妊娠中期に口の中が酸っぱいのはなぜ?味覚の違和感!原因と対策

妊娠中期に口の中が酸っぱいのはなぜ?味覚の違和感!原因と対策




味の好みは人それぞれ。甘い物が好きな人もいれば、辛い物が好き、という人もいるでしょう。

年をとると共に、その好みには変化が見られるといいますが、年齢以外に味の好みが変わってしまうきっかけに、妊娠があります。

実際、妊娠して「食べ物の好みが変わった」というママは多くいます。しかし、妊娠することで味覚に変化が見られるのは味の好みだけではありません。

ママの中には、常に口の中が酸っぱく感じてしまうママも珍しくありません。

そこで今回は、

・妊娠中期に口の中が酸っぱく感じるのはなぜ?
・妊娠中の味覚の違和感はどうすればいいの?
・妊娠中に口の中が酸っぱくならないように予防したい!

といった方に、妊娠中期から後期にかけて味覚に違和感を覚えるのはなぜなのか、口の中が酸っぱくなる原因や対処法、予防法について詳しくご紹介します。

妊娠中期のお口の異変にはどんな症状があるの?

妊娠中期のお口の異変にはどんな症状があるの

口を酸っぱいと感じる時の症状はママによって異なりますが、主な症状としては酸っぱい物を食べていないにも関わらず、常に口の中に酸味を感じたり、食後にだけ喉の奥に酸っぱさが残ったり、時には苦味を感じることもあります。

口の中に酸味を感じると共に、唾液の多さ、唾液も酸っぱく感じて悩むママもいます。酷い場合には、水を飲むだけでも酸味や苦みを感じて食欲が落ちてしまうほどです。

酷い場合には何を食べても美味しく味わえず、食後に食べた物を戻してしてしまうママもいます。

妊娠中に口酸っぱさを感じる原因は?

妊娠中に口酸っぱさを感じる原因は

妊娠をきっかけに、口の中に酸っぱさを感じるといった味覚に違和感を覚えたり、味の好みの変化などを経験するママは90%以上といわれています。

これには味覚の機能が正常に働いていないことが原因に挙げられるようです。しかし何故、味覚の機能が上手く働かなくなってしまうのでしょうか。

考えられる原因は以下の通りです。妊娠を機に味覚に違和感を覚えるママは多いですが、原因は人それぞれの原因が考えられます。対策をとるためにも、原因を特定することが大切です。

亜鉛不足

味覚の機能が上手く働いていない状態、特に口の中に何もなくても酸っぱいと感じる状態は、自発性異常味覚になっている可能性が高いです。

この味覚障害の主な原因に考えられているのが、亜鉛不足です。

亜鉛は、味覚を感じる細胞の働きを維持するために必要な栄養素の1つなのですが、妊娠すると赤ちゃんの成長にも必要になってきます。

妊娠中期に入ると、赤ちゃんもぐんぐん成長していきますので、その分亜鉛も消費しやすくなり、ママの身体は亜鉛不足になりやすい傾向にあります。

亜鉛が不足してしまうことで、味覚の機能も低下してしまいますから、口の中が常に酸っぱいなど、味覚に違和感を覚えます。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠をすると、ママの身体には変化が見られ始めます。赤ちゃんを育てやすい身体になっていくのです。

この身体の変化には、女性ホルモンのバランスの乱れが大きく関わっているのですが、このバランスが乱れてしまうことで、身体的にも精神的にもさまざまな不調が引き起こされるようになります。

臓器の働きや感情のコントロールなどを司る自律神経にも異常が出てしまいます。

自律神経の異常は、味覚にも影響を与えてしまうので、常に口の中に酸味を感じるなどの障害が出てしまう原因の1つに考えられます。

口の中の乾燥

口の中に酸っぱさを感じる原因には、口内の乾燥も考えられます。

ドライマウスとも呼ばれる状態のことで、唾液の量が減少してしまうなどを理由に、口の中が酸っぱく感じられたり、ネバつきを覚えることがあります。

実際、ママの中には口に酸味を感じると共に、口腔内の乾燥を訴えるママもいます。ドライマウスの原因としては、口呼吸をしていることや、口周辺の筋肉の低下、ストレスなどが挙げられます。

妊娠中のママが、味覚障害に陥る原因としての可能性は低いですが、口内に乾燥も覚えるようであれば、ドライマウスになっている恐れもあるので注意が必要です。

胃の機能の低下、逆流性食道炎の場合も

妊娠中期を含め、妊娠中は女性ホルモンのバランスが乱れます。

特に女性ホルモンの1つで、妊娠中に大量に分泌されるプロゲステロンは、胃の動きを鈍くしてしまう作用があることがわかっており、妊娠中は胃の機能が低下しやすくなります。

そのため、胃の中に長く食べ物が留まってしまいやすく、胃もたれや胸やけになってしまうことにより、口の中が酸っぱいと感じてしまうことがあります。

また、妊娠中期は赤ちゃんの成長に合わせて子宮も大きくなっていきます。子宮が大きくなるとお腹が目立ち始めるだけでなく、胃などの臓器が圧迫されるようになるので胃酸が逆流しやすくなります。

これは逆流性食道炎とも呼ばれ、この症状が原因で口の中に酸味を感じてしまうこともあります。

妊娠中期の味覚の違和感はいつまで続くの?

妊娠中期の味覚の違和感はいつまで続くの

妊娠中期に口に酸味を感じるなど、味覚に違和感を覚えるママは多いですが、早い人では妊娠初期から味覚に変化が生じるママもいます。

しかし、こうした味覚の変化が始まる時期は個人差が大きく、はっきりとは決まっていません。

それは治る時期も同様で、数週間で治まったというママもいれば、妊娠中期もずっと続き、出産後まで悩まされるママもいます。

亜鉛不足や女性ホルモンのバランスの乱れなど、妊娠特有の原因が考えられる場合には、長くて出産するまでは続くと考えておきましょう。

味覚の違和感は放置していても大丈夫?

味覚の違和感は放置していても大丈夫

口の中が常に酸っぱいという状態は辛いですが、女性ホルモンの影響など、生理的なことが原因である場合には、遅くても出産後に落ち着く場合がほとんどです。

そのため、症状が落ち着くまでは、対策をとりながら上手く付き合っていくことが大切になります。

ただし、それで食欲が落ちてしまったり、何も食べられなくなってしまうと、ママにとっても赤ちゃんにとっても良くありません。

何とか口に入れられる物を食べるというのも大切ですが、それだけでは栄養も偏ってしまいます。

何も食べられないなど、症状が酷いようであれば放置せずに医師に相談するようにして下さい。

病院を受診する場合には?

病院を受診する場合には

口の中が酸っぱくなってしまうなど、味覚に障害が出てしまうのは妊娠中期を含め、妊娠中には珍しくないことですが、油断は禁物です。

何も食べられないほど症状が酷い場合や産後も症状が続くようであれば医師に相談することが大切になります。他の病気が潜んでいる可能性も否定できないからです。

一般的な味覚障害に関しては耳鼻口喉科、もしくは内科や口腔外科など原因によって科が変わりますが、妊娠中のママが病院を受診する場合には、妊娠中のママの専門である産婦人科を受診するようにして下さい。

口の中が酸っぱくなるときの対策はあるの?

口の中が酸っぱくなるときの対策はあるの

口の中が酸っぱくなってしまうといった症状が出てしまった場合、原因に合った対策をとることで症状が軽減する場合があります。

自宅でもできる対策については以下の通りです。ただし、対策の効果には個人差があります。以下の対策を行ったからといって、必ず症状が軽減するわけではありません。

妊娠中期を含め妊娠中は、女性ホルモンのバランスも崩れ、心身にさまざまなトラブルが引き起こされるので、味覚に障害が出てしまうのも、そうしたトラブルがいくつも重なって起きている場合も考えられるからです。

対策をとっても改善が見られない場合には、我慢せず医師に相談しましょう。

亜鉛不足の解消

妊娠中期をはじめ、妊娠中のママが味覚に違和感を覚える主な原因に挙げられるのが亜鉛の不足です。

口の中が酸っぱく感じるようであれば、食生活で1日に必要な亜鉛をきちんと補給することが対策になります。

自宅でも簡単にできるのは、亜鉛を多く含む食材を積極的に摂取すること。参考までに挙げると、牛肉や豚肉、海苔、煮干しなどが亜鉛を多く含んでいる食材です。

妊婦さんの平均摂取推奨量は1日約11mgです。摂取する目安として、豚肉100gに対し6.4mg、牛肉100gに対し6.9mgほど含まれています。

ママにとって食べやすい方法で、小まめに亜鉛を取り入れるようにしましょう。

生活習慣を整える

妊娠中期の味覚への違和感は、亜鉛不足の他に女性ホルモンのバランスの乱れが原因に考えられています。

そのため、女性ホルモンのバランスを整えてあげることも、口の中が酸っぱいと感じた時にできる対策の1つです。

亜鉛不足を食事で補うのはもちろんのこと、栄養バランスのとれた食生活を送り、適度な運動を行ったり、睡眠をしっかりとることも大切です。

また、生活習慣を整える上でストレスの解消も大事になってきます。ストレスを抱えているのも女性ホルモンには良くないのです。

妊娠中期は妊娠生活の中でも、心身共に落ち着く時期ですから医師へ相談の上、旅行などで羽を思いっきり伸ばすのもアリかもしれません。

サプリメントの活用

食事で亜鉛の多い食材を積極的に摂取することも大切ですが、食事だけではどうしても補えない場合もあります。

また、妊娠中期で体調も安定しているとはいえ、毎日、栄養バランスを整った食事を考えるのも大変です。

そんな時にできる対策がサプリメントです。実際に、亜鉛のサプリメントを摂取したことで症状が軽減したというママも少なくありません。

食事だけでは亜鉛の補給が難しい場合には、サプリメントも一緒に活用してみましょう。ただし、サプリメントには決まった用法用量があります。

少なすぎても必要量が補えず、だからといって過剰摂取をしてしまうと副作用が出てしまう可能性が高いからです。

また、体質的に合わないママもいますので、サプリメントを活用する場合には自己判断せず医師に相談することが大切です。

服用した際に体調が悪くなるようであれば、使用は必ず中止して下さい。

周囲の人へ相談する

女性ホルモンのバランスの乱れの原因にストレスが関係しているようであれば、周囲の人に相談してみることも対策になります。

1人で抱え込まないということがストレスの発散に繋がるからです。パートナーでも構いませんし、実家のお母さんや近所の先輩ママ、医師などに相談してみましょう。

妊娠中は味覚の異常を含め、身体的にも精神的にも様々なトラブルがママに襲ってきます。

1人で抱え込んでいると、更に体調が悪化してしまうこともありますので、我慢せずに周囲に話をしてみましょう。

咀嚼の回数を意識する

妊娠中の味覚障害の原因としては可能性が低いですが、口内の乾燥が原因にある場合には、口周辺の筋肉を鍛えることが大切です。

主な対処法としては、食べる時に咀嚼を多くすること。妊娠中期は、初期に食べられなかった分を取り戻すかのように早食いになってしまうママも多くいます。

咀嚼が少ないと胃への負担にもなってしまいますので、食事の時はよく噛んで食べるようにしたいところ。

また、無意識に口呼吸になってしまっているのも口内乾燥の原因ですので、鼻呼吸を癖づけるようにしましょう。

食べ方、姿勢の改善

口の中が酸っぱいと感じるだけでなく、胸やけや胃のむかつきなどの症状も見られる場合には、逆流性食道炎が原因になっている可能性もあります。

その場合には、消化に良いものを少量ずつにして、1日に数回に分けて食べたり、就寝時間の2~3時間前は何も食べないといった、食べ方に気を付けると効果的です。

また、大きくなった子宮により胃が圧迫されているのも原因にあるので、腹部を圧迫しないように姿勢を正したり、身体を締めつけない服装を着用するのも対策になります。

妊娠中期の味覚の違和感を予防するには?

妊娠中期の味覚の違和感を予防するには

亜鉛不足など妊娠の影響が原因である場合には、バランスの良い食事を摂ることが味覚異常の予防になります。

特に妊娠中期は初期に比べて、体調的にも精神的にも落ち着く時期のため、ついママは栄養バランスを疎かにしてしまいがちです。

羽を伸ばすことももちろん大切ですが、亜鉛を含め栄養バランスのとれた食生活を送ることが大切です。

食事だけで1日に必要な栄養をとることが難しい場合には、対策でも触れたようにサプリメントなどを活用して栄養を補って下さい。

まとめ

まとめ

妊娠中に起こりやすい味覚障害ですが、自然と治る場合がほとんどなので、妊娠が順調に進んでいるくらいに考えて、あまり思い詰めすぎないことが大切です。

ただし、絶対大丈夫とは言い切れません。基本的には遅くても出産後には治っていることが多いですが、産後も症状の改善が見られない、食べるのも飲むのも難しくなってしまうようであれば、我慢せずに医師に相談しましょう。

何を食べても酸っぱいと感じてしまうことは辛いですが、自分に合った対策で味覚の異常に付き合っていきたいですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる