妊娠中期にへそ周りが痛い原因とは?痛みの見分け方と対処法

妊娠中期にへそ周りが痛い原因とは?痛みの見分け方と対処法




妊娠生活の中でも、体調が安定する妊娠中期はママの束の間の休憩時間です。妊娠初期に悩まされていた症状も落ち着く傾向にあるので、この時期を利用して、美容室に行ったり、外出や旅行を計画するママもいるのではないでしょうか?

しかし、体調が安定する傾向にあるだけで、実際には妊娠中期でも腰痛などのトラブルに悩まされることは珍しくありません。特に、妊娠中期に入るとおへそ周りに痛みを感じるママも多くいます。

そこで今回は、

・妊娠中期にへそ周りが痛いのはなぜ?
・妊娠中期のさまざまな痛みの原因は?
・妊娠中期のへそ周りの痛みの対処法が知りたい!

といった方に、妊娠中期におへそ周りに痛みを感じてしまう原因や対処法について詳しくご説明します。

妊娠中期はどんな痛みを感じるの?

妊娠中期はどんな痛みを感じるの

妊娠中のママは体調が比較的落ち着いている妊娠中でも、お腹の張り、腹痛、腰痛などさまざまな痛みを感じます。

身体のあちこちに痛みを生じやすいので、へそ周りの痛みかどうかわからないというママもいます。

先輩ママの体験談などを参考にしてみると、具体的にはズキズキだったり、チクチクとした痛みをへそ周りに感じるママが多いです。

また、へその中から引っ張られているような、引きつるような痛みを感じるママもいます。こんな痛みを感じたら、へそ周りが痛みを発している可能性があります。

妊娠中に痛みを感じる原因は?

妊娠中に痛みを感じる原因は

妊娠中に痛みを感じるのは不安なものです。特に、妊娠中期という胎児の状態も安定した、安定期に痛みを感じると余計に心配になってきます。

何故、妊娠中期にへそ周りに痛みを感じるのでしょうか。考えられる原因としては以下の通りになります。

自分だけと思ってしまいがちですが、妊娠中期にへそ周りの痛みに悩まされる妊婦さんは珍しくありません。原因を知って、へそ周りの痛みの対処に役立てていきましょう。

子宮の位置が変化したため

お腹の張りなど、お腹周りに感じる痛みは赤ちゃんが成長するごとに子宮が大きくなっていくことで、痛みを感じる位置に変化が見られます。

つまり、妊娠初期に下腹部あたりに感じていた痛みが、子宮の大きさに伴って徐々にへそ周りに痛みを感じるようになるのです。

そのため、妊娠初期からお腹の張りに悩まされているようであれば、この子宮の膨らみによる影響が考えられます。この場合、子宮がある程度の大きさになると痛みが治まることもあります。

便秘の可能性

妊娠中期を含め、妊娠中は女性ホルモンのバランスが崩れやすいです。女性ホルモンのバランスが崩れると身体的にも精神的にも、さまざまな不調を招きます。

便秘もその1つです。また、先にも触れたように妊娠中期に入ると子宮にいる赤ちゃんの成長に伴い、子宮も大きくなっていきます。

そのため、周囲にある胃や腸などが圧迫されやすく、それも便秘になりやすい原因に挙げられています。

便秘になると気持ち悪さを感じる人は多いと思いますが、妊娠中は腹痛やへそ周りの痛みを感じる原因にもなるようです。

妊娠中に起こりやすい便秘は、オリゴ糖が有効です、妊婦さんの便秘や下痢にオリゴ糖が良い理由とおすすめのオリゴ糖の記事を参考にしてみましょう。

靭帯の影響

妊娠中期にへそ周りに痛みを感じる主な原因に挙げられるのが、靭帯の影響です。靭帯とは、骨盤の中にある子宮を固定して支えるものです。

子宮が大きくなるごとに、靭帯も柔らかく伸ばされて行き、引っ張られていくことになるのですが、妊娠中期に入ると子宮にいる赤ちゃんの成長も進んでいくために、子宮も初期とは比べものにならない位に急激に大きくなっていきます。

こうなってくると、靭帯も大きくなった子宮を支えようとして引き伸ばされていくことになりますから、その急激な伸びによる影響でママはお腹の張り、へそ周りに痛みを感じやすくなります。

ウイルスや病気の場合も

妊娠中は、赤ちゃんを異物と認識して抗体が攻撃をしないように、身体は免疫力を低下させています

つまり、体調が安定している妊娠中期でも、予防やきちんと対策をとっておかないと細菌やウイルスに感染してしまいやすいのです。

そのため、へそ周りに痛みを感じるだけでなく、おりものに黄色や黄緑色と色がついていたり、悪臭がする、吐き気や発熱、下痢が酷いなどの症状も伴う場合には感染症や腸炎、胆石症など、他の病気が原因になっている可能性も否定できませんので注意するようにしましょう。

ストレス

つわりなど妊娠初期症状も治まり、体調が落ち着いてくるため、他の時期に比べてストレスを感じにくい妊娠中期ではありますが、やはり妊娠前とは勝手が違います。

妊娠中期は赤ちゃんの成長により子宮がどんどん大きくなり、お腹も目立ち始めてくる時期なので、当たり前にできていたことができなくなってくる時期でもあるからです。

そのため、一般の人に比べて妊娠中期でもママはストレスを感じやすいといえます。ストレスを感じると子宮収縮の原因になります。

妊娠中期は子宮の関係でへそ周りに痛みを感じやすいので、子宮収縮による痛みをへそ周りに感じている可能性もあるのです。

姿勢の悪さ

へそ周りの痛みは、普段何気なくとっている姿勢が原因になっている場合もあります。

パソコンなどデスクワークを行っている時や携帯電話をいじっている時、洗濯や炊事などの家事をしている時、人は前かがみになってしまいがちです。

特に妊娠中期はお腹も大きくなっているので、長時間、前かがみの姿勢を続けているとお腹が圧迫されてしまい、痛みを引き起こしてしまいます。

また、妊娠中期は少ないですが寝ている時にうつ伏せの姿勢が長引いてしまうのも、お腹が圧迫されてしまい、へそ周りの痛みに繋がってしまうようです。

お腹が大きくなったら、抱き枕で安眠!お腹が大きくなった妊婦さんの抱き枕の選び方の記事を参考に抱き枕を購入するのもいい方法です。

へそ周りが痛い時赤ちゃんは大丈夫?

へそ周りが痛い時赤ちゃんは大丈夫

基本的には、へそ周りに痛みを感じても妊娠中期の場合には靭帯の影響や便秘が考えられるので、赤ちゃんに直接的な影響はありません。しかし、だからといって安心はできません。

原因からもわかるように、ウイルス性の病気などが潜んでいる可能性も否定できないからです。

また、へそ周りの痛みを含め、妊娠中期に危険とされる腹痛の中には胎盤剥離や切迫早産もあります。上記に挙げた原因に当てはまらない場合、痛みが続くようであれば自己判断せずに担当の医師に相談することが大切です。

妊娠中期の痛みの見分け方

妊娠中期の痛みの見分け方

へそ周りの痛みの原因に関しては、主に靭帯の影響などが考えられますが、不安に思うようであれば、病院を受診するのが一番です。

しかし、通っている病院が遠い場合、何か心配なことがある度に病院へ行くのはキツいというママもいます。病院へ行く目安となる痛みの見分け方があれば知っておきたいところです。

一般的に病院を受診する判断基準となる痛みの見分け方は以下の通り。あくまで目安ですので、この目安に当てはまらなかったからといって何も心配がないとは言い切れませんので、病院へ行く判断をする際の参考程度に考えて下さい。

心配のないとされる痛み

主に切迫早産や流産と関係ない場合が多い痛みの感じ方として、へその周りに感じる痛みが不規則で持続しなかったり、しばらくすると痛みが治まる場合は病院へ行く心配はひとまずないといわれています。

また、妊娠中はへそ周りの痛みの他にも腹痛や下腹部痛など、さまざまな痛みに悩まされるのですが、へそ周りの痛みだけであれば痛む場所が限定されていることから、心配はないとされています。

ただし、お腹が張っている感じがわからないというママもいるように、ママ本人に自覚がないことも十分に考えられますので、不安な場合には電話でも構いませんので病院に相談することが大切です。

病院へ行った方が良い痛み

基本的には心配ないとされる痛みと反対の特徴になるのですが、痛みが不規則ではなく15分間隔など、規則的に痛みを感じる場合や、その痛みが長時間持続して収まる気配がない場合には病院を受診しましょう

もっとわかりやすい目安としては、痛みと共に出血が見られたり、妊娠中期になると感じ始める胎動が全く感じられなくなってしまう場合にも受診を考えた方が良いです。

また、切迫早産に繋がる痛みの特徴でもありますので、動けなくなる程の激痛やへそ周りだけでなくその痛みがお腹全体に広がるような場合でも、受診をしましょう。

妊娠中期のへそ周りの痛みに対処法はあるの?

妊娠中期のへそ周りの痛みに対処法はあるの

先輩ママの体験談でも、へそ周りの痛みは自然に治まっている場合が多いです。しかし、赤ちゃんへの影響や切迫早産などの心配があまりないとはいえ、ママ本人としては気になるもの。

へそ周りの痛みの対処法に関しては以下の通りになります。基本的には、我慢できないほどの痛みではないといわれていますが、妊娠中はさまざまな症状が身体にあらわれます。

ストレスに繋がってしまう可能性も考えて、対処法で痛みを解消していきましょう。

食事と水分に気を付ける

へそ周りの痛みに、便秘が原因の1つに挙げられているのは先にも触れた通りです。そのため、便秘を予防するのも妊娠中期のへそ周りの痛みの対処法になります。

便秘を予防する方法としては、やはり食事の栄養バランスに気を付けること、水分を多めに摂取すること、そしてオリゴ糖を摂るなどが挙げられます。

また、妊娠中期は赤ちゃんの成長に伴い、子宮も大きくなっていくことから胃や腸が圧迫されて便秘になりやすいので、食べ方の工夫をするのも便秘の予防法の1つといえます。

1回の食事の量を少なめにして食べる回数を増やしたり、便秘に良い食材を優先して食べるようにしましょう。

安静にする、身体を温かくする

靭帯の影響が原因にある場合には、安静が一番の対処法とされています。とにかく、へそ周りに痛みを感じた時は身近に座れる場所があれば、座って休むようにしましょう。

座っても痛みが治まらない場合には深呼吸をしたり、痛みがある方を下にして横になるようにして下さい。

また、身体が冷えてしまうことで痛みやすくなることがあるので、身体を冷やさないように冷たい物は避け、温かい服装でいることも大切です。

腹帯や腹巻などで身体を温めるのも良いといわれています。靭帯の影響は急に大きくなった子宮に靭帯の伸びがついていけていないことが挙げられますので、お腹を支えてくれる骨盤ベルトを活用するのも効果的です。

姿勢を治す

長時間、お腹を圧迫してしまう姿勢も、へそ周りの痛みの原因に挙げられます。そのため、お腹を圧迫しない姿勢を心掛けるのもへそ周りの痛みの対処法になります。

何か作業をしていると、つい前かがみになってしまいますが、この姿勢では妊娠中期の大きなお腹を圧迫してしまいます。

妊娠中のママは、座る時は柔らかすぎない椅子やソファに腰を深くかけて背もたれを利用し、首を伸ばして座ることが大切です。

床に座る場合には、あぐらが座っていて安定するといわれています。ただし、この時も首を伸ばして、背筋を伸ばすように意識しましょう。

ストレスの解消

原因にストレスが関係している場合には、ストレスを日常的に溜めないことも対処法の1つです。

個人差があるとはいえ妊娠中期は体調も安定している時期ですから、外出をしたり、友人とおしゃべり、食欲も戻ってくる時期ですので美味しい物を食べるのもストレスの解消になります。

音楽を聴いたり、読書をするなどリラックスする時間を作ることも大切です。ストレスは、へそ周りの痛みだけでなく心身を不調にしやすいです。

ストレスが溜まることで、病気への抵抗力も落ちてきてしまいますので、日頃からストレスを溜めないように心掛けましょう。

安定期でも無理をしないことも大切

安定期でも無理をしないことも大切

安定期である妊娠中期は、妊娠中のママにとって楽な時期と勘違いしてしまいがちですが、他の時期に比べて体調が安定している、ということであって、不調になることが全くないとは限りません。

また、お腹も目立ち始める時期のため、個人差がありますが座っていても立っていても、身体を動かすことが苦しくなってくる場合もあります。

妊娠中期のへそ周りの痛みを感じても、そこまで深刻に考える必要はないとされていますが、絶対安心とは言い切れません。

痛みを感じる時は、身体が悲鳴をあげているサインだと思って無理をしないことも大切です。

もしも、のことを考えて

もしも、のことを考えて

体調が安定しているというイメージから、妊娠中期に痛みを感じると不安を覚えます。特に初めての妊娠生活を迎えているママは更に不安になりがちですが、何か気になることがあれば、自己判断せずに病院へ相談しましょう。

病院へ行くのに抵抗があれば、電話でかかりつけの医師に話してみましょう。妊娠中期に起こるへそ周りの痛みは珍しくない症状とはいえ、原因はさまざまです。

何か別の病気のサインである可能性もないとはいえませんので、自己判断が難しいと感じたら、我慢せずに病院を受診するようにして下さいね。

1つ1つ不安を解消して、伸び伸びとした妊娠中期を過ごしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる