妊娠中期に高熱は危険?赤ちゃんへの影響と薬に頼らない風邪対策

妊娠中期に高熱は危険?赤ちゃんへの影響と薬に頼らない風邪対策



妊娠前はちょっと無理をしてでも大丈夫。と放っておいたものが、妊娠すると途端に不安となって悩むママは少なくありません。

お腹に赤ちゃんがいることもあって、対応策や身体に及ぼす影響が今までと変わってしまうからです。風邪による高熱もその1つ。

特に、安定期に入り外出することも多くなる妊娠中期は、ウイルスや細菌などの病原体に感染する機会も増えてきます。

普段であれば薬を飲んで治すところですが、赤ちゃんのことを考えると軽い気持ちで飲めません。また、多少の発熱なら自然に治るのを待つという人も、

体力や免疫力が低下しがちな妊娠中は放っておいてこじらせてしまう…なんてことも多々あります。

そこで今回は、

・妊娠中期に高熱が出てしまった!お腹の赤ちゃんは大丈夫?
・病院に行くのも大変だから、市販の漢方薬なら飲んでも安全?
・妊娠中の風邪対策を教えてほしい!

といった方に、妊娠中期に高熱が出た時の赤ちゃんへの影響や風邪の対処法について詳しくご紹介します。

妊娠中期も注意したい風邪

妊娠中期も注意したい風邪

妊娠中の発熱はどの時期であっても注意しなければなりません。ただでさえ免疫力や体力が低下しやすい妊娠中は、些細な風邪であってもあっという間に重症化して、気管支炎や肺炎に進行することも珍しくありません。

また、なかには子宮収縮を引き起こして、流産や早産につながるケースもあります。 また、ママが発熱すると、お腹の赤ちゃんの心拍数も上がるなど、赤ちゃんにも影響する場合もあり、

病原体によっては胎盤を通して赤ちゃんに感染してしまうものもあります。

安定期と言われる妊娠中期は、辛いつわりも終わる人が多く、まだまだお腹も大きくなっていないので動きやすいため、妊娠期間の中で最も快適に過ごすことができる時期と言ってよいでしょう。

しかし、体調が安定している妊娠中期でも、免疫力が低下していることに変わりはないので、妊娠前よりはるかに風邪を引きやすいものです。

また、妊娠中期は旅行など外出する機会も増え、ウイルスや細菌などの病原体をうつされてしまう機会も多くなります。

そのため、手洗い・手指消毒などをきちんと行い、予防を徹底することが大切です。

風邪による高熱に注意!

妊娠中の高熱に注意といわれると、通常の風邪と違う症状が出てしまうのかと思いますが、妊娠中に風邪を引いても、基本的に症状は同じです。

喉の痛みや身体のだるさから始まり、体内に侵入してしまったウイルスや細菌を出そうと咳やくしゃみ、鼻水などの症状が起こります。

しかし、注意したいのは発熱です。37度前後の微熱であれば妊娠中であっても2~3日、安静にしていれば心配ないですが、問題は重症化して38度以上の高熱が出た場合です。

免疫力が低下しやすい妊娠中は単なる風邪が重症化して気管支炎や肺炎に進行することも多いのです。また、中には風邪と思っていても、絨毛膜羊膜炎など流産や早産の原因となる病気が原因のケースもあります。
妊娠中は微熱であっても発熱が見られた場合は、軽く考えずかかりつけの産婦人科に相談するようにしましょう。

高熱による赤ちゃんへの影響

高熱による赤ちゃんへの影響

たとえ風邪だとしても、免疫力の低下を理由に、妊娠中のママは1度風邪を引くと治りにくく、重症化することもあります。さらに、高熱が出ると更なる体力の低下や脱水の心配もあります。

それと同時に心配になってくるのが赤ちゃんへの影響。様子が目で見てわからない上に、ママ自身が苦しいことを考えると、お腹の中にいる赤ちゃんは、もっと苦しそうなイメージがあります。

実際、高熱が出てしまった場合、赤ちゃんにはどのような影響が考えられるのでしょうか。

38度以上は要注意

お腹の中の赤ちゃんの体温は、胎児自身の代謝熱の生産や子宮への血流量、母体の体温によって左右するとされています。その中でも、大きな影響を与えるのが母体の体温です。

赤ちゃんにも代謝熱があるので、基本的には赤ちゃんの皮膚や臍帯から胎盤を通じ、熱を母体や羊水に放射して赤ちゃんも体温調節を行うことができます。

通常の赤ちゃんの体温は36.5~37.5度程度と、ママよりも少し高い体温を維持しています。ですが、38度を超える発熱が何日も続くと羊水の温度も上がり、赤ちゃんへ影響が出てしまう恐れがあります。

咳をこじらせると酸欠になる場合も

風邪をこじらせると、体温が高くなるだけではなく気管支炎や肺炎などに進行して咳が出やすくなることも問題になります。

特に激しい咳は腹圧がかかり、お腹が張って、流産や早産を導きかねません

また咳が酷くなると、ママは息がしづらく、酸欠状態になりやすいです。赤ちゃんはお腹にいる間は、胎盤から臍の緒を通じて、血液から酸素を得ています。

そのため、ママが酸欠になると血液の酸素濃度も低下し、赤ちゃんにも影響が出ます。

病院は必ず行くべき?

病院は必ず行くべき

妊娠前であれば、微熱程度であれば自然に治るのを待つという人も多いでしょうし、多くは問題なく自然に治ります。

しかし、妊娠中は単なる風邪が重症化することも多く、妊娠中に感染すると赤ちゃんに重大な影響を及ぼす病原体が原因になっていること、流早産を引き起こす病気が原因になっていることもあります。

何が起こるか分からない妊娠期間。そして、何かが起きてしまってからでは遅い妊娠期間。体調管理に関しては細心の注意を払うに越したことはありません。

お腹の赤ちゃんのためにも、微熱や喉の痛みなどが見られた場合には、重症化する前に病院を受診するようにしましょう。

受診の際には、他の感染症にかかるリスクを少しでも減らすためにマスクの着用を徹底し、こまめに手洗い・手指消毒をするようにしましょう。

何科を受診すれば良いの?

風邪による高熱となると、普段通りであれば内科を受診するところですが、妊娠中のママはかかりつけの産婦人科を受診しましょう。

お薬を処方することになった場合、内科医だと妊婦さんに処方して良い薬を把握できていない可能性もあります。

その点、産婦人科は妊婦さん専門の外来なので、担当の医師であればママの普段の体調をしっかり把握しており、薬の処方の面でも安心です。

また、産婦人科から内科医、くしゃみなどの症状があれば耳鼻科医を紹介してくれる場合もあります。ただし、他の科を受診する場合には、紹介であっても妊婦さんであることを医師に伝えることが大切です。

判断に迷う場合には病院にすぐに行くのではなく、かかりつけの産婦人科に電話して指示を仰いでから、病院を受診しましょう。

風邪薬は飲まない方が良いの?

風邪が原因とわかっていれば市販薬を使用しても良さそうですが、妊娠中に市販薬を服用するのは大変危険です。

母子手帳にも注意事項として書かれていることですが、市販薬の中には一般の人が使用する分なら問題ないものでも、妊娠中のママが使用することで、ママやお腹の赤ちゃんに害をもたらす成分を含んだ薬も販売されています。

そのため、自己判断で市販薬を服用するのは絶対止めましょう。薬を使用する場合には、病院を受診し、医師から赤ちゃんに影響のない薬を処方してもらいましょう。

詳しくは、妊娠中の風邪薬の関係と妊娠週数毎の胎児への影響の記事でご紹介しています。

ただし、医師に処方された薬であっても、用法用量を守って服用するようにしましょう。

漢方薬なら安心?

最近では、病院に処方してもらえても、赤ちゃんの薬の影響による心配から、漢方薬を服用するママもいます。漢方薬もまた、ドラッグストアなどで手軽に手に入りますが、市販薬と同様に自己判断で服用するのは危険が伴います。

原料が植物など天然の物なので、確かに市販薬より副作用の心配がなさそうですが、妊婦が服用することに対する安全性は確立しておらず、妊婦は服用してはならないとされる成分が含まれるものも多々あります。

そのため、漢方薬を使用したいと思っても、妊娠中は医師に相談の上、赤ちゃんに影響の少ない、体質に合った漢方薬を処方してもらいましょう。

薬に頼らない風邪対策

薬に頼らない風邪対策

高熱、もしくは発熱が2~3日長引くのは、ママにとっても赤ちゃんにとってもよくありません。そのため、風邪を引いてしまった場合には早め早めに回復していくことがポイント。

こじらせることが一番良くないですから、母子の健康のためにも軽い症状のうちに回復するように努めていきましょう。市販薬の影響が心配になる妊娠中期に、薬を頼らない対策方法としては以下の通りです。

ただし、前述にもあるように微熱であるうちに何とかしたいので、体調の変化や何らかの症状がある場合には、かかりつけの産婦人科を受診しましょう。

一般的な対策で十分!

40度近い高熱や症状が長く続いてる場合など、その時の症状にもよりますが、妊娠中のママが風邪を引いてしまった場合でも、基本的には普段の風邪対策でも良いとされています。

ただし、市販薬の薬はNGです。一般的な風邪の対策としては、身体を温かくして、食べられる物を食べるなど栄養と水分をしっかり摂り、睡眠をしっかり摂るといったことが挙げられます。

発熱が見られれば、頭や首もとのリンパ節、脇の下を冷やすのも効果的です。ただし、お腹を冷やすと子宮収縮を引き起こすことがありますので、冷やす部位には注意しましょう。

また、熱が出てしまうと汗をかきやすくなると同時に脱水症状にもなりやすいので、水分補給を怠るとママにも赤ちゃんにも良くないです。

そのため、水分補給は小まめにするようにしましょう。水分を補給する際には、冷たい水より常温の電解質が含まれた経口補水液などの方が良いです。

身体を温かくする食事を

バランスのとれた食事をすることも風邪対策の1つです。そんな食事の中でも、風邪に良いとされているのが、レモンやショウガなどの、身体を芯から温めてくれる食べ物です。

代表的なのは食欲がない時でも喉を通りやすい飲み物系で、ハチミツレモンや生姜湯、煎茶にすり潰した梅干を入れ醤油を垂らした梅醤油茶と呼ばれる、発汗作用を促す物もあります。

また、風邪を引きやすくなってしまうのは妊娠による免疫力の低下が原因ですから、ビタミンCを中心に補給しましょう。

体力をつける

高熱になる前に身体の回復を早めるには、妊娠前から風邪に負けない体力を作っておくことも対策です。そのためには、栄養バランスのとれた食事をしっかり摂り、不規則な睡眠をせずにゆっくり眠ることも大切です。

また、適度に運動をすることも大切になります。きちんと体力作りをしておくことで、風邪を引いても回復スピードが速くなるケースもあります。

義務感に囚われてストレスを溜めるのも身体に良くないので、自分のできる範囲で風邪に負けない、元気な身体を目指したいものです。

風邪を予防しよう

風邪を予防しよう

風邪が悪化しないように対策をすることはもちろんですが、何よりの対策は風邪を引かないように予防することです。そのため、手洗いとうがいは必ず行いましょう。

また、殺菌力のある精油を、アロマポットやマグカップに注いだお湯に2~3滴精油を垂らして芳香浴をするのも、無菌状態にするのは難しいですがおススメです。

また、病院に行く時だけでなく、家族の中に風邪を引いた人が出た場合には、家の中でもマスクをしましょう。徹底する場合には、その人の風邪が治るまで、なるべく別室で過ごすことも予防になります。

妊娠中期はママが伸び伸びと過ごせる貴重な時期でもありますから、外出を絶対しないというのは無理があります。さらに、出不精も運動不足などの元になり、ママにとっても赤ちゃんにとっても身体に良くありません。

外出はストレス解消にも効果があります。予防法を怠らないようにしながら、外出を楽しみたいものです。ただし、外出をする場合には病原体菌の集まりやすい人混みは、なるべく避けるようにしましょう。

また、高熱が母子ともに悪影響があるとはいえ、神経質になり過ぎるのも身体に毒です。先に挙げた対策法も効果には個人差があります。まずは体調の変化や軽度な症状が見られた段階で病院を受診し、重症化するまえにしっかり治すことを心がけましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠のカテゴリー

妊娠報告・出産報告葉酸サプリ妊娠中のスキンケア
妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線妊娠中に便利なサービス・アプリ
妊娠中の仕事妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理妊娠中の栄養・食事
妊婦健診産休・育休産院選び
保険胎動
妊娠報告・出産報告葉酸サプリ
妊娠中のスキンケア妊娠中のファッション
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線
妊娠中に便利なサービス・アプリ妊娠中の仕事
妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理
妊娠中の栄養・食事妊婦健診
産休・育休産院選び
保険胎動
目次
をみる
関連記事
をみる