葉酸サプリに使われている葉酸

葉酸サプリに使われている葉酸には種類がある?安全な葉酸とは




女性は積極的に取り入れた方がいいといわれている葉酸。厚生労働省も、特に妊婦さんの葉酸摂取を推奨しています。

近年では葉酸サプリががどんどん増えていますので、とても手軽に摂取することができるようになりました。しかし葉酸にも種類があるということを知らない方もいるようです。

葉酸には天然成分から作られているものと、合成されて作られているものがあります。

そこで今回は、

・葉酸にはどんな種類があるの?
・葉酸は種類によってどう違うの?
・葉酸サプリの選び方を教えて欲しい!

といった方に、葉酸の種類と、それぞれでどのような成分が使われているのか、また危険性がないのか、などについて詳しくご紹介します。

葉酸の種類とは?

葉酸の種類とは

葉酸の種類は主に天然の原料、そして人工的な原料とのニつに分かれます。また、葉酸はそれぞれの原料によって型のタイプが違っていますので、どちらを摂取した方が良いのかを最終的にはご自身で選んでいく必要があります。

天然の原料が由来となっているもの

天然の原料が由来となって作られた葉酸は、サプリメントの中でも生産する業者や販売できる業者などが限られているものとなっています。

添加物をほぼ使わずに作っているということも大きなポイントになっており、天然成分として使用されているものは、原料がお野菜であることや、体内に取入れても問題のない微生物であることがわかっています。

微生物という言葉を使うと安全性の高いものなのか?と疑問を抱いてしまうママさんなどもいます。

しかしここでの微生物というのは、近年健康成分として話題になっているミドリムシなどが該当するものとなっています。

ミドリムシとは

ミドリムシは和名ですが、別名をユーグレナと呼びます。これは虫ではなく微生物、または微細藻類に分類されており、安全性が高く、さらには体内の老廃物などを排出させるといった働きがあります。

ミドリムシには葉酸以外にも含まれている成分が多く、ミネラルをはじめとしてアミノ酸やビタミンなど体に良いものがたくさん存在していることがわかっています。

このほかβカロテンやビタミンKなど妊娠中のママさんに不足してしまいがちな成分をたっぷりと含んでいることも大きなポイントです。

ミドリムシを原料として作られた種類の葉酸であれば、天然由来の葉酸と同じく安心して取り入れることができるでしょう。

人工的な原料が合成されたもの

天然成分ではなく、人工的な原料を合成して作ってある葉酸というのは石油が使われているといわれることもあり、お野菜などを使うのではなくさまざまな化学合成薬品などが用いられていることがわかっています。

またそれとは別に、お野菜などから抽出した成分を使い、酵母などを加えて葉酸を作り出している方法もあります。

一口に合成された葉酸といっても、体に害を与える成分と、そうではない成分で作られた2つのタイプが存在するのです。

葉酸の型で吸収率は変わる

吸収率

葉酸は天然成分が由来になっている種類と、人工的な成分が由来になっているものに分かれています。またそれだけではなく、それぞれの型そのものが違っているのです。

プテロイルポリグルタミン酸

プテロイルポリグルタミン酸の葉酸は、天然由来の原料から作られている葉酸の型ということがわかっています。こちらの葉酸を摂取した場合には、全体の半分程度が体内には吸収される特徴があります。

なぜ半分程度しか吸収されないのかというと、もともとの型になっているプテロイルポリグルタミン酸は体内に取り込まれた後、モノグルタミン酸型の葉酸に分解されていくためです。

分解されていく間に含有されている葉酸は、胃酸などの働きによって半分程度が消失してしまい、結果として半分程度が体内に吸収されることになります。

プテロイルモノグルタミン酸

一方でプテロイルモノグルタミン酸は、もともと吸収率が良く全体の85%程度は吸収されることが分かっています。

しかし、こちらの葉酸の型というのは合成された葉酸に存在しているものとなっているため、大元になっている原料がどのようなものなのかをしっかりとチェックしなければなりません。

同じように85%の葉酸が吸収されるといっても、原料で石油などが使われているものは体内への悪影響も考えられます。

化学合成で作られた葉酸の危険性

葉酸の危険性

合成されている葉酸であっても、原料がもともと食品などであれば、体内への悪影響を心配する必要がありません

また前述の通り、85%程度は葉酸が吸収されますので、厚生省としてもこちらの型の葉酸を摂取するようにと勧めています。

しかし、化学薬品や石油などを使って合成された葉酸の場合には体内への悪影響が考えられるのです。

原料が食べられるならば安心

原料が食べられるものを使っている合成の葉酸であれば、安心して摂取することができます。

微生物としてミドリムシをはじめ、その他にも葉酸を含むお野菜などを原料に、いくつかの成分が合成され作られているものとなります。

また葉酸の成分を安定させるために添加物が加えられているケースもあります。しかしここでの添加物に関しても、基本的には体内に取り入れた後で悪影響を及ぼしてしまうものでなければ安心できるといえます。

食べられない原料で作られたものは避ける

石油をはじめとして、化学薬品などを使って作られている葉酸は危険です。食べられない原料で作られていますので、体内への悪影響も当然ながら懸念されています。

食べられない原料から作られた合成葉酸は、胎児の喘息を引き起こしてしまうリスクが高くなることも分かっており、さらには、妊娠中のママさんがこのような種類の葉酸を摂取することで体調不良に陥ってしまうことも考えられます。

食べることのできない化学薬品や成分が使われていても、そういった部分について細かく明記してある葉酸サプリはありません。そのため、どのような化学薬品、さらには成分が使われているのかを知ることはできないのです。

万が一にでも体にはとても悪い成分が使われていたとすれば、知らず知らずのうちに体内環境はどんどん悪くなってしまいます。さらには胎児への心配も非常に大きなものとなってしまいます。

無添加と表示されていても原料に注目するべき

葉酸には大きく分けて2つの種類が存在していますが、単に無添加と表示されているものを安心だと思ってしまう人もいます。

もちろん無添加といえば、体に有害な成分が含まれていないといったイメージを持ってしまうものですが、一部の添加物は、一定量を超えなければ含有成分として表示しなくてもよい基準があります

そのため、無添加は絶対に安心だと言い切れるものではありません。ただし添加物が加わっている場合であっても、添加物が身体には害のないものであれば、問題なく摂取しても大丈夫です。

合成葉酸に比べ、天然葉酸の場合には同じ無添加という表示があっても、安全性が高いといえます。

加えられている添加物そのものが食品由来のものであるケースが多く、ここでもやはり天然由来となりますので安全性が高くなるのです。

一方、食べられない原料で作られた合成葉酸は添加物そのものも食べられないものばかりが使われている危険性が高くなります。

厚生省が推奨するのは安全な合成葉酸

安全な合成葉酸

上でも少し触れていますが、厚生省が推奨しているのは安全性の高い合成葉酸となります。合成葉酸は吸収率が高く、それだけ手軽に葉酸を摂取することができるからです。

葉酸が不足してしまうことによって胎児の神経障害が出てしまうことや、アレルギー体質になってしまうリスクが高くなるのです。

これを防いでいくために、厚生省は安全性の高い品質の葉酸サプリを摂取することを推奨しています。

葉酸サプリは効率と安全性を考えながら選びましょう

安全性を考えながら選びましょう

葉酸を摂取する上で、葉酸サプリを選んでいくのであれば、体内への吸収率という部分での効率、さらには使われている原料に置いて安全性を考えながら取り入れていく必要があります。

細かな成分などを調べずに摂取してしまうと、石油や化学薬品ばかりで作られた葉酸だったという可能性もあるのです。

葉酸に種類があることをご存じではないママさんなどもいるようですので、しっかりと葉酸の種類を把握しておきましょう。

その上で、細かな原料や添加物についてもチェックする必要があります。

妊娠中に必要な栄養素がプラスされているもの

葉酸そのものにも数種類の存在がありますが、葉酸サプリを選んでいく上で葉酸以外にもメリットのある成分がプラスされているものがお勧めです。

それぞれの目的に応じて、葉酸吸収率を高めるビタミンC、妊娠中のママさんにとても大切だといわれているビタミンB16、その他には胎児のダウン症のリスクを軽減させるといわれるイノシトールを含有しているものなどがあります。

一粒でもしっかりと摂取量がクリアできるもの

さまざまな葉酸サプリがある中で、種類によって一粒で摂取できる葉酸の量が違っています。

1粒に妊婦さんの一日の推奨量である480μgが含有されているものもあれば、2つ分を摂取することによって480μgの葉酸が摂取できるものもあります。

こういった部分からも、体内にどれだけの葉酸が吸収されるのかをしっかりと考えていきましょう。できるだけ少ない量で、一日の摂取目安量がクリアできるものを選んでいきましょう。

そうすれば、食事から葉酸を摂取することができない場合であっても、安心できるのではないでしょうか。

ただし何度もご説明するように葉酸には種類があり、葉酸の型によって吸収率が違いますので、この部分を充分考慮した上で吸収率の高いものを選びましょう。

美容成分がプラスされているもの

妊娠中をはじめとして、産後のママさんは妊娠前の美しさを取り戻したいと思うものです。また妊娠中には、ホルモンのバランスなどによって肌トラブルが起きてしまうこともあります。

そのため、葉酸だけではなく美容成分がプラスされているものもおすすめです。ヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンCなどと美容にいいとされている成分が含有されている葉酸サプリは、とても手軽に肌トラブルを防いでくれます。

原料の残留農薬などを検査しているもの

葉酸サプリに使われている原料において、天然由来の場合であっても合成の場合であっても、お野菜の残留農薬をしっかりと検査していることも大きなポイントになってきます。

残留農薬の存在を無視して作られた葉酸サプリは、少なからず農薬の成分を摂取してしまうことも考えられます。

残留農薬をしっかりと調べ、安全性が高いことが明らかになった原料を使っている葉酸サプリを選びましょう。

残留農薬の有無だけでなく、JAS認定されている農家、無農薬で育てたお野菜を使っている葉酸サプリなどはさらに安全性も高いといえます。

葉酸サプリを選ぶなら口コミも参考に

たくさんの葉酸サプリがありますので、葉酸の種類だけではなく金額などを考えると、どれがいいのかと悩んでしまうこともあります。そんな時は口コミも参考にしてみましょう。

実際に葉酸サプリを摂取した方がどのように感じたのかはもちろんですが、飲みやすいといった意見や、良い変化があったなどという意見が多い葉酸サプリを選びましょう。

反対に体調が悪くなってしまったというものや、独特な香りがあり、摂取する際に嫌悪感を覚えてしまうなどの口コミがあれば、このような葉酸サプリは避けた方が無難です。

葉酸サプリは妊娠や出産の心強い味方です

心強い味方

葉酸サプリは妊娠期間中はじめとして、妊娠前や出産後など女性にとって心強い味方となってくれます。

食品から摂取することの難しい葉酸は、サプリで補っていきましょう。もちろん、食品から摂取するのがもっとも望ましい方法になりますが、妊娠期間中は一日あたり480μgを摂取しなければなりません。

これは納豆のパックに換算すると6パックにもなってしまうのです。お野菜の場合であっても300g程度は食べなくてはなりません。

それを考えると安全性の高い葉酸サプリを選び、摂取することで食事メニューを考える際の負担も少なくなります。葉酸の種類を必ず確認した上で摂取する葉酸サプリを選んでくださいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる