい時間を短縮し、たくさんの酸素を赤ちゃんに送ってあげることを優先に考えていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠のカテゴリー

妊娠報告・出産報告葉酸サプリ妊娠中のスキンケア
妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線妊娠中に便利なサービス・アプリ
妊娠中の仕事妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理妊娠中の栄養・食事
妊婦健診産休・育休産院選び
保険胎動
妊娠報告・出産報告葉酸サプリ
妊娠中のスキンケア妊娠中のファッション
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線
妊娠中に便利なサービス・アプリ妊娠中の仕事
妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理
妊娠中の栄養・食事妊婦健診
産休・育休産院選び
保険胎動
目次
をみる
関連記事
をみる