葉酸摂取は生理周期を安定させる

葉酸摂取は生理周期を安定させる?生理周期の乱れる原因とは




葉酸を積極的に取り入れる女性は増えており、葉酸が女性の体にもたらす効果は非常に大きなものがあります。

男性でも葉酸を摂取することは大切ですが、特に妊娠を意識する女性や妊娠中・産後のママにも必要となります。

葉酸を摂取していく中で、葉酸が生理周期に大きな関係を持っていることをご存知でしょうか?

葉酸は生理周期にも大きな影響を与える栄養素なので、詳しい知識を持ちできるだけ上手に取り入れたいものです。

そこで今回は、

・生理周期が安定してないといけないのはなぜ?
・生理周期が乱れる原因を教えてほしい!
・葉酸は生理周期の乱れに効果的なの?

といった方に、葉酸と生理周期の関係や、生理周期の乱れる原因などについて詳しくご説明します。

生理周期が乱れることのデメリット

デメリット

生理周期が乱れてもさほど気にしない女性もいます。しかし、生理周期の乱れはさまざまな原因があり、ときには大きな病気が隠れている場合もあります。

生理周期が乱れてしまうデメリットにはどんなことが考えられるのでしょうか?

ライフスタイルの計画が難しい

生理周期が安定していないと、ライフスタイルの計画を立てるのが難しくなります。

例えば旅行の計画を立てたいと思っても、生理周期が乱れていると、旅行にぶつかってしまうかもしれません。

そうなると、楽しみにしていた温泉にゆっくりと浸かれなかったり、プールで思い切り遊ぶことができないなど、夏場の海水浴をはじめとして生理が重なると困る場面は多いです。

このような場面で生理周期が乱れていると、ライフスタイルにおける計画が立てにくいといった大きなデメリットになります。

妊活に悪影響がでる

妊活を意識している方の場合は、生理周期が乱れていることから悪影響がでてしまいます。妊活をしていく中で、妊娠しやすいタイミングを自分の中で把握していくのはとても重要です。

しかし、生理周期そのものが乱れていると妊娠しやすいタイミングを逃してしまい、いつまでも妊娠することができません。このような部分も、生理周期が乱れることでの非常に大きなデメリットです。

生理周期が乱れてしまう原因

乱れてしまう原因

生理周期が乱れるといくつかのデメリットがあることがわかりましたが、生理周期が乱れてしまう原因はどんなものが考えられるのでしょうか?

寝不足や不規則な生活

不規則な生活や寝不足の状態が続くと、体内ではホルモンバランスや自律神経のバランスが乱れてしまいます。これが原因となり子宮のサイクルが乱れ生理周期が根本的に乱れます。

不規則な生活は睡眠時間に関するものだけでなく、生活のリズムや食生活なども含まれます。

過度なストレスを感じる生活

働いている職場の環境や、プライベートで大きな悩みを抱えているなど、過度なストレスが続くと、自律神経の乱れを引き起こします。

ストレスはさまざまな悪影響を及ぼすことがわかっていますが、生理周期にも多大なる悪影響を与える存在なのです。

極端な食事制限によるダイエット

ダイエットのために極端な食事制限をする女性も珍しくありません。特に短期間で体重を落としたいという場合には、ほぼ食事をしない状態のまま数日間を過ごす方もいます。

食事をしてもほとんどカロリーが含まれていないものや、人工添加物などがたっぷりと使われたものばかりを摂取していると、体内環境はどんどん悪くなる一方です。

栄養バランスが大きく傾き、生理周期にも悪影響を与えます。

肥満

過度なダイエットから激やせをしている女性は、生理周期が乱れてしまいがちといわれていますが、反対に肥満体質の方も生理周期が乱れることがあります。

やはり肥満というのは食生活が乱れているからこそであり、ここでもホルモンバランスや自律神経のバランスに影響を与えてきます。

女性特有の疾患

上記のように日常生活の中に潜んでいることばかりではなく、女性特有の疾患や病変などが原因で生理周期が乱れてしまうことも考えられます。

子宮内膜症などをはじめとして、子宮筋腫や、子宮癌や子宮頸がんなどさまざまな病気がありますが、病気そのものが原因で生理周期が乱れている場合には、食生活の改善などで簡単に生理周期が整うものではありません。

しかし、このような病気になってしまうことも葉酸不足が懸念されており、葉酸と子宮が深い関係を持っていることがわかります。

葉酸は生理周期を整えてくれる

生理周期を整えてくれる

葉酸は、生理周期を乱整えてくれる成分として知られています。なぜ葉酸が生理周期を整えてくれるのかについてお話しましょう。

ホルモンの働きを助ける

葉酸はホルモンの働きを助けてくれるので、これまで分泌量が少なかったホルモンをたくさん分泌させてくれたり、全体的なホルモンのバランスをしっかり整えて、生理周期を安定させてくれる働きを持ちます。

食生活の乱れや生活習慣の乱れから、ホルモンバランスが崩れると生理周期も乱れるので、葉酸がこれを整えてくれることで生理周期も整うようになります。

経血の量も安定する

生理周期だけではなく生理時の経血の量も、葉酸が安定させてくれることがわかっています。

生理が来るたびに経血の量が違うのは不安を感じます。また、その都度生理の経血量が違うのは子宮の働きが低下していることが考えられます。

葉酸を摂取することによって子宮内膜の生成などを助け、妊娠せず使われなかった子宮内膜の一部がはがれて経血になるさいにも、量が安定していきます。

生理の痛みを軽減する

生理の痛みというのは本当に個人差があり、特に痛みを感じない人から寝込んでしまう人までさまざまです。

葉酸には生理痛を軽減させる働きもあり、これまで生理痛がひどかった方も、少しずつ生理痛が軽減され生理期間中も過ごしやすくなります。

葉酸で生理周期が乱れる?

葉酸を摂取していると生理周期が乱れるという説があります。しかし、実際に葉酸を摂取したことで生理周期が乱れてしまうといった報告は、今までひとつもありません

生理周期が乱れがちだった方が、生理周期を整えていくために葉酸を摂取することで、今までとは違ったリズムで生理がきてしまい、一時的に生理周期が乱れたと勘違いすることがあります。

しかし、これは生理周期が乱れたのではなく整えるために葉酸が働いていますので、実質的には葉酸が生理周期を乱したことにはなりません。

生理周期と必要な葉酸の量

必要な葉酸の量

では、生理周期を整えるために葉酸を摂取する場合、常に同じ量の葉酸を摂取していればよいのでしょうか?

もっとも多く必要な黄体期

黄体ホルモンがもっとも多く分泌される黄体期は、1日あたり400μg(マイクログラム)の葉酸が 必要とされています。

黄体期には、黄体ホルモンの働きによって子宮内膜が厚みを増し、さらにはたくさんの水分を溜め込もうとするので、体内では貧血気味になってしまうこともあり、葉酸がたくさんの血液を作り出すために活発に働きます。

このような部分から、黄体期には葉酸を摂取する量も増やした方がいいのです。

※マイクログラム。
1g(1グラム)の百万分の1の質量をあらわします。

卵胞期や月経期

卵胞期や生理が起きている月経期については、一日あたり240μgの葉酸を摂取すればよいとされています。ですが、特に意識して葉酸の摂取量を増やす必要はありません。

葉酸は生理周期に関するメリットが多い

葉酸を摂取することにより、生理周期が整うだけでなく生理周期に関してメリットがあります。どのようなメリットかをお話しましょう。

日頃から葉酸を摂取するとPMSが緩和される

生理前になるとPMSという生理前症候群に悩まされる女性は多くいます。

PMSの症状は、イライラすることが増える・眠くて仕方がない・食欲がなくなる・食欲が止まらなくなる・頭痛が起きるなどさまざまです。

こういったPMSの症状は、生理前のホルモンバランスの変化によって引き起こされるのですが、PMSの症状がひどい方は日常生活にも支障がでるほどです。

葉酸を摂取することで、PMSの症状も緩和されて、生理周期に極端な体調の変化があらわれにくくなります。

また、イライラしてしまうなど、気分的な変化も起きにくくなり非常に過ごしやすくなるといったメリットがあります。

生理周期による貧血の予防もできる

生理の始まりや、生理の終わりからのしばらくのタイミングで、経血の影響から貧血を起こすこともあります。

貧血を起こしてしまうのは、体内の血液量が減ってしまうことや、血液が薄くなってしまうことが原因です。

葉酸を摂取することで健康的な血液を作ってくれますので、生理周期による貧血の予防につながっていきます。

生理前後の肌荒れを防ぐ

生理前を含め生理が始まると、しばらく肌荒れになる方がいます。生理周期に合わせた肌荒れは、ホルモンバランスの変化によるものですが、一度肌荒れを起こしてしまうとすぐに治りません。

ライフスタイルなどを考えていくと、1ヶ月を通じてほぼ毎日お肌の調子が悪いという方もいます。

生理周期に合わせたホルモンバランスも整えてくれる葉酸は、生理周期に影響を受けてしまう肌荒れにも効果があります。

生理が近づいてくるとニキビが多発したり、皮脂の分泌量が増えて肌がべたつき毛穴のつまりが目立つなどといったトラブルを軽減することができます。

生理周期が整えばライフスタイルが楽しくなる

ライフスタイルが楽しくなる

葉酸を摂取して生理周期が整うと、ライフスタイルがとても楽しくなります。

最初でもお話したとおり、さまざまな計画が立てやすいのはもちろんですが、いつ生理が来るのかと不安に感じることがありません。

そろそろ生理が来るだろうといった予測をつけることができるので、生理用品の準備をしておくこともできます。

また、PMSによる気分の変調などにも事前に対処できるようになります。

生理周期に合わせてPMSの症状がでる時期を把握できると、上手に気分転換をしたり、予定を入れずゆっくり休むことを優先するなど、自分の健康を守っていくために色々な工夫がしやすくなります。

葉酸は食品から摂取しても、その大部分が吸収される前に死滅してしまいます。

そのため、葉酸と相性の良い食品と一緒に摂取したり、足りない分はサプリメントで補うなどの工夫が必要です。

葉酸と一緒に摂りたい栄養素

生理周期をしっかりと整えて、さらには生理痛を軽減したり、PMSを軽減するために、葉酸と共に取り入れていきたい栄養素をご紹介します。

イソフラボン

女性ホルモンに似た働きを持つことで有名な大豆イソフラボンは、適度な摂取をすることで子宮組織を安定させ、生理周期だけでなく、女性らしさを維持するためにも役立ってくれます。

鉄分

葉酸との相性がよく、健康的な血液を作るために必要不可欠な鉄分は、しっかりと健康な血液を作ってくれるだけでなく、お肌の代謝などもアップさせてくれるメリットがあります。

ビタミンB群

粘膜の再生や、細胞分裂などにも大きな働きを持っているビタミンB群。葉酸とともに摂取することで葉酸の吸収率も上がり、体内に老廃物をためにくくなります。

葉酸の摂取で生理周期を整えよう

生理周期を整えよう

今月は生理がいつになるのかといった不安を抱えながらの生活をするよりも、何日頃には生理が始まると把握できるような生活が望ましいです。

葉酸を摂取することで生理周期が整えば、心も体も安定して一石二鳥ですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊活・妊娠超初期のカテゴリー

妊活妊娠超初期妊娠初期
妊娠へ向けての体づくり不妊の原因不妊治療
アルコールカフェインストレス解消
つわり産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用保険
基礎体温排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別双子
男性の妊活葉酸葉酸サプリ
妊活妊娠超初期
妊娠初期妊娠へ向けての体づくり
不妊の原因不妊治療
アルコールカフェイン
ストレス解消つわり
産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用
保険基礎体温
排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別
双子男性の妊活
葉酸葉酸サプリ

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる