足が痛い!妊娠中期の足の痛みの原因と解消・予防法について

足が痛い!妊娠中期の足の痛みの原因と解消・予防法について




妊娠中期に入りお腹が大きくなってくると、足が痛い・だるいと感じる妊婦さんが増えてきます。

このだるさや痛さが夜になっても治らず、よく眠れなくなり、昼間もなんとなく気分が悪かったりして、外出するのが億劫になってくることも。

妊娠中、足に感じる異変については、よく起こることです。では、どうして足が痛くなったり、だるくなったりするのでしょうか。

その背景には、妊婦さん特有の症状や栄養不足が隠れていることがあります。

そこで今回は、

・足が痛くて夜も寝れない、病院に行ったほうがいい?
・足の痛みだけじゃなく、足がつるって病気?
・足の痛みなどの解消法を教えてほしい!

といった方に、早めにケアをすれば防ぐこともできる、妊娠中期の足の痛みの原因・予防法・解消法について詳しくご説明します。

関連記事
>>妊娠中に足がつる原因と対処法
>>超簡単!妊娠中のむくみ解消法

足が痛い、だるい!その原因は?

足が痛い、だるい!その原因は

妊娠中期の足の痛みとだるさ、まずはその原因はどのようなことかみていきましょう。

自律神経が乱れているために起こる

妊娠すると体は大きく変化し、生活もこれまでとは異なり食生活や運動など、日常で注意しなくてはいけなかったり、節制しないといけないことが増え、気がつかないうちにストレスがかかり、自律神経が乱れてきます。

自律神経が乱れることで、体の代謝機能が低下し、排出されなかった水分が足に溜まってしまいます。人間の体は重力の影響で血液や細胞間の水分が下に下がりやすく、そのため水分が足に溜まって痛みやだるさが出てきます。

この足の痛みやだるさは「むくみ」の初期の症状でもありますので、そのまま水分が排出されずにどんどん下半身に溜まっていくと、足が完全にむくんでしまうことになります。

参考記事>>妊娠後期は要注意!妊娠中の足のむくみケアで、産後は美脚美人に!
 

鉄分の不足により起こるだるさ

妊娠中はお腹の赤ちゃんに血液を媒介して栄養を送っているので、鉄分が不足しやすくなります。特に妊娠中期には赤ちゃんも成長してくるために、妊娠前よりも鉄分は多く必要になります。

鉄分が不足すると、めまいや立ちくらみなどの鉄欠乏性貧血の症状が見られる他に、倦怠感や足のだるさの原因になります。

また、足がだるくてなんとなくむずがゆいような、動かしたくてなかなか落ち着かないような、もぞもぞとする感覚があれば、「むずむず脚症候群」の可能性がります。

妊婦さんの5人に1人は、このむずむず脚症候群にかかることがあり、あまり知られてはいませんが意外とポピュラーな病気です。むずむず脚症候群の発症も、鉄分不足が原因の一つとして挙げられます。

単なる足のだるさだけではない、妙な違和感があるので、少しでもおかしいなと思うことがあれば、かかりつけの医師へ相談してみましょう。

このように、足がだるいと感じるようなことがあれば、一度毎日の食事の内容を見直してみましょう。鉄分がどのくらい摂れているのかを客観的に見ることでメニューに追加し、予防することが可能になります。

また、鉄分は赤ちゃんに栄養を送るために必ず必要な栄養となりますので、鉄分不足だと未熟児になりやすいので注意しましょう。

ビタミンB1の不足による痛みやだるさ

鉄分の他に、ビタミンB1が不足することでも、末端神経障害を引き起こして脚気になる可能性があります。脚気になると足のむくみや痺れなどの症状が出てきます。

妊娠初期ではつわりなどで食べられなくなり、栄養バランスを崩してしまいがちです。

また、多少味覚も変化するために、これまで好きだったものがあまり欲しくなくなったり、これまで食べなかったものを欲するようになったりと、食べ物の種類にばらつきが出やすくなります。

このように、食生活が乱れることで、ビタミンB1の摂取が減少し、足のだるさや痛みを引き起こしている可能性があります。

同じ姿勢を続けていることで起こるむくみ

妊娠中期の頃から徐々にお腹も大きくなり、体を動かすのも一苦労になります。また思ったように動けないので、多くの妊婦さんが運動不足になりやすい傾向にあります。

まだ会社で働いている妊婦さんであれば、座りっぱなしや立ちっぱなしという状態もあるでしょう。いずれにしても、同じ姿勢で動かないことが多くなる頃です。

そうすると、足の血流が悪くなり、血液を心臓へと戻すポンプの役割を果たす筋肉がこわばってしまい、うまく動かなくなります。

筋肉がうまく動かないと、足の血液が循環されないため、血が溜まりだるさを引き起こす原因になります。

静脈瘤が原因での足のだるさ

妊婦さんが注意しなくてはならない足のだるさの一つに「静脈瘤(じょうみゃくりゅう)」があります。静脈瘤は特に下半身に出やすく、血管がコブのようにふくれてしまう症状が出ます。

静脈瘤を放って置くと、下肢の浮腫や痛みなど、さらに症状が進行する場合もあるため、静脈瘤ができたら違う病気の前触れだと思いましょう。

妊娠すると、赤ちゃんの成長に伴って子宮が大きくなります。そのため、足の付け根にある静脈(太い血管)を圧迫することになり、腰より下の下半身の血流が悪くなります。

そもそも血流が悪くなっていることから、足の血液を心臓へと押し戻す力も弱まってしまい、足には余計に血液が溜まりやすくなります。

このとき、心臓から足へ流れる血は、途中通過する臓器などの老廃物も一緒に足へと流れることになるので、老廃物を含んだ血液が心臓へと戻らず足に溜まり、さらに足がだるく感じます。

足の静脈は重力に逆らい、心臓へ向かって流れるようになっていますが、このときに血液が逆流しないよう静脈にはストッパーの役割をする弁が付いています。

そのため、血流が悪いことでこの流れがより止まりやすくなってしまうのです。妊娠中は自律神経の乱れや栄養不足もあり、ただでさえ血液が滞りやすくなるため、足のだるさは重ねてきつくなります。

また、赤ちゃんへ栄養を届けるために妊娠中は全身の血液量が増えるので、静脈機能が低下しているところへ多量の血液が足へ流れ、滞ることになれば、足のだるさの症状はますます重くなります。

このように、子宮が血管を圧迫することで足の痛みやむくみが出る場合もありますが、静脈でストッパーの役割をしている弁の動きが鈍くなります。

それにより、心臓に戻るはずの血液が逆流してしまうと、その箇所に血液が溜まり、コブのようにふくらんでしまったり、青筋が立ったように見えることがあります。これが「静脈瘤」です。

静脈瘤ができやすいのは主に下半身です。太もも、ひざの裏、すね、ふくらはぎ、お尻、肛門、膣などにできます。静脈瘤ができると、まず血管がふくれて見た目が変わるのですぐにわかります。

他にも足が疲れやすくなり、むくみや足がつりやすくなります。ときには痛みやかゆみもあります。足にコブのようなものができて、このような症状が併せてでた場合には静脈瘤を疑いましょう。

静脈瘤がなぜ妊娠中に起こりやすいのかというと、それは妊娠したことによって起こるホルモンバランスが関係しています。妊娠中は母体を支えるための黄体ホルモンが増加し、大きくなるお腹の支えとなります。

ところが、この黄体ホルモンは、静脈の弁がしまるのを抑制する働きがあり、弁がうまく機能しないと、そこに血液が溜まってしまい、結果、静脈瘤となってあらわれるのです。

静脈瘤になると、階段を昇るのも精一杯になり、足が上がらなくなることもあります。異常な足のだるさや痛み、むくみなどがある場合には早めに対処をするのが賢明です。

妊娠中の足の痛みやだるさはどうやって解消したらいいの?

妊娠中の足の痛みやだるさはどうやって解消したらいいの

それでは、このような足のだるさにはどのような対処をしたら良いのか見ていきましょう。 
 

自立神経の乱れには「睡眠」

もし慣れない生活へのストレスや疲れが原因なのであれば、まずは十分な睡眠をとることで自律神経を安定させます。自律神経の乱れは寝不足からくることが多いので、体をゆっくりと休ませてあげましょう。

睡眠の質が下がらないように、寝る前に強い光は見ないようにします。テレビやスマートフォンも寝る1時間前には終わりにしましょう。蛍光灯の明かりよりも間接照明で眠りやすい環境を整えます。

よく読書などをしてから寝る方もいますが、続きが気になるような内容だと逆にアドレナリンが出て脳が活性化してしまい、眠れなくなってしまうのであまりおすすめしません。

音楽もリラックスには良いですが、歌詞の意味を考えてしまうので寝る前にはインストやBGMなど、神経を刺激しないような選曲をしましょう。

妊婦さんはできるだけ夜10時までにはベッドに入る方が良いです。少なくとも睡眠時間は6時間以上は確保しましょう。寝ている間に、足に溜まった水分を上半身へ流しやすくするため、足を高くして眠ると効果的です。

鉄分・ビタミン不足には「栄養バランスを整える」

食事の内容を見直して、栄養のバランスが偏っていると感じたときには、やはり足りない栄養分を補うことで解消します。その際メニューに取り入れたいのが、「豚肉」・「大豆食品」・「アーモンド」です。

いずれも栄養価が高く、中でもアーモンドは少量でも鉄分とビタミンB1を摂取することができるため、妊娠さんにはおすすめの食品です。

しかし、ナッツは脂肪分も多く含まれているため、食べ過ぎるとやはりバランスを崩します。1日20粒までを限度とし、小腹が空いたら食べる程度に抑えておきましょう。

あくまでも通常の食事の補助食として食べるようにします。

食事は摂ってすぐに効果が出るわけではありませんので、最低でも1週間は様子をみます。少しずつ改善効果が見えるようであれば、食事の内容を調整していきましょう。

普段の食事は妊婦さんのためだけではなく、赤ちゃんの栄養としても取り込まれるものなので、しっかりとバランスを考えて効率よく摂取しましょう。

同じ姿勢によるだるさであれば「運動」

どうしても運動不足になりがちな妊婦さんですが、妊娠中期であれば、まだ軽度の運動はしても問題ありません。むしろ少し体を動かした方が、ストレスも発散できて良いです。

激しい運動はできないので、ウォーキングなどの軽めのスポーツにします。マタニティヨガやマタニティスイミングなど、妊婦さんのためのプログラムを用意しているジムもあります。

一人で運動するのはちょっと・・・という方は、このような施設を利用してみましょう。

運動不足の妊婦さんにおすすめの簡単運動法の記事でも妊婦さんにおすすめの運動法をご紹介していますので、参考にしてみてください。

静脈瘤になったときの対処法

妊婦さんがなりやすい静脈瘤ですが、症状が出る前に予防することもできます。その予防法の代表的なのが「弾性(着圧)のあるストッキング」をはくということです。

妊娠していない方でも、ボディラインをキープするために使っている人もいらっしゃいますが、弾性のあるストッキングも、お腹までを包むマタニティ用があります。

妊娠中は、お尻や膣にも静脈瘤ができやすいので、できるだけ、下半身全部を圧迫できるタイプが良いです。

下半身に適度な圧力を加えることで、血液の戻りを助け、静脈瘤の発生を予防し、静脈瘤ができてしまった場合の対処法として使用できます。

また、下半身は心臓よりも下にあるので、血液をまた心臓へ送り戻すのには、血液を下へ送るときの倍のパワーが必要となります。

ですので、立ったり、座ったりすること自体、体にはかなりの負担がかかっているのです。静脈瘤の予防という観点であれば、腰から下の下肢はできるだけ上げて、座ったり寝たりする方が効果的です。

まだお勤めされている方であれば難しいかもしれませんが、立ち仕事をする時間が長いと発症の確率が上がりますので、できるだけ立ちっぱなしにならないように気を付けましょう。

ときどき歩いて血流を促したり、座り仕事の方であれば足を組んで血液の流れを止めてしまうのはやめましょう。高齢の妊婦さんはより発症率が上がりますので、十分に注意が必要です。

ホルモンの影響を大きく受けて出る症状ですので、ストレスが溜まっていると感じたらできるだけ安静にしたり、軽い運動で発散するように心がけましょう。

お腹が大きくなる前から弾性や着圧型のストッキングの着用を習慣づけておくのもおすすめです。

静脈瘤はひどくなると炎症を起こし、腫れや痛み、熱を出すこともありますので、万が一発症して、悪化するようであれば、我慢せずに早めに医師へ相談をしましょう。

痛みやだるさだけじゃない!足がつる場合

痛みやだるさだけじゃない!足がつる場合

足の痛みやだるさだけではなく、急に足がつってしまうという症状もあります。妊娠に伴い赤ちゃんを育てる環境を整えるため、体内ではさまざまな変化が起きており、足がつるという症状も妊婦さんにはよく起こります。

足がつる原因には血流の悪化や冷え、栄養不足がその要因として挙げられます。冷えや栄養不足が原因であれば、普段の食生活を少し見直すだけでも改善されるので、この症状が良く出るという方は、ぜひ取り入れてみてください。

関連記事>>妊娠中に足がつる原因と対処法

食事で症状を和らげる

妊娠中は必要な栄養素が先に赤ちゃんへと届くようになります。そのため、ミネラルやビタミンなど筋肉の動きを助けたり、筋肉疲労を防ぐ栄養が母体には不足しがちです。

足がつる原因にも、栄養不足からくる筋肉の働きの低下が原因の一つとして挙げられます。ですので、妊娠中は特に、ミネラルやビタミンなどを豊富に含んだ食品を、積極的に食事に取り入れるようにしましょう。

ミネラルやビタミンを多く含む食品ですが、カボチャや海藻類、ひじきやアーモンドにマグネシウムが含まれます。マグネシウムにはこわばった筋肉を緩める作用があります。

ホウレン草や里芋、納豆やバナナにカリウムが含まれています。カリウムはむくみにも効果的です。カルシウムは、牛乳などの乳製品や小魚、豆腐などに多く含まれビタミンB1は筋肉疲労を予防する栄養素です。

豚肉やうなぎ、牛乳や卵に含まれます。アミノ酸の一種であるタウリンは、イカやタコ、貝類などに多く含まれています。中でもアーモンドは、マグネシウムだけでなく鉄分やビタミンB1も含まれているので、補食としておススメです。

体を冷やさない

妊娠中は、子宮が血管を圧迫して血液が悪くなります。血流が悪いと体が冷えやすくなり、疲労物質も外に排出されにくくなってしまいます。

疲労物質が溜まると筋肉がスムーズに動かなくなり、足がつる場合もあります。また、ホルモンのバランスも崩れてくるので、体温調節が難しくなります。

妊婦さんはいろいろな要因で、冷えを感じやすい体になっているのです。冷えると筋肉が硬直して足がつる原因につながりますので、できるだけ体を冷やさないようにすることが大切です。

体の中から温めるのであれば、しょうがなど辛味成分が入った食材がおすすめです。しょうがであれば、生姜湯や薬味としても取り入れやすいので、積極的に使ってみましょう。

他にも、ごぼうや大根、にんじんといった根菜類も体を温めてくれる食べ物です。また、水分補給の際には、体を冷やさないようできるだけ温かい飲み物をとるようにしましょう。

マッサージで改善させる

足がつった場合、慌ててつった部位をマッサージするのは逆効果です。硬直した筋肉に外から強い衝撃を与えると、逆に肉離れを起こす可能性があるのでやめましょう。

足がつった時は、ゆっくりと足の筋を伸ばします。つま先を手でつかんで、手前に倒しながら足の裏を少しずつ反らしていきます。

じんわり筋肉が伸ばされると、徐々に痛みや強張りも引いてくるので、もう一度足首を回して筋肉をほぐします。また、つった足は冷やすのではなく、温めてあげます。

そもそも血流が悪いことが原因の一つですから、さらに冷やしては悪化するだけです。足がつったときは、蒸しタオルなどを当てたり、温かいお湯に足を浸すなどして、血流を促すことが大切です。

血流が良くなることで筋肉がゆるみますから、痛みや張りも次第に収まります。その際には、できるだけ水分を一緒にとりましょう。体の外側から温めることも大切なので、温度調節もこまめに行います。

特に寝ているときは冷やさないように気をつけなければいけません。ですが、布団の重みで筋肉に圧力がかかってしまい、逆に足がつるという可能性もありますので、羽毛布団など軽くて温かい布団をかけるようにしましょう。

夏はエアコンをつけたまま寝ることもあるでしょうが、足先が冷えやすいので室温に気をつけることが大切です。

まとめ

まとめ

妊娠での体の変化によってさまざまなトラブルが起きやすいですが、食事への配慮やストレスなど、日頃から気をつけておけば予防になります。

「妊婦さんは静脈瘤になりやすい」ということを知っておけば、そのための対策もとれます。それでもなってしまったときはあまり落ち込まず、悪化する前に早めの対処をして、症状と上手に付き合っていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる