妊娠中期に足の付け根が痛むのはなぜ?予防することはできる?




胎盤も完成し、ママの調子も安定してくる妊娠中期は、お腹が目立ち始める時期でもあります。

赤ちゃんの成長が順調な証でもあるので喜ばしいことなのですが、同時にお腹も大きく重くなってくるので、それに合わせて足の付け根に痛みを感じ始めるママもいます。

妊娠中期は初期に比べて身体の変化がはっきりしてきますから、その変化に戸惑っている時に、痛みが唐突に来て心配になってしまうママは多くいます。

そこで今回は、

足の付け根痛い場合は病院に行ったほうがよい?
・足の付け根が痛いけど原因は?
・足の付け根が痛い時は整体に行っても良い?

といった方に、妊娠中期に起こる足の付け根の痛み、その原因と解消法・予防法などについて詳しくご説明します。

関連記事>>妊娠中期につらい腰痛!痛みの原因と自分でできる腰痛対策!

足の付け根の痛みってどんな痛みがあるの?

足の付け根の痛みってどんな痛みがあるの

痛みの感じ方は人それぞれで、個人差があります。痛みを感じていても、初めての感覚にどう伝えたらよいのかわからない人もいます。

しかし、基本的に足の付け根に痛みを感じる場合は共通点があります。共通として挙げられる痛み方としては、引っ張られるような痛みを感じたり、チクチクする痛みや突っ張るような感じがします。

全てのママが当てはまるわけではないですが、足の付け根に痛みが出ると、多くのママが以上のような痛みを感じるとされています。

妊娠中期に足の付け根が痛むのはなぜ?原因は?

妊娠中期に足の付け根が痛むのはなぜ?原因は

妊娠中期は、身体に気を遣いながらであれば初期や後期に比べて、ママのやりたいと思うことを自由にできる時期です。

安心して旅行ができるのも妊娠中期ならではなので、出産前に最後にのんびりしようと、ママの外出も増えます。しかし、そんな時期に足の付け根に痛みを感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

ママの中には、付け根を庇(かば)って歩く人もいますが、そうしているうちにお尻にも痛みがでてきます。

妊娠中期は比較的、身体の不調が少ないので気になるところです。その原因については以下のことが考えられます。

お腹の重みによる負荷

妊娠中期は、今まで目立たなかったお腹が少しずつ大きくなっていきます。お腹が大きくなっていくと羊水の重さと、日々大きくなっていく赤ちゃんの体重も合わさって、結構な重さになり姿勢も前に傾きがちです。

その結果、無意識のうちに姿勢が半身になるため、腰に負担がかかり、腰痛に悩まされるだけでなく、お腹が重くなることによる筋肉の使い方も変わり、足の付け根に痛みを感じるようになります。

女性ホルモンの変化

主に、妊娠初期や後期に多い原因に、女性ホルモンの変化による影響も、足の付け根の原因であるとされています。

女性ホルモンの1つであるリラキシンと呼ばれるホルモンが、初期や後期に体調に分泌されるのですが、このホルモンは出産に向けて筋肉や靭帯を緩くするなど、骨盤を緩ませてしまう作用があります。

そのため、骨盤がぐらぐらとした状態になるので、体重を支え切れなくなることから足の付け根に負担が生じ、痛みを感じます。

中期の場合には、妊娠初期にこのホルモンが分泌されたことにより、足の付け根の痛みが長引いているか、このホルモンで緩んでいたところに、日常生活で骨盤がさらに緩んで、足の付け根の痛みに繋がっていると考えられます。

赤ちゃんへの影響は?病院には行くべき?

赤ちゃんへの影響は?病院には行くべき

お腹の張りや発熱など、症状によっては赤ちゃんへの影響が心配されますが、足の付け根に感じる痛みに関しては、基本的には赤ちゃんへの影響は心配ありません。むしろ、赤ちゃんの成長が順調に進んでいると思って良いです。

ただし、痛みの感じ方にもよりますが、痛みが酷過ぎて眠れない場合や、歩くことにも支障をきたしてしまうなど、日常生活に影響が出るほどの痛みを感じる時は他の病気が潜んでいることもあるので注意が必要です。

代表的なものとしては座骨神経痛で、筋肉や骨のずれにより坐骨神経が圧迫されて痛みが生じている場合があります。そんな場合も考えられますので、痛みが酷い場合にはすぐに病院を受診しましょう。

放置するのは危険?行くなら何科を受診するの?

前述にもあるように、日常生活に支障が出てしまうほどの酷い痛みが伴う場合には、病院を受診することをオススメします。

しかし、足の付け根の痛みはいつまでという期間はなく、出産が終われば落ち着く人もいれば、後期に入って感じなくなるともいわれており、人それぞれです。

また、対策をきちんと取れば、痛みも軽減されて自然と楽になるので、症状によっては病院へ行かず対策をとるだけで十分な場合もあります。

ただし、自己判断するよりは医師に診てもらう方が間違いはないので、不安がある場合には病院を受診しましょう。この際に何科へ行けば良いのか迷うところですが、基本的にはかかりつけの産婦人科です。

そこで診断の上、状態によっては整形外科を紹介をされます。

痛みを解消するには?対処法について

痛みを解消するには?対処法について

足の付け根の痛みは産後には落ち着いてくるとはわかっていても、放置するのは良くありません。そのまま放っておくと、付け根の痛みだけではなく便秘やむくみの症状にも繋がってしまう場合があります。

さらに、妊娠中期では少ないとはいえ最悪の場合には、骨盤が開いて切迫早産になってしまう可能性も出てきます。自宅でもできる対策で足の付け根の痛みは軽減、改善することができます。

自分に合った対策で痛みに対処していきましょう。足の付け根の痛みに良いとされる対処法は次の通りになります。

ウォーキング、スイミングをする

場所がどこであれ、人は痛みを感じてしまうと庇う傾向にあります。足の付け根に痛みが生じてしまった場合にも、運動を控えてしまうママが多いです。

確かに、痛くては運動をしたくてもできないということはあるでしょう。ただし、全く運動をしないのも、この症状には良くありません。

運動をしなくなることで、足腰の筋肉が弱くなってしまい症状を悪化させてしまう可能性があるからです。もちろん、足に負担がかかるような激しい運動は良くないので、対処法としてはママのペースでできる軽い運動がオススメ。

その中でも、外出時や近所のお散歩でも運動になるウォーキングや、足の付け根に負担のかからないスイミングが最適です。

ただし、妊娠中期はお腹が大きくなり足下が見えにくくなってきます。また、身体の重心がズレ始める時期なので妊娠前よりもバランスを崩しやすいです。

そのため、ママが注意していても滑ってしまったり、転倒してしまう恐れがあります。安定期に入っているとはいえ運動中にトラブルがないとは限りません。

参考記事>>運動不足の妊婦さんにおすすめの簡単運動法

何があっても良いように母子手帳、健康保険証、携帯電話、水分補給用のペットボトル、タオルなどは常に持ち歩き、外出先でもすぐに病院へ行けるように準備しておきましょう。

ストレッチをする

足首のストレッチを行うのも、足の付け根の痛みに効果的です。また、痛みが出てしまうのは、骨盤が開いてきているのも原因の1つに挙げられているので、骨盤体操をするのも痛みの軽減に良いです。

ストレッチに関しては、妊娠中のママでもできるエクササイズを行っているスクールもあります。自宅でも行える体操を紹介しているサイトもあります。動画付のサイトもあるので、利用してみましょう。

ただし、自宅で行う際には無理をしない程度に行うようにしましょう。いくら足首に良くても、無理を重ねると逆効果になります。

骨盤に負担のない姿勢を

座る時、つい足を組んでしまったり、横座りしてしまうことはありませんか。人によってそれぞれ楽な姿勢、座り方というものがあると思いますが、足の付け根の痛みには、姿勢も深く関わっています。

そのため、前述に挙げた2つの姿勢は、骨盤を緩めてしまう姿勢で良くありません。また、座る時だけでなく立っている時でも、長時間の立ちっぱなしや片足に重心を預けてしまう立ち方も足首に良くないです。

足の付け根に痛みを感じる時は、なるべく骨盤に負担のかからない姿勢を意識し、立っている時も両足にかける重心のバランスを意識することが大切です。

骨盤ベルトの活用

骨盤ベルトと聞くと、出産後にお世話になるイメージが強いですが、妊娠中にも活用することができます。

足の付け根に痛みは、骨盤が緩んでしまうのが原因なので、骨盤ベルトで腰回りを支え、骨盤の位置を正しく矯正することで痛みの改善や悪化の防止ができるのです。

骨盤ベルトは通販だけでなく、産婦人科でも取り扱っていることが多いです。気になる方は医師や看護師に相談してみましょう。妊娠中だけでなく、産後も使用できるので、持っておくと便利です。

注意して欲しいのが、骨盤ベルトには正しい着用の仕方があることです。きつく巻いてしまうと、血行が悪くなったり、腸が圧迫されるなど身体に悪影響を及ぼします。

また、妊娠中に骨盤ベルトを巻くのは禁止されてないとはいえ、意見は賛否両論です。

妊娠初期から、骨盤ベルトを付けておいた方が効果的という意見がある反面、妊娠初期から中期にかけての活用は筋力の低下を起こすので、避けた方が良いという意見もあります。

締め方にもよりますが、きつく締め上げてしまうと流産や胎児の圧迫などにも繋がるとされ、奇形児といった赤ちゃんに影響が出てしまう恐れもあります。

参考記事>>妊娠後期の骨盤サポート!トコちゃんベルトの効果、徹底解説

そのため、骨盤ベルトを活用する際には自己判断せず、医師に相談することが大切です。相談の上、ベルトを使用することになった場合には、必ず看護師さんに使い方を聞いて下さい。

整体へ行く

妊婦さんを診てくれるかにもよりますが、整体院に行くのも、足の付け根の痛みの対処法です。整体師さんに股関節の緩みを診てもらうことで、骨盤の歪みを整えてもらうことができます。

ただし、骨盤ベルトと同様に自己判断は禁物です。安定期でも個人差があるので、行ってみようと思い立ったら、まず、かかりつけの医師に相談しましょう。

また、担当の医師からOKが出たとしても、適当に選ぶのではなく、妊娠中のママの身体を熟知している、もしくは妊婦さん専門の治療を行っているマタニティ整体院を選ぶことが大切です。

整体院へ行くことが決まったら、整体師の方にも妊婦さんである旨を必ず伝えるようにして下さい。通うのが辛いという場合には、自宅まで出張してくれる整体院もあります。

整体を始めると1回ではなく通うことになると思いますが、体調が良くない場合には、整体師に連絡をし、無理をして行かないことも大切です。

足を温める

痛みを感じると、その部分を冷やして痛みを軽減させますが、足の付け根の痛みには温める方が効果的です。

妊娠中は身体の冷えは大敵なので、身体を冷やすと血流が悪くなり、付け根の痛みだけではなく他の症状を引き起こす原因にになります。

また、赤ちゃんにも良くないので痛みを感じたら、その部分を湯たんぽなどで温めたり、湯船につかって身体を温める、足湯などで対処するようにしましょう。

足の付け根の痛みを予防することはできるの?

足の付け根の痛みを予防することはできるの

妊娠初期や後期にホルモンの影響で骨盤が開いてしまう理由や、妊娠中期からお腹が大きくなっていくことなど生理的な原因が主になるので、足の付け根の痛みには明確な予防法が残念ながらありません。

ただし、効果に個人差があるものの、姿勢など日常生活で骨盤に負担をかけないようにしたり、軽い運動、痛みを感じ始める前に骨盤ベルトを使用するなど対策に当たるものが、予防法ともいえます。

また、上にお子さんがいる場合には抱っこをする機会も多いので、抱き方を工夫したりして配慮を行うことも予防の1つです。骨盤に負担をかけないように意識できることから、始めてみましょう。

足の付け根の痛みに良い対策をいくつか挙げてみましたが、軽減や改善をすることができるとはいえ、その効果には個人差があります。

ママの中には実践していても、思ったような効果が得られない場合もあります。そのため、症状に改善が見られない場合や日常生活に支障が出てしまうほどの痛みであれば、我慢をせず病院を受診することが大切です。

妊娠期間も残り半分です。自分に合った対策で、足の付け根の痛みに対処していきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる