妊娠中期のジャンクフード!安定期に食べたくなるのはなぜ?

妊娠中期のジャンクフード!安定期に食べたくなるのはなぜ?




妊娠生活の初めは、つわりなどで食べるどころではないママが多いはず。食べたくても食べれないというのは結構辛いものです。

しかし、妊娠中期になり症状も落ち着いてくると、今度は「やめられない止まらない」な状態に突入します。

個人差があるとはいえ、まるで妊娠初期の食欲を取り戻すかのように無性に食べたくなってしまうことがあります。この状態の困った点は、ある一定の物をずっと食べてしまうこと。

代表的なのはジャンクフードで、毎食ジャンクフードを食べてしまうママもいるほどです。しかし、一般的にジャンクフードは健康的に食べ過ぎは良くないイメージがあります。

そこで今回は、

・妊娠中期にジャンクフードは食べてもいいの?
・妊娠中期にジャンクフードを無性に食べたくなるのは?
・妊娠中にどうしてもジャンクフードを食べたい時は?

といった方に、妊娠中期にジャンクフードを食べ続けて大丈夫なのか、食べたいときはどうすればいいのかについてご説明します。

妊娠中にジャンクフードは食べない方が良い?

妊娠中にジャンクフードは食べない方が良い

妊娠中期に入っても、つわりの症状が収まらないママの中には、ジャンクフードだったら食べられるというママもいます。

しかし、栄養バランスのことを考えて我慢してしまうママも多くいます。

昔であれば、栄養のことも考えて食べられなくても、身体に良い物を食べるという流れでしたが、現在では、そんな時は食べれる物を食べた方が良いといわれることが多くなってきています。

そのため、徹底的にジャンクフードを避ける必要はありません。ただし、ジャンクフードは高カロリーで塩分も高いです。

食べる際には、食べ過ぎないように量と頻度は考えるようにしましょう。

ジャンクフードって何?

ジャンクフードと聞いてイメージするのは、フライドポテトやハンバーガー、フライドチキンなどなど味付けが濃い物。

つい食べたくなっちゃう味だけど身体に悪いというイメージもあります。一応ジャンクフードには定義があり、その定義においては「栄養価のバランスを著しく欠いた食品」とされています。

ビタミンやミネラルなど身体に必要な栄養素がほぼ含まれておらず、高カロリーで高塩分な食品ということです。

このことから、スナック菓子やホットドック、飲み物であればコーラなどの炭酸飲料も含まれます。

妊娠中期にジャンクフードを食べるときは

妊娠中期にジャンクフードを食べるときは

体調も安定してくる妊娠中期は、今まで食べられなかった分も食べる勢いがあるので、無理矢理我慢するのが難しいところ。

それは女性ホルモンのバランスなど生理的な原因ももちろんあるのですが、我慢しようとすればするほど食べたくなってしまうのが人の性です。

しかし、ジャンクフードの食べ過ぎはママにとっても赤ちゃんにとっても良くありません。この欲求を前に、どのような対策をしていけば良いのでしょうか。

食べる時に工夫を加える

ジャンクフード単品では栄養価が全くないといっていいほどありませんが、そんなジャンクフードに野菜を追加したり、工夫を加えることが対策の1つに挙げられます。

例えば、ジャンクフードの代表であるポテトであれば、それに野菜サラダを添えてみたり、ハンバーガーであれば外食をしないで、自分で野菜を多めに挟んだり、ハンバーグも豆腐を使用した物にするなど自家製を作るという工夫の仕方もあります。

スナック菓子など、デザート感覚で食べたくなるようであれば、ジャンクフードを和菓子や果肉入りのゼリーに変えてみましょう。

栄養バランスを計算する

1日、ジャンクフードを食べないのも我慢できないようであれば、1日の栄養バランスを計算して摂取することも対策の1つです。

毎食栄養バランスを考えるのは難しいですが、1日を総合してしまえば大まかにはなってしまいますがその分、簡単になります。

方法としては、昼食にジャンクフードを食べるようであれば、朝食と夕食は栄養バランスのとれた食事にする、低カロリーを心掛けるというもの。

ただし、栄養バランスを考えるわけですからジャンクフードを食べる際には食べ過ぎないように注意することが大切です。

妊娠中にどうしてジャンクフードが食べたくなるの?

妊娠中にどうしてジャンクフードが食べたくなるの

栄養面からみてもあまり食べない方がよいとされるジャンクフードですが、何故か妊娠したのを境に無性に食べたくなってしまうママが多くいます。

主な症状としては、ジャンクフードしか身体が受け付けない、ポテトだけが食べたくなるなど、ある商品を無性に食べたくなるなどの症状が挙げられます。

妊娠前までは全く好きではなかったにも関わらず、ジャンクフードにハマってしまうママもいます。

どうして、ジャンクフードが食べたくなってしまうのでしょうか。考えられる原因については以下の通りです。

味覚の変化

妊娠をすると女性ホルモンのバランスが急激に崩れてしまいます。これは、ママが赤ちゃんをお腹の中で育てるために必要なことではあるのですが、このバランスが崩れてしまうことで、身体にはさまざまな影響があらわれます。

味覚の変化もその1つです。女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、その影響は自律神経にも及びます。

自律神経は感情のコントロールなどを司る重要な部分なのですが、この神経に影響が出ると味覚もおかしくなってしまいます。

味を感じなくなったり、口の中が常に酸っぱいなど個人差はありますが、ジャンクフードにハマってしまうママは、塩味の感度が鈍くなってしまっていることが多く、味の濃いジャンクフードばかりを食べてしまうようになります。

栄養不足

妊娠中期に入ると、ママの身体は赤ちゃんの成長のために摂取した栄養や水分をお腹の中の赤ちゃんを優先して送るようになります。

その優先度は、摂取した分だけで足りなければ、ママの身体にある分から補おうとしてしまうほど。

この背景から、妊娠中期にジャンクフードが食べたくなってしまう原因として、栄養不足も考えられます。

例えば、ポテトチップスなどのスナック菓子であれば脂質、フライドポテトならたんぱく質と脂質、葉酸を身体が欲している可能性があるということになります。

更に、妊娠中は身体の糖分が足りなくなってしまうこともあることから、本能的に低血糖を避けようと、糖分を求めてジャンクフードを食べてしまうという意見もあります。

ジャンクフードで考えられる悪影響

ジャンクフードは不健康というイメージ通り、食べ過ぎてしまうことでママの身体に悪影響が出てしまう可能性が高いです。

ジャンクフードの食べ過ぎはママだけでなく、お腹の中の赤ちゃんにも影響を及ぼしてしまうことがわかっています。

その影響に関しては以下の通りです。妊娠中のママでなくても、ジャンクフードの食べ過ぎによる健康被害は深刻ですので、気を付けるようにしましょう。

妊娠高血圧症のリスク

フライドポテトやハンバーガーをはじめ、ジャンクフードは塩分がとても高いです。だからこその、病みつきになる味ともいえるのですが、妊娠中のママが食べ過ぎてしまうと血圧が上がりやすくなってしまいます。

血圧が高くなるだけでも身体にとっては良くないのですが、特に妊娠中は妊娠高血圧症のリスクも高まってしまうのです。

少し血圧が高い位であればすぐにママに悪影響を与えることはないですが、この症状を発症するとむくみや蛋白尿などの症状や、脳や肝臓など重要な臓器にも悪影響が出てしまうとされ、発育不全など赤ちゃんにも影響が出てしまう恐れもあるので注意が必要になります。

体重増加、血糖値の上昇

塩辛い、しょっぱいイメージのあるジャンクフードは、種類によっては糖分が多く含まれている物もあります。

そのため、身体は足りない糖分を補う際にジャンクフードを選ぶわけですが、食べ過ぎてしまうと低血糖をカバーするどころか、血糖値の上昇を招いてしまいます。

血糖値の上昇は、妊娠糖尿病に繋がってしまうこともありますので注意が必要です。また、糖分を過剰摂取することは体重管理にも影響を及ぼします。

体重管理を怠ると、骨盤周りや産道に脂肪がついてしまったり、赤ちゃんが大きくなってしまうなど難産になってしまう傾向もあるので気を付けるようにして下さい。

赤ちゃんの肥満の傾向が高くなる

ママがジャンクフードを食べ過ぎると、赤ちゃんが大きくなってしまい、出産にも影響が出ます。

また、それだけでなく生まれた後も赤ちゃんが肥満になりやすい傾向があります。ジャンクフードは定義からもわかるように、身体に必要な栄養価がほとんどありません。

そんなジャンクフードをママが食べ過ぎると、お腹の中の赤ちゃんは生まれてくる環境が、栄養があまり摂取できない場所と認識してしまいます。

その結果、生まれた後、栄養摂取に困らないように赤ちゃんは身体を、少しの食料で多くの栄養が摂れるようにお腹の中で発達させていってしまうので、肥満傾向が高くなってしまいます。

赤ちゃんが生活習慣病になりやすい

妊娠中にママがジャンクフードを食べ過ぎてしまうことで、赤ちゃんが生活習慣病にもなりやすくなります。

生活習慣病とは、糖尿病や高血圧、脂質異常症な生活習慣が発症原因に考えられている疾患の総称です。

ジャンクフードの過剰摂取により、赤ちゃんが将来的に肥満になる傾向が高いのは先に触れた通りですが、肥満になってしまう傾向があるということは、生活習慣病になるリスクも高くなります。

更に生活習慣病はがんや心臓病、脳血管疾患といった三大死因とも関わりが強いとされているので、注意が必要です。

赤ちゃんの精神面に影響も

妊娠中期を含む妊娠中にジャンクフードを食べてしまうことで、生まれてくる赤ちゃんの精神面に影響が出てしまうこともわかっています。

これはオーストラリアの大学による研究なのですが、妊娠中にジャンクフードを食べていたママから生まれた子供は5歳までに鬱、不安症、癇癪といった傾向が強く見られたことが発表されています。

また、攻撃的な性格にもなりやすい可能性があります。精神面の影響は夜泣きなど産後の子育てにも関わってきますので注意したいところです。

妊娠中期の偏食はいつか治まる?

妊娠中期の偏食はいつか治まる

妊娠中期は精神的にも体調的にも落ち着く時期です。そのため、ママにとってはホッと一息をつける時間。

気を付けようと思っていても、つい食べたい物を食べてしまいがちです。ジャンクフードだけでなく、1つの食べ物に夢中になってしまうことも珍しくありません。

しかし、身体の健康やお腹の中の赤ちゃんのことを考えると、ずっと偏食が続いてしまうのも考えものです。実際のところ、この偏食が治まるのは人それぞれです。

一定の期間で治まるママもいますし、遅い場合には出産するまで偏食が治まらないママもいます。

節度を守れば基本的に問題はありませんので、自分に合った対策で上手く付き合っていきたましょう。

ジャンクフードには中毒性もあるので注意!

一時的なものとはいえ、ジャンクフードには中毒性もあるので注意が必要です。その中毒性は過剰摂取することで脳が喜びを感じる働きを鈍らせてしまうほどです。

最初は妊娠したことによるものでも、過剰摂取をしてしまうことで、女性ホルモンなどの原因関係なく身体がジャンクフードを欲してしまう危険性もあります。

以上のことから、ジャンクフードの恐ろしさはタバコ以上ともいわれています。先にも触れたように、ジャンクフードの食べ過ぎはママの身体にも赤ちゃんにも悪影響を与えます。

ジャンクフード中毒にならないように、ママ自身も欲求に流され過ぎないことが大切です。

ジャンクフードの制限はストレスにならない程度に

とはいえ、食べたいと思うものを節制するというのは大変なことです。対策をとるにしても、したいことを制限するようなものなので、人によってはストレスを感じてしまうこともあります。

ジャンクフードの食べ過ぎは良くありませんが、ストレスも母子の健康に良くありません。また、ストレスが溜まり過ぎると、その反動で爆喰いをしてしまうこともあるので注意が必要になります。

対策を行う際には、ストレスにならない程度に対策を実践していくことも大切です。

まとめ

まとめ

ジャンクフードの悪影響も心配なところですが、無理は禁物です。1、2回食べたくらいでは母子に影響はないので、栄養のバランスを考えながら時には息抜きの日を作ってストレスと折り合いをつけることも大切です。

対策をとっていても症状に改善が見られない、不安を感じるようであれば1人で抱え込まないで医師に相談するようにして下さいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる