妊娠中期は雑菌に注意

妊娠中期には雑菌に要注意!?母子感染の可能性もある?



妊娠中は、今まで一度も患ったことがないような細菌感染症にかかってしまうママさんも少なくありません。
特に妊娠中期はつわりも終わり、「安定期」と呼ばれる時期です。しかし、感染症は妊娠中期にかかることも少なくありません。

そのためさまざまな細菌やウイルスなどの病原体には気をつけていかなくてはならないのですが、どのような病原体が身の回りに多いのでしょうか?

また、それぞれの病原体などが体内に入り込み感染症を引き起こした場合には、どんな症状が出るのでしょうか。

そこで今回は、
・妊娠中期の免疫力について知りたい!
・妊娠中期に注意すべき病原体とは?
・妊娠中期の免疫力をアップする方法は?

といった方に、妊娠中期の免疫力についてと、注意が必要な感染症、そして治療方法などについて詳しくご紹介します。

妊娠中期は免疫力が弱い

免疫力が弱い

妊娠中は免疫力が低下しがちになります。

その原因は諸説ありますが、ホルモンバランスの変化、ストレス、睡眠不足など様々なものが挙げられ、中には赤ちゃんを異物だと捉えないために免疫力がセーブされているとの説もあります。
これは、安定期の妊娠中期でも同様です。

そのため、さまざまな細菌やウイルスなどによって感染症を引き起こしてしまうリスクが高まります。

実際にはどのような病原体に関して気をつければよいのでしょうか。

雑菌の種類と感染した場合の症状

雑菌の種類

それぞれの病原体に感染してしまった場合の症状などを、一つ一つご紹介していきましょう。

リステリア菌

リステリア菌は食中毒を引き起こす細菌として知られています。
通常、リステリア菌に感染しても軽度な胃腸炎症状しか現れませんが、妊婦はリステリア菌に感染しやすい上に重症化しやすいのが特徴です。

発症すると倦怠感をはじめとして筋肉痛や関節痛、嘔吐、発熱、頭痛、下痢などがあります。
ひどくなると髄膜炎などを起こす可能性もあります。

ママがリステリア菌に感染してしまうと胎盤を通じて胎児にもリステリア菌が送られてしまうことがあります。そうなると流産や死産のリスクが高まります。

また、無事に生まれたとしても新生児がリステリア症を発症し、肺炎、敗血症、髄膜炎などの重篤な症状を引き起こして死に至ることも少なくありません。

水ぼうそう

水ぼうそうは全身にたくさんの水疱・発熱、全身倦怠感などの症状が現れるウイルス感染症です。
水ぼうそうは2週間程度の潜伏期間があります。

また今までは一度もかかったことないママさんや予防接種を受けていないママさんは大人であっても水ぼうそうに感染する危険があります。

妊娠中期に水ぼうそうを発症してしまうと、重症化しやすいため肺炎や髄膜炎などを発症して命の危険を伴ってしまうこともあります。

また、胎児に水ぼうそうのウイルスが胎盤を通して感染してしまうことにより、発達障害、神経障害、四肢の奇形などが見られる「先天性水痘症候群」を発症することがあります。

尖圭(せんけい)コンジローマ

尖圭コンジローマは陰部の周辺などにたくさんのイボができる感染症です。
尖圭コンジローマもウイルスによって感染してしまうのですが、基本的には性行為によって感染します。

妊娠前などに感染症を引き起こした場合、しっかりと治っているケースがほとんどですが、気がつかない、または治療を行わずにいると妊娠中に症状が悪化することもあります。

産道で赤ちゃんに感染すると、赤ちゃんが尖圭コンジローマや喉にイボができる多発性咽頭乳頭種を発症することもあります。

母子感染による感染力も非常に強いため、妊娠中期でしっかりと治療が行えなかった場合には出産時の母子感染を防ぐため帝王切開となります。

淋病

淋病は淋菌と呼ばれる細菌に感染ことで発症し、基本的には性行為によって感染します。

淋菌に感染してしまうと、ママさんの骨盤内感染や子宮内膜炎などを起こしてしまうことがあります。

また、流産や早産などのリスクも高くなることがわかっています。

胎児への感染はありませんが、出産する際には母子感染を引き起こして結膜炎を発症してしまう可能性があるため、妊娠中期に発症した場合には必ず治療しなければなりません。

クラミジア

クラミジアは若い世代を中心に多くの女性が罹患しているとされる性感染症の一つです。

しかし妊娠中期のように免疫力が低下していると、雑菌が増殖してしまうことがあります。クラミジア感染症は無症状であることが多いですが、おりものが少し増えたり、おりものの色が黄色っぽくなったりすることがあります。

妊娠中でも胎児への感染をしてしまうことがわかっており、早産や流産のリスクが高くなります。

出産する際に母子感染を引き起こすと赤ちゃんは結膜炎や肺炎などを引き起こす可能性もあります。

カンジダ

カンジダ菌は常在菌のため健康な人にも存在していますが、異常繁殖するとカンジダ膣炎として発症します。
疲労やストレスなどの免疫力の低下や、妊娠中のホルモンバランスの変化により、カンジダ菌が異常繁殖することがあります。

膣の激しいかゆみや、おりものの色が白く濁り、形状が酒かす状やヨーグルト状、カッテージチーズ状のようになる、などの症状が現れます。

出産時までにカンジダ膣炎が治っていない場合、生まれてくる赤ちゃんに産道感染することもあります。

トキソプラズマ

トキソプラズマは主にペットや土壌、生肉から感染してしまう寄生虫です。

トキソプラズマは寄生虫の一種ですが、自然の土壌に多く生息しており、外飼いをしているネコはトキソプラズマを体内に取り込んで増殖させ、糞とにも排泄することがあります。その糞を処理した際に飼い主に感染してしまうことがあるのです。

また、豚肉などの肉類に寄生していることもあり、十分に火が通っていない肉類を口にすることで感染することもあります。

ガーデニングなどからトキソプラズマに感染してしまうケースもあります。

妊娠中にトキソプラズマに感染すると、胎盤を通して胎児に感染し、水頭症・視力障害。脳内石灰華。神経運動機能障害などを引き起こす「先天性トキソプラズマ症」を発症してしまうことがあります。

GBS

GBS 感染症は、B群溶血性連鎖球菌という細菌による感染症です。
膣内の常在菌の一つでもあり、通常は悪さをすることはありません。

しかし、出産時に産道内で赤ちゃんに感染すると、重篤な肺炎や敗血症を引き起こす、新生児GB 感染症を発症する危険があり、中には死に至るケースもあります。

このため、妊婦健診で膣内からGBSが発見された場合は、分娩中に抗生剤を投与するなどの対処が必要となります。

風疹

風疹はウイルスによる感染症ですが、まれに流行することもありますので、予防接種を受けていないママさん、予防接種の効果が減弱しているママさんなどは感染するリスクがあります。

風疹では発熱や全身への小さな発疹などがみられ、妊娠初期に感染すると胎盤を通して赤ちゃんに感染してし、視覚障害や聴覚障害、発達遅延などといった「先天性風疹症候群」を発症することがあります。

妊娠を希望する場合は、妊娠前に風疹の抗体を調べ、十分な抗体がない場合は予防接種を受けておくことが勧められています。

また、初期の妊婦健診では風疹の抗体価が調べられますので、抗体がない場合はむやみに人ごみに出かけるのは避けるようにしましょう。

病原体を排除するには?

雑菌を排除

妊娠中期の病原体には十分な注意をしていかなくてはなりません。
多くの病原体が存在していますので自分の体だけでなく、赤ちゃんを守っていくためにもしっかりと対策をしていく必要があります。

手洗いと手消毒

病原体の最も大切な対策法は、手洗いと手消毒です。
病原体の感染経路は、くしゃみや咳、食べ物などさまざまなものがありますが、感染頻度が高いと考えられているのが「手指」の感染経路です。

そのため、石鹸液による手洗いや、アルコール消毒液による手消毒は、対策法としてとても重要になります。

生ものを食べないようにする

感染症などを防ぐためには、生ものをできるだけ食べないようにしましょう。生のチーズをはじめとして、お刺身や生のお肉なども避けましょう。

また、生のお肉やお魚を触れた手のままお野菜などに触れてしまい、サラダを作るといったケースでも、病原体を体内に取り入れてしまうことになります。

食材を触る時には必ず手を洗い、清潔な状態でお料理をしましょう。お肉やお魚に関しては十分火を通してから食べることが大切になります。

人混みを避ける

感染症が蔓延する季節はできるだけ人混みを避けましょう。

人混みには多くの病原体などが存在している可能性がありますので、どこでどのような病原体に感染してしまうか分かりません。

どうしても仕方がないとき以外は人混みを避け、お出かけをする際にはマスクをするなどの対策も取り入れて行きましょう。

デリケート部位は石鹸を控えめにする

入浴をする際にはデリケート部位もきれいに洗うことになります。

しかしここで洗いすぎてしまうと、元々膣内を清潔に維持する常在菌まで洗い流してしまうことになります。

そのため、石鹸を使用する際には、量を控えめにすることや、デリケート部位専用の石鹸などを使用するのがおすすめです。

おりものシートをこまめに変える

妊娠中期にはおりものが増えて不快感を覚えるママさんもたくさんいます。そのため、おりものシートを活用していくことも多くなります。

その場合、おりものシートは必ずこまめに交換しましょう。
頻繁に交換をしないまま過ごしてしまうと、たくさんの病原体が繁殖したり、カンジダ膣炎を発症しやすくなります。

雑菌への感染は治るの?

感染は治るの

雑菌といっても妊娠中期のママさんが気をつけたい雑菌がたくさんあります。このような雑菌に対し、万が一感染症を引き起こしてしまった場合は、そのままにしていてもきちんと治るのでしょうか?

感染症は治るの?

感染症の種類によって自然治癒するケースと、そうではないケースがあります。自然治癒する場合には、感染症にかかったことさえ気がつかないまま過ごしてしまうこともあります。

ただし何らかの形で症状が出てきた場合には心配になり、クリニックを受診するママさんがほとんどです。そこでドクターからの指示を仰ぐのが1番です。

薬はドクターの判断で使用する

何らかの感染症にかかってしまった場合は、独断で市販薬などを服用するのは避けましょう

妊娠中期に市販薬などを自己判断で服用してしまうと、赤ちゃんにどのような影響が出てしまうのかがわかりません。

必ずドクターから処方された薬を飲むようにしましょう。

特にお薬が処方されていなければお薬を服用する必要性がありませんので、市販薬なども必要ありません。

病原体から体を守るために免疫力を上げる

免疫力を上げる

多くの病原体から身を守っていくためには、免疫力そのものをアップさせる必要があります。

ストレス発散をする

ストレスが蓄積されているとステロイドホルモンが多く分泌され、免疫力が低下すると考えられています。
そのため、適度にストレス発散をしていくようにしましょう。

リフレッシュをしながらストレスを感じにくい生活を送るだけでも免疫力アップには非常に効果があります。また、十分な睡眠と休息をとることも大切です。

安定期の妊娠中期にも感染症対策で安心できる毎日を

安定期の妊娠中期にも感染症対策で安心できる毎日を

妊娠の感染症はママにとって、とても怖い存在となります。
しかし感染症予防対策を徹底し、さらには免疫力アップへの取り組みをすることで感染症対策になります。

キッチン周りなどは使うたびに清潔な状態を保ちましょう。お料理をする際には病原体が心配なら、ビニール手袋などをその都度使用する方法もおすすめです。

しっかりと感染症対策を行いながら安心できる毎日を送りましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠中の病気・気になる症状のカテゴリー

妊娠高血圧症つわり妊娠中の腰痛
妊娠中の胃痛・腹痛・お腹の張り妊娠中の出血妊娠中の風邪・感染症
妊娠中の足の痛み妊娠中の下痢妊娠中の便秘
妊娠中の貧血マタニティブルー妊娠線
妊娠中の服薬葉酸サプリ
妊娠高血圧症つわり
妊娠中の腰痛妊娠中の胃痛・腹痛・お腹の張り
妊娠中の出血妊娠中の風邪・感染症
妊娠中の足の痛み妊娠中の下痢
妊娠中の便秘妊娠中の貧血
マタニティブルー妊娠線
妊娠中の服薬葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる