ココマガ > 妊活 > 葉酸 > 葉酸は子宮頸がんの予防になる?妊娠前も産後も摂取しよう!
葉酸は子宮頸がんの予防になる

葉酸は子宮頸がんの予防になる?妊娠前も産後も摂取しよう!



近年では若い世代を中心に、子宮頸がんの発病率が高くなっています。

子宮頚がんはヒトパピローマウイルスというウイルスに感染することによって引き起こされることがわかっており、近年ではヒトパピローマウイルスに対するワクチン接種が行われるようになっています。

ワクチンの接種は任意ですが、子宮頸がんは進行すると子宮を摘出しなければならなくなるばかりでなく、死に至ることもある病気です。

子宮頸がんは20代後半~40代前半の比較的若い世代に多く発症します。

そして葉酸は、子宮頸がん予防に役立つとの報告がなされています。

そこで今回は、

・子宮頸がんとはどんな病気?
・葉酸は子宮頸がんにどう役立つのか知りたい!
・海外での葉酸摂取とはどのような考えなの?

といった方に、子宮頸がんについて、葉酸が子宮頸がん予防にどのように関与しているかについて詳しくご説明します。

子宮頸がんとは?

子宮頸がんとは

子宮頸がんというのは、子宮頸部に発生するがんのことで、検査そのものは難しいものではありません。子宮頸部の粘膜を綿棒などで採取しがん細胞の有無を顕微鏡で検査をすれば、すぐにわかります。

また子宮頸がんが進行すると子宮内部へと転移してしまうことがあり、卵巣骨盤内など、さまざまな部分に広がってしてしまうことがわかっています。

進行が早い

子宮頸がんは、ほぼ自覚症状が無く早く進行することで知られています。進行するスピードが比較的速いのでがんが拡がったり、転移するリスクも高くなります。若い年齢で子宮頸がんを患い、命を落とす女性もいます。

早期発見や早期治療によって子宮頸がんから回復し、健康的な生活を送る女性もいますが、子宮を摘出し、妊娠を望めなくなる女性も多くいます。そうなる前に、まずはしっかり予防していくことが何よりも大切です。

若い世代の発症率が高い

子宮頸がんは20~40代の若い世代の発病率が高いのが特徴の一つです。中には20代前半などでも子宮頸がんを発症してしまうケースがあります。

その反面、70代や80代の女性でも発症することがあり、全世代を通して注意が必要ながんと言えます。

妊娠が難しくなる

進行した子宮頚がんは子宮を摘出しなければならないため、妊娠の可能性がなくなってしまいます。

すでに妊娠した状態で進行した子宮頸がんが発見された場合には、妊娠の継続が難しくなり、母体の命を優先して子宮摘出が行われます。

また、早期の段階で発見された場合でも子宮頸部の一部を円錐状に切除する手術が行われますので、これが妊娠しにくい原因となる場合も出てきます。

子宮頸がんの原因は?

子宮頸がんの原因

このような特徴を持つ子宮頸がんですが、原因はどんなことなのでしょうか?

ヒトパピローマウイルス(HPV)

子宮頸がんに罹患した患者の大部分からは、ヒトパピローマウイルス(HPV)が検出されます。ヒトパピローマウイルスは誰でも体内に潜んでいる可能性がありますが、通常であれば体内の免疫力でがんに進行することなく、自然に排除されます。

しかし、免疫力が低下したままでいたり、さまざまなリスクが重なってヒトパピローマウイルスがうまく排除されない状態が続くと、子宮頚部にヒトパピローマウイルスが持続感染した状態となり、異形成という子宮頸がんの前段階を経て子宮頸がんとなっていきます。

ヒトパピローマウイルスは性行為によって映るものなので、一度でも性行為の経験がある女性ならば誰でも感染している可能性があります

子宮頸部異形成

子宮頸部異形成とは、将来がんになる可能性がある病変のことです。自覚症状がほとんどないため、検診などで明らかになることがほとんどです。

ヒトパピローマウイルス感染によって子宮頸部異形成が引き起こされても、すべての異形成ががん化するわけではありませんが、子宮頸がんに進行してしまう可能性が高くなります。

葉酸はウイルス感染でダメージを受けたDNAの修復を促す作用があり、子宮頸部の異形成や異形成のがん化を防いでいく上でとても重要な役割を持っています。

正しく細胞分裂を繰り返しながら、子宮頸部のさまざまな組織を作っていくためにも、葉酸を摂取することが推奨されています。

子宮頸がんになりやすい人っているの?

子宮頸がんになりやすい人

子宮頸がんというのは、女性であれば誰もが恐れる癌のひとつで、性行為が未経験でなければ、すべての女性に発症する可能性がある病気です。

そして、発症を高めるリスクとして、

・免疫力の低下
・ストレス
・喫煙
・過度な飲酒
・出産回数が多い
・不特定多数との性交渉

などがあげられ、生活習慣を見直すことが何よりの予防に繋がります。

ただし、確実に発症を防ぐことはできないので、定期的に子宮頸がん検診を受け、がん化する前の子宮頸部異形成の段階で発見することが非常に重要です。

そういった部分からもワクチンの接種が注目されていたり、テレビコマーシャルでも子宮頸がんの検査を受けましょうと喚起(かんき)されています。

子宮頸がんワクチンとは

子宮頸がんを予防するワクチンが存在していますが、ワクチンによる副作用なども認められており、ワクチンの接種は利益・不利益を考えて個人の判断に委ねられます。

子宮頸がんワクチンは子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルスの感染を防ぐため、まったく性行為のない場合にしか効果を発揮しないと思われがちですが、そんなことはありません。

性行為があったとしても感染していない場合は、次の感染を予防することができます。

ただし、あくまでも今後の感染を防ぐ役割のため、現在感染しているウイルスをワクチンによって排除することはできません。性行為のないうちに接種するのが望ましいのはこのためです。

出産後のママや既婚者は、新たにHPVに感染する可能性は低いと考えられるので、接種する意味はあまりないと考えられています。

子宮頸がんの症状は?

子宮頸がんの症状

子宮頸がんは、初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。そのため知らず知らずのうちに進行してしまい、自分の体の変化に気付いて受診した頃には進行しているケースも珍しくありません。

不正出血

子宮頸がんは、進行すると不正出血を繰り返してしまう症状があらわれます。出血の量は人によって違いますが、月経時と同じような量の出血がある場合から、ごく少量の出血が長期間にわたって続く場合もあります。

特に性行為などによって子宮頚部がに刺激が加わると出血しやすくなります。

排尿障害

ある程度症状が進行してくると排尿障害が起こります。

子宮頸部をはじめ卵巣や子宮内部にがんが広がると、膀胱や尿道などが圧迫されたりするため排尿障害が起きるのです。また、場合によっては血尿などが見られます。

下腹部の強い痛みや腰痛

子宮頸がんは進行すると痛みを生じることがあります。いつもの生理痛と感じられる程度から動けなくなる痛みまでさまざまですが、下腹部に強い痛みを感じるケースが多いとされています。

しかし、女性の場合はもともと生理痛などに慣れてることが多く、子宮頸がんによって下腹部痛などが起きていても、さほど気にしないまま過ごしてしまうことがあります。これによって、結果的には子宮頸がんがさらに進行してしまうことも珍しくありません。

葉酸の子宮頸がん予防効果

葉酸の子宮頸がん予防効果

子宮頸がんは若くして命を落としてしまうこともあるため、早期発見・早期治療ももちろん大切ですが、しっかりと予防していくことも非常に大切です。

葉酸は子宮頸がんの予防に役立ってくれるとの報告もありますが、具体的にはどのような効果があるのでしょう。

細胞の変異を防ぐ

葉酸は細胞分裂の正常な働きを助けてくれる効果があります。そのため子宮頸部異形成などを防ぎ、がんの原因となる細胞の変異を予防していくといった働きを持っています。

ストレスを軽減し免疫力を上げる

ストレスを感じながらの生活は、体内の活性酸素が増え免疫力が低下します。免疫力が低下すると細胞の突然変異が起きたり、さまざまな病変ができてしまうことも多くなります。また、感染したヒトパピローマウイルスの持続感染を促します。

葉酸はストレスを緩和させる働きを持っているため、ストレスが軽減されることにより、免疫力を高くすることが期待されます。

子宮頸がん予防に必要な葉酸の摂取量

必要な摂取量

子宮頸がんを予防していくためには、毎日継続して葉酸を摂取することが必要です。子宮頸がんの予防に役立つ一日の量はどのくらいでしょう。

妊娠していない女性であれば、一日あたり240μgの葉酸を摂取することが推奨されています。

毎日240μgの摂取をすることが難しくても、推定平均必要量(半数の人が必要量を満たすための量)である200μgを目安に摂取していきましょう。

そうすることによって、葉酸不足の状態を防ぎ、貧血なども予防できます 。

子宮頸がんの人が摂取しても効果的?

葉酸は子宮頸がんの予防に役立つ栄養素としてお話していますが、子宮頸がんを患っている女性が摂取しても効果があるのでしょうか?

子宮頚がんの治療に使われる抗がん剤の中には葉酸の代謝を阻害するタイプのものもあります。このため、葉酸を多く摂取しても意味がない状態となります。

さらにはがん化した細胞が葉酸による栄養を摂り入れてしまい、さらに進行してしまうといったリスクもあります。

そのため、すでに子宮頸がんを患っている場合には多量の葉酸を摂取することをむしろ控えなければなりません。

罹患した後で葉酸を摂取しても、快方に向かうわけではありません。やはり予防がもっとも重要なのです。

子宮頸がん予防は早くから始めるほど良い

子宮頸がんは若い世代にも発症するがんです。特に近年では若い世代の子宮頸がんの発症率も高くなっていますので、早いうちから予防に取り組んでいくことが大切です。

ワクチンについては賛否両論がありますので接種を拒む女性は多いです。そういった中、食品から摂取することのできる葉酸で子宮頸がん予防効果が期待できるため、積極的に取り入れていきましょう。

海外では葉酸を含んだ食品がある

子宮頸がん予防の可能性をはじめ貧血を予防する効果もある葉酸は女性にとっては欠かすことができない栄養素の一つです。しかし、葉酸は女性だけでなく男性にもさまざまなメリットを与えてくれます。

そういった部分から海外ではすでに多くの食品に葉酸を使用しています。例えば、乾燥している麺類などに葉酸を練り込むなどの取り組みが行われています。

日本はこういった取り組みはなくサプリや食品から摂取することになりますが、海外がこのような取り組みをしているというのは、それだけ葉酸の必要性が注目されているからです。

年齢の若い方は食生活なども乱れてしまいがちで葉酸が不足することも多く、出産後のママだけでなく、女性であれば誰もが葉酸を取り入れて行くことを考える必要があります。

子宮頸がんや貧血予防に葉酸を摂取しましょう

葉酸を摂取しましょう

子宮頸がんや貧血を予防していくためも、葉酸は積極的に摂取しましょう。

葉酸サプリはドラッグストアやインターネットで手軽に購入できるので積極的に取り入れていきましょう。

ただし、葉酸サプリを選ぶのであれば天然成分が用いられているものや、添加物が排除されているものを上手に選んでいきましょう。

葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!にておすすめの葉酸サプリをいくつかご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

また、食品から葉酸をたっぷりと補い、さらにサプリメントを活用するのは過剰摂取になる場合があるので、日々の食事のバランスとサプリから摂取する葉酸の量を考慮していくことも大切です。

毎日バランスよく葉酸を摂取する生活を心掛けていきましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中?産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊活・妊娠超初期のカテゴリー

妊活妊娠超初期妊娠初期
妊娠へ向けての体づくり不妊の原因不妊治療
アルコールカフェインストレス解消
つわり産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用保険
基礎体温排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別双子
男性の妊活葉酸葉酸サプリ
妊活妊娠超初期
妊娠初期妊娠へ向けての体づくり
不妊の原因不妊治療
アルコールカフェイン
ストレス解消つわり
産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用
保険基礎体温
排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別
双子男性の妊活
葉酸葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる