妊娠中期のコーヒーは安全?妊娠中に気を付けたいカフェイン

妊娠中期のコーヒーは安全?妊娠中に気を付けたいカフェイン




妊娠中に体の中に入れるものは、妊婦さんのためだけでなく、赤ちゃんの栄養になるので、できるだけ安心で安全なものを取り入れたいものです。

妊娠が分かってから、カロリーのことも含めメニューなど、毎日の食事にも気をつけているかと思いますが、特に「カフェインの摂りすぎは良くない」と聞いたことはありませんか。

実際、妊娠中にはカフェインを摂らないようにと、気をつけている方も多い傾向があります。ですが、カフェでお茶をするとき、ちょっとブレイクしたいときに、何を飲めばいいのか悩んでしまいます。

カフェインには実際、どのような問題があるのでしょうか。

そこで今回は、

・妊娠中期だしコーヒーは絶対飲まない方がいい?
・妊娠中期にカフェインを摂ると、お腹の赤ちゃんに影響がでるの?
・カフェインを摂っちゃだめだから、コーヒーじゃなくてウーロン茶なら大丈夫?

といった方に、カフェインの摂取を控えないといけない理由や、妊娠中期の飲み物について詳しくご紹介しましょう。

関連記事
>>妊娠超初期からコーヒーに注意!妊婦にカフェインが及ぼす影響
>>妊娠中のお茶はこれで決まり!ココマガおすすめ厳選9種!

妊婦さんがカフェインを摂ってはいけない理由

妊婦さんがカフェインを摂ってはいけない理由

妊娠していない方にとっても「カフェインの摂りすぎは良くない」といわれることがあります。

ですが、そもそもカフェインはポリフェノールの一種で、適量の摂取には健康効果があるという研究結果が報告されるなど、必ずしも体に悪いものではありません

つまり、タバコのように「百害あって一利なし」というわけではありません。カフェインに限らず何にしても摂りすぎは良くないですが、適量であれば問題はないものなのです。

そうだとしても、妊娠中の女性にとっては、「カフェインを避けるべき」という意見が圧倒的多数を占めています。カフェイン摂取はどうしていけないのか、赤ちゃんへどのような影響があるのか見ていきましょう。

カフェインは胎盤を素通りしてしまう

カフェインが赤ちゃんへ及ぼす影響については、2008年にイギリスで実験されています。

その際の実験結果で、「カフェインが胎盤を素通りしてしまう」ということと、「カフェインを摂取した場合、胎盤の血流量が減少する」ということがわかりました。

赤ちゃんは胎盤を通してしか栄養や酸素を取り入れることができません。そのため、胎盤の血流量が減少するということは、赤ちゃんへ届けられる栄養や酸素が、その分減ってしまいます。

つまり、妊娠中のカフェイン摂取は、赤ちゃんの発育遅延につながる危険性があるのです。ではどのくらいの量カフェインを摂取すると、その危険性が高まるのでしょうか。

たとえばコーヒー2〜4杯分にあたる200mgのカフェインを妊婦さんが摂取した場合、胎盤への血流量は25%も減少してしまいます。

妊婦さんが栄養バランス100%の食事をしていたとしても、75%しか赤ちゃんへ届いていないとしたら、成長が遅くなることも多いに考えられます。

赤ちゃんは、ママと赤ちゃんをつないでいる胎盤(へその緒)を通して、ママから栄養や酸素を分けてもらっています。

その際、胎盤は赤ちゃんとって必要な栄養や酸素は通過させますが、赤ちゃんにとって悪い影響を及ぼす病原菌や化学物質は、通過させないような仕組みになっています。

胎盤は、赤ちゃんを悪いものから守ってくれる天然のバリアの役割を果たしているのです。しかし、この天然のバリアも、病原菌と一部の有害物質を防いではくれますが、全ての有害物質を防いでくれるわけではありません。

赤ちゃんにとっては有害となる、アルコール・風邪薬・タバコから出る一酸化炭素などは、胎盤を通過して赤ちゃんに深刻な被害を与えることが分かっています。

その天然バリアを通り抜けてしまう有害物質の中に「カフェイン」が含まれているのです。

カフェインが胎盤を通過してしまうということは、ママの体内カフェイン濃度と赤ちゃんの体内カフェイン濃度が、ほぼ等しくなるということですので、まだ成長途中の赤ちゃんにカフェインの影響がダイレクトに出ることになります。

また、2013年に提出された北欧の論文では、「カフェインは胎盤を素通りするが、胎児はカフェインを分解・排出する酵素を持っていない。その結果、カフェインの代謝物質は脳に蓄積する」という、衝撃の事実も明らかとなりました。

カフェインは中枢神経を覚醒・興奮させる作用があるため、カフェインが蓄積され成長途中の赤ちゃんの脳で、この作用が随時発生しているということになると、後に障害が起こることも十分に考えられます。

さらに、妊婦さんがカフェインを多く摂ることで、尿からのカルシウム排泄を促したり、カフェインと強く結びつくタンニンが鉄分の吸収も妨げてしまうため、カルシウムや鉄分を意識して摂取しようとしても体に吸収されなくなります。

食事で必要な栄養素を摂っていても、意味がなくなってしまうのです。

妊娠後期には、ママの体内におけるカフェインの代謝速度(分解速度)が下がってしまうため、カフェインが通常よりも長い時間、ママと赤ちゃんの身体に残ることになります。

ですので、まだ妊娠に気づいていない妊娠のごく初期では防げないこともありますが、妊娠中期からは、カフェインの摂取には敏感になりましょう。

妊娠中期のカフェイン摂取で小児白血病のリスクが高まる

妊娠中に飲む毎日のコーヒー1杯のカフェインで、実は赤ちゃんの白血病リスクが約20%上昇します。

もしあなたが、一日に2杯のコーヒーを飲むのであれば、確率は約60%、一日4杯飲むなら約72%、生まれてくる赤ちゃんの白血病リスクが高まっていきます。

白血病のリスクが高まる要因としては、コーヒーなどに含まれるカフェインが、胎児細胞中のDNAを変形させて白血病を発症するためです。

実際に、小児白血病はここ数十年間で着実に増加していますが、カフェイン以外にも電磁波や汚染などの環境的な要因も併せて危険視されています。

国によっては、妊婦さんのコーヒー摂取量の規制について検討されているところもあるくらい、カフェイン摂取については問題視されています。

白血病発症のリスクについては、イギリスの大学の研究チームが行った実験により明らかになりました。日本人はもともとコーヒーや紅茶を頻繁に飲む習慣がなく、カフェインを摂る量は比較的少ない民族でした。

ですが、インスタントコーヒーの発明や、近年ではスターバックスなどの大型コーヒーショップの普及、家でも簡単に本格コーヒーがドリップできる、さまざまなプレスマシンが手軽に手に入るようになりました。

さらに、食生活そのものや働き方やライフスタイルの変化によって、1日に大量のカフェインを摂る習慣が確立されてきました。そのため、昔はカフェインが及ぼす赤ちゃんへの影響についてもさほど問題視されていませんでした。

「害があるかもしれないが、一日に何杯もカフェイン飲料を飲まなければ、さほど心配する必要はない」とする意見が医師の中でも強く「カフェインは控えた方が良い」とされてきたのです。

しかし、昨今のライフスタイルを鑑みると、妊婦さんは意識的にカフェイン断ちをした方が良いです。

妊娠中期の水分補給時の注意点と飲みもの

妊娠中期の水分補給時の注意点と飲みもの

それでは、妊娠中の水分補給で気を付けることはどんなことでしょう。また、何を飲むのが安全なのでしょうか。

妊娠中期の水分補給の注意

妊娠中期での水分補給時の注意点を3つあげてみます。

・水分は普段より多めに摂ること
・水や麦茶などのノンカフェインの飲み物を飲むこと
・できるだけ温かい飲み物を飲むこと

以上のことに注意して水分補給をするようにしましょう。特に妊娠中は体を冷やさないように気を付け、夏場はクーラーなどでどうしても体が冷えやすいので、意識的に体を温めることが大切です。

また、水分を多めに摂ることと、体を温めることで血流が良くなり、ママと赤ちゃんに十分な酸素と栄養を届けることが可能になります。

妊娠中期のノンカフェイン飲料

カフェインが入っていない妊娠中の飲み物は以下の3つを選ぶのがベストです。

・麦茶
・水や白湯
・ノンカフェインのお茶

ノンカフェインのお茶は、ドラッグストアやコンビニでも販売されています。ノンカフェインのお茶で有名なのは「ルイボスティー」です。他にもたくさん種類はありますので、好みにあったお茶を探してみましょう。

妊娠中のお茶はこれで決まり!ココマガおすすめ厳選9種!の記事では妊婦さんにも安心なおススメのお茶をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ノンカフェイン飲料

麦茶、ハーブティー、杜仲茶、そば茶、タンポポ茶(タンポポコーヒー)、ルイボスティーなど

タンポポコーヒー」というのは、見た目がコーヒーに似ていることから「コーヒー」という名前がついていますが、カフェインは一切入っておらずコーヒー飲料ではありません。雰囲気だけでもコーヒー気分を味わいたい方にはおすすめです。

気をつけたいコーヒー以外のカフェイン

カフェインといえば、まずはコーヒーや紅茶が思い浮かびますが、それ以外にもカフェインの入っている飲料や食品は多く販売されています。知らずに飲んだり食べたりしているものも多いので、注意が必要です。

カフェイン飲料・カフェイン食品

コーヒー、紅茶、ココア、コーラ、ダイエットコーラ、チョコレート、栄養ドリンク、玉露、抹茶、緑茶、ほうじ茶、ウーロン茶、プーアル茶、ジャスミン茶、番茶、玄米茶、など

ジャスミン茶を代表する中国茶は、一見ノンカフェインのように思えますが、実はカフェインは含まれています。商品によってはノンカフェインのものもあるので、コンビニなどで買うときは注意が必要になります。

また、同量のコーヒーでも、ドリップコーヒーはインスタントコーヒーの約2倍のカフェイン量が含まれており、玉露は同量のドリップコーヒーの約2倍、インスタントコーヒーの約3〜4倍のカフェインが含まれています。

日本茶にカフェインが含まれているのはご存知かもしれませんが、コーヒーよりもはるかにカフェインの量が多いです。栄養ドリンクにもカフェインは含まれていて、商品によっては驚く量のカフェインを含んでいる場合があります。

つわりなどで思うように食事ができず、栄養が摂れない妊婦さんは、サプリメントや栄誉ドリンクなどで足りない栄養素を補給することもありますが、カフェインが入っている商品となるので、こちらも注意しましょう。

チョコレートやココア、コーラにも、妊婦さんにとっては無視できない量のカフェインが含まれています。カカオ成分にはカフェインが多く含まれているので、チョコレートとココアは、カカオ成分が多いものほどカフェイン量が多いと考えましょう。

参考記事>>妊娠中期にお菓子は食べてもいい?間食で気を付けるポイント

また、ノンアルコールビールが若干アルコールを含んでいる(1%未満)のと同様に、「ノンカフェイン」と表記されているコーヒーであっても、カフェインが僅かに含まれている場合があります。できるだけノンカフェインの飲み物を選ぶように心がけましょう。

どうしてもカフェイン飲料を飲みたいときは?

では、絶対にカフェインを口にしてはいけないのかというと、「妊婦さんがカフェインを摂ってはいけない理由」でもご説明した通り、毎日カフェインを摂ることは少なからず影響を及ぼします。

しかし、たくさんの量を毎日飲むのでなければ大きな問題はありません。

逆に、コーヒーや紅茶が大好きで飲みたい欲求を我慢しすぎる方が、大きなストレスになるため、赤ちゃんに悪影響となります。

飲まないことでストレスになるのであれば、適量を飲んでストレスを軽減させる方がよっぽど赤ちゃんのためでしょう。赤ちゃんに十分な酸素と栄養を送るためにも、ストレスフリーでリラックスした気持ちが一番なのです。
 

カフェインは「ここぞの一杯」として

そもそもカフェインの持つ、「覚醒と興奮作用」は、集中力や記憶力を高める効果があります。そのため、何か集中して行動したいときは、カフェインを摂ることで、より力が発揮できます。

妊娠中は体調のこともあり、どうしても腰が重くなりやすいので、何かやらなくてはいけないときの「景気付けの一杯」として利用するのは良いでしょう。

コーヒーやお茶の香りは、リフレッシュとリラックスの効果もあるので、気分も変わります。妊娠中は些細なことでもイライラしたり、気分が落ち着かないことも多いです。

気分転換の一杯として気持ちが落ち着けば、カフェインは良い影響を与えてくれる飲み物になります。

まとめ

まとめ

カフェイン飲料は飲みたいけど、赤ちゃんへの影響がどうしても心配な場合は、カフェインレスやノンカフェインのコーヒーや紅茶、緑茶なども市販されています。

カフェインによる味は大きく変わらないので、このような商品を利用するのもおススメです。コーヒーを飲むのが習慣化していると、急に飲めなくなってしまうのはなかなか難しい場合もあります。

しかし、一日1杯とはいえ赤ちゃんにとってはよくない結果を生みそうなカフェイン。また、妊娠中だけではなく出産後も、母乳の授乳期間中は、カフェイン飲料は避けた方が無難です。

カフェインは適量を摂ることで確かに健康にも良いものとされますが、しかし昨今のコーヒー事情を見てみると、明らかに摂取過多です。

栄養剤などカフェインの多い食品を摂る習慣も少なからず蔓延していますので、これを機にライフスタイルを見直してみましょう。

妊活中の方は、妊娠したときに備えて、カフェインレスの生活を心がけておくのも良いですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる