脇腹が痛いのはなぜ?妊娠中期に起こりやすい痛みの原因

脇腹が痛いのはなぜ?妊娠中期に起こりやすい痛みの原因




妊娠中は体の痛みに敏感になります。

妊娠すると脇腹が痛くなることが多く、妊娠期間中の痛みは何かトラブルが起きているのではないかと、とても不安になります。

実は、妊娠中期に起こる脇腹の痛みは、多くの妊婦さんが経験しています。

そこで今回は、

・妊娠中期の脇腹の痛み受診した方が良い?
・妊娠中期の脇腹の痛みは便秘のせい?
・脇腹の痛みはもしかして陣痛?

といった方に、妊娠中期に脇腹が痛くなる理由にはどんな原因があるのか、また心配する必要のない痛みから、注意しなければいけない痛みについて詳しくご説明します。

妊娠中期に脇腹の痛みは起こりやすい?

妊娠中期に脇腹の痛みは起こりやすい

妊娠中期に起こる脇腹の痛みは、たくさんの妊婦さんが経験しており、特に左下の脇腹が痛くなることが多いです。

また、妊娠中は便秘や下痢になりやすく腹痛に繋がります。その時には、食事療法で改善する場合もあります。

このように、痛みの原因には、まったく心配する必要のないものもありますが、妊娠中期に脇腹が痛くなる原因には、どのようなものがあるかみていきましょう。

妊娠中期の脇腹の痛みの原因は?

妊娠中期の脇腹の痛みの原因は

妊娠中期に起こる、脇腹の痛みの原因をいくつか挙げてみます。

子宮の収縮による痛み

妊娠に伴う子宮の動きによって痛みが出ることがあります。チクチクしたりお腹が突っ張るような痛みですが、いずれも痛み自体は軽いことが多いです。

生理的な子宮の収縮によって起こっていることが多いので、特に心配する必要はありません。痛みの程度には個人差がありますが、無理をせず体を休めることで痛みが和らぐことが多いです。

子宮を支える靭帯の伸び

子宮には、子宮を支える円靭帯という組織があります。この円靭帯、普段は数センチほどの長さなのですが、妊娠すると30センチにも引き伸ばされ、この靭帯が伸びるときに痛みを感じます。

妊娠中期には、赤ちゃんも成長してお腹が大きくなり、円靭帯も急激に伸びるために痛みを感じやすくなります。円靭帯が伸びることで痛みが起こる場合には、下腹部や足の付け根が痛みやすく、腰痛なども起こるのが特徴です。

痛みに規則性はないので、陣痛とは区別しやすいです。靭帯が伸びることでの痛みなので、この場合も特に心配する必要はありません。

便秘による痛み

妊娠前も便秘がちだった方は経験があるかもしれませんが、便秘で脇腹が痛くなることもあります。

妊娠するとホルモンバランスが崩れる他に、子宮が大きくなることで器官が圧迫されて、妊婦さんはどうしても便秘になりがちなります。

腸に老廃物や便が溜まると、下腹部に痛みを生じる原因となります。腸と子宮は非常に近い場所にあるので、便秘による痛みと子宮の痛みとは判別しにくいことがあります。

便秘でお腹が痛いのを、勘違いしてしまったというのはよくある話です。便秘の場合も、それほど心配しなくても良い痛みです。

また、赤ちゃんもどんどん成長しているので、便秘や下痢になると腸からの刺激と子宮の圧迫による、両方からの刺激によってお腹が痛くなることがあります。

細菌やウイルスが原因

痛みの原因として、細菌やウイルスに感染して痛みが起こる場合があります。感染症の場合、初期の段階では自覚症状がなく、気がつくと病状が進行していたとうことが多いです。

病状が進行すると炎症が子宮の奥へと進み、子宮や羊水に感染して赤ちゃんへの影響だけでなく、子宮が異常を感じて出産を促し切迫早産となります。

目立った症状がなく気がつきにくいですが、おりものがいつもと違うなど、違和感があれば早めに医師へ相談しましょう。

子宮の入り口が緩む病気

妊娠中期に脇腹が痛む原因として、子宮に異常があるケースも考えられます。

赤ちゃんの通り道である子宮頸管の筋肉が緩むことで、子宮が開きやすくなる病態を「子宮頸管無力症」といいます。子宮が緩むことで赤ちゃんがお腹の外に出てきてしまい、早産や流産になる可能性が高いです。

妊娠中期の流産や早産の多くは、子宮頸管無力症が原因といわれているほどです。子宮頸管無力症では妊娠中期に左下腹部痛が起こることもあります。

しかし、一方で自覚症状がなく、痛みがないケースもあります。

子宮頸管無力症について、詳しくは妊娠中期の腹痛の原因と予防法と妊娠中期の危険な腹痛とは?にてご紹介しています。

子宮筋腫

妊婦さんの約2~3%の割合で見つかるといわれている、子宮筋腫が痛みの原因となる場合もあります。

子宮筋腫は、妊娠が継続できる場合や状態によって処置は行わずに、経過観察でいることが多いですが、赤ちゃんの今後の成長やお産のときに問題が発生するようなときには、何かしらの処置を行う場ケースもあります。

いずれも、流産や早産となる危険性があるため軽視はできません。

注意したい脇腹の痛みの見分け方は?

注意したい脇腹の痛みの見分け方は

妊娠中期の腹痛や脇腹の痛みには、あまり心配する必要のないことの方が多いですが、注意したい痛みもあります。気をつけなければいけない痛みの種類をみていきましょう。

規則的な鈍痛には注意

脇腹の痛みで注意が必要な場合ですが、子宮全体に規則的な鈍痛を伴うケースです。

痛みの間隔が1時間に6回以上で10分置きになるような場合、本陣痛が始まっているかもしれません。赤ちゃんが母体外に出てこようとしているので、早急に病院へ連絡しましょう。

痛みの間隔が規則的になる前には、不規則な痛みの前駆陣痛が起こることが多いですが、前駆陣痛では痛みの間隔が不規則で、痛み方も波のように打っては返すのが特徴です。前駆陣痛の段階ではまだ出産は始まりません。

お腹に鈍い痛みがあるときは、まずは慌てずに様子をみましょう。痛みの間隔や強さを記録しておくと、陣痛かどうかの判断がしやすいです。

出血がある場合

脇腹に痛みがあるだけであれば、それほど心配する必要がなくても、出血を伴う場合には注意しましょう。

出血の原因はさまざまですが、妊娠中期の場合は、切迫流産や切迫早産、常位胎盤早期剥離などが原因として挙げられます。

切迫流産は下腹部に強い痛みを伴うことが多く、切迫早産は下に向かう強い痛みが30分に2回以上起こる場合が多いです。すぐに病院へ連絡しましょう。

常位胎盤早期剥離は、まだ出産していないにも関わらず、何かしらの原因で胎盤が剥がれてしまうことで、お腹の中で栄養や酸素を必要とする赤ちゃんの命が危険にさらされる疾患です。

子宮の収縮に伴い激しいお腹の痛みがあるだけでなく、不正出血が起こることもあります。腹痛が長く続き、出血がある場合には早急に病院を受診しましょう。

尋常ではない痛みや腹痛

妊娠中期には脇腹が痛くなったり、腹痛になりやすいですが、問題のない痛みの場合は、いずれも軽めの痛みだったり休息すれば痛みがおさまります。

しかし、起きていられないほどの強い痛みの場合は、異常があるということです。尋常ではない痛みの場合、考えられるのは主に子宮外妊娠です。

子宮外妊娠は卵管に着床していることが多いため、着床した卵管部が破裂すると、お腹に激痛が走り強い痛みと出血があり、さらに出血に伴いめまいや失神も起きます。

赤ちゃんが子宮外で生存している期間が長ければ長いほど、妊婦さんのリスクも高まりますので、見つかった時点で手術が行われることが多いです。早期発見が母体へのリスクを軽減するためにも必要です。

子宮外妊娠の件数は、100〜200件に1件の割合で起こるので、決してその数は少なくはありません。

両方の脇腹が痛い場合

妊娠期間中に脇腹が痛くなる場合、左下の脇腹が痛くなることが多いです。ところが、稀に両側の脇腹が痛くなることがあります。もし脇腹の痛みが両側にある場合には注意しなくてはいけません。

赤ちゃんが成長することで、子宮が大きくなると腸を圧迫して便秘になることはご説明しましたが、このときに圧迫される器官は腸だけでなく、尿管も一緒に圧迫されます。

尿管が圧迫されると、腎臓に尿が溜まり拡張する水腎症という疾患が引き起こされることがあります。

妊娠期間中は、ホルモンバランスが変化する影響で尿管を収縮させる筋肉が弱まり、膀胱に尿が溜まりやすくなるために、余計に水腎症が悪化しやすい状況でもあります。

妊娠が原因で起こる水腎症は、出産すると治るとされていますが、症状がひどいときには出産後も腎機能に障害が起こる可能性があり治療が必要です。

脇腹の痛みやお腹の不快感を改善する方法

脇腹の痛みやお腹の不快感を改善する方法

脇腹の痛みやお腹の不快感を改善する方法がいくつかあります。自分で簡単にできることが多いので取り入れてみましょう。

安静にする

妊娠中期に左下脇腹が痛いときには、子宮を支えている円靭帯が伸びっていることが原因の場合があります。

妊娠週数が進んで赤ちゃんが成長している証拠でもありますが、赤ちゃんの成長についていけず、靭帯が突っ張ってしまった状態でこのような痛みが起こります。

靭帯の伸びが原因で脇腹が痛むときには、痛みを感じる側を床面につけて横になり、ゆっくりと深呼吸をして休みましょう

痛みの強いときは無理をせずに横になって休むことが大切です。

ゆっくりした動作や移動を心がける

脇腹に痛みがある場合には、素早く動かず、ゆっくりとした動作を心がけるようにしましょう。

円靭帯に負荷がかかっている場合にも、ゆっくり動くことで、体へかかっている負荷を減らすことができます。

便秘を解消する

妊娠中はホルモンバランスが崩れやすく、腸の働きが鈍くなり、その影響で便秘になることが多いです。

また、つわりなどで体から水分が逃げていきやすく脱水症状になりやすい他、食物繊維の摂取不足も要因として挙げられます。

子宮が腸を圧迫して便秘になっている場合には、出産が近づいて赤ちゃんが子宮の下の方へ下がってくると便秘が解消されることもあります。

食物繊維が足りていない場合には、食生活を改善すると便秘が解消されることが多いでです。

ヨーグルトや納豆などの発酵食品や、寒天やさつまいもなど食物繊維を多く含んだ食品を、積極的に摂取するように心がけましょう。食事は和食中心にすると便秘や下痢が解消されやすいです。

そして、オリゴ糖も妊娠中の便秘解消に有効です。妊婦さんの便秘や下痢にオリゴ糖が良い理由とおすすめのオリゴ糖を参考にしてみましょう。

ストレッチを取り入れる

軽めのストレッチをすると痛みを和らげることできます。脇腹の痛みだけでなく、肩や背中の痛み、頭痛や腰痛にもストレッチは効果的です。

お腹が大きくなるとあまり素早く動かない方が良かったり、無理をしてはいけないので、全身の筋肉が凝り固まってしまうことがよく見受けられます。

この筋肉の凝りを改善すると症状が楽になります。マタニティヨガやマタニティビクスなど、妊娠期間中に行えるフィットネスを積極的に取り入れて体の不調を改善しましょう。

脇腹の痛みを予防するには?

脇腹の痛みを予防するには

脇腹の痛みを予防するには、やはり痛みの要因を作らないことが大切です。ストレスは万病の元ですが、妊娠中の体にとっても良くありません。無理なく毎日を過ごせるようにしましょう。

ストレスを溜めないこと

妊娠期間中は、些細なことでもストレスに感じることが多く、できるだけ穏やかに毎日を過ごすことが重要な心がけとなります。ストレスは体の不調の原因だけでなく、赤ちゃんの健やかな成長へも大きく影響を及ぼします。

ストレスが原因で妊娠中に病気にかかったり、それが元で早産や流産を引き起こすことになる危険性も、ゼロではありません。

ストレスが多いと免疫力や抵抗力も落ちるため、細菌やウイルスへも感染しやすくなります。心身の健康を保つためにもストレスを溜めないマタニティライフを送りましょう。

毎日の生活で無理をしない

妊娠中期の頃は、まだ仕事をしている妊婦さんも少なくありません。「仕事だから」「迷惑をかけたくないから」と無理をしてしまい、妊娠中の体に負荷をかけてしまっては本末転倒です。

毎日の家事も「きちんとやらなくちゃ」と頑張りすぎて、知らないうちに体の中では異変が起こっている可能性もあります。妊娠中はできるだけ無理をせず、周りの人に協力してもらいましょう。

まとめ

まとめ

妊娠中期頃には赤ちゃんも成長してきてお腹が目立つようになってきます。子宮が大きくなるにつれて、じんわりと脇腹に痛みを感じるようになります。

赤ちゃんが子宮を圧迫する以外にも、子宮内膜に少しずつ羊水が増えてくるなどして下腹部はより圧迫されているように感じます。この圧迫によって、妊娠中期以降は鈍い軽めの痛みが続くようになります。

妊娠によって起こる痛みなので、大半の妊婦さんがこのような腹部の痛みを感じます。軽い生理痛のような痛みのことが多いので、たいていの場合はあまり心配する必要はありません。

ですが、出血があったり、激しい痛みを伴う場合には、緊急のケースもあるので病院に連絡して医師の指示を仰ぎましょう。

痛みを感じるときには、無理をせずに横になってリラックスしてくださいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる