妊婦さんが仕事を休む理由

妊婦さんが仕事を休む理由は?妊婦さんに理解ある職場とは




お腹の赤ちゃんのことを考えて、昔は妊娠したら女性は仕事を退職して自宅で安静にしているのが一般的でしたが、現在では臨月を迎えるギリギリまで働く妊婦さんも珍しくなくなってきています。

とはいえ、一般の女性と同様に妊婦さんが働けるわけではありません。

妊娠前は当たり前だったことが難しくなってくることは多々あり、何より、仕事を休んでしまう回数も増えてきます。

妊娠しても仕事をしたいと思う妊婦さんのほとんどは働く意欲が高いので、むしろ休まず頑張りそうなイメージがありますが、どうして妊婦さんは休む機会が増えてくるのでしょうか?

そこで今回は、

・妊娠すると仕事をどれくらい休むことになる?
・職場に妊娠の報告は早くするべき?
・妊婦さんが会社で注意することとは?

といった方に、妊婦さんが仕事を休む理由や、妊婦さんに理解ある職場について詳しくご紹介します。

妊婦さんは仕事をどれくらい休むの?

どれくらい休むの

休みがちなイメージのある妊婦さんですが、その回数は人によって個人差があります。

妊娠しても普段と変わらず仕事を続ける妊婦さんもいれば、4週連続で休みをもらう妊婦さんもいます。

また、時期によって波がある妊婦さんもいます。

特に妊娠初期は体調が不安定な時期でもあるので、休んでしまう確率はどうしても高くなり、容体が安定する妊娠中期に入ると仕事に集中できる妊婦さんが多くなります。

以上のことから、どれくらい休むか正確な回数の答えはない、というのが正直なところです。

妊婦さんが仕事を休む理由は?

仕事を休む理由

個人差があるので、すべての妊婦さんが休みがちというわけではありませんが、それでも一般の女性に比べると、妊婦さんは休む回数が多くなってきます。

そのせいか、職場環境によっては肩身の狭い思いや、妊娠報告をした途端に退職をすすめられてしてしまうことも残念ながらあります。

働きたいと思っているからこそ、仕事を続けている妊婦さん。そんな妊婦さんたちが休んでしまう理由とは一体何なのでしょうか?

その理由に関しては以下の通りです。

体調不良

妊娠すると、妊婦さんが思っている以上に体調が不安定になります。悩まされる症状は人によってさまざまですが、特に多いのがつわりの症状で、胃のムカつきや吐き気に苦しめられる妊婦さんはたくさんいます。

この他、お腹の張りや急激な眠気、貧血など、いくつかの症状に同時に苦しめられる場合もあります。

個人差があるとはいえ、症状が出ている間は働くのも難しいだけでなく、会社に通勤するのも辛い妊婦さんもいます。

また、身体的な症状だけでなく精神的に不安定な時期でもあるので、ちょっとしたストレスで参ってしまう妊婦さんもいます。

妊婦健診

つわりやお腹の張りなどの体調不良の他に、妊婦さんが休む理由として病院への通院が挙げられます。

母体やお腹の中の赤ちゃんの健康、成長観察のため妊婦さんは定期的に妊婦健診に行かなくてはいけないからです。

仕事をしている妊婦さんになると、休日に会わせて病院へ行く人が多いので、体調不良に比べると妊婦健診を理由に休むことは少ないですが、どうしても都合が合わなかった場合には仕事を休んで病院へ行くこともあります。

妊娠の報告はお早めに

報告はお早めに

以上の理由からもわかるように、妊婦さんが仕事を休む理由は、身体のことを考えると仕方のない理由であることがわかります。

妊婦さん自身もどうしようもないことなので、働く意欲が高い分、気に病んでしまう妊婦さんも多いのではないでしょうか。

実際、周囲に迷惑をかけたくなくて、妊娠したことを黙ったまま働く妊婦さんも中にはいます。

しかし、妊娠中というのは、妊婦さんが思っている以上に何があるかわかりません

そのため、仕事を続けるつもりでいるのであれば、早めに妊娠の旨を報告することが大切になります。また、これは止むを得ず仕事を休むことも考えると重要なことです。

フォローをしてもらえる

妊娠した旨をきちんと周囲に伝えておくことで、つわりなどの急な体調不良や、妊婦健診で休まなくてはいけなくなった場合でも、周囲が事情を知っている分、フォローが入れやすくなります。

また、妊娠したことを知らないまま体調不良で休まれるよりは、知っている方が納得できるというものです。

この時、迷うのが周囲のどこまでに報告をするか、ということですが、最初の方は上司だけでも大丈夫です。

ただし、遅くても安定期を迎える頃までには同僚に伝えられているとベストです。

特に上司は、妊婦さんが産休に入ってしまった場合のことも考えて、人員を確保しなくてはいけないので、早め早めに伝えるようにして下さい。

申請をしやすい

妊婦さんが働く場合、お腹の赤ちゃんのことも考えて、力仕事や労働時間などいくつか注意することが出てきます。

これは、妊婦さん自身も気を付ける必要がありますが、職場の協力も不可欠です。

とはいえ、働く妊婦さんへの理解が広まりつつあるとはいっても、職場によっては妊婦さんに働く意思があるわけですから、普段と変わらない仕事を任せてくる所もあります。

そんな時の心強い味方となるのが、労働基準法などの妊婦さんに関係する法律です。

この法律に基づいて、上司に申請をすると労働時間の緩和など妊婦さんが働きやすいように職場が働きかけてくれます。妊娠した旨を予め伝えてあると、こうした申請もしやすくなるのです。

妊婦健診のための時間は作れる?

妊婦さんが仕事を休む理由で触れた妊婦健診ですが、これに関しては仕事がある日であったとしても休むことができます。

実際、これは男女雇用機会均等法第12条において「事業主は、女性労働者が妊産婦(妊娠中及び産後1年を経過しない女性)のための保険指導又は健康診査を受診するために必要な時間を確保することができるようにしなければなりません」とあり、妊婦さん自身から申請があった場合には、妊婦健診のための時間を確保することができます

原則は、妊娠0週目~23週目までが4週間に1回、妊娠24週~35週目までが2週間に1回で、妊娠36週目~出産までが1週間に1回時間を確保することができるとされています。

妊婦さんに理解のある職場とは?

理解のある職場とは

妊娠の報告は早めにするのがベストですが、伝えにくいと思ってしまう妊婦さんもたくさんいます。

昔に比べると、働く妊婦さんへの対処は、企業側でも理解が広まりつるあるとはいえ、職場の雰囲気や、伝えたら退職させられてしまうのではないかなど、不安に思う妊婦さんはまだまだ多くいます。

妊婦さんが妊娠報告をしやすい職場、つまり理解のある職場とはどんなものなのでしょうか?大まかな特徴を見ていくことにしましょう。

前例がある職場

働く妊婦さんに理解のある職場の特徴として、真っ先に挙げられるのが前例のある職場です。

時々休みながら、産休に入るまで働いていた妊婦さんが過去にいるだけでも、職場自体が妊婦さんが働くということを理解している証なので、働く妊婦さんを受け入れるのが初めて、という職場よりは受け入れられやすいといえます。

更に、産休明けで働く従業員がいれば尚良いでしょう。一般の従業員としても、前例があるのとないのとでは、妊婦さんに対しての認識も異なってきますので、妊婦さんとしても一緒に働きやすくなります。

人手が足りている

体調不良などで、妊婦さんが突然休んでしまうことがあります。こんな時でも仕事が回せる人数を確保している、人手が足りている職場も、妊婦さんに理解がある職場といえます。

理由としては、人数が多いため職場としても余裕があり、妊婦さんの突然の休みにも速やかに対応ができるからです。

ちなみに、妊婦さんがいても人手が足りる人数としては、1日に2人以上の病欠が出ても対応できる数が目安となります。

大手企業を中心に働く妊婦さんへの理解が広まってきていると聞きますが、この条件を満たしているというのも理由に挙げられます。

女性率が高い

特に35~40歳を中心とした女性が多い職場は、働く妊婦さんの理解が得やすいとされています。

理由としては、晩婚化が進みこの年代を中心に出産を経験している女性が多く、体調不良や妊婦健診を理由に、突然妊婦さんが仕事を休んでしまうことになってしまっても、事情を理解してくれるからです。

必ずしも年齢が関係するとは限りませんが、やはり女性率が高い職場であったとしても、20代前半がメインになる職場ではまだ結婚・妊娠を経験していない女性がほとんどになりがちです。

反対に40歳以上の女性が多い職場になると、自分の妊娠体験の記憶が薄いという理由や、最近の妊婦さん事情を把握していないことから、男性の多い職場と同様、理解を得にくい傾向にあります。

周囲のカバーが行き届いている

人手が足りている職場と少し似た特徴になりますが、これは主に業務内容にいえることとなります。

たとえ、人手が足りていたとしても業務内容が妊婦さんにしかできないことだった場合、カバーのしようがありません。

妊婦さんに理解のある職場は、そんなことも考えて、妊婦さんに任せる仕事は誰でもカバーできる内容にしていることが多いです。

仮に、妊婦さんが特殊な仕事を受け持っている場合には、妊娠報告後に妊婦さんと相談しながら、部署移動や仕事の引継ぎができる体制に、早め早めに整える必要が出てきます。

医師へ相談してみよう

医師へ相談してみよう

妊婦さんが仕事を休む理由は身体のことを考えると仕方のないことですが、それでも伝えることに抵抗を覚える人は多くいます。

また、休む以外にも、労働時間や業務内容も妊娠前に比べると、できないことも増えてきますので、それを含めた対応を企業側に求めることも妊婦さんは多くなってきますが、話す上で相手にきちんと理解してもらっているのか不安を感じる人は珍しくありません。

そんな時は、一人で抱えこまず担当の医師にも相談してみるようにしましょう。

さすがに休む休まないは妊婦さん自身の自己判断になってしまいますが、労働時間の緩和や業務内容の変更などであれば、「母子健康管理指導事項連絡カード」を医師に記入してもらうことで、医師の指導として企業側に提出することもできます。

仕事を休む上で妊婦さんも注意したいこと

注意したいこと

休む休まないは妊婦さんの自己判断に委ねられますが、妊婦さんもその上で気を付けなければいけないことがあります。

職場が妊婦さんに理解を示すことはもちろんですが、妊婦さんも休むからには以下の注意点を守るようにしましょう。

妊婦さんが仕事のお休みをもらう際に気を付けたいことは、次のようなことが考えられます。

休む理由の中には体調不良など、妊婦さん自身どうにもならないことも多々ありますが、それが当たり前と思わずに仕事に励みましょう。

頻繁に休まない

当たり前のことですが、いくら理解のある職場だったとしても頻繁に休むのは頂けません。

つわりなど体調不良での休みは、何度もいうように妊婦さんの判断に委ねられますが、ちょっと気持ち悪いからといって、度々休まれるのは職場としても困ってしまいます。

起き上がれないほど体調が悪い時は仕方ないかもしれませんが、少し休んで楽になるようであれば、少し時間をズラして出勤したり、事情を説明して休憩を小まめに入れてもらうという方法もあります。

仕事をすると決めたからには、頻繁に休むのは避けるよう意識していきましょう。

休む理由、嘘はダメ!

仕事を休む際、つい嘘をついてしまう妊婦さんもいます。

申し訳ない気持ちや、同じ理由で休んでしまうことが言いにくいなど、理由は人によってさまざまですが、休む時は絶対に嘘はつかないようにしましょう。

嘘は重なっていくものなので、後々ボロが出る上に、妊婦さん自身も嘘を吐き続けることが負担になってきてしまいます。

また、休む理由を伝える時は長い説明をしてしまう人が多いですが、相手も仕事をしているわけですから、質問がなければ言い訳を重ねず、簡潔に伝える方が良いです。

完全な理解は難しい

完全な理解は難しい

妊婦さんが仕事を休む時、やはり理解のある職場の方が伝えやすいものですが、それでも完全な理解というのは難しいものです。

仕事を続けていく中で、周囲から嫌な顔をされることもあるでしょうし、休みの連絡を入れるだけで嫌味を言われてしまうこともあるかもしれません。

そこで気にしていては心身にも良くないので、相手にしないで聞き流す態度も大切です。しかし、妊娠しているのだから当然、という態度はやはりNGです。

妊婦さんが仕事をすることは、周囲の協力で成り立っています。迷惑をかけていることに責任を感じる必要はありませんが、どんな時でも相手への感謝の気持ちを忘れずに行うようにしたいところです。

どんな時でも感謝の言葉を伝えられるようにしたいですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリー
仕事・お金

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる