葉酸はうつの予防や対策に効果的

葉酸はうつ予防や対策に効果アリ!?妊娠とうつの関係について




葉酸といえば、女性や妊婦さんが摂取するべき栄養素として有名です。葉酸を摂取することでの効果は主に妊婦さんに対して大きいですが、それ以外にも複数の効果があります。

日常生活を送っている中で、うつを患ってしまう方は非常に増えていますが、葉酸はうつにも効果があるとされています。

また、妊娠前後にうつ状態になってしまう女性が多いため、うつにも効果的ならば葉酸の摂取を考える方も増えるでしょう。

そこで今回は、

・妊娠しているとうつになりやすいの?
・妊娠中のうつはどうやって治せばいいの?
・うつの予防や改善に葉酸が効果的なの?

といった方に、妊娠とうつの関係や、葉酸のうつに対する効果について詳しくご紹介していきます。

誰でも患う可能性があるうつ

誰でも患う可能性のあるうつ

まず、うつというのは誰にでも患う可能性があります。自分だけは大丈夫と思っている方もいますが、それは間違いです。

うつになってしまうと、自分が患ったことに気がつかないまま過ごしてしまうことが多くあります。

ある程度の自覚症状があらわれる、または誰かに指摘されて受診してみたらうつだと診断された方が大半です。

そのため、自分の中では大丈夫だと思っていても、知らず知らずのうちに患ってしまっているという怖さを持っているのがうつなのです。

うつは、やる気を失ってしまうだけでなく、やりたいと思っている自分の気持ちと体がついていかないため、ここでの葛藤がとてもつらいものになります。

うつを予防していくため、さらにはうつを患っている方は少しでも改善していくために、葉酸が効果的であるといわれています。

うつの症状はどんなものがあるの?

うつの症状

誰でも患う可能性のあるうつというのは、どのような症状があるのでしょうか?代表的なものをご紹介していきましょう。

やる気が起きずネガティブになる

何をするにもやる気が起きず、自分の思考そのものがどんどんネガティブになってしまいます。

何かをやろうと思っていても体がついてこないため、できない自分に対しネガティブになってしまうのです。

さらにはネガティブになった自分自信が情けなくなってしまい、これがさらなるネガティブを呼ぶといった悪循環に陥ることがあります。

意味もなく涙が流れることが増える

特に悲しいことがなくても涙が流れてしまうことが増え、涙が流れてきた時には自分自身が弱っていると感じ、とても大きなつらさを抱いているような感覚になります。

自分の存在を責めてしまう

どのような場面であってもうつになってしまった自分を責めて、自分には存在価値がないと思い込んだり、自分の存在が多くの人々に迷惑をかけていると思ってしまいます。

うつになりやすいのはどんな人?

うつになりやすいのは

うつは誰にでも患う可能性があるといいますが、特にどのような人が患いやすいのでしょうか?

誰でも患う可能性があるとはいえ、やはりうつになりやすい人、そうではない人がいます。

性格的なものや、ストレスなど環境にもよりますが、うつになりやすい原因として、葉酸が不足していることが挙げられます。

そのため、日常生活を送っていく中でうつになりやすい人は、特に葉酸を意識して摂取することが大切になります。

気分の浮き沈みが激しい

もともとの性格で感情の起伏が激しく、気分の浮き沈みが比較的激しい方は、うつになってしまう可能性が高いといわれています。

自分の感情を上手にコントロールすることができないため、つらいことが起きた時に上手に消化することができず、そのままうつを患ってしまうのです。

妊活中、妊娠中

妊活中の女性や妊娠中の女性は、妊娠・出産に対しさまざまな不安を抱えてしまいます。特に妊活中の女性の場合は、無事に妊娠できるのかと不安を抱えます。

このようなストレスから、うつになってしまうことが多いとされています。

産後

近年では産後うつ、産後クライシスという言葉を耳にする機会も増えてきました。

産後は初めての育児に追われ、自分の育児が正しいのか、本当に出産してよかったのか、などといった気持ちになることがあり、これが産後うつにつながってしまいます。

この数年、産後うつに悩まされるママが増えています。この産後うつというのは食生活などの影響もあり、葉酸が足りていないことも大きな原因になっています。

現代人に不足している栄養素として代表的なものに、葉酸があります。妊娠前の食生活が乱れており、妊娠期間中も極端に食生活を変えることができないまま葉酸が不足していると、産後うつになる可能性が高くなります。

経口避妊薬やアスピリン系の薬剤を服用している

アスピリン系の薬を服用している方や、経口避妊薬を服用している方は、葉酸の体内吸収率が低下してしまうため、うつになる可能性が高くなる傾向があります。

食事やサプリメントで葉酸を摂取していても、こういったお薬によって吸収が妨げられてしまいます。

そのため、自分で思っているよりもはるかに少ない量の葉酸しか摂取しておらず、結果的には葉酸不足の状態からうつになってしまいます。

ストレスを溜め込んでしまう

さまざまな悩みに直面するのが慣れていない方は、誰かに悩みを相談したり、上手にストレス発散することができず、自分を責めてしまうことも多く、これがうつを患うきっかけとなります。

妊娠中のうつはどうやって治療するの?

妊娠中のうつ

妊娠中のママや、産後のママがうつになってしまった場合には、どのように治療をするのでしょう。

一般的には抗うつ剤と呼ばれるお薬を服用します。しかし、妊娠中のママや授乳期間中のママは、このようなお薬を服用してもいいのでしょうか。

薬の使用は避けたいもの

抗うつ剤と呼ばれる薬は、妊娠中のママや授乳期間中のママが使用できるものもあります。

しかしママの本音としては、可能な限りこういった薬の服用は避けたいのではないでしょうか。

赤ちゃんに対する悪影響や、母乳にお薬の成分が含まれるのではないかと心配になるものです。

特に、うつを患ってしまうと何でもネガティブに考えてしまいますので、薬を服用すること自体が怖くなる可能性があります。

できるだけ食事と生活リズムで対処していく

お薬を服用しない方法でうつを改善していくのであれば、食事の内容がとても大切です。

葉酸をはじめとして、バランスのとれた食事をすることで、体内のセロトニン分泌のバランスが整い、うつの症状が軽減していきます。

また、しっかりと睡眠をとり、日光浴を取り入れ、生活リズムを正していくことで、うつの症状が軽減されてきます。このように生活習慣を改善することで、お薬を使わず対処していくのが安全で理想的です。

日頃から葉酸の摂取をすればうつの予防になる

日頃から葉酸の摂取

うつというのは日常生活を送っていく中で、さまざまな場面に潜んでいるといっても過言ではありません。

気をつけているつもりでも、何気なく過ごしている生活のなか、知らず知らずのうちにうつを患ってしまうこともあるのです。

これを予防していくためには、日頃から葉酸をしっかりと摂取し、葉酸不足の状態を事前に回避していくことが1番の方法です。

葉酸は脳内をリラックスさせる

葉酸は脳内をリラックスした状況に変えてくれる働きがあります。ストレスを感じたり、多くの悩みを抱えていると、知らず知らずのうちに脳内は緊張感を持ってしまいます。

また、ぐっすりと眠れない日が続くとリラックスできない時間が増えるため、ホルモンの分泌や自律神経のバランスなどを崩し、うつを発症してしまいます。

脳がリラックスして過ごせる状態へと導いてくれる葉酸は、うつの予防にとても効果的なのです。

葉酸の摂取がうつの予防になる

毎日の食事をはじめとして、サプリなどから葉酸を意識的に摂取しているケースと、ほとんど摂取していないケースでは、うつを発症する確率に大きな違いがあることが、医療機関などの調べによって分かっています。

うつ病は、まだ具体的な原因は解明されていませんが、うつ病の患者は特定の栄養素の不足が指摘されおり、その中の一つに葉酸不足が挙げられています。

また、うつ病の患者に葉酸を摂取させると、うつの症状が改善されたという研究データもあります。

それだけうつと葉酸には深い関係があることがわかっており、葉酸をしっかりと摂取することがうつの予防につながると考えられます。

近年では心療内科などでお薬を処方するだけでなく、葉酸の摂取をすすめるケースが増えています。

妊娠の前後でうつになる女性も多い

妊娠の前後でうつ

妊活をする前の段階から、一生懸命に妊活をしても妊娠できるだろうか?といった不安、さらには妊娠した後は、出産まで健康的に過ごせるだろうか?などといった心配を抱えてしまうと、うつになってしまうことも多くなります。

さらには、妊娠した後も無事に出産ができるだろうか?と考えてしまうことや妊娠期間中の周囲の変化、さらにはさまざまなストレスなどによってうつを患ってしまうママもいます。

また産後に関しても、子育てにおける不安や子供をかわいいと思えない、などといった悩みから産後うつを発症してしまうケースが多くあります。

そのため、男性に比べ女性の場合にはうつになってしまうリスクが高くなります。妊娠に関係する栄養素としてだけでなく、妊娠に関係するうつを予防していくためにも葉酸の摂取が推奨されているのです。

薬の服用はリスクが高い

万が一、妊娠期間中や妊活中にうつを患ってしまった場合、お薬を服用することで精神状態を落ち着かせることはできます。

しかし健康的な体を維持していくために、このようなお薬を服用することに抵抗を感じるママや、服用を拒むというママもいます。

妊活中の女性においても同様です。そういった状況の中、お薬を服用しなくとも葉酸をしっかりと摂取していくことでうつの症状が緩和されていきます。

葉酸の効果は女性やママに嬉しいものばかり

葉酸の持っている効果は女性にとって嬉しいものばかりです。妊娠する前でも妊娠してからでも、多くの女性にとって味方になってくれる大切な成分です。

これだけ重要な効果を持っている葉酸を、どのように摂取していくのか考え、毎日の生活に取り入れていきましょう。

葉酸と栄養バランス

葉酸と栄養バランス

葉酸を摂取することによって健康的な妊娠生活を守ってくれるだけでなく、心までを守ってくれることをお話しましたが、葉酸を摂取していく上で、一番大切なのは栄養バランスです。

葉酸ばかりを意識的に摂取していても、そのほかの栄養分が不足していれば、当然ですが体も心もバランスを崩してしまいます。

また葉酸には吸収率を高めてくれる相性の良い成分などもありますので、そういったものを考えながら取り入れることも大切です。

食事にうまく取り入れる

毎日の食事で葉酸を摂取することは決して難しいことではありません。葉酸は、ほうれん草や小松菜、納豆など私たちの身近な食品に含まれており、このような食品をこまめに摂り入れながら食事の内容を考えましょう。

また葉酸の吸収率をアップさせてくれる成分についても、ビタミンB6やビタミンB12などが存在しており、魚介類や赤みのお肉などを食べることで同時摂取をすることができます。

サプリメントを活用して葉酸を継続摂取する

食事から葉酸を摂取していても、十分な葉酸を摂取できない場合には足りない分をサプリメントで補う方法があります。

サプリメントは1粒または2粒で、一日に必要な葉酸を含有しているケースがほとんどですので、とても手軽な摂取方法です。

葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!ではおすすめの葉酸サプリメントをご紹介していますので、サプリメント選びの参考にしてみて下さい。

安全にこだわって作られた葉酸サプリメントであれば、添加物などが含有されている心配も少なく安心して摂取できます。

葉酸を摂取してうつの予防に取り組みましょう

うつの予防に取り組みましょう

葉酸とうつは本当に深い関係にあります。しっかりと心のケアをしながら健やかな生活を送っていくためにも、葉酸をどんどん取り入れていきましょう。

妊娠を意識する女性や、妊娠中のママは毎日継続して葉酸を摂取していくことが大切です。産後うつを予防していくためにも妊娠期間中から葉酸の摂取を心がけていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる