葉酸はクリニックで処方してもらう

葉酸はクリニックで処方してもらう方が安心?市販との違いは?




近年では、ウィメンズクリニックなどで葉酸を処方することも増えてきました。

特に妊娠中のママさんが葉酸を摂取することが、厚生労働省からも推奨されていますので、それぞれのクリニックなどにも通達が出され、ドクターも葉酸の摂取を勧めてくるというケースが多くなっています。

日常生活を送っている中で、ある程度は葉酸を取り入れることもできますが、積極的に取り入れるのが難しい場合にはクリニックで処方してもらうこともできます。

その反面、手軽に摂取できる葉酸サプリ販売されていますので、わざわざクリニックで処方してもらわなくても、サプリで十分だと考えるママさんもいます。

そこで今回は、

・葉酸はクリニックで処方してもらえるの?
・市販の葉酸とクリニックで処方してもらう葉酸との違いは?
・葉酸の処方は保険適用されるの?

といった方に、クリニックで処方される葉酸について、市販されているサプリの葉酸とは、どんな違いがあるのか、またどちらを摂取する方が良いのかなどについて、詳しくご紹介します。

葉酸を処方してもらうのは簡単なの?

処方してもらうのは簡単

まず第一に、クリニックで葉酸を処方してもらうことが簡単なのかという点が気になる女性のためにお話していきましょう。

それぞれにクリニックでの処方については考え方が違っていますので、必ずしもすぐに処方してもらえるとは限りません。

処方しないクリニックもある

処方を希望していても、断固として処方しないというクリニックも中にはあります。

なぜなのかといった理由はわかりませんが、基本的には食品などからの摂取を推奨しており、処方される葉酸には頼らないで生活をしていくということに重きを置いているケースになります。

また、葉酸の処方そのものはしていなくても、安全性の高い葉酸サプリを販売しているというクリニックもあります。

希望すれば処方してくれるケースが多い

多くのクリニックで葉酸の処方を行っているため、妊娠していない女性であっても妊娠中のママさんであっても、希望すれば処方してくれるというケースがほとんどです。

必要に応じてドクターから葉酸を処方されることもありますが、基本的に葉酸をドクター自らが処方する場合には、葉酸欠乏症などが疑われる場合となってきます。

そうでない場合には、患者側から処方を希望することになります。

処方される葉酸は何かメリットあるの?

市販されている葉酸サプリではなく、クリニックで処方される葉酸には特別に何か大きなメリットがあるのでしょうか?

有効成分は葉酸のみ

市販されているサプリなどの場合には、有効成分として葉酸だけでなく、その他にも葉酸の吸収を助けてくれるビタミン類などが添加されていることもあります。

一方で、病院が処方する葉酸は有効成分が葉酸のみとなっていますので、その他の成分を同時に摂取することはありません。

添加物も安全なものだけ

クリニックで処方されている葉酸は、原料となっているものもすべて安心できるものであり、さらには厚生労働省が認めているものになります。

こういった部分での安心感は非常に大きいものです。また、処方される葉酸はいくつかの添加物が加えられていますが、葉酸の成分を安定させるといった目的を持つものばかりで、主には食品などから抽出された成分が用いられています。

人工的な添加物が加えられていませんので、体に対して有害な添加物が加えられている心配がありません。

処方された葉酸の副作用は?

葉酸の副作用

クリニックで処方されるお薬などには、いくつかの副作用が存在しています。そのため葉酸を処方してもらう場合も、副作用を気にしてしまう方がいます。

クリニックで処方される葉酸には副作用が存在しているのでしょうか?

薬剤ではないため副作用は存在しない

クリニックで処方される葉酸というのは、薬剤として処方されるものではありません。

あくまでも、葉酸を補給するために処方されるものですから、副作用というものは存在していないのです。

副作用というのはお薬として処方されたものに対する症状となっていますので、補給目的での栄養剤であり、薬剤としての処方ではない葉酸に副作用はありません。

稀に副効用が出るケースがある

処方される葉酸には副作用そのものが存在していないのですが、その一方で、副効用と呼ばれるものが存在しています。

これは、葉酸が体に与える良い効果だけではなく、不快な症状があらわれる効果となっており、これを副効用と呼びます。

葉酸を摂取することによって、まれに引き起こされる副効用には発汗や倦怠感、多少のふらつきなどがあります。

しかしこのような副効用は本当にごく稀なケースなので、基本的にはないものと考えていて大丈夫です。

含有されている成分も、非常に安心できるものばかりとなっていますので、特別に強いアレルギー症状などを起こしてしまう事がなければ、処方される葉酸に使われている成分は、すべて食品などからも常日頃摂取しているものばかりとなります。

葉酸の処方は保険が使える?

安全性が非常に高く、さらにはたっぷりの葉酸を簡単に補給することができるため、ぜひとも処方して欲しい女性の方やママさんは多くいます。

実際にクリニックで葉酸を処方してもらう場合には、保険が適用されるのでしょうか?やはり処方してもらうとなれば、費用が気になってしまうところです。

特に妊娠中は赤ちゃんのために揃えるものも多く、出費が重なります。そういった状況の中で葉酸を処方してもらうことで、経済的な負担が大きくなってしまうことは避けたいものです。

基本的には保険適用外

葉酸を処方してもらう場合、基本的には患者側から希望するというケースになります。このようなケースでは保険適用外となるのです。

保険が適用されるのは、ドクターが処方する必要性がある、または治療のために用いる必要があると判断した場合になります。

葉酸の処方に関しては、治療ではなくあくまでも補給目的で処方されるケースが多いので、保険適用外となってしまうのです。

保険が適用されるケース

基本的には保険適用外となりますが、ごく一部保険が適用されるケースもあります。それは、以下のようなケースになってくるので覚えておきましょう。

葉酸欠乏による血液疾患

葉酸が欠乏してしまうことによって、何らかの形で血液疾患などが出てしまう場合には、ドクター側から葉酸が処方されることがあります。

この場合は治療に用いるという判断になりますので、保険適用になるのです。

具体的には妊娠性貧血や栄養性貧血などが該当するので、健康的な生活を送っていて、なおかつ葉酸をたくさん摂取したいと願うママさんなどの場合には、やはり保険適用外になってしまうことがほとんどです。

処方された葉酸にデメリットはあるの?

デメリットはあるの?

では、次に処方された葉酸には何かデメリットがあるのかについてお話していきましょう。

コストが高い

処方される葉酸は、基本的に保険適応外となってしまいます。

そのために妊娠期間をはじめとして、その他には妊活中や出産後など、継続して葉酸を摂取していく場合には、ランニングコストがかかります。

クリニックによって扱っている価格そのものは違いますが、市販されているサプリメントに比べると価格が高いので、経済的な負担が大きくなってしまうデメリットがあります。

含有量が多く管理が難しい

クリニックで処方される葉酸は、錠剤になったタイプで一粒に対し、5mgの葉酸が含有されています。

また、細粒タイプは1gに100mgの葉酸が含有されています。1袋は0.2gのため、20mgの葉酸が含まれているため、どちらも一日の中で1粒もしくは1袋摂取すると、明らかに葉酸の過剰摂取となるのです。

細粒タイプを選んだ場合であっても、一日の摂取目安量をしっかりと管理していくのは非常に難しいといえます。

葉酸は過剰摂取をしたところで体に与える害などはほとんどありません。基本的には水溶性のため、過剰に摂取した分は、しっかりと体の外に排出されることになります。

とはいえ、特に妊娠中のママさんなどは代謝異常を引き起こしてしまうことがあり、葉酸を過剰摂取することで、悪性貧血を起こすリスクも高くなります。

そういった部分から、摂取量の管理が難しいリスクはできるだけ避けた方が良いです。妊娠しているママさんの場合で、一日の摂取目安量は480μgとなっています。

妊娠していない場合には240μgが摂取目安量ですので、一粒で5mgのもの葉酸を含んでいる錠剤を摂取してしまえば、あまりにも大量の葉酸を摂取することになるのがおわかりになるでしょう。

細粒タイプについても、その都度計量をしていかなくてはならず、面倒に感じてしまうことがあります。

葉酸は継続して摂取することでもっとも効果を発揮してくれますので、煩わしさを感じてしまい、継続して摂取が難しくなるのは大きなデメリットといえるのです。

葉酸は処方より他の方法で摂取がオススメ

葉酸をクリニックで処方してもらうのは難しいことではありません。しかしランニングコストやその他、計量の煩わしさを考えると、他の方法で摂取した方がおすすめです。

このような部分からも、クリニックでは一切処方せず、基本的には食事の内容を工夫しながら葉酸を摂取するようにとすすめるドクターもいるのです。

食生活で葉酸摂取

葉酸を含むお野菜や果物、さらにはドリンクなどを用いて摂取していくというのがもっとも安心で続けやすい方法となります。

新鮮なフルーツ、オレンジジュースや小松菜、たたみいわしといった身近な食品にも、葉酸は豊富に含まれています。

こういった食品を上手に組み合わせながら、時おり果物を食べて摂取するだけでも葉酸不足を回避していることにつながります。

ただし、毎日摂取目安量を取り入れていくのが難しいと感じてしまうのであれば、サプリメントを併用していきましょう。

サプリで葉酸摂取

妊娠しているママさんの場合は、1日で480μgの葉酸を摂取する必要があります。もちろん毎日義務的に摂取する必要はありませんが、可能な限り摂取する方が、ママの体にも赤ちゃんにも良いのです。

食事やドリンクで補うことが難しい葉酸については、サプリを活用していきましょう。

クリニックで推奨されているような安全性の高いサプリであれば、体への悪影響などもありません。

また、食事と合わせながら一日の中で一粒のサプリメントを摂取するだけでも、十分な葉酸を摂取することができます。

このような方法であれば、煩わしさを感じずに、毎日継続して葉酸をしっかり摂取していくことができるのではないでしょうか。

葉酸を処方してもらうのではなくアドバイスを貰う

アドバイスを貰う

葉酸の処方は保険適用外となってしまい、高いお金を支払う事も気にしなければなりません。

また上でもお話した通り、毎日の計量をしっかり行っていく必要があります。そのためクリニックで葉酸を処方してもらうのではなく、ドクターには葉酸についてさまざまなアドバイスをもらうといった方法を取り入れてみましょう。

摂取のタイミング

葉酸を摂取するのはどのようなタイミングが良いのかを、ドクターに確認してみましょう。

ネット上にもさまざまな情報が記載されていますが、やはり自分がお世話になっているドクターのアドバイスを受けることで、自分にとってベストな摂取するタイミングをしっかりと決めることができます。

摂取方法で心配なこと

葉酸を摂取する上で、摂取方法について心配になってしまうことがあれば、こちらもドクターに相談してみましょう。

例えば、葉酸をたくさん含んでいるお野菜の摂取をする際に、生が良いのか、火を通した方が良いのかなど、このような部分についても相談してみましょう。

また、葉酸とは相性の悪い食べ物や水分があれば、そういった部分もドクターにアドバイスをもらうと良いです。

特に何らかの理由からお薬を服用している場合には、葉酸を摂取する上での相性や悪影響などについても、ドクターに確認してみましょう。

サプリで体調が悪くなったら

葉酸サプリメントはさまざまな商品が販売されています。

すでに葉酸サプリなどを摂取したことがあり、摂取した段階で体調が悪くなってしまったという場合にも、ドクターに相談してみましょう。

妊娠中のママさんはサプリで葉酸を摂取することも多いのですが、そこで体調が悪くなってしまえば、胎児への悪影響などが心配になってしまいます。

そんな時は、摂取した葉酸サプリを持参し、ドクターに見せるのも一つの方法です。

このようにドクターからアドバイスを受けることで、葉酸を処方してもらわずとも、安心できる業者のサプリを紹介してもらうことや、葉酸の摂取方法を具体的にアドバイスしてもらうことができます。

葉酸の処方は最後の手段

コスト面などを考えていくと、処方される葉酸というのは積極的に取り入れていくべきには難しい部分もあります。

コストや手軽さを考えた場合は、サプリが一番の選択肢になります。

もちろん栄養バランスを考えながら食事で補うのが一番ですが、その他サプリメントなども併用し、葉酸をクリニックから処方してもらうのは最終手段だと考えておきましょう。

基本的には、食生活、そしてサプリで葉酸を摂取することができるため、葉酸欠乏症になってしまうことも少ないです。

どうしてもつわりの症状がひどすぎてしまい、長期間にわたってバランスの食事が取れないケースや、検診で葉酸欠乏症のリスクが高いと言われた場合などについては、葉酸を処方してもらいましょう。

そうでない限りは葉酸の処方を後回しに考え、まずはその他の方法で取り入れていくことを検討するほうが、手間やコストの部分でもおすすめといえます。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリー
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる