妊娠中期の喘息発作

妊娠中期の喘息発作!赤ちゃんへの影響は?どんな治療をするの?



喘息をお持ちのママは、妊娠中期に入り、お腹が大きくなってきて喘息発作が起きてしまうと、とても心配するものです。

お腹の赤ちゃんに悪影響が出てしまうのではないかと不安になってしまうことでしょう。

そこで今回は、

・喘息の治療薬は赤ちゃんに影響がある?
・妊娠中期に喘息発作が出てしまったらどうすればいい?

といった方に、妊娠中期に喘息発作が出てしまった時の治療法や、赤ちゃんへの影響について詳しくご説明します。

妊娠中期のママの心配

妊娠中期のママの心配

妊娠中期に喘息の発作が出てしまうと、自分自身も喘息の発作で辛くなりますが、お薬を使うことで赤ちゃんに悪影響が出てしまうのではないか、障がいが残ってしまうのではないか、といった心配があります。

そして、たくさんの咳が出てしまうことによってお腹に力が入るので、赤ちゃんが出てきてしまうのではないか、といった心配もあります。

ですが、妊娠中期の喘息発作が起きた時にはしっかりとした対処法があります。過度な心配をせず対処法について知っておきましょう。

喘息発作の治療方法は?

喘息発作には主に以下の治療法が用いられることになります。

ステロイド剤

ステロイド剤による喘息発作の治療はもっとも効果が高く、ステロイド剤を服用することによって症状を抑えていくという治療方法になります。

吸引療法薬

吸引療法は、パウダー状になったお薬、または酸素の中に効果的な薬剤を混ぜたものなどを吸い込む方法になります。

また、お薬ではなく、酸素を吸入するといった方法で対処または治療をすることもあります。

あまりにも咳き込んでいて、体内の酸素量が減っている時には、まず酸素を吸入しなければなりません。

拡張テープ

拡張テープは気管支をしっかりと拡張させるために用いることがあります。

背中や肩、二の腕などの一部分に小さなテープを貼ることによって気管支が拡張され、咳が治まり呼吸がしやすくなります。

喘息発作は無理に我慢をする方が危険

我慢をする方が危険

喘息発作が出てしまった場合には、治療をしなければ症状が治まるまでの時間も長くなります。

適切な治療を行うことで、まずは喘息発作を改善していかなければなりません。

いつまでも喘息発作が続いた状態は、さまざまな危険が及ぶことになります。

妊娠中期はお腹も大きくなり、赤ちゃんもぐんぐん育つタイミングですので、ここで無理をしてしまう方が危険なのです。

赤ちゃんへの酸素が少なくなる

ママが喘息発作によって苦しい思いをしていると、赤ちゃんに送られる酸素量が少なくなってしまいます。

喘息発作が長く続くと、ママの体内からは酸素の量が少なくなってしまいますので、赤ちゃんへ送られる酸素もどんどん少なくなるのです。

このように酸素の量が少なくなることで、赤ちゃんの低体重や、その他にも先天的な障害が残ってしまうリスクが高くなります。

お腹に力が入り強く張る、痛む

たくさんの咳が出てしまうことによって、お腹にはどうしても力が入ります。

このようにお腹に力を入れることが多くなってしまうと、ママはお腹が強く張ってしまったり、張りすぎて痛みを感じてしまうこともあります。

知らず知らずのうちに咳をするたびにお腹への力が加わっていますので、こういった影響から子宮にも振動が届いてしまい、強い張りを引き起こしてしまうことがあるのです。

体力を消耗し感染症にかかる

咳は、非常に多くのカロリーを使用することがわかっています。

喘息発作になってしまい次から次に咳が出ていれば、当然ですがたくさんの体力を使ってしまいます

そのため、体力を消耗してしまい、ママが免疫力低下による感染症を引き起こしてしまったり、疲労によって気分が悪くなってしまうことも考えられます。

高血圧や分泌異常

喘息発作が出てしまうと、赤ちゃんばかりではなく、ママの酸素の量が少なくなり、さらには体力をどんどん消耗してしまうことから、一時的に高血圧の症状になってしまうこともあります。

また、その他にも分泌異常などを引き起こしてしまい、赤ちゃんにしっかりと栄養素を送ることができなくなるケースもあるのです。

このような部分を考えると、妊娠中期の喘息発作は無理をして耐えるのではなく、しっかりと早期に治療していくことが重要になります。

妊娠中期のママはどんな治療をするの?

妊娠中期に喘息発作を起こしてしまった場合、ママはどのような治療をするのでしょうか?

ステロイド剤はできるだけ避けたいというママがほとんどですが、ドクターも基本的にはステロイド剤などを使用せず治療することを考えていきます。

吸引療法薬が大半

妊娠中期に喘息発作が出てしまった場合は、吸引による治療をするケースがほとんどです。

拡張テープなどについても、場合によってはデメリットとなってしまうことがあり、特に妊娠中のママが赤ちゃんへの影響なども考えながら使用することは少ないといえます。

その一方で、酸素を吸引することや、気管を拡張するための薬を吸引し、可能な限り喘息発作を抑えていくといった方法になります。

ひどい発作の場合には入院もある

基本的には吸引療法になっているのですが、あまりにもひどい喘息発作が起きてしまった場合は、酸素量が継続して不足してしまったり、食事などを食べることができず、ママの体内はもちろん、赤ちゃんに栄養素が送られなくなることが考えられます。

そのため、極端にひどい症状があらわれている場合には、入院しながら治療を行うケースもあります。

入院して吸引療法による症状の緩和とともに、点滴などを用いてママの体にしっかりと栄養素を送るといった処置がとられることもあるのです。

喘息発作をひどくしないためにも、早い段階で治療をすることが大切です。

喘息発作を防ぐ努力が必要

喘息発作を防ぐ

妊娠中期であっても喘息発作が出てしまった場合、ママと赤ちゃんへのリスクを考えながら安心できる治療を行っていくことになります。

しかし、できるだけこのように治療をする必要がない生活を送っていくのが一番です。

そのためには、どのような努力をすればよいのでしょうか?喘息発作から遠ざかる生活をしていくためのポイントをお話していきましょう。

こまめな掃除をする

さまざまなアレルゲンによって喘息発作が引き起こされてしまうため、ハウスダスト、さらにはカビなどを除去するために、こまめなお掃除をしていきましょう。

特に梅雨時などはカビが発生しやすくなりますので、こまめに空気の入れ替えを行い、カビやハウスダストが好む環境を作らないことが重要になります。

お天気の悪い日の外出を避ける

お天気の悪い日に外出してしまうと、気候の影響などによって喘息発作が起きてしまうことがあります。

これは雨や曇りのお天気は低気圧となり、この低気圧によって喉の粘膜が敏感になることや、気管支が狭くなってしまうことが原因です。

ですので、お天気の悪い日はできるだけ外出を避けましょう

また、朝のうちはお天気が良くても、午後はお天気が崩れるといった予報であれば、午後からの外出なども控えた方が良いです。

室内でのお出かけなら安心だと思ってしまうママもいますが、車に乗り込む際や、室内でさえ低気圧による影響を受けてしまうため、どうしても外せない用事がない限り、お天気の悪い日は外出を控えるようにしましょう。

風邪などに注意する

風邪などを引いてしまうと、喘息発作がでてしまうことも多くなります。

そのため、風邪やウイルスにかかることがない体作りをしていかなくてはなりません。足元を冷やしたり、肩を冷やしてしまうことを避けてください。

また、可能な限り罹患を防ぐためにも、普段からマスクをすることをおすすめします。

ただし、喘息発作が出ている時にマスクをするとさらに苦しくなりますので、あくまでも喘息発作が出ておらず、風邪などを予防したい時にマスクを着用してください。

季節によってはインフルエンザが蔓延することもあり、こういった部分でも予防していくことがもっとも重要になります。

免疫力アップに取り組む

喘息発作を防ぐためには、免疫力をアップさせるのが良い方法となります。

さまざまなアレルゲンに対する、体の敏感な反応などを抑えるためです。

免疫力は人体の腸内で作られているといわれていますが、これは善玉菌を増やして腸内環境を整えてあげることで成り立つものです。

そのため、免疫力アップに良いとされている乳酸菌が含まれているヨーグルトなどを摂取しましょう。

発酵食品や新鮮なお野菜などにも、免疫力アップに欠かせない酵素がたくさん含まれています。

近年ではサプリメントなどもたくさんありますが、あくまでも補助として上手に利用しましょう。食品から免疫力アップにつながるものを摂り入れていくのが1番です。

ただし、果物に関しては食べ過ぎてしまうと糖分が多いので、気をつけなければなりません。

お野菜に関しても、根菜類などをたくさん食べてしまうと体内では糖質に変わってしまいますので、血糖値が上がる可能性があります。

ビタミンB類や亜鉛、葉酸などを含む食べ物を積極的に取り入れましょう。

妊娠中期の喘息発作で赤ちゃんが出てくることはない?

上でも少し触れていますが、妊娠中期にひどい喘息発作が続いてしまうと、お腹にたくさんの力が入りすぎてしまうため、赤ちゃんが出てきてしまうのではないかと心配するママがいます。

喘息発作によってお腹の張りなどが生じてしまうことはありますが、そのまま赤ちゃんが出てきてしまうことはないので、安心しましょう。

また喘息発作によって軽い尿漏れを起こしてしまうこともあります。これに関しては継続してお腹に強い力が加わることにより、妊娠中期で圧迫されている膀胱が無意識のうちに筋力を緩め、少量の尿漏れを起こしてしまうのです。

妊娠中期のママは、こういった場面でも破水したのではないかと心配になってしまいます。

しかし破水する場合は、尿漏れと同じような感覚ではなく、尿漏れに比べると大量の温かいお水が流れてくることになりますので、尿漏れと破水を間違えてパニックになってしまうことは避けましょう。

妊娠中期の喘息発作によって破水してしまうケースは本当に稀ですので、過度な心配をせず、まずは喘息発作の治療をすることを優先しましょう。

赤ちゃんに喘息が遺伝する?

ママが妊娠中期に喘息発作を起こしてしまうと、こういったアレルギー体質などが赤ちゃんにも遺伝してしまうのではないかといった懸念も一層強くなってしまうかもしれません。

しかし、喘息自体が赤ちゃんに遺伝することはありません

ですから妊娠中期にママが妊娠発作を起こしたからといって、必ずしも赤ちゃんが喘息になるとは限りません。

アレルギーを起こしやすい体質的な部分が遺伝することはありますが、生まれてからの生活によって変わってくるものもありますので、過度な心配はしないようにしましょう。

少なくとも、妊娠中期にママか喘息発作を起こしてしまうことで、赤ちゃんに喘息が遺伝することは考えられません。

ドクターの指示を受けてきちんと治療をしましょう

きちんと治療を

妊娠中期に入り喘息発作が出てしまった場合は、どのような治療をするのが良いかドクターと相談しましょう。

近年ではステロイド剤を用いることもなく、安全性の高い方法で治療を行うことができます。

しっかりとドクターの指示に従っていれば、赤ちゃんへのリスクやママへのリスクなども避けて喘息発作を抑えることができます。

少しでも喘息発作で苦しい時間を短縮し、たくさんの酸素を赤ちゃんに送ってあげることを優先に考えていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる