妊娠中期に髪を染めても平気

妊娠中期にプリン髪を染めても平気?出産まで我慢するべき?




妊娠初期は安静に過ごしていることが多いですが、妊娠中期に入るとママもアクティブに動くことができるようになります。そのため妊娠初期に我慢していたことを妊娠中期に実行したくなるものです。

妊娠初期は受精卵が細胞分裂を繰り返しながら赤ちゃんへと成長していくので、禁止されていることや気をつけなくてはならないことが多いです。

しかし、妊娠中期にはすでに赤ちゃんがしっかりとした成長を見せてくれるため、安心して今までできなかったことに取り組めます。

近年ではおしゃれの一環として髪の毛を染めるママも多いですが、ある程度髪が伸びてくると、上の部分と下の部分で色が違って、プリン状態になってしまいます。

そこで今回は、

・妊娠中期に髪を染めたら赤ちゃんに悪影響?
・妊娠中期のプリン髪を家で染めるのはよい?
・プリン髪でも染めないですむアイテムは?

といった方に、妊娠中期に髪の毛がプリン状態になったら髪を染めても大丈夫なのか、赤ちゃんやママへのリスクを考えながらプリン髪を目立たなくする工夫などについて詳しくご説明します。

妊娠中期はやりたいことが増える

妊娠中期はやりたいことが増える

妊娠初期はつわりもあり、髪がプリンになっても髪を染めることはなかなか難しいです。髪を染めるときのニオイが気になって、我慢していたママも多いです。

そういったことから、つわりなどがなくなってくるとプリンのままでいるのは恥ずかしく染めたくなるものです。さらにママ自身も動きやすくなり、美容院に行きたくなります。

ママは体調がよければ、プリン髪を染めるのは特に問題ないのでしょうか?

妊娠中期でもプリン髪は染めないほうがよい?

プリン髪は染めない方がよい

妊娠中期を迎え髪がプリン状態になっていても、できれば染めないでそのまま我慢するほうがいいです。その理由について以下でお話していきます。

頭皮へのダメージが強い

ママの体のことを考えると、できる限りプリン髪を染める行為は避けましょう。妊娠中期のママはお肌がデリケートになっており、プリン髪を染めることで頭皮が大きなダメージを受け、ひどい炎症を起こしやすくなります。

炎症を起こしてもスムーズに治れば良いですが、体質や季節によっては化膿することもあります。こうしたトラブルを避けるためにも、やはりプリンの状態のままでも我慢したほうがいいです。

気分が悪くなる場合がある

美容院でプリン髪を染める場合、最低でも1時間以上は座っていなければなりません。同じ体勢で座っていると気分が悪くなることもあります。美容院で髪を染めるために、ケープ類をニ重につけることも珍しくありません。

ただでさえ妊娠中期のママは体温が高く、ケープを重ねてプリン髪を染めているあいだに気分が悪くなることも十分考えられます。気分が悪くなったからといって、染めている髪を途中で洗ってしまえば仕上がりが悪くなります。

このようなリスクを考えても、やはり染めるべきではないのです。

妊娠中期の染髪は赤ちゃんに影響ある?

赤ちゃんに影響ある

妊娠中期にプリン髪を染める行為は、赤ちゃんに対し大きな影響を与えるものではありません

それでも、もしかすると赤ちゃんに影響があるのではないかと心配なママのために具体的な部分をお話しします。

安定期に入っているので特に問題なし

妊娠中期は安定期とも呼ばれており、上でもお話したとおり細胞分裂などはある程度落ち着き、赤ちゃんもぐんぐん成長し始めています。そのため、プリン髪を染めることによる悪影響はありません。

それでも妊娠中期のママがカラーリングをすると染毛剤に含まれる成分が、赤ちゃんに悪影響を与えるといわれることがあります。ですが、実際に悪影響を与えたという報告はひとつもありません。

赤ちゃんへの悪影響はないので、過度な心配はいらないのです。

プリン髪を染めるなら美容室に行くこと

基本的には妊娠中期に髪を染めるのは、ママの体調を考えた場合には避けたほうがよいです。しかし、あまりにも見た目が悪くどうしてもプリン髪を我慢できないのであれば、美容室で安全に染めましょう。

市販されている染毛剤を購入し自分で染めることはおすすめできません。美容室ならば頭皮の状態などをチェックして、髪を染めるのも、刺激の少ない染毛剤を相談しながら使用してくれます。

またトリートメントをするときにも、時間をかけてたっぷりおこなってくれますので、頭皮へのダメージが少なくなります。

シャンプー台に乗るときは足を曲げると楽

美容室で髪を染める場合には、長時間座っていなければなりませんので、気分が悪くなることも少なくありません。万が一気分が悪くなったらすぐ店員さんに伝えて、しばらく休ませてもらいましょう

美容室で髪を染めるときには、必ず妊娠していることを伝えてください。また、プリン髪を美容室で染めるにはシャンプーをしますが、シャンプー台は仰向けに寝た状態からシートが倒れるので、お腹が苦しいときもあります。

お腹が伸びて苦しいときは、膝を折り曲げるような形でシャンプー台の上では過ごしましょう。こうすることによってお腹が引っ張られるような感覚が少なくなります。

そのほか、妊娠中期は美容室で施術を受けている間にも喉が渇くことがありますので、ペットボトルのドリンクを持参し、髪を染めている間やブローをしている間などに水分補給を行いましょう

プリン髪のまま妊娠中期を過ごす場合

プリン髪のまま

赤ちゃんへのリスクだけではなく、ママの体調や頭皮の状態を考えてプリン髪のままなんとか出産まで過ごすという場合には、できるだけプリンが目立たないようなヘアスタイルを取り入れていくとよいです。

次にアレンジ方法やおすすめのアイディアについてご紹介しましょう。

思い切って髪を切る

思い切って髪を切るのもひとつの方法です。髪の長い状態でいるとプリンも目立ちやすくなるので、バッサリと髪を切ってしまえば、プリンの状態が目立たなくなります。

ボブカットやショート

女性らしさをある程度残し、なおかつお手入れが簡単なヘアスタイルとしては、ボブカットやショートカットがおすすめです。

シャンプーも楽になり、出産まで美容室にいく必要もなく、さらにプリンを気にすることもなくなります。

今後に備えてベリーショート

妊娠中期を迎えたママは、出産までまだ数ヶ月を過ごしていかなくてはなりません。また出産後も赤ちゃんのお世話で忙しくなりますので、自分のヘアスタイルに時間とお金をかけている余裕がなくなります。

そのため、ベリーショートにするのもひとつの方法です。ボーイッシュなイメージですが、近年ではベリーショートでもさまざまなアレンジがあります。

女性らしさをアピールしたベリーショートであれば、ボブや一般的なショートヘアに比べてさらにシャープな印象になり、なおかつプリンになった色の境目部分もほとんど切ってしまうので、ヘアカラーも落ち着いた状態になります。

少し長めのセミロング

髪が結べなくなってしまうのは困るというママや、ショートカットまで短く切るのはどうしても抵抗があるママの場合にはセミロングがおすすめです。

セミロングであればひとつに結ぶこともでき、さらにはアップスタイルを楽しむこともできます。

毛先には多少色の違った部分が残ったとしても、ロングの状態でいるよりは見栄えもよくなります。

ヘアアレンジの工夫をする

髪の長さでの方法ではなく、ヘアアレンジそのもので工夫を取り入れることができますのでいくつかご紹介します。

てっぺんお団子ヘア

近年ではこのヘアアレンジをする女性が増えました。てっぺんお団子ヘアはさまざまな動作をしても髪が邪魔にならず、さらにプリンの状態を隠すことができます。

頭のてっぺんでポニーテールを作り、これをくるくると巻きつけてお団子にするだけです。ある程度無造作に後れ毛などが落ちていても見栄えがよいので、非常に楽だというメリットもあります。

斜め編み込み

どちらか一方の後頭部から、首の付け根にかけて斜めに編み込みをしていくヘアアレンジで、プリンの状態を上手に隠せます。

また、表面は編み込んでいるため髪の毛の色が分かれていても、あまり目立たないといったメリットもあります。

さらに斜め編み込みをしたさい、大きめのバレッタなどをバランスよくつけておけばゴージャスに見えて、ちょっとしたお出かけにも活用できるヘアアレンジです。

ヘアバンドを活用

編み込みやおだんごなどのヘアアレンジが苦手なママは、ヘアバンドを活用する方法があります。

幅の広いヘアバンドを活用し、髪の毛をひとつにまとめておくだけで見た目がとてもお洒落。プリンになった部分も上手にヘアバンドで隠せます。

帽子を活用

自宅にいるあいだはプリンの状態が丸見えでも、特に気にする必要はありません。しかし、お買い物をはじめとして外出するさいにはどうしてもプリンの状態が気になります。

そんなときは、お出かけするときだけ帽子を被る方法あもあります。

特にヘアアレンジが面倒な場合でも、帽子がひとつあればお出かけのさいには帽子をかぶるだけでプリンを隠せます。外出先で帽子を脱ぐ必要がないのであれば、帽子をスッポリかぶってお出かけしましょう。

出産後は思い切って髪を切れますが、その頃はプリン状態の場所も伸びるので、ショートカットではなく、セミロングでもプリンになっていた色の違う部分を切り落とすことができます。

チョークやインスタントアイテムで過ごす

上記のようなヘアアレンジやヘアスタイルそのものを変える方法ではなく、一時的にプリンの部分を隠すアイテムを活用する方法もあります。

ヘアチョークや一日だけヘアカラーを変えることができるスプレーを用いて、大切な用事があるときはプリンの状態をこれで回避できます。

こういったアイテムはシャンプーをすればきれいに落とせるので、特別に髪が傷む心配もなく重宝します。

妊娠中期に髪質が変わる?

妊娠中期に髪質が変わる

プリンの状態が長く続くと、髪の色を明るく染めた部分に関しては髪の傷みも目立ってきます。すると、傷んだ部分だけでも切りたいと思うママも少なくありません。

ヘアスタイルを変えるには切ることで解決しますが、髪の長さを変えないまま妊娠中期を過ごしているママは、プリンになった状態だけでなく、ひどい髪の傷みも気になってきます。妊娠前より髪質がゴワゴワしてくるのはなぜでしょうか。

単純に髪を染めてからある程度時間が経過するため、傷むことも考えられますが、妊娠中期だからこそ髪質が変わってしまうこともあります。

髪の栄養素が不足する

赤ちゃんにたくさんの栄養素を送っているママの体内は、髪の毛を作るためのたんぱく質、そしてコラーゲンさらにはケラチンなどといった成分が不足します。

栄養バランスの優れた食事をしていれば髪のトラブルも少ないですが、上手に栄養バランスのとれた食生活ができていなければ髪の毛にも影響がでてしまいます。

栄養素が足りなくなることから、抜け毛や枝毛が増えるなどのトラブルを抱えることも多くなります。

シャンプーの手抜き

少しずつお腹が大きくなってくるとママの動作もゆっくりになってきます。またシャンプーをするときにもお腹の大きさが気になって、前屈みや反り返る姿勢でシャンプーをするのもきつくなってきます。

こういったことからシャンプーそのものが手抜きになり、髪が痛むことも考えられます。

妊娠中期のプリン髪は美容室で相談しよう

美容室で相談しよう

妊娠周期のプリン髪は絶対染めてはいけないものではありません。体調がよく美容室でもしっかりと理解を示してくれるようであれば、プリンの状態を綺麗にするため髪を染めても構いません。

ただし、どうしても赤ちゃんへの懸念が拭えないママや体調の優れない日が続くママは、染めないまま違うアイディアを取り入れてみてください。

妊娠中期にプリン髪を染めるときには、必ず事前に美容院で相談して、できるだけ頭皮に優しい成分で染めることを意識しましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリー
妊娠妊娠中期

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる