妊娠中期は下痢になりやすい!?ママにできる対策や予防法

妊娠中期は下痢になりやすい!?ママにできる対策や予防法




つわりなどの初期症状が落ち着き始める妊娠中期は安定期とも呼ばれ、妊娠中のママが落ち着いて過ごせる時期です。

この時期に入ると、旅行や美容室など外出することも増えてきて、今のうちにできることを楽しむママが多いのではないでしょうか。

そんな妊娠中期でも起こりうる症状があります。それが、下痢です。ママによって個人差はあるものの、水のような便が長く続いたり、便秘と交互に繰り返してしまうこともあります。

体調が安定しているはずの時期に症状が長く続くと、お腹の中の赤ちゃんへの影響も心配になってきますよね。

そこで今回は、

・なぜ妊娠中期に下痢になってしまうの?
・妊娠中期の下痢の対策や予防方法を知りたい

といった方に、妊娠中期になりやすい下痢について詳しくご説明します。

関連記事
>>妊婦さんの便秘や下痢にオリゴ糖が良い理由とおすすめのオリゴ糖
>>オリゴ糖で便秘解消!!子供も飲めるオリゴ糖の効果効能
>>妊娠初期、超妊娠初期にみられる下痢の原因と対処法
>>妊娠初期に下剤に頼らず快便へ!腸内環境を整える9つの方法

どうして妊娠中期に下痢が起こってしまうの?

どうして妊娠中期に下痢が起こってしまうの

元々、妊娠中は下痢が起こりやすいとされています。その中でも妊娠中期は子宮も膨らみ始めており、少しずつ内臓などを圧迫していますから胃に消化不良が起こり、腸には便が溜まりやすくなります。

便秘と下痢が交互に起こってしまうのは、そうして溜まった便を出そうという働きが強くなることが挙げられます。

これ以外にも妊娠中期に下痢になってしまう原因はさまざまで、生理的なもので回避できないものから、ママ自身が招いてしまっていることもあります。

妊娠中期に考えられる下痢の原因は以下の通りです。原因を知って、対策に役立てましょう。

プロゲステロン増加による女性ホルモンの乱れ

妊娠中期の下痢に対して主な原因として挙げられているのが、女性ホルモンの乱れです。

女性ホルモンは、黄体ホルモンとも呼ばれるプロゲステロンと卵胞ホルモンであるエストロゲンの2つがあり、それらが交互に分泌の増減を繰り返すことでバランスをとっているのですが、妊娠すると、ママの身体を赤ちゃんが育てやすい環境にする為に女性ホルモンの1つであるプロゲステロンが多く分泌されるようになります。

そのため、今までバランスがとれていたものが乱れてしまうことになるので、ママの身体には不調があらわれるようになります。

これはホルモンバランスが崩れることで自律神経が影響を受けてしまうためであり、下痢に関しては、自律神経の制御が乱れてしまうことで排泄機能が上手く働かなくなることが原因です。

また、増加するプロゲステロンには腸の働きを抑制してしまう効果もあるので、その影響で腸が上手く機能せず下痢になるケースも考えられます。

冷えが下痢の原因になっていることも

妊娠中期に起こる下痢の原因は女性ホルモンの乱れがほとんどですが、ホルモンの影響だけでなく身体の冷えが原因の場合もあります。

妊娠中期は、つわりなど初期に起こる体調不良で食べたくても食べられなかったママが、体調が落ち着くことで飲食がしやすくなる時期です。

そのせいか、暴飲暴食とはいかないまでも今までの分を取り戻すかのように過剰摂取をしてしまうママも多くいます。

特に夏のように暑い季節になると冷たい物が美味しい季節で、つい食べ過ぎてしまうものです。冷たい物を絶対食べていけないわけではないのですが、妊娠中に冷たい物を摂取するのは冷えの原因になります。

妊娠中期に下痢が起こってしまうのは、そうした冷たい物の食べ過ぎによるお腹や腸の冷えから下痢を起こしているとも考えらているので、できるだけ控えることをオススメします。

食べ過ぎても下痢になる!?

冷たい物を食べ過ぎてしまうことによるお腹の冷えが妊娠中期の下痢の原因の1つですが、身体を冷やしてしまう食べ物でなくても、過剰摂取してしまえば下痢の原因になるとされています。

一気に食べてしまうことで胃に負担がかかり、消化が上手くできなくなることで下痢を起こしてしまうといわれており、特に注意が必要なのは刺激も強い辛い物、油が多い物、刺身や生野菜などが挙げられます。

食べ過ぎといわれる量はママによってさまざまですが、妊娠前よりも胃が弱くなっていることに間違いはないので、食べる量、摂取する食べ物には注意して妊娠中期は食事を楽しみましょう。

参考記事>>妊娠中に辛い物はダメは「うそ?」「本当?」

また、妊娠中に下痢が起きる原因として、精神的なストレスが挙げられることもあります。妊娠中のママにとって、羽を伸ばせる時期でもある妊娠中期には少ないかもしれませんが、出産への不安や体調不良によるストレスなど精神的なものが自律神経に悪影響を与えることで下痢になってしまうのも事実です。妊娠前からストレスで下痢になったことがあるママは特に注意しましょう。

下痢になることで赤ちゃんに影響はないの?

下痢になることで赤ちゃんに影響はないの

下痢の症状が続くと、心配になってくるのが赤ちゃんへの影響です。妊娠中期は初期に比べて胎盤もしっかりしてくるとされていますが、身体に不調が出るとママが苦しいと感じるように赤ちゃんも苦しいのではないかと不安になるママは多くいます。

しかし、ママが辛いからといって赤ちゃんに悪影響があるかといえば、下痢に関しては下痢の状態によるものの問題ない場合がほとんどです。

特に、下痢を引き起こす主な原因とされる女性ホルモンの乱れに関しては、妊娠が無事に進んでいるという証でもあります。

下痢の状態や原因にもよるので絶対大丈夫とはいい切れませんが、赤ちゃんへのリスクは低いので安心して大丈夫です。

当たり前でも、こんな下痢には注意しよう

当たり前でも、こんな下痢には注意しよう

下痢の生理的な原因である女性ホルモンの乱れは、妊娠すれば必ず起こります。そのため、妊娠中期に下痢が続いても、女性ホルモンが原因であれば心配する必要はほぼないのですが、下痢の状態によっては注意した方が良い場合もあります。

下痢だけでなく他の症状も同時に起こっている場合があるからです。気を付けて欲しい下痢の状態については次の通りになります。

下記に当てはまる場合には、他の病気のサインという事もあるのでチェックするようにしましょう。

水っぽい下痢

1日に何度も出る下痢が水っぽい、もしくは水のようであれば注意が必要になります。下痢になると緩い便が出るようになるのでつい、放っておいてしまいがちですが妊娠中期にそのような状態の便が出ると感染症の疑いがあり、家族にもうつってしまう可能性があるので危険です。

感染経路としては、上の子が幼稚園や保育園などで細菌やウイルスをもらってしまうことでママにも感染してしまうケースで、初産のママより経産婦のママに多いです。

また、この下痢が続くと身体に必要な水分まで出てしまうので、脱水症状にもなりやすくなります。

下痢に出血が見られる

妊娠中期の下痢には、ただ便が緩くなるだけでなく血が混じることがあります。出血があると慌ててしまいますが、痔により出血をしていることもあり下痢に血が混じっていたからといって、そんなに心配する必要はない場合もあります。

しかし、大量出血の場合は早産など危険を知らせている場合があるので、出血が酷い時はかかりつけの病院、クリニックに行くようにしてください。

妊娠中期の出血は気を付けた方が良い症状の1つです。大量でなくても出血が長く続く場合には自己判断せず、病院へ行くようにしましょう。

下痢だけでなく嘔吐してしまう

下痢だけでなく、嘔吐をしてしまうママもいます。加えて発熱の症状が出てしまうこともあり、そのような場合には女性ホルモンの乱れや冷えから来る下痢ではなく、胃腸炎やノロウイルスなどの食中毒、感染症の疑いがあります。

妊娠中期だけでなく、妊娠中は免疫力が低下してきています。そのため、普段なら気にもならないようなことで感染してしまう可能性が高いので、ママ本人も生ものを食べないようにするなど気を付けることが大切です。

参考記事>>妊婦さんと生魚。妊娠中に寿司や刺身は食べても大丈夫?

下痢をするとお腹が張ってしまう

長く下痢の症状が続いたり、下痢が激しい場合にお腹が張ってしまうことがあります。これは腸が働き過ぎることによって起こるもので、子宮口が開きやすくなっている可能性がありますから、注意が必要です。

切迫流産や早産の心配も出てくるので、下痢と共にお腹の張りや強い腹痛を感じた場合には担当の医師に相談するようにしましょう。

関連記事>>妊娠中にお腹が張る時の対処法とお腹の張りやすいタイミング

薬が飲めないからどうすればいい?教えて欲しい対処法

薬が飲めないからどうすればいい?教えて欲しい対処法

基本的に妊娠中に下痢を起こしてしまっても、薬を飲むことはあまりオススメできません。市販薬の中には、赤ちゃんに悪影響を与えてしまう成分が使用されていることもあるからです。

だからといって、放っておくと妊娠中期の下痢症状は、腸の動きが働きすぎてしまう傾向があることから、子宮収縮を促してしまい、先に触れたように流産や早産のリスクが高まる恐れがあります。

では、下痢になってしまった場合、薬以外にどんな対策をとれば良いのかご紹介します。

関連記事>>妊娠中の風邪薬の関係と妊娠週数毎の胎児への影響

水分補給をして、お腹を温める

妊娠中期において注意したい水のような下痢でなくても、下痢が起きている間は身体に必要な水分まで便と一緒に排出されてしまっています。

そのため、ママに脱水症状が起きてしまうリスクが高くなってしまうので、下痢の症状が見られた場合には水分補給を小まめに行うようにしましょう。

妊娠中のお茶はこれで決まり!ココマガおすすめ厳選7種!の記事では、妊娠中の水分補給として気軽に飲むことができるお茶をご紹介していますので、参考にしてください。

また、下痢が起きている時はお腹を冷やしてしまうのも良くありませんので、お腹を温めてあげることも大切です。

これは胃腸炎から来る下痢の対応策にもなります。靴下を履くなど足元も冷やさないようにして下さい。

消化の良い食事を心掛ける

身体を温める食べ物だけでなく、消化の良い食事をすることも下痢の対策の1つです。また、おかゆやうどんなど消化の良い食べ物を摂取するだけでなく、食べる量を少なめにしてよく噛んで食べることも消化の助けになります。

ヨーグルトなど乳酸菌が含まれる物は腸内を整えてくれる効果がありますから、下痢になってしまった時に摂取してみて下さい。ホットヨーグルトにして温めて摂取するのがオススメです。

また、腸内環境を整えるにはオリゴ糖も非常に効果的です。妊婦さんの便秘や下痢にオリゴ糖が良い理由とおすすめのオリゴ糖や、オリゴ糖で便秘解消!!子供も飲めるオリゴ糖の効果効能の記事にて詳しくご紹介していますので、あわせてお読み下さい。

医師に相談する

自己判断で市販薬(下痢止めや整腸剤など)を使用するのはおススメできませんが、あまりにも酷い場合には、かかりつけの医師に相談することも大切です。

医師の判断によっては、妊娠中でも使用できる整腸剤や乳酸菌の薬を処方してもらえます。妊娠中のママの中には、仕事を続けていて病院へ行く暇がなく市販薬で済ませたいというママもいるかもしれません。

しかし、市販薬の中には妊娠中のママが使用してはいけない薬も販売されているので勝手に使用するのは大変危険です。どうしても市販薬で済ませたい場合には電話でも構いませんので、使用前に必ず医師に相談するようにして下さい。

下痢にならないようにどういうことに気をつけるべき?

下痢にならないようにどういうことに気をつけるべき

妊娠中期の下痢は、冷えや過食からくるものであれば生活習慣を正すことによって落ち着いてくることもあります。

下痢の状態によりますが水のようであったり、他の症状が出てしまっているわけでもなければ、あまり心配する必要もないとされています。

しかし、下痢が起きないよう予防できるのであれば、それが一番です。妊娠中期にできる下痢の予防策としては次の通りになります。日常のちょっとしたことに気を付けるだけで予防策になるので、ぜひ試してみて下さい。

体を温める習慣を作る

下痢の対策でも挙げましたが、湯たんぽやカイロ、腹巻などでお腹を日頃から冷やさないよう心掛けたり、衣服も身体を冷やさない服装を選ぶなど、身体を冷やさない習慣を作っていくことが下痢の予防になります。

また、お風呂にゆっくり浸かったり、温かい食べ物や飲み物を選んで内側から身体を温めてあげることも有効的です。

夏など暑い季節だと温かい服装は難しいかもしれませんが、お腹を出すような服装は避け、冷房で身体を冷やしてしまうのも良くないので、気温に合わせて脱ぎ着できる服装を着ることも冷えの予防になります。

暴飲暴食に注意する

妊娠中期は体調が安定することもあってママはつい暴飲暴食に走りがちです。しかし、妊娠中でなくても一気に何かを食べたり飲んだりするのは胃をびっくりさせてしまい良くありませんし、消化不良になってしまうこともあります。

特に妊娠中期はホルモンの影響で胃や腸が上手く働かず、消化の働きが弱くなっている時期です。下痢を予防するためにも、なるべく食べ方には注意するようにしましょう。

絶対食べてはいけないというわけではありませんが、香辛料や甘い物、脂っこい物など胃の負担になってしまう食べ物や食べ慣れない物を控えるだけでも下痢や胃腸炎などの予防になります。

線維質を摂り過ぎないようにする

豆類やサツマイモなど食物繊維が豊富な物は便秘に良いですし、医師から生活に取り入れることを勧められることもあります。

しかし、繊維質の摂り過ぎは下痢には逆効果なので注意が必要です。個人差はありますが、食物繊維は過剰摂取をすることでお腹を緩くしてしまうことがあります。

だからといって、食物繊維を全く摂らないと便秘になってしまうので、妊娠中期は食物繊維を摂り過ぎない程度に、1日に1品程度にするなど適度に食事に取り入れることが大切です。

まとめ

まとめ

下痢にならないように予防するには、生活習慣を生活習慣を整えることも大切です。睡眠をしっかりとり、御飯も食べ、適度に運動しましょう。

何気ないことかもしれませんが、意識することで自律神経が整えられ下痢の予防になります。ストレスを溜めないようにすることも予防策といえます。

下痢は妊娠が上手く進んでいる証。ただし、症状が酷い場合には我慢せずに病院へ相談するようにして下さい。あまり神経質になり過ぎないように上手く付き合っていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる