妊婦さんだって好きな仕事がしたい

妊婦さんだって好きな仕事がしたい!人気のお仕事ランキング




仕事をするなら好きな分野で働きたい、と思う人は多いのではないでしょうか。それは、働く妊婦さんも例外ではないはず。

好きな仕事であれば、働くことで生じるストレスも少ないでしょうし、妊娠中に大切になってくるストレス発散、気分転換の効果も期待できます。

とはいえ、好きな仕事と聞いて思い浮かべる職業は、妊婦さんによってさまざまです。むしろ、仕事よりもアルバイトの方が良いと思う人もいるかもしれません。

そこで今回は、

・妊婦さんでも好きな仕事ができる?
・妊婦さんに人気の仕事って何?

といった方に、妊婦さんに人気のあるお仕事について詳しくご紹介します。

「妊娠したら退職」は古い?

妊娠したら退職

妊娠したら退職、というイメージが定番ですが、現在では妊娠しても働き続ける妊婦さんがとても多くなっています。

理由としては、仕事が気分転換になる、家庭の経済的な事情、小さい会社で退職ができなかったなど、妊婦さんによって自分の意思で、というのもあれば必要に迫られてと、さまざまな理由を挙げることができます。

また、働く妊婦さんに対して、企業側も受け入れ体勢が整いつつある企業も増えてきており、妊婦さんでも働きやすくなったというのも理由にあります。

昔に比べて、女性の社会進出も活発になってきていますから、妊娠したら退職するというのは古いイメージとなりつつあるといえます。

妊婦さんは好きな仕事できている?

仕事を続ける妊婦さんの中には、出産予定日ギリギリ(7ヶ月以上)まで働く妊婦さんも珍しくありませんが、すべての妊婦さんが好きな仕事をできているかといわれると、そういうわけでもありません。

理由としては、企業側の受け入れ体制の問題。昔に比べれば働く妊婦さんも珍しくなくなってきているとはいえ、妊婦さんたちがのびのびと仕事ができる環境に至っていない企業はまだ少ないのが現状です。

退職を遠回しに勧められることもあるようですし、運よく妊娠前と同じ会社で働けていても、部署移動を命じられて好きな仕事から遠ざかってしまう妊婦さんも多くいます。

妊婦さんは好きな仕事をしよう

好きな仕事をしよう

働く妊婦さんへの受け入れ体制が整っていない企業がまだまだ多いのは、先にも触れた通りです。

つまり、働けるのであれば好き嫌いにこだわる必要はないのでは、と考える妊婦さんもいるかもしれません。

確かに、仕事は仕事と割り切って働いている人は多いでしょう。妊婦さんでも、今まで働いていた職場が好きかと問われれば、意見は分かれます。

どうして妊婦さんが働く場合、「好きな仕事」にこだわる必要があるのでしょうか?その理由としては次のようなことが考えられます。

体調悪化の原因になる

仕事をする上で、ストレスはどうしても避けては通れない問題ですが、ストレスを感じると、妊娠による体調変化で本調子でないのにも関わらず、更に悪化してしまう可能性があります。

つわりなど身体的な体調はもちろんのこと、精神的にも少しのことでイライラしたりするなど不安定になりやすくなります。

仕事でなくても、生活をしていれば人はストレスを感じてしまうものですが、仕事となると、職場環境や人間関係など、ストレスを感じやすくなります。

好きな仕事だからストレスをまったく感じないというわけではありませんが、妊婦さんにとって好きな仕事である方が、体調への影響も低いのです。

赤ちゃんへの影響

そもそも、妊娠を機に退職という考えであったのは、赤ちゃんへの影響も考えてのことです。

妊娠することで、妊婦さんは体調の変化や体重管理、激しい運動ができないなど、さまざまな制限が出たりと多くのストレスにさらされます。

強いストレスを感じてしまうことで心身に悪影響が出てしまうのは先にも触れた通りですが、更にお腹の中の赤ちゃんへの悪影響も心配されます。

神経質になる必要はありませんが、仕事をしていてもストレスを感じなくて済むのであればそれが一番です。

好きな仕事なら何でもOK?

では、妊婦さんが仕事をする上で好きな仕事という条件さえ揃っていれば、職種は問わないのかといえばそういうわけではありません。

たとえ妊婦さん好みの仕事であったとしても、避けた方がいい仕事はあります。例えば、立ち仕事や、力が必要になってくる重労働がその1つです。

立ち仕事の場合には、むくみの心配や、お腹が大きくなるにつれて腰などの身体に負担がかかってきますし、重労働の場合にはお腹が張ってしまったり、赤ちゃんへの影響も心配されます。

実際、妊婦さんの重労働は法律で制限されるほどなので、妊婦さんが好きな仕事であっても職種は身体のことを最優先で選ぶことが大切です。

妊婦さんはどんな仕事をしているの?

どんな仕事をしているの

元々働いていた職場が天職、好きな仕事であるのなら、上司に相談して働き続けるのが一番ですが、妊婦さんの全員が全員、そういうわけではありません。

やむにやまれぬ事情で退職をせざるを得ない場合もあるでしょうし、妊娠をする前から働いていてストレスを感じていたのであれば、身体のことを考えて妊婦さんに合ったお仕事を探す方がおすすめです。

しかし、数多くある職種の中から、好みだけで妊婦さんに合ったお仕事を探すのは骨の折れる作業です。実際のところ、仕事を続けている妊婦さんはどんな仕事をしているのでしょうか?

家でできる

体調にもよりますが、妊婦さんによっては朝の通勤が辛くなってしまう人もいます。

職場によっては、妊婦さんの身体のことを考えて時間に融通を利かせてくれる職場もないとはいえませんが、やはり多くはありません。

また、妊婦さんだけでなく女性の約半数が職場の人間関係にストレスを感じているといわれています。

そういった点も踏まえると、在宅ワークといった自宅で仕事ができる職業は業務内容によりますが、通勤する必要がない場合がほとんどで、人間関係に振り回されることもありませんので妊婦さんも仕事で選ぶ人は多くいます。

収入がある

妊婦さんが働く理由は人によってさまざまですが、やはり経済的な事情で働く人は多くいます。

その中には、産後のことを考えて働く妊婦さんもいるほど。お金がすべてではないのはもちろんですが、働いている妊婦さんの中には、収入が良いという理由でその仕事をしている人も少なくありません。

身体を優先して欲しいところですが、経済的にパートナーの収入だけでは心許ないという理由で、収入が良いけれどハードになる立ち仕事や重労働を選ぶ妊婦さんもいます。

心身への負担が少ない

体調面を考慮して、仕事をする上でもっとも回避したいのがストレスです。そのため、仕事をしている妊婦さんの多くは心身に負担の少ない仕事を選んでいます。

先に挙げた自宅でできる仕事もそうですが、妊娠前から働いている妊婦さんでも労働時間を緩和してもらったり、デスクワークが中心となる部署へ移動している場合もあります。

ストレスはどんな仕事をしていても回避できるものではありませんが、負担が少ない仕事であればあるほどストレスも感じにくくなってくるので、この条件に合うお仕事は妊婦さんに人気があります。

小まめに休憩が挟める

接客や販売業など、長時間立ち続けなければいけないお仕事は足のむくみなど身体的な負担になりやすく、妊婦さんができれば避けたいお仕事ですが、だからといってデスクワークのようにずっと座りっぱなしの仕事なら良いかといわれると、そうではありません。

座っていても、長時間同じ姿勢でいることは血行不良の原因になりますし、腰に痛みを感じてしまう妊婦さんもいます。

つまり、どんな仕事でも小まめな休憩が必要になってくるわけです。そのため、妊婦さんが選ぶお仕事の多くは、休憩時間が小まめに挟めるなど、労働時間に融通が利くお仕事も多くなっています。

人気のお仕事ランキング

お仕事ランキング

妊娠しても仕事をするなら好きな仕事をしたいところですが、人によって天職と思う職業は数多くあります。

中には、妊娠中はあまりお勧めできない立ち仕事が好きな妊婦さんもいます。では、実際のところ、働く妊婦さんに人気のあるお仕事とはどんなものがあるのでしょうか?

妊婦さんに人気のあるお仕事をランキングにすると以下の通りです。とはいえ、妊婦さんに人気があるからといって、すべての人に向いている職業というわけではありません。

あくまで参考程度に考えて、仕事探しをする際に役立ててみて下さい。

第1位 在宅ワーク

自宅で仕事ができる在宅ワークは種類が豊富にありますが、その中でもパソコンでできる作業は妊婦さんにも人気があります。

記事作成を行うライティングや、データ入力といった単純作業と、妊婦さんの好みに合った業務内容を選べるのも人気の理由の1つです。

また、こうしたお仕事は締切を守らなければいけないものの、人間関係を巡るストレスも少なく、小まめに休憩を挟めるなど心身に負担が少ないお仕事でもあります。

収入面では、お小遣い程度の収入になってしまう場合もありますが、業務内容や妊婦さんの頑張りによっては稼げるお仕事でもありますので、専門サイトに登録して掛け持ちをする妊婦さんもます。

専門サイトへ登録しよう!

パソコン関係の在宅ワークは、稼ぐ人になってくるとwebライターとしてフリーで活躍する人も多いですが、妊婦さんは身体を優先することが大切です。

そのため、在宅ワークをする際には専門サイトに登録しておくのが良いでしょう。登録することで、サイトからライティングなどの業務を委託してもらえたり、自分に合ったお仕事を見つけやすくなります。

登録するのに抵抗がある人は、在宅ワークの募集をまとめたサイトも存在しますので、そういったところで探してみるのもおすすめです。

第2位 手作業系内職

いわゆる内職系のお仕事です。シール貼りや袋詰めなど、単純作業がメインになりますので、淡々とした仕事になってしまう分、好き嫌いが分かれてきてしまいますが、自宅でできるお仕事もあるので、妊婦さんに人気があります。

ただし、妊婦さんの中には家に籠っているのが辛いという人もいます。そういった点でも、手作業内職系のお仕事であれば、業務内容によっては工場など、企業まで通勤する必要があるお仕事もあるのが嬉しいところです。

また、自宅周辺の場所、歩いて行ける場所を選べば通勤時間がちょっとした運動になるので、選ぶ時の条件に入れる人も多くいます。

業務内容に注意しよう

堂々の第2位にランクインする手作業内職系のお仕事は、単純作業が多い分、単価が低いものが多くなっています。

更に、量が多いものがほとんどなので、大変という声もよく聞きます。

また、自宅でできても材料の調達や納品のために会社まで行く必要があることも少なくありませんので、そういったお仕事を行う際には、よく業務内容を確認してから選ぶようにしましょう。

内職系のお仕事は、仕事をやるだけやらせて、お給料を支払わない詐欺も増えてきているようなのでくれぐれも注意して下さい。

第3位 アンケート

ライティングなど自宅でもできて、妊婦さんの頑張りや業務内容によっては収入の良い在宅ワークですが、ライティング技術や専門知識が必要になる場合もあることから、泣く泣くできずにいる妊婦さんもいるはず。

そんな妊婦さんに人気なお仕事がアンケート回答のお仕事です。新商品を試してみての感想やオンラインアンケートに回答するだけなので、在宅ワークのように技術は必要ありませんし、納期がなく、自分のペースでできるのも嬉しいところです。

試食会など報酬が高い案件も

アンケートのお仕事はスマホやパソコンでの無料登録、もしくは登録説明会へ出席する必要があります。

内職系のお仕事のように単価が安いものが多いですが、ノルマがないので心身の負担もなく仕事を進めることができるのも嬉しいポイントです。

コツコツとアンケート回答をして稼ぐ妊婦さんが多いですが、試食会や座談会などに出席してのアンケート回答といった、会場まで行く必要があるものの、4000~8000円位の報酬がもらえる案件もあるので、気になる方は調べてみて下さい。

第4位 事務作業

デスクワーク系のお仕事は、座って働くことができることからもわかるように妊婦さんの心身に負担が少なくて済むお仕事です。

この事から、ランキングでも必ず上位にランクインしています。代表的なのは受付のお仕事や医療事務。

女性の占める割合が大きいことから、妊婦さんへの理解があり、働きやすいというのも人気の1つに挙げられます。

ただし、先にも触れた通り長時間同じ姿勢でいるのは例え座っていても身体に良くありません。

そのため、働く際には上司の方と相談しながら、小まめに休憩を入れることが大切です。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリー
仕事・お金

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる