妊娠中期に繰り返す腹痛や便意

妊娠中期に繰り返す腹痛や便意!なぜ頻繁に起きるの!?



妊娠中期のママさんは妊婦さんとしての生活にも徐々に慣れてきて、気持ちにも余裕が持てるようになります。

しかし、その反面で少しの体調の変化にも敏感になってしまうもの。

いつもと少し違うことが自分の体に起きるだけで、大きな心配をしてしまうこともあるでしょう。

妊娠中期に入ると頻繁に便意を感じてしまうというママさんや、腹痛に悩まされてしまうママさんが増えます。

中には便意を感じてお手洗いに駆け込んでも実際には便通がなく、これを繰り返してしまうというケースもあります。

そこで今回は、

・妊娠中期に便意や腹痛が頻繁にある!
・妊娠中期に便意や腹痛が繰り返されてしまうのはなぜ?
・早産や流産などの危険性はあるの?

といった方に、妊娠中期に頻繁に感じる便意や腹痛について詳しくご紹介します。

妊娠中期の腹痛は2種類ある

妊娠中期の腹痛には2種類ある

妊娠中期の腹痛というのは、主に2つに分けることができます。それぞれで原因が違っていますので、まずは正しく腹痛を察知するためにも2つの違いを知っておきましょう。

お腹の張りを腹痛と間違える

実際には腹痛が起きているわけではなく、お腹の張りが起きている状態を腹痛と間違えてしまうママさんもいます。

軽度の張りが起きている場合は、特に痛みなども感じることがありませんので、なんとなくお腹に違和感を覚えてしまいす。これが腹痛だと考えてしまうのです。

便秘やその他の病気によるもの

便秘が続いている状態には腹痛が起きることも増えてきます。

また、その他にも胃腸にトラブルが生じていて、それが原因となり腹痛が起きていることも考えられます。

単純に便意を覚えているようなことが続けば大きな問題はありませんが、強い腹痛などが繰り返される、またはその場で動けなくなってしまったようなときには、何かしらの病気や細菌感染などを疑ってみる必要もあります。

便意と腹痛は必ずしも同時ではない

妊娠中期の腹痛そして便意というのは、必ずしも同時にあらわれるものではありません。

同時ではないからといって、異常があるというわけでもありません。

頻繁に腹痛が起きてしまう原因

頻繁にする妊娠中期の腹痛が引き起こされてしまうのは、どうしてなのでしょうか?

具体的な原因について説明していきましょう。

冷たいものの摂取

冷蔵庫から出したばかりの飲み物や氷をたくさん入れた飲み物、さらにはアイスクリームなどを摂取してしまった場合には、腸への刺激が強くなり、腹痛が起きてしまうことがあります。

こちらについては特に妊娠中期に限ったことではなく、冷たいものを摂取した後に腹痛が起きてしまうということになります。

足元やお腹の冷え

冷たいものを食べていなくても、足元やお腹そのものが冷えてしまった時に腹痛が引き起こされることがあります。

血液の流れが悪くなってしまい、腸内の温度が下がることを防ぐために、腸が活発に働き始めるからです。

靴下を履かずに長時間冷たい場所に立ってしまったという場合や、テレビに夢中になってしまい、つい足元やお腹を冷やしてしまったなどの場合に腹痛が起きることもあります。

食べ合わせが良くない

食事メニューの食べ合わせが良くなかった場合でも、腹痛がひどくなってしまうことがあります。

その時の体調によって変わってくることがありますが、腸の働きを活発にする食物繊維や、刺激の強いスパイシーなもの、さらには塩分の強いものなどを同時に摂取してしまうと腹痛が起きることもあるので注意しましょう。

また油っぽいものをたくさん食べてしまった時にも腹痛が起きるケースがあります。

腹帯がきつい

妊娠中期に入ると、大きくなるお腹をしっかりと支えていくため腹帯をするママさんも多くいます。

しかし、この腹帯のサイズが合っていなければ、お腹が圧迫されてしまい腹痛が起きることもあります。

腹帯を外した時に腹帯の跡が残っているようであれば、もしかするときついかもしれません。

サイズを変えてみる、または数日の間は腹帯をせずに過ごしてみましょう。

しばらく外してみて腹痛が起きないようであれば、やはり腹帯が原因だと考えられるので、少しサイズの大きなものに変えましょう。

また、腹帯で守られていたお腹は、腹帯を外した時に腹痛を引き起こしてしまうこともあります。

特にお風呂に入る直前や、その他には腹帯を外して夜眠り、朝起きた時などにも腹痛が起きることがあります。

便意を感じるのに便通がないとき

便通がないとき

腹痛と便意は同時にあらわれないこともありますが、妊娠中期に入ってから便意を頻繁に感じてしまうのはどうしてなのでしょうか?

便秘で出にくくなっている

妊娠中期で大きくなってきたお腹は子宮そのものが、その他の臓器も圧迫することになります。そのため、便秘に悩むママさんも多くなります。

便秘の状態が続いていると、腸が老廃物を押し出そうとして働くため、ここで頻繁に便意を感じることがあります。

しかし実際には、腸内で水分不足の状態が引き起こされており、なかなか便通にはつながらないという状況になってしまうこともあります。

胎動によって刺激されている

妊娠中期に入ると、お腹の中で赤ちゃんはどんどん元気になりますので、胎動が始まります。

このような胎動によって腸の出口付近や、その他にも主に背中側が刺激されると、便意を感じることがあります。

しかし実際には便意ではなく、胎動による刺激ですので、便意と勘違いしてしまうのですが、お手洗いに行っても特に便通はないといった状態が続くのです。

妊娠中期に繰り返す便意や腹痛が怖い

妊娠中期に入り、腹痛や便意を頻繁に感じてしまうようになると、もしかして赤ちゃんが出てきてしまうのではないかと不安を感じてしまう場合もあります。

しかし基本的には赤ちゃんが出てきてしまうようなことはありません

赤ちゃんが出てくるのに、単なる腹痛や便意を感じるということはありませんので安心しましょう。

赤ちゃんが出てしまうことはない

便意を感じ、お手洗いで力を入れてしまうと赤ちゃんが出てきてしまうのではないかと心配になるママさんはとても多いです。

しかし、赤ちゃんが生まれてくる際には、子宮の収縮が起きて陣痛につながっていきます。

そのため、お手洗いで力を入れた際にそのまま赤ちゃんが出てきてしまうということはありません

整腸作用のあるものを食べる

繰り返し腹痛や便意で不安を感じてしまう時や、不快感が大きくなってしまうときには少しでも腸の働きを安定させる取り組みをしていきましょう。

整腸作用のある食べ物として、乳酸菌や酵素などがあります。

こういったもの含む食べ物を積極的に取り入れてみると、腸の働きは落ち着くため便秘や腹痛を感じる事も少なくなります。

白湯やぬるま湯を飲む

冷たい飲み物や極端に熱い飲み物ではなく、ぬるま湯または白湯を飲むようにしましょう。

ぬるま湯や白湯は、腸に極端な刺激を与えてしまう事がありませんので、水分摂取をする上でも非常におすすめとなります。

妊娠中期はこんな腹痛に注意

こんな腹痛に注意

上記のように妊娠中期の腹痛や便意は、さほど心配する必要はありません。

しかし腹痛などがあった際に、以下のような症状が出た場合には、早産や流産などの危険も否めませんのでクリニックに連絡を入れる、もしくは受診することを意識してください。

出血を伴う腹痛

腹痛を覚えるだけではなく、同時に出血をしてしまった場合は気をつけましょう。

出血の量は人それぞれですが、ごく少量の出血であっても切迫早産のリスクが迫っていることも考えられます。

真っ赤な鮮血ではなく、おりものに血が混じった茶褐色の状態であっても念のためクリニックには連絡を入れましょう。

動けないほどの腹痛

動けなくなってしまうほどの腹痛に襲われた時は、盲腸や腎炎、腹膜炎などさまざまなことが考えられます。

もちろん単に便秘だったというケースもありますが、やはり動けないほどの腹痛を感じてしまうときは、その後の生活そして赤ちゃんの事も心配ですので、受診するようにしましょう。

妊娠中期の便意でウォシュレットは避ける

妊娠中期に頻繁な便意を感じてしまい、お手洗いに出向いても便通がないというママさんは、ウォシュレットを使って便通を促すことがあります。

しかし妊娠中期のママさんは、できるだけウォシュレットを使わない方が良いのです。その理由についてお話しましょう。

実は細菌が多いウォシュレット

ウォシュレットは便通を促してくれる働きや、その他にも洗浄してくれる働きを持っているのですが、実際のところは、さまざまな細菌が潜んでいるのです。

毎回のようにしっかりと消毒をするわけではなく、ごく少量の細菌が付着してしまっただけでも、短時間で細菌が爆発的に増えてしまうことがあります。

環境によりけりですが、万が一たくさんの細菌が増殖しているウォシュレットを妊娠中期のママさんが使ってしまえば、細菌感染なども起こしてしまうリスクがあります。

お水やお湯の力で洗浄するという部分ではメリットがありますが、やはり細菌感染などを防いでいくためには、ウォシュレットではなく、清浄綿などを使って清潔を保持するのがおすすめです。

自然な便通を妨げることがある

妊婦さんがウォシュレットを使わない方が良い理由は、もう一つあります。

それはウォシュレットを頻繁に使ってしまう事で、癖になるというものになります。

ウォシュレットの刺激がなければ便通がなくなってしまい、便意だけを感じる、さらには腹痛ばかりを感じるといった状態になってしまうこともあるのです。

このように癖になってしまうと、ウォシュレットは自然な便通を妨げますので、こういった理由からもできるだけ使わないようにしましょう。

腹痛を防いで便意を自然なものにするには?

便意を自然なものにするには

強い腹痛ではなく、弱い腹痛であっても、妊娠中期はできるだけ快適に過ごしたいものですから、痛みを感じるようなことは避けたいと思うのが当然です。

腹痛を防いでいくためにはどのような生活を心がければよいのでしょうか?

適度な水分摂取を習慣にする

腸内では一生懸命に老廃物を押し出そうとしていても、腸内の水分が不足していると便意や腹痛だけを感じてしまい、実際には便通につながらないことがあります。

そのため適度に水分補給を行い、腸内が水分不足にならないよう気をつけていきましょう。

ぬるま湯や白湯その他、腸の働きを助けてくれるようなハーブティーなどがおすすめとなります。冷たい飲み物は避けましょう

薬には頼らず運動を取り入れてみる

便秘薬や下剤に頼って便通を促すと、その後は腹痛や便意などを感じる事も少なくなります。

一時的であっても不快な症状を軽減するために、お薬に頼ってしまいたくなるママさんもいます。

しかしお薬に頼ってしまうと、腸が自然に働くことが少なくなるので、できるだけ薬には頼らず腸のマッサージをする、適度な運動を取り入れる、便秘改善に効果のある食品を取り入れるといった生活を意識しましょう。

お薬に頼ってしまうと一時的には症状が改善されても、その後ひどい便秘に悩まされることや便意と強い腹痛が同時に引き起こされてしまい、とても辛い思いをすることがあります。

キッチンなどの冷え対策をする

妊娠中期のママさんは冷え対策を充分行っていく必要があります。ゆっくりと過ごしている時間や眠りの間だけではなく、食事の準備をする際にも気をつけてください。

特にキッチンは足元から冷えてしまうことが多いので、足元をしっかりと温めてくれるようなグッズを取り入れていきましょう。

靴下は締め付けの弱いものを選び、ピンポイントで温めてくれるポケットタイプのヒーターや、空気を汚さず全体的にそのスペースを温めてくれるパネルヒーターなどがおすすめです。

妊娠中期の腹痛は横になって様子を見ましょう

妊娠中の腹痛はどうしても不安に感じてしまうものですが、便意を繰り返してしまう場合や、頻繁に腹痛が起きてしまう場合は、まず横になって様子を見てください。

しばらく横になっている内に便通が促されることもあります。胎動によって便意に似たような感覚が引き起こされてしまうのは仕方のないことです。

赤ちゃんに話しかけると、赤ちゃんもお腹の中で少しずつ体勢を変えてくれるので、胎動による便意を軽減することができます。

出血や動けないほどの痛みがなければ、過度な心配をせず、冷えに気をつけてゆっくりと休みながら過ごしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる