妊娠中期の血糖値に要注意!高血糖の危険性と予防策について

妊娠中期の血糖値に要注意!高血糖の危険性と予防策について




妊娠中期から後期にかけては、ホルモンバランスの変化や体調の変化が大きく、病気にもなりやすいというリスクがあります。血糖値もそのうちの一つです。

特に、妊娠中期は母体の血糖値が上昇しやすく、「妊娠糖尿病」や「妊娠高血糖症候群」を引き起こす可能性があります。妊娠糖尿病は、近年大幅に増加している妊娠中のトラブルで、さまざまなリスクを伴います。

血糖値が高いだけも、赤ちゃんが大きく育ちすぎてしまい、お産に危険が伴うことや、母子ともに生死に関わる病気を発症することもあります。

尿検査では問題がなくても、血液検査で判明することもありますが、食事や適度な運動など生活習慣の見直しで、血糖値の上昇は抑えることができる場合もあります。

そこで今回は、

・どうして妊娠中期は血糖値が上がりやすいの?
・血糖値が上がるとどうなるの?
・血糖値が上がらないようにする方法を知りたい

といった方に、妊娠中期の血糖値について、高血糖の危険性や血糖値を下げる工夫などを詳しくご紹介します。

関連記事
>>妊娠初期の塩分摂りすぎは危険!妊娠高血圧症候群と減塩のコツ
>>妊娠中期にお菓子は食べてもいい?間食で気を付けるポイント

妊娠中は血糖値が上がりやすい?

妊娠中は血糖値が上がりやすい

妊娠中の体は、お腹の赤ちゃんを育てるためのホルモン分泌がもっとも盛んになります。このホルモンは赤ちゃんの成長を促進する力を持っている反面、血糖値をコントロールするインスリンを効きにくくしてしまうという影響もあります。

そのため、食事などで血糖値が上がりやすい状態となります。たいていの場合は、インスリンの効きが悪くなると、それを補うため生理的な反射によって、インスリンの分泌量を増やし血糖をコントロールしますが、中にはインスリン分泌が間に合わず高血糖状態になってしまうことがあります。

ですので、妊婦さんの体は「高血糖」になりやすい状態にあります。そして、妊娠中に見つかった糖の代謝異常を「妊娠糖尿病」と呼んで、通常の糖尿病と区別しています。

まず「血糖値」とは、血液中のブドウ糖の数値を指します。

血糖値の正常値は「空腹時で100mg/dl以下、食後で140mg/dl以下」ですが、妊娠糖尿病と診断される基準は、「空腹時で92mg/DL以上、75gOGTT(75gのブドウ糖摂取)から1時間後の血糖値180mg/DL以上、2時間後の血糖値153mg/DL以上」という3つの条件のうち1つ以上を満たした場合に、妊娠糖尿病と判断されます。

この数値を上回ると再検査や治療が必要になる可能性があります。

妊娠初期のつわりの時期を過ぎ、食欲の戻った妊婦さんが反動で食べ過ぎてしまうことがあるため、妊娠中期〜後期の方に多く見られます。

ただし妊娠糖尿病は、妊娠による「軽い糖代謝異常」の場合がほとんどなので、出産後は正常値に戻る場合がほとんどです。

しかし、母体が高血圧の場合、妊娠・出産ではリスクを伴うことがあります。

妊婦さんには、尿路感染症、羊水過多症、網膜症、腎症、妊娠高血圧症候群、ケトーシストイッタ合併症などの可能性が出てきますし、赤ちゃんに与える影響としては、巨大児、低血糖、多血症、呼吸障害、先天奇形などのリスクが高まります。

また、流産、早産、子宮内胎児死亡といったリスクもあります。

糖尿病が重症になると、赤ちゃんの先天奇形の確率が20~30%になるとされており、血糖値が高いほどリスクは増す傾向にあります。このような理由から、妊娠中には血糖値のコントロールが非常に重要となります。

糖異常の「妊娠糖尿病」、高血糖の「妊娠高血圧症候群」

糖異常の「妊娠糖尿病」、高血糖の「妊娠高血圧症候群

妊婦さんは高血糖になりやすい体ですが、妊娠糖尿病になると「妊娠高血圧症候群」のリスクが高まることになります。

高血糖状態になると、身体は血糖を正常状態に戻そうと尿量を増やして糖を外に出そうとします。そうなると身体の水分が少なくなり、血液の濃度が濃くなって血圧が高くなります。

これが「妊娠高血圧症候群」です。妊娠高血圧症候群も母体と赤ちゃんにはリスクがあります。

母体には、高血圧によって脳の中の血液が増え、脳の中に浮腫むことでけいれん発作が起こる子癇(しかん)や、胎盤が出産前に剥がれてしまい、大量の出血がおきて出血性ショックを引き起こす常位胎盤早期剥離などの危険があります。

妊婦さんであるお母さんの高血圧が悪化してしまうと、子宮や胎盤への血の流れが悪くなって、赤ちゃんに必要な酸素や栄養分が十分に行き渡らなくなります。

そうなると、胎児発育不全、低体重児、低酸素症の危険が生じてきます。

妊娠高血圧症候群では、妊婦さんと赤ちゃんの生死に関わるリスクを生じます。ですので、血糖のコントロールは高血圧を防ぐためにもとても重要です。

血糖値が高いと赤ちゃんへの影響はある?

血糖値が高いと赤ちゃんへの影響はある?

血糖値が上がり、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群になることでの赤ちゃんにもさまざまなリスクがあるとご説明しました。

妊婦さんの血糖値が高いままだと、へその緒を通じて、赤ちゃんの体内にもブドウ糖がたくさん供給されることになります。

必要以上のブドウ糖が供給されることで、赤ちゃんもどんどん大きくなって巨大児になる可能性があり、巨大児になるとお産が長引き難産になる可能性も考えられます。

自然分娩が難しくなると、帝王切開になることもあります。しかも、赤ちゃんは出生後に呼吸器系の障害がみられることもあります。

お母さんの高血糖状態が続くことで赤ちゃんも糖分異常の状態に適応しなくてはいけなくなるので、インスリンを分泌をする働きが強まります。

関連記事>>巨大児出産のリスクとは?原因や予防法と治療が必要なケース

その状態で出産された赤ちゃんは、糖分の供給がなくなってインスリンだけが過剰分泌された状態になり、血糖値が危険なほど低下して昏睡状態に陥る可能性もあります。高血糖の状態に、これほど多くのリスクがあるのですから、正常な血糖値でいるための心がけが必要です。

妊娠糖尿病はその後「糖尿病」になるの?

妊娠糖尿病はその後「糖尿病」になるの

妊娠糖尿病は妊娠に伴う一時的な症状のため、通常は出産後に治ります。しかし、妊娠中に高血糖が続いていた場合「糖尿病」に移行する可能性はあります。

妊娠糖尿病と診断された方は、もともとインスリンの分泌機能が普通の人よりも低い体質なので、出産後、糖尿病になる可能性は健常な妊娠さんの約7.43倍とされています。

また、1度目の妊娠で妊娠糖尿病になった場合、2度目の妊娠でももう一度妊娠糖尿病になる確率も高まります。そのため妊娠糖尿病の場合でも、血糖値があまりに高い場合は内服薬やインスリン注射を併用することはあります。

ただし、妊娠中の高血糖は生活習慣が原因になっていることが多いため、生活習慣を見直すことが先決です。定期検診の血液検査や尿検査で血糖値が高いと診断されたときは、まずは生活習慣を見直してみましょう。

高血糖になる原因は?

高血糖になる原因は?

では、妊婦さんが高血糖になる原因とはどのようなことなのかをご説明します。

インスリンの働きを悪くするホルモン

妊婦さんでなくても、食事をすると血糖値は上昇します。食品に含まれる糖質量とは無関係に、食後は空腹時に比べて血糖値は上がりますが、特に糖質の高い食品を食べると急激に上昇します。

通常、健康な人であれば、インスリンの分泌が十分にされるため、食後2時間程度で空腹時と同じ数値にまで下がります。

妊娠中は赤ちゃんを育てるために分泌されるホルモンが、インスリンの働きを悪くするため、高血糖になりやすいです。

炭水化物の食べ過ぎ

妊娠すると味覚が変わることがあります。今まで食べたくなかったものが異様に食べたくなったり、逆に食べたくなくなったりすることがあります。

炭水化物の主な成分は糖質なので、食べ過ぎると血糖値が上がる原因になります。栄養のバランスを考えずに、白米や白いパンなどの炭水化物ばかり食べている可能性があれば、食生活については一度見直しが必要です。

運動不足

血糖値は食後1時間で急激に上昇するため、食後30分ほどの休憩をしたら、ウォーキングなどの有酸素運動を取り入れることで血糖値を下げることができます。

妊娠中期であれば、まだお腹も目立っていない時期で、激しい運動はいけませんが、ウォーキングやヨガなどの軽い運動であれば問題ありません。

ゆっくり散歩程度に歩くだけも変わります。ただし、お腹が張ってきたり疲れを感じる場合は様子を見ながら行います。そのときは無理せずに休みましょう。

参考記事>>運動不足の妊婦さんにおすすめの簡単運動法

疲れや寝不足

睡眠不足や疲れがたまっていると、一時的に血糖値が上がることがあります。一時的なものであれば問題ありませんが、慢性化しているようであれば、常に血糖値が高いといっても過言ではありません。

ストレスがたまっているならばリフレッシュし、休息をとりましょう。また睡眠をよくとり、眠りのリズムを整えます。

血糖値のためだけでなく、お腹の赤ちゃんにも良い影響はありませんので、日頃から無理せず疲れを溜めないように心がけましょう。

このように高血糖になる原因はホルモンの影響や食事だけでなく、運動や睡眠も関わっています。妊娠中だけでなく、健康のために普段から意識しておくことが大切です。

妊娠中の食べ物は?血糖値を上げる食品

妊娠中の食べ物は?血糖値を上げる食品

妊娠中の高血糖を防ぐためにはどうしたら良いのか、食事の面から見ていきましょう。まずは、血糖値を上げる食べ物は控えるようにすることが大切です。

炭水化物を多く含む食品

パン類(フランスパン、食パン)米類(白米、餅)、イモ類(ジャガイモ、山芋、里芋)、麺類(中華麺、うどん、パスタ)、穀類(トウモロコシなど)、カボチャ

食品の中でも炭水化物は糖質なので、血糖値が上がりやすい食品です。主食は炭水化物なので、たくさん摂りすぎると血糖値が上がる原因になります。

フルーツ(桃缶やドライフルーツなども含む)

フルーツは人工甘味料ではなく、天然の糖質なので問題ないと思う方も多いですが、糖質であることに変わりはありません。

野菜(人参など)

野菜の中でも甘みの強いものは糖質が含まれています。たくさん摂ることで血糖値が上がる元になります。

糖質が高い食品

糖質が高い食品として、栗、アイスクリーム、練乳などがあります。一般的には、精製食品(色が白いもの)、穀類、甘い食べ物は糖質が多いものです。

精製食品でいうと、白米より雑穀米や玄米の方が栄養も摂取でき、血糖値も上がりにくくなります。パンだと食パンやフランスパンよりもライ麦パンや雑穀パンの方が栄養価が高いです。

カロリーが高い食べ物が一概に「血糖値が上がりやすい食品」とは限りません。フルーツや人参のように、一見ヘルシーだと思いがちな食べ物の中にも血糖値を上げる食品はあるので、注意が必要です。

妊娠中はできるだけこのような食べ物を避け、野菜や雑穀を中心としたメニューから栄養を摂るようにしましょう。

しかし、このように見ていくと、いつも食べている主食が血糖値が上がりやすいとなると、何を控えたらいいのかわからなくなりそうです。もちろん、炭水化物をまったく食べてはいけないということではありません。

炭水化物は脳や体の活動に必要不可欠なエネルギーの元になる栄養素です。妊娠中は、妊娠前よりも控え目に食べ、炭水化物からだけではなく、他の食品からもバランスよく栄養を摂るように心がけましょう。

妊娠中に摂りたい血糖値を下げる食品

妊娠中に摂りたい血糖値を下げる食品

では、血糖値が下がる食品にはどのようなものがあるのでしょう。積極的に摂りたい血糖値を下げる食品は以下の通りです。

・野菜(玉ねぎ、にんにく、ブロッコリー、オクラ、ゴーヤ、ヤーコン、葉野菜)
・肉や魚(イカ、タコ、サンマ、鯖、あさり、牡蠣)
・フルーツ(バナナ)バナナは糖質も多いため、食べ過ぎには要注意です。
・調味料(お酢、オリーブオイル)
・クロムを多く含む食品 ナッツ類(アーモンド、落花生)、貝類(あさり、シジミ)きのこ類、ひじき、玄米など

クロムにはインスリンの働きを促す作用があります。ナッツ類は脂肪分も多いので食べ過ぎには注意です。他には海藻類も血糖値を下げる食品です。

ゴーヤや玉ねぎには血糖値を下げる他にも、血液をサラサラにしてくれる効果もあります。動脈硬化予防にもなるので、毎日のメニューの中に積極的に取り入れましょう。

妊娠糖尿病の治療法として、まずは食事療法が基本となります。1日の摂取エネルギーを制限して血糖値を下げます。

その際に、血糖値を上げる原因となる糖分の多い食品を控えて、血糖値を下げる食品を進んで摂り入れるメニューに変えていきます。

また、食事中は食物繊維を先にお腹に入れるなど、食べる順番にもコツがありますので、次で詳しく書いていきます。

血糖値を上げない食べ方のコツ

血糖値を上げない食べ方のコツ

糖質の少ない、血糖値を下げる食品を毎日のメニューに取り入れ、そして食べる順番に気を付けるとさらに効果的です。

食事の際に、パンやご飯など主食である炭水化物から食べると、血糖値を急上昇させることになります。まずは副菜から食べるようにしましょう。

特に野菜やキノコ類、海藻などの繊維質の多い食べ物から食べます。繊維質のものから先に食べることで糖の吸収を抑え、血糖値が上がりにくくなります。

そのあとに、お肉や魚などメインのおかず、最後にご飯などの主食の順番に摂りましょう。この順番で食べることで、炭水化物の糖分摂取はかなり抑えられます。

また、オリーブオイルは血糖値の上昇を抑える働きがあるとされているので、市販のドレッシングやマヨネーズではなく、オリーブオイルと塩などをドレッシングとしてサラダに使うと、より血糖値の上昇を抑えることができます。

まとめ

まとめ

高血糖の場合には、バランスのとれた食事と健康的な生活が何よりの治療になります。

そして、万が一妊娠糖尿病になったとしたら、その分食事の管理が行き届き、母子両方の健康に意識がしっかりと向かいますので、かえって健康体で安産になる傾向もあります。

産後も妊娠中の良い習慣を引き継いで栄養バランスの良い食生活を維持する方が多いので、母乳もしっかり出て赤ちゃんの成長も順調になりやすいです。

「検査で判明して良かった」とポジティブに受け止め、これを機会にしっかり体調管理をしていきましょう。きっと今後の食生活や家族の健康にも役立ちますよ。元気な赤ちゃんを産むために前向きにトライしていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる