葉酸はクリニックで処方してもらう

葉酸はクリニックで処方してもらう方が安心?市販との違いは?



葉酸は妊娠に欠かせない栄養素の一つです。妊活中や妊娠初期のママさんが葉酸を摂取するよう厚生労働省からも推奨されるようになったことで、医師も葉酸の摂取を勧めるケースが多くなっています。

通常の食生活の中でもある程度は葉酸を取り入れることもできますが、必要な量のすべてを食事から摂るのは難しいのが現状です。

葉酸は産婦人科で処方してもらうこともできますが、葉酸サプリもドラッグストアなどで手軽に購入できますので、わざわざクリニックで処方してもらわなくても、サプリで十分だと考えるママさんもいます。
そこで今回は、

・葉酸はクリニックで処方してもらえるの?
・市販の葉酸とクリニックで処方してもらう葉酸との違いは?
・葉酸の処方は保険適用されるの?

といった方に、クリニックで処方される葉酸について、市販されているサプリの葉酸とは、どんな違いがあるのか、またどちらを摂取する方が良いのかなどについて、詳しくご紹介します。

葉酸を処方してもらうのは簡単なの?

処方してもらうのは簡単

まず、クリニックで葉酸を処方してもらうことができることを知らなかったというママのためにお話ししていきましょう。

確かに葉酸は産婦人科などでも処方することは可能ですが、処方についての考え方は医療機関によって異なりますので、必ずしもすぐに処方してもらえるとは限りません。

処方しないクリニックもある

処方を希望していても、断固として処方しないというクリニックも中にはあります。

なぜなのかといった理由はわかりませんが、基本的には食品やサプリなどからの摂取を推奨しており、処方される葉酸には頼らないで生活をしていくということに重きを置いているケースになります。

また、葉酸の処方そのものはしていなくても、安全性の高い葉酸サプリを販売しているというクリニックもあります。

希望すれば処方してくれるケースが多い

多くのクリニックで葉酸の処方を行っているため、妊娠していない女性であっても妊娠中のママさんであっても、希望すれば処方してくれるケースがほとんどです。

必要に応じてドクターから葉酸を処方されることもありますが、基本的に葉酸をドクター自らが処方する場合には、葉酸の欠乏による貧血などが疑われる場合です。

そうでない場合には、患者側から処方を希望することになり、場合によっては保険適応にならず自費での購入になることもあります。

処方される葉酸は何かメリットあるの?

市販されている葉酸サプリではなく、クリニックで処方される葉酸には特別に何か大きなメリットがあるのでしょうか?

有効成分は葉酸のみ

市販されているサプリなどの場合には、葉酸だけでなく、その他にも葉酸の吸収を助けてくれるビタミン類や妊娠中に必要な鉄分などが添加されているものが多いです。

また、風味や形なども飲みやすいように工夫されています。

一方で、病院が処方する葉酸は葉酸のみが含まれていますので、葉酸のみしか摂取することはできません。

添加物も安全なものだけ

クリニックで処方されている葉酸は、厚生労働省の承認を得たものですので原材料はすべて安心して摂取できるものです。

一方、葉酸サプリは国内で流通しているものは安心して使用できるものはほとんどですが、安価な海外製などのものは粗悪品も多く必ずしも安心して飲めるものばかりではありません。

処方された葉酸の副作用は?

葉酸の副作用

クリニックで処方されるお薬などには、思わぬ副作用が出るものもあります。
そのため葉酸を処方してもらう場合も、副作用を気にしてしまう方がいるでしょう。

では、クリニックで処方される葉酸には副作用が存在しているのでしょうか?

副作用はほとんどない

クリニックで処方される葉酸にはサプリと同様副作用はほとんど存在しません

皮疹やかゆみ、吐き気、倦怠感などの副作用があることもありますが、ごくまれなケースであり、一時的な症状なので過度に心配する必要はありません。

症状があれば保険適応!症状がない場合はクリニックによって異なる

葉酸を処方してもらう場合、貧血などがあって葉酸の補給が必要と医師が判断した場合は保険適応となります。

また、貧血などの症状がない場合でも葉酸製剤の効能効果には「葉酸の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給」として妊産婦が挙げられていますので、クリニックによっては保険適応で処方してもらえることもあります。

保険適応になるか否かは医療機関によって異なるので、処方を希望する際には費用について確認しておくと安心ですね。

処方された葉酸にデメリットはあるの?

デメリットはあるの?

では、次に処方された葉酸には何かデメリットがあるのかについてお話していきましょう。

コストが高い

保険適応外の場合は処方料や薬剤量が自己負担になるためコストが高くなります。

そのために妊娠期間をはじめとして、その他には妊活中や出産後など、継続して葉酸を摂取していく場合には、ランニングコストがかかります。

クリニックによって価格そのものは違いますが、市販されているサプリメントに比べると価格が高いこともあるので、経済的な負担が大きくなってしまうデメリットがあります。

含有量が多く管理が難しい

クリニックで処方される葉酸は、錠剤になったタイプで一粒に対し、5mgの葉酸が含有されています。

また、細粒タイプは1gに100mgの葉酸が含有されています。1袋は0.2gのため、20mgの葉酸が含まれているため、どちらも一日の中で1粒もしくは1袋摂取すると、明らかに葉酸の過剰摂取となるのです。

細粒タイプを選んだ場合であっても、一日の摂取目安量をしっかりと管理していくのは非常に難しいといえます。

葉酸は過剰摂取をしたところで体に与える害などはほとんどありません。基本的には水溶性のため、過剰に摂取した分は、しっかりと体の外に排出されることになります。

しかし、妊娠中はなるべくなら栄養の摂取目安を守りたいものですから、摂取量の管理が難しい摂取方法はできるだけ避けた方が良いです。妊娠しているママさんの、一日の摂取目安量は480μgです。

妊娠していない場合には240μgが摂取目安量ですので、一粒で5mgのもの葉酸を含んでいる錠剤を摂取してしまえば、あまりにも大量の葉酸を摂取することになるのがおわかりになるでしょう。

葉酸は処方より他の方法で摂取がオススメ

葉酸をクリニックで処方してもらうのは難しいことではありません。

しかしランニングコストや過剰摂取の可能性を考えれば他の方法で摂取した方がおすすめです。

食生活で葉酸摂取

葉酸を含むお野菜や果物、ドリンクなどを積極的に摂取することが大切です。

新鮮なフルーツ、オレンジジュースや小松菜、たたみいわしといった身近な食品にも、葉酸は豊富に含まれています。

こういった食品を上手に組み合わせながら、時おり果物を食べて摂取するようにしましょう。

ただし、毎日食事だけから摂取目安量を取り入れていくのは現実的に難しいと考えられており、厚生労働省でもとくに妊娠初期はサプリを併用して葉酸を補うことが推奨されています。

サプリで葉酸摂取

妊娠しているママさんの場合は、1日で480μgの葉酸を摂取する必要があります。

食事やドリンクで補うことが難しい葉酸については、サプリを活用していきましょう。

クリニックで推奨されているような安全性の高いサプリであれば、体への悪影響などもありません。

また、食事と合わせながら一日の中で一粒のサプリメントを摂取するだけでも、十分な葉酸を摂取することができます。

このような方法であれば、煩わしさを感じずに、毎日継続して葉酸をしっかり摂取していくことができるのではないでしょうか。

葉酸を処方してもらうのではなくアドバイスを貰う

アドバイスを貰う

医療機関で処方される葉酸は飲み続けると過剰摂取になりやすく、保険適応外の場合には割高になります。

そのため葉酸の摂取に悩んだときはクリニックで葉酸を処方してもらうのではなく、葉酸サプリの選び方や摂取方法などについてさまざまなアドバイスをもらうのがおすすめです。

サプリで体調が悪くなったら

葉酸サプリメントはさまざまな商品が販売されています。

すでに葉酸サプリなどを摂取したことがあり、摂取した段階で体調が悪くなってしまったという場合は、ドクターに相談してみましょう。

妊娠中のママさんはサプリで葉酸を摂取することも多いのですが、そこで体調が悪くなってしまえば、胎児への悪影響などが心配になってしまいます。

そんな時は、摂取した葉酸サプリを持参し、ドクターに見せるのも一つの方法です。

このようにドクターからアドバイスを受けることで、葉酸を処方してもらわずとも、安心できる業者のサプリを紹介してもらうことや、葉酸の摂取方法を具体的にアドバイスしてもらうことができます。

葉酸の処方は最後の手段

安全に手軽に葉酸を摂取するのはサプリが一番です。
もちろん栄養バランスを考えながら食事で補うのが一番ですが、その他サプリメントなども併用していきましょう。

基本的には、食生活、そしてサプリで葉酸を摂取することができるため、葉酸欠乏症になってしまうことは少ないです。

ただし、どうしてもつわりの症状がひどすぎてしまい、長期間にわたってバランスの食事が取れないケースやサプリすら摂取できないケース、検診で葉酸欠乏症のリスクが高いと言われた場合などについては、葉酸を処方してもらいましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠のカテゴリー

妊娠報告・出産報告葉酸サプリ妊娠中のスキンケア
妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線妊娠中に便利なサービス・アプリ
妊娠中の仕事妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理妊娠中の栄養・食事
妊婦健診産休・育休産院選び
保険胎動
妊娠報告・出産報告葉酸サプリ
妊娠中のスキンケア妊娠中のファッション
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線
妊娠中に便利なサービス・アプリ妊娠中の仕事
妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理
妊娠中の栄養・食事妊婦健診
産休・育休産院選び
保険胎動
目次
をみる
関連記事
をみる